★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 370.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
沖縄から罵声を浴びて追い返された安倍首相(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/370.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 6 月 24 日 10:02:22: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/8bbf709c1a37efac4e038261ff1c420d
2015-06-24 08:32:08

 翁長知事の「平和宣言」には、鳴り止まないほど熱い連帯の拍手が沸き起こりました。続く高校生の「みるく世がやゆら」(今は平和でしょうか)という詩の朗読にも居ずまいをただして共感する清らかな空気が会場を覆ったように感じられました。テレビで見ていても、そんな雰囲気が伝わってきたのです。

 しかしその後、安倍首相が登壇すると、「安倍、帰れ」「帰れ」の怒りをあらわにしたコールが起こりました。スピーチの途中でも、「ウソ、つくな」の罵声が。

 翁長知事は、「辺野古への移設を中止するよう強く求める」と、平和宣言としては異例の内容を盛り込みました。しかし、安倍首相は、辺野古問題には一切触れませんでした。自分の都合のいいことは長々としゃべりちらすが、都合の悪いことには素知らぬ顔で素通りする安倍流のしゃべりです。国民に本当に理解してもらおうとする姿勢は、ゼロ。自分の考えだけを強要する「おしつけおしゃべり」です。

 安倍という男には、沖縄の哀しみを唄った「島唄」の気持ちが理解できるでしょうか。おそらく権力を私物化しその醜い権力まみれの男には、ついぞ理解できない人間の情の世界なのでしょうね。かわいそうな男です。ピエロみたいな男です。

 ネット上にアップされていた「島唄」の訳を引用し、貼付します。

「島唄」

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
(1945年春、デイゴの花が咲くころ、米軍の沖縄攻撃が始まった)

でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た
(デイゴの花が咲き誇る初夏になっても、米軍の攻撃はつづいている)

繰り返す 哀しみは 島わたる 波のよう
(多くの人が繰り返し犠牲となり、人々の哀しみは、島中に波のように広がった)

ウージの森で あなたと出会い
(サトウキビの畑で、愛するあなたと出会った)

ウージの下で 千代にさよなら
(サトウキビ畑の下の洞窟で、愛するあなたと永遠の別れとなった)

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄よ、風に乗せて、死者の魂とともに海を渡り、遥か遠い神界の「ニライカナイ」に戻っていきなさい)

島唄よ風に乗り 届けておくれ わたしの涙
(島唄よ、風邪に乗せて、沖縄の哀しみを本土に届けてほしい)

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ
(デイゴの花が散る頃、沖縄での大規模な戦闘は終わり、平穏が訪れた)

ささやかな幸せは うたかたぬ波の花
(平和な時代のささやかな幸せは、浪間の泡のように、はかなく消えてしまった)

ウージの森で 歌った友よ
(サトウキビ畑で、一緒に謳った友よ)

ウージの下で 八千代に別れ
(サトウキビ畑の下の洞窟で、永遠の別れとなった

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄よ、風に乗せて。死者の魂とともに海を渡り、ニライカナイに戻って行きなさい)

島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を
(島唄よ、風に乗せて、愛する人に届けてほしい、私の愛を)

海よ 宇宙よ 神よ 命よ
(海よ 宇宙よ 神よ 命よ 万物にこいねがう)

このまま永遠に夕凪を
(このまま永遠に穏やかな平和が続いてほしい)

島唄は 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
島唄は 風に乗り 届けてたもれ わくぬ(私)のなだば(涙)
島唄は 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
島唄は 風に乗り 届けてたもれ わくぬのなだば


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国 2015年6月24日 10:07:43 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

式典後の安倍のインタビュー、いつもの憎らしい声の張りや勢いもなく、
僅かに震える声、硬く強張った表情が、彼の心情の全てを物語っている。

民意の厳粛な発露に、総理としての責任感に身を引き締め直す・・・そんな謙虚さは微塵もなく。

“追い返された”というよりは“逃げ去った”という表現こそが正しいだろう。


2. JohnMung 2015年6月24日 11:44:47 : SfgJT2I6DyMEc : tad1pylu62

>>01. 日高見連邦共和国さん ご苦労さまです。

安倍自公売国・懐国政権打倒に向けて、頑張りましょう☺❗


3. 2015年6月24日 15:22:29 : EVceu6gJbk
安倍は批判されるほど意固地になるからね。こいつのことだ。ますます辺野古に
こだわるだろう。
手を緩めず安倍城とネトウヨ滅亡まで追及しよう。

4. 日高見連邦共和国 2015年6月24日 17:22:10 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>02 『JohnMung』

了解です!

さて、岩手県知事選挙に先んじて行われます埼玉県知事選挙、自民党が担ごうと画策した
“天才メッサー”が正式にお断りを入れたみたいですネ!!

現埼玉県知事さんは、民主党系が擁する数少ない“有為な人材”です。

“野党大連合”の大きな輪の中で“大勝利”を支援していきましょう!!


5. 日高見連邦共和国 2015年6月24日 17:23:17 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

04です。『JohnMung』さん

またまた『JohnMung』“さん抜き”で失礼しました!


6. 2015年6月24日 21:19:48 : 8q3qeXT2cg
沖縄戦と言えば大田中将の電文を必ず思い出す。
そして、涙なくして最後まで読み通すことはできない。

元首相である橋本龍太郎氏は、沖縄問題では強硬な面もあったとされるが沖縄戦に関する深い思いを忘れなかったと言う。安倍総理は、この電文の存在さえも知らないのではないのか。


>6・6 県民に対し後世特別のご高配を賜らん事を 大田中将電文
http://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/200806060002/
六月六日は沖縄戦にて自決された大田実中将の電文が発せられた日でした。
狼魔人日記 :日本とアジア諸国の関わりを沖縄在住の視点で綴る。より引用させていただきます。
注:読みやすさを考え,原文漢字カタカナ混じり文を平仮名に直し,句読点を付加した。 これを筆者が更に読みやすく書き直した(とのことです)。

◆海軍沖縄特別根拠地隊司令官 大田実少将(自決後中将に昇進)海軍次官宛電文
昭和20年6月6日付け

「沖縄県民かく戦えり!」 「県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを!」

沖縄県民の実情に関して、報告は本来県知事より報告すべき事だが、県には既に通信力はなく、第三十二軍指令部(牛島中将の最高司令部)も通信余力がない。県知事の依頼を受けたわけではないが、沖縄の現状を見過ごすに忍びないので、私大田司令官が知事に代わってご緊急に報告する。

敵が沖縄に攻撃開始以来、陸海軍とも防衛戦闘に精一杯で、県民を顧みる余裕は殆どなかった。しかし、私の知る限り県民は青壮年の全てを防衛召集に捧げた。残りの老幼婦女子は、相次ぐ砲爆撃で家屋と全財産を焼き出され、軍の作戦の邪魔にならない小防空壕に避難、しかも爆撃、風雨に晒される窮乏生活にあまんじた。しかも若い婦人は率先して軍に協力し、看護婦、炊事婦はもとより、砲弾運び、斬り込み隊を申し出る者すらあった。

所詮、敵が来たら老人子供は殺され、婦女子は拉致され毒牙にかかってしまうと、親子生き別れになり娘を軍営門に捨てる親もいる。看護婦に至っては、軍移動に際し、衛生兵は既に出発した後なのに、身寄りのない重傷者を助けて、その行動は真面目で一時の感情で動いているとは思われない。更に軍の作戦大転換があり遠隔の住民地区が指定されると、輸送力がないのにもかかわらず、夜間、雨の中を自給自足しながら移動するものもいた。

要するに、陸海軍が沖縄に進駐して以来、県民は終始一貫して物資節約を強要され、ご奉公の心を抱き、遂に勝利する事無く、戦闘末期には沖縄島は形状が変わるほど砲撃され草木の一本に至るまで焦土と化した。食料は六月一杯を支えるだけしかないという。

沖縄県民はこのように戦った。
沖縄県民に対して後世になっても特別の配慮をお願いする。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

打電を終え、大田実海軍少将はその一週間後、現場で自決する。享年54歳。

昭和20(1945)年6月6日夜、沖縄の海軍陸戦隊司令官大田実少将は、
海軍次官あてに次のように打電しました。 (文中の□□は、不明部分です。)
電報の誤植と思われる部分を訂正した電文を掲載します。(狼魔人日記ブログ主さん)

発 沖縄根拠地隊司令官  
宛 海軍次官
左ノ電□□次官ニ御通報方取計ヲ得度
沖縄県民ノ実情ニ関シテハ県知事ヨリ報告セラルベキモ県ニハ既ニ
通信力ナク三二軍司令部又通信ノ余力ナシト認メラルルニ付本職県
知事ノ依頼ヲ受ケタルニ非ザレドモ現状ヲ看過スルニ忍ビズ
之ニ代ツテ緊急御通知申上グ
沖縄島ニ敵攻略ヲ開始以来陸海軍方面防衛戦闘ニ専念シ県民ニ関シ
テハ殆ド顧ミルニ暇ナカリキ然レドモ本職ノ知レル範囲ニ於テハ県
民ハ青壮年ノ全部ヲ防衛召集ニ捧ゲ残ル老幼婦女子ノミガ相次グ砲
爆撃ニ家屋ト家財ノ全部ヲ焼却セラレ僅ニ身ヲ以テ軍ノ作戦ニ差支
ナキ場所ノ小防空壕ニ避難尚砲爆撃ノ□□ニ中風雨ニ曝サレツツ乏
シキ生活ニ甘ンジアリタリ而モ若キ婦人ハ率先軍ニ身ヲ捧ゲ看護婦
烹炊婦ハ元ヨリ砲弾運ビ挺身斬込隊スラ申出ルモノアリ所詮敵来リ
ナバ老人子供ハ殺サルベク婦女子ハ後方ニ運ビ去ラレテ毒牙ニ供セ
ラルベシトテ親子生別レ娘ヲ軍衛門ニ捨ツル親アリ
看護婦ニ至リテハ軍移動ニ際シ衛生兵既ニ出発シ身寄無キ重傷者ヲ
助ケテ□□真面目ニシテ一時ノ感情ニ駆ラレタルモノトハ思ハレズ
更ニ軍ニ於テ作戦ノ大転換アルヤ夜ノ中ニ遥ニ遠隔地方ノ住居地区ヲ
指定セラレ輸送力皆無ノ者黙々トシテ雨中ヲ移動スルアリ是ヲ要ス
ルニ陸海軍□□沖縄ニ進駐以来終始一貫勤労奉仕物資節約ヲ強要セ
ラレツツ(一部ハ兎角ノ悪評ナキニシモアラザルモ)只管日本人ト
シテノ御奉公ノ護ヲ胸ニ抱キツツ遂ニ□□□□与ヘ□コトナクシテ
本戦闘ノ末期ト沖縄島ハ実情形□一木一草焦土ト化セン糧食六月一杯
ヲ支フルノミナリト謂フ
沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・・・・引用以上

 県民に対して後世特別のご高配を賜らんことを。この電文を打たれて後、一週間後の十三日に自決されたのであった。 その思いはどう伝わったのであろうか。・・・・・・・>


7. 2015年6月24日 22:39:28 : 4Nwf0shB0Q
1.日高見連邦共和国 へ
最近、アヘ晋三に対し、哀れな感情をいだくようになりました。
以前は、言葉の意味を理解できない、説明もできない、単なる愚か者と思っていました(ジョージ・オーウエル「1984年」の世界かと嫌悪しています)。
しかし、アヘ晋三を一人の人間個人としてみると、個人の脳力をはるかに超えた事態への対応を求められ可哀そうにも思えてくる、昨今です。
とは言え、自らの立場を全うするのが大人の世界です。
ということで、アヘ晋三は自らの立場や言論を維持する能力のない「ガキ」が強がりを言っているものと、哀れに思えてきました。
といって、権力の中枢にある人間の国民に対する言い訳を許すものではありません。無能な人間が権力の中枢にいるということは、国民にとって極めて有害であることは言うまでもありません。



8. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 09:20:35 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>07

ご同意いたします。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ