★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK186 > 310.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
伊勢神宮(伊勢志摩)サミット 鎮守の森を9割伐採した三重県(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/310.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 6 月 07 日 13:43:18: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/c2ae733f9a70cd12f6ab35ec737e2b5b
2015年06月07日

一昨日の拙コラムは偶然のように伊勢神宮を頂点とする、日本人の歪んだ天皇頂点イデオロギーを定着させるため、長州陣営や官僚らが企てた明治後期における「神社合祀」について取り上げたが、これ程偶然の一致のタイミングで、G7首脳会議(サミット)が、「似非神道」のシンボルである伊勢神宮のある三重県に決まるとは驚きである。

西洋猿真似の長州人による明治以降の日本の姿が「善」と思い込んでいる政治家や国民が本当に多い。問題なのは、欧米文化が善と云う認識よりも、それ以前の日本の歴史は「野蛮・悪」と云う、国策的プロパガンダに一色に染められてしまった、現代の日本が問題なのだと思う。特に、三重出身の民主党の岡田が手放しで喜ぶのは仕方ないとしても、他の野党の連中も、こぞって喜びを口にしている。三重県においては、「神社合祀」によって、地域共同体の精神的拠り所であった地域の神社、及び鎮守の森の9割が閉鎖統合伐採された事実を確認しておこう。口の悪い言い方をすれば、伊勢神宮に「神道」のすべてを集中させる為に、地域の神社を片っぱしから潰したのが三重県である。

南方熊楠の言うところの「エコロジーを破壊した」と糾弾する「神社合祀」の悪夢のような忌まわしき陰謀の歴史を、今の政治家は知りもしないに違いない。三重県は明治期の「神社合祀」により、県下全体の9割の神社が、伊勢神宮に権力を集約せんと、合祀、取り壊された。三重の鎮守の森は9割伐採の憂き目に遭った。このような事実をまったく知る由もない政治家と云うものは、どうにも救いがたい。一言くらい触れられる政治家がいて欲しいものだ。先ずは、この件に関し、調査取材不足、歴史検証不足な記事が目立つ。記者クラブの報道管制下で行われた公式発表のみの報道だ。重複するが、朝日の記事をふたつ読んで頂こう。


≪ 伊勢志摩、首相の強い意向 「日本の精神性触れていただく」 来年、サミット決定

 8地域によるサミット招致レースを制したのは、最後に手を挙げた三重県だった。安倍晋三首相が来年のサミット開催地に伊勢志摩地域を選ぶにあたってカギとなったのは、「伊勢神宮の荘厳さ」「日本の原風景」といった日本の伝統や文化だった。

「日本の精神性に触れていただくには大変よい場所だ」

 首相は5日午後、羽田空港で記者団にそう語った。政府高官は「やはり『伊勢神宮の凜(りん)とした独特な空気を外国首脳にも感じてもらいたい』という首相の意向が一番大きい」と、選定には首相の強い意向があったことを認める。

 首相が伊勢志摩サミットを決断した直接のきっかけは、今年1月5日の伊勢神宮参拝にあった。  参拝中、首相は「ここはお客さんを招待するのにとてもいい場所だ」と口にした。それを聞いた首相周辺が、同行していた鈴木英敬三重県知事に「サミット候補地として立候補すればいい。いま直接、首相に伝えるべきだ」と進言した。

 鈴木知事は伊勢神宮が宗教施設である点や、伊勢志摩以外に7都市が開催候補地に名乗りを上げていたことから、やや遠慮気味に「今から手を挙げても間に合いますか」とたずねたところ、首相は「いいよ」と即答。鈴木知事は1月21日の定例記者会見で、サミット誘致の意向を正式に表明した。鈴木知事は経産官僚出身、第1次安倍内閣で官邸のスタッフだった。

 今回、政府内には、東日本大震災からの復興をアピールするため仙台市を推す声のほか、被爆地の広島市にという意見もあった。広島市での開催にオバマ大統領が参加することになれば、米大統領としては初の歴史的訪問となったが、政権幹部からは「被爆地訪問は米国が嫌がるだろう」と懸念する声が上がり、実現しなかった。

 首相は5日、「サミット関連の閣僚会議をそれぞれの候補地で開催することを検討したい」と述べ、各候補地への配慮をみせた。 ≫(朝日新聞:菊地直己、冨名腰隆)


≪ なぜ伊勢志摩が選ばれた? きっかけは正月のある会話

 8地域によるサミット招致レースを制したのは、最後に手を挙げた三重県だった。安倍晋三首相が来年のサミット開催地に伊勢志摩地域を選ぶにあたってカギとなったのは、「伊勢神宮の荘厳さ」「日本の原風景」といった日本の伝統や文化だった。

 「日本の精神性に触れていただくには大変よい場所だ」

 首相は5日午後、羽田空港で記者団にそう語った。政府高官は「やはり『伊勢神宮の凜(りん)とした独特な空気を外国首脳にも感じてもらいたい』という首相の意向が一番大きい」と、選定には首相の強い意向があったことを認める。

 首相が伊勢志摩サミットを決断した直接のきっかけは、今年1月5日の伊勢神宮参拝にあった。

 伊勢神宮を参拝中、首相は「ここはお客さんを招待するのにとてもいい場所だ」と口にした。それを聞いた首相周辺が、同行していた鈴木英敬三重県知事に「サミット候補地として立候補すればいい。いま直接、首相に伝えるべきだ」と進言した。

 鈴木知事は伊勢神宮が宗教施設である点や、伊勢志摩以外に7都市が開催候補地に名乗りを上げていたことから、やや遠慮気味に「今から手を挙げても間に合いますか」とたずねたところ、首相は「いいよ」と即答。鈴木知事は1月21日の定例記者会見で、サミット誘致の意向を正式に表明した。鈴木知事は経産官僚出身、第1次安倍内閣で官邸のスタッフだった。

 各候補地が出そろった時点で、政府は会議場の規模やホテルの受け入れ能力、警備や交通ルートなどを数値化して比較しつつ検討を重ねてきた。

 伊勢志摩の場合は、中部空港からヘリコプターで移動する点が懸案として指摘されていたが、政府高官によると「郊外都市でのサミット開催が各国で定着しており、首脳のヘリ移動は珍しくない」「伊勢志摩は、悪天候でも別手段で移動が可能」などとして、大きな不安材料にはならなかったという。

 今回、政府内には、東日本大震災からの復興をアピールするため仙台市を推す声のほか、平和の大切さを訴えようと被爆地の広島市にという意見もあった。広島市での開催にオバマ大統領が参加することになれば、米大統領としては初の歴史的訪問となったが、政権幹部からは「被爆地訪問は米国が嫌がるだろう」と懸念する声が上がり、実現しなかった。

 首相は5日、「どの候補地もすばらしい地域。サミット関連の閣僚会議をそれぞれの候補地で開催することを検討したい」と述べ、各候補地への配慮をみせた。 ≫(朝日新聞:菊地直己、冨名腰隆)


≪「伊勢神宮の荘厳さ」「日本の原風景」≫だと安倍は言うが、嘘だ。伊勢神宮への権力集中と云う中央集権神道国家の姿であり、荘厳っぽく見せているに過ぎない。日本の原風景だとさ。ふざけるな、鎮守の森を9割方破壊し、クスノキで樟脳を作り、儲けたのは誰だ!天下ったのは誰だ!

≪「日本の精神性に触れていただくには大変よい場所だ」≫たしかにその通りだ。三重県の「神社合祀」の凄まじさと鎮守の森9割を破壊を画策したのは、西欧文化に思慕を描いた明治政府である。それを強力に実行せしめたのが、我が国の一番自慢の官僚機構である。そういう意味で、日本の精神性に触れることは大きに歓迎だが、そんな日本の歴史に興味のある世界のトップがいる筈もないのだが……。

今年の1月に伊勢神宮を参拝した折に、安倍が「ここはお客さんを招待するのにとてもいい場所だ」と口にした。それを聞いた随行者の一人が、安倍と旧知の間柄である鈴木三重県知事に「立候補しろよ」と薦めた。鈴木知事も、遠慮がちに、立候補を表明したそうだ。こんな完璧な「仕込み話し」は司馬遼太郎の小説の読み過ぎだ(笑)。安倍の我田引水、歴史偏向主義を覆い隠すために、こういうエピソードを加えざるを得なかったと推量できる。

伊勢志摩の場合は、中部空港からヘリコプターで移動するらしいが、是非、オスプレイへの搭乗を願いたい。特に、安倍とオバマは全体にオスプレイに乗るのが礼儀である。オバマは日本の購入に感謝し、安倍は軍国少年として乗り込むべきだ。そんなこともしないで、東京上空をブンブン飛ぶものではない。それにしても、脱亜入欧と云い、神道を政治利用する日本政府と云うのは、宿痾の塊なンだね。

候補地の中で、仙台が有力視されていたが、復興云々はさて置き、福島を通過する事への懸念が最大のネックだったのだろう。なにせ、今でも福島県通過時には、放射線測定器を持っていれば、0.08 (μSv/h)を指し示すので、万が一、このことで国際社会に悪いメッセージを与えるのは拙いだろう。この数値に内部被ばく分を重ねると現在のチェルノブイリと殆ど変らないようなので、福島を通過するルートの開催地は言語道断。広島は、米国政府から、まさか広島では開催しないよね、と伝達されているので、ここも駄目。軽井沢は良いんじゃないの?いや、あそこは、富士山噴火時には手のつけようがないの駄目。そんなこんなで、安倍の思い入れがすんなり通ったのだろう。

サミットに出席する各国の責任者が、日本の明治維新以降の歴史を紐解いて、「神社合祀」に気づき、その政府挙げての運動が、日清・日露・日米大戦開戦決定した当時の日本人の精神的バックボーン、つまりイデオロギーは何であったのか、そういう疑問にたどり着けば、自ずと天皇を祭りあげて、伊勢神宮「神道」を日本人全体の精神的イデオロギー作り上げようと云う、中央集権官僚らの意図が見えてくる。そのことが、先の無謀とも思える日米大戦に突き進む原動力だったのだ。

筆者の感覚としては、天皇も伊勢神宮も、明治以降の中央集権国家主義(官僚機構が動かす)の犠牲者とも言える。しかし、そのことで、最も犠牲を強いられたのが、沖縄の住民であり、広くは日本庶民すべてを犠牲にしたという事だ。本当に、厚顔無恥にして、“厚顔無知”な安倍政権であり、汚らわしいほど悪魔的な霞が関である。マスメディアは、もうゴキブリ状態だ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月07日 15:03:35 : 43n9APMvqg
伊勢神宮を本宗とし、日本各地の約8万社の神社を包括する「神社本庁」を母体とする「神道政治連盟国会議員懇談会」の会長は【安倍晋三】。
▼国家神道の実体
キリスト教の代わりに、国家神道を国教として徹底的に国民を教化し、帝国主義国家の体制を固めようとした。それは皇室神道の下に神社神道を再編成した政治的な作為による国教であった。
明治政府は、イエス・キリストの代わりに天皇陛下を、聖書には古事記を当てはめて、一神教のごとく他の神々を異端として抑圧した。皇室の祖先である天照大神を最高神とし、それ以外の信仰を禁圧した。思想や言論の自由も同様に抑圧し、国家神道に違反する者を投獄した。小学校に天皇陛下の御真影(写真)や勅語を奉安殿に祀り、神として最敬礼すること、天皇のために命を捧げることが強制された。天照大神を祭神とする伊勢神宮が聖地となり、皇室神道に儒教をプラスした教育勅語を教典として国粋主義の教育が行われた。忠君愛国、滅私奉公、忠孝一致、一億一心、、神州不滅、武運長久等々、今ではすっかり忘れられた標語が全国民の耳目を覆いつくした。
事実、国内では極度の耐乏生活にもかかわらず泥棒その他の犯罪は殆どなかったが、その代わり戦地では戦死者が200万を超え、南方戦線の島々で戦死した兵士の6割ほどが、じつは餓死であったという悲惨な地獄絵図がくり広げられた。
国家神道は、まさに疑似キリスト教であった。
中世以来のキリスト教は、十字軍をはじめとして異教徒の処刑・殺害を見許していた。そのキリスト教を国教とする西欧諸国は、アジアをはじめ世界各地の植民地化に乗り出し、伝道者がその先兵となっていた。アメリカの悲惨な奴隷制度は、すべて西欧のキリスト教国による人種差別の産物であった。「八紘一宇」(天皇の威光を世界の八方に拡げ一つの家にする)を旗印に掲げた超国家主義の軍部独裁による「聖戦」は、まさに欧米諸国の模倣であった。しかも国内では、天皇の名の下に一切の自由を抑圧して無謀な戦争へ突入し、民衆を赤紙一枚で戦場へ駆り立てた。治安維持法、不敬罪、宗教団体法などの悪法が次々に制定施行された。国民の人権は全く認められず法律で禁圧された。
こうした社会を正当化する大日本帝国は、前述の通り疑似キリスト教というべき国家神道を根底にしていた。植民地獲得の戦争を聖戦と信じさせるために国家神道が果たした役割は大きい。
http://www.geocities.jp/shougen60/kokkasinto.html
▼日本文化を破壊した明治政府
神社仏閣のない明治政府の埋立地
多神教から一神教に変えた明治政府
明治政府は、キリスト教系CIAエージェント
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1840771.html
▼靖国神社四方山話E …神道の一神教化志向 …明治政府の神道政策
天皇と神道との関係が論理的に再構築され、「神道の一神教化」が志向された。記紀神話で天皇の祖神とされる、天照大御神を祀る伊勢神宮が最高位に就けられ、神宮の祭祀を国家祭祀として、重要視することになった。そして、伊勢神宮を頂点とする、全国の神社の体系化が行なわれた。
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/blog-entry-533.html
▼在特会より危険!? 安倍内閣を支配する極右団体・神社本庁の本質(リテラ)
国家神道というのは、いうまでもなく、日本の近代化にともなって推し進められた神道国教化政策のことだ。天皇にいっさいの価値をおくことで近代国家の統合をはかろうとした明治政府は、神道をその支配イデオロギーとして打ち出す。そして、そのために神社を国家管理の下におき、地域に根付いて多様なかたちをとっていた神社を伊勢神宮を頂点に序列化。民間の神社信仰を皇室神道に強引に結びつけ、天皇崇拝の国教に再編成していった。
この国家神道から、国民には天皇への絶対的な忠誠が強要され、日本だけが他の国にはない神聖な国のあり方をもっているという「国体」という観念が生まれた。そして国体は八紘一宇という思想に発展し、侵略戦争を正当化していった。つまり、国家神道は「現人神」の天皇の下、軍国主義、国家主義と結びついて、第二次世界大戦へと突き進む思想的支柱だったのである。
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/135.html
▼安倍内閣を牛耳る神社本庁の正体 第2弾 神社本庁が神殺し! 鎮守の森を原発に売り飛ばし反対する宮司を追放!(リテラ )
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/182.html

2. 2015年6月07日 21:10:26 : r6MbJ0xT76
神様は神社から出ているらしい
人を宮として御活動するそうだ

どうりで庶民や地方を虐げる人達が神社に自由に参拝してるわけだ


3. 日高見連邦共和国 2015年6月08日 11:58:22 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

来年のサミットは、広島か新潟でするのが正解。
(残念だけど、仙台も不正解)

それ以外はぺけ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK186掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK186掲示板  
次へ