★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 706.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
特集ワイド:護憲ってカッコイイ 若者が主婦が…憲法の価値再発見 - 毎日新聞
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/706.html
投稿者 gataro 日時 2015 年 6 月 30 日 23:39:03: KbIx4LOvH6Ccw
 






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月01日 02:49:13 : snAc501eHi
日本憲法は、世界最先端をいく理念を持つ憲法です。

この憲法を改正しようなど、馬鹿なことを言っているのが自民党です。
自民党の憲法草案を読まれたことありますか?

国連の諸外国の議員が、この草案を読んで笑ったそうです。
立憲主義を理解していないものが作成している、、
国民主権がなおざりにしている、、、

そう、以前の明治憲法の思想が取り入れてあるのです。

国民は国家を愛し愛国心を持たなければいけない。
国旗・国歌を大切にそのもとに国民は一致する、の主意、(表現が悪いかも?)
近隣の住民と思いやりの心で助け合う社会に、、、

なんと、自民党草案の憲法は、国民に義務を押し付けているのです。
憲法は、国民が権力者・行政に義務を押し付けているものなんですが、全く逆になっていれるのです。
国民主権を後退差し、国家権力者の憲法になっているのです。

こんな憲法改正、あなた承認しますか?
自民党、公明党を信用できますか?

国家権力の暴走が目に見えてくるようです。
そう、安倍ヒットラ-総統が、頭の中に浮かんでくるのです。

もし憲法改正するなら、国民が作らないといけません。
政治家に作らせてはいけないのです。


2. 2015年7月01日 05:13:59 : m70LxJVqHA

国家主義者しかいないからな政治家と官僚は、、、

日本の場合、文系の大学学部を卒業してたら、自動的に国家主義者にしかなり得ない

大学から文系のカルト認定・排除が必要だ


3. 2015年7月02日 01:47:26 : IJjjrLkBu1
   長い物には巻かれろ、寄らば大樹の陰、が、一般的な日本人の処世術とはいえ、それに深層では抵抗感が有るのが現代の若者であろう。
  だからこそ、集団の、右へ倣え、の詰め込み教育には馴染まなくなっている。塾の講師が脚光を浴びるほど、一律な文部科学省主導の学校教育に馴染めなくなっており、不登校の生徒が大量におり、今やフリースクールも認知され始めた。
  一時、KYと言われ、「空気を読めないヤツ」が虐めの対象となったが、場の空気を読んで常に大勢の側に付くのは、まさに戦後の政財官護送船団がしつらえた、統治機構の既成秩序を危うくする「出る釘」は打つ、という、飴と鞭による民衆操作の結果であると言えるだろう。
   ところで、現行日本国憲法は、その理念が殆ど司法によって精査されず、基本法の原理原則も同様である。日本に存在するのは、行政指導と通達という、行政機関による疑似法律である。結局のところ日本は「法治国家らしきもの」でしかないのである。
   ここへ来て、憲法改訂の動きを切っ掛けに、改めて憲法を見直した若者がいる、ということだ。不登校やニート、アルバイトは時間は有る。早朝から深夜まで、何も考えずに過労死寸前まで働き続けることが不可能となった時代、却って時間が出来、物事を深く考えることが可能となった、とも言えるだろう。
  何よりも、自民党が作った憲法草案の内容を見れば、今以上に、統治機構に民衆が個の尊厳を捧げる内容であるのが解るのである。
  寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、常に大勢に従うべし、といった傾向が益々色濃い内容なのだから、自民党憲法草案には個人として俄かに嫌悪感が走るのは、まともな人間であれば本能的な反応である。
  自民党憲法草案と比較すれば、現行憲法の方を若者が尊重するのは自然である。それが個としての、まともな生存本能の発露なのである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ