★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 158.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党よ、私の反論を聞きなさい/小林節 <第9回>海外で後方支援するのは明確な憲法違反(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/158.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 20 日 08:34:05: igsppGRN/E9PQ
 

自民党よ、私の反論を聞きなさい/小林節 <第9回>海外で後方支援するのは明確な憲法違反だ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160950
2015年6月20日 日刊ゲンダイ


 安全保障の環境変化を理由に自衛隊の海外派兵を正当化しようという安倍政権と自民党の考え方は、明らかにおかしい。自衛隊に認められているのは第二警察としての自衛権だけだからだ。どうしてもやりたいというのであれば、憲法改正するしかない。この根幹がなし崩しでは困るのだ。最近は街頭でマイクを握ることもある小林節氏のエネルギッシュな反論が続く。

【論点23】

[問]これまではイラクなど、他国軍を支援する際にはその都度、特措法(時限法)を制定していたが、今回、恒久法(期限なし)が制定されれば、中東などで戦闘中の米軍の支援にいつでも自衛隊を派遣できるようになる。

[答]そうしたことはできないし、やらない。

◇反論

 法案を読む限り「我が国の安全に重要な影響を与える事態」であると政府が認定した場合には、必ずしも事前に国会の承認を得ずに、海外で戦闘中の外国軍隊を支援するために自衛隊をいつでも派遣できるようになっている。しかも、その「後方支援」なるものは、最前線での戦闘以外、軍隊が戦場で行うことのすべてを自衛隊ができるようになっている。つまり、戦争中の友軍に「後方」から合流して戦争に参加するのである。そして、攻撃を受けたら、(当然ではあるが)自衛のために反撃できる。要するに、米国などの戦争に「後方」から参戦できるようになる法案である。

 改めて問いたい。第2次大戦に対する反省の下に制定された憲法9条のもと、我が国は自ら戦争を放棄し(1項)軍隊との交戦権を禁じている(2項)。その故に自国が攻撃された場合に、自国とその周辺だけを戦場にして自衛隊(第二警察)を用いた反撃(専守防衛)はできるが、海外派兵は禁じられてきたはずである。憲法9条はどこへ行ったのか?(つづく)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月20日 08:53:05 : YxpFguEt7k
「安保法案 正当性さらに揺らぐ 歴代法制局長官4氏「違憲」」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015062002000118.html

判断を保留している津野修氏ですら「一般論として集団的自衛権の行使は違憲だが…説明をきかないと分からない」と言っている。
こんな法律ある? 廃案でしょ。


2. 2015年6月20日 09:00:04 : KzvqvqZdMU
>・・・・・我が国は自ら戦争を放棄し・・・・・

ここに嘘がある。真実は、占領軍によって放棄させられたのだ。

小林ら、憲法学者とゆぅ嘘っ八集団が、日本民族に、根本的なところでの
モラルハザードを引き起こしておる。



[32削除理由]:削除人:アラシ

3. 2015年6月20日 09:17:41 : atuowgrUnM
勝てば官軍だと知っていた(下関条約→日比谷焼き討ち)日本。
つまり負ければ賊軍だと知ってて戦争した。そして賊軍になった。
まあ、十中八九賊軍になるだろうな、と思うような戦争でね。
下関条約でふんだくられた賠償金返せ、勝てば官軍はずるい!!払いたくて払ったんじゃない!!
とか言われても困るだろう
東京タワーをつぶして戦車にしたいか。。
元オウムが、意に反してサリンを没収された、と発言したらどう思うか。
元少年Aのようだ。
反省の色が見えん!!と思われてもしゃーない。

4. 2015年6月20日 09:33:34 : N4qwxcBMP6
>第2次大戦に対する反省の下に制定された憲法9条
「反省の下に制定」ではなく、「敗戦国に与えられた」でしょ。
志位がポツダム宣言を持ち出した意味の真意はここだし、中露が日本に対する基本姿勢でしょ。

自衛権にしても憲法上ではそれすら否定されているので人類固有の権利としているだけで、「国際紛争を解決する手段」の国際紛争の定義からすれば、日本は国内の治安維持のための警察は許されるが、それ以外は全て許されないと読むのが普通でしょ。

ちなみに「戦争」は国家間、「国際紛争」はもっと範囲が広くて、民族紛争、テロ行為等も含まれる。

共産の真意である自衛隊違憲は憲法だけを見れば正しいので、人類固有の権利としての自衛隊活動を憲法論議で安倍が勝つことはできない。

しかし、問題の根底は、日本国民は自衛隊を必要と思うか不要と思うか、どちらを選択したいかと言うことであって、この答えは日本国憲法からは導き出せないという矛盾。


5. 2015年6月20日 09:55:18 : 6NC7VxWvE2
> 人類固有の権利

アウストラロピテクスから始まって、北京原人、ネアンデルタール人、ネトウヨに続く縄張り争いのことだ、までは読んだ。

近代を生き、法律に基づいた統治を信奉する我々現生人類にもわかるように、「自然権」という言葉で説明してくれないかな? できればの話だけど。


6. 2015年6月20日 10:22:05 : N4qwxcBMP6
自然権なんてアブラハムの宗教を起源とする勝ち組の白人種が作った思想だから、本源を辿れば有色人種は人として認められていないので日本人には自然権はありません。

有色人種に自然権が認められていないことは、ネイティブアメリカン、アボリジニ、中東、アフリカ等で白人が有色人種を迫害してきた歴史が問題視されていないことからわかるはずです。

第二次世界大戦により中東から東アジアにいたる中で唯一の独立国家であった日本も白人種に攻め滅ぼされたということです。


7. 2015年6月20日 11:46:07 : RMIURFIskg
6さん   ↑

貴殿の見方は一部当たっているかと思います。その論法だと現在白人種に抵抗し対抗できるは第一に中国であり将来的にはインドが続くでしょう。

その情勢のなかで先陣を切った日本が今後どうすべきかという問題提起になりますね。協力するか。相争うか。

確かにアメリカの言いなりにな近隣諸国を相争う選択肢は最低最悪でしょう。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ