★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 716.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍、屁理屈並べて謝らず。総裁責任も谷垣に押し付け。沖縄もスル〜(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/716.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 7 月 01 日 06:51:17: EaaOcpw/cGfrA
 

http://mewrun7.exblog.jp/23352195/
2015年 07月 01日

 先週26日に自民党の安倍シンパの勉強会で、講師として招いた百田尚樹氏や若手議員が、メディアに関して報道の自由&民主主義に反する問題発言や沖縄に関する(半分デマの)暴言を連発したことが明らかになったのだが・・・。

 安倍晋三氏は、首相であると同時に、自民党TOPの総裁であるにもかかわらず、そのことは完全にスルーすることにしているようで。行政府の長は、党の議員の発言について、コメントできないと答弁。
 この件について、感想や意見、説明をきちんと述べることもせず。謝罪もせず。責任もとることも考えず。党内の対応は谷垣幹事長に任せて(責任も押し付けて)、われ関せずの姿勢で逃げまくることに決めたらしい。(>_<)

<詳しくは後述するが。谷垣幹事長は28日の会見で「党のトップは総裁(安倍首相)だが、実際の運用は私が責任者」と述べ、首相の謝罪は必要ないと発言。また、菅官房長官も29日の安保特別委で、沖縄をめぐる発言について「党の問題だ」として、政府として調査、謝罪は行なわない意向を表明し、安倍首相を擁護する態勢を築こうとしている。(`´)>

 今国会中に安保法案を成立させ、9月の総裁選で再選するまでは、下手に謝罪したり、責任をとったりして野党や党内のアンチ安倍派に突っこまれるようなマイナス要因を作ってはならないし。また、超保守派の議員や関係者からの支持をキープしたいという思いや戦略があるからだろう。(-"-)

* * * * *

 先週のブログでも触れたように、民主党をはじめ野党の議員たちが早速、翌27日の衆院安保特別委員会で、安倍首相にこの問題発言について質問したのであるが・・・。
 安倍首相は、この日の質疑でも、ろくに感想や意見も述べず、謝罪も拒否した。 先週の記事にも書いたのだが。報道記事だけでは事実かどうかわからないので、コメントできないと。では、確認してくれと言うと、自民党総裁の立場はヨコに置いて、行政府の長が党の議員の発言を確認できないと拒否。(~_~;)

 途中、昼休みに浜田委員長が報道記事の内容が事実であったことを確認したのだが。「それが事実であるとすれば、大変遺憾」だと述べたものの、百田氏に関しては「発言者に代わって勝手におわびできない」とか(なかなかの屁理屈!)、言われてもいないことにアレコレ反論して逆ギレするなどして、相変わらず、答弁時間を浪費。結局、感想や責任問題に関してきかれたことに答えないままで終わることに。
 その後は、委員会にも出席していないし、取材にも応じていないので、自らはこの件については何も語らずにいる。(@@)

 でも、mewは、このような安倍首相の言動や態度は、むしろ野党議員や沖縄の県民の反発心に火をつけて、安保法制の審議や辺野古の移設計画に支障を来たす可能性があると思うし。
 もしメディアが、それをきちんと報じてくれれば、安倍内閣や自民党の支持率もどんどん低下することになるだろうし。<安倍応援紙の産経&FNNの世論調査でも、支持率が50%を割ったようだしね。(*1)>
 また自民党内からも安倍首相&仲間たちのアブナさや身勝手さに嫌気や不信感を抱く議員が増えて、求心力が低下するおそれもあるのではないかと(期待込みで)思うのだ。(・・)
<もし維新が裏切らなければ、安保法案の今国会成立もビミョ〜になっちゃうかも?^^;>

* * * * * ☆

 そこで、まずは27日の安保特別委での質疑の様子(&安倍首相の見苦しい答弁)に関して伝える記事を見つけたので、そのうち2つアップしておきたい。(・・)

『作家の百田尚樹氏が安倍晋三首相に近い自民党若手国会議員の会合で「沖縄の2紙はつぶさないといけない」などと述べた問題で、衆院平和安全法制特別委員会の浜田靖一委員長(自民)は26日の同委員会で「発言はあった」と述べ、百田氏や議員の一連の発言を認めた。安倍首相は同委員会で「発言した方に成り代わって勝手におわびすることはできない」と述べ、謝罪はなかった。一方、発言は同日の安全保障法案を審議する衆院特別委員会に波及、野党は「自民党のおごりの結果だ」(岡田克也民主党代表)と抗議を拡大させている。(中略)

 委員会で寺田学氏(民主)が「沖縄への侮辱だ」と批判し、安倍首相へ発言内容の確認を求めたが、首相は「私が政府として示す立場にない。党の正式会合ではない」と否定。謝罪についても「事実なら大変遺憾だが、言論の自由は民主主義の根幹で当然尊重されるべきだ」としただけで明確な謝罪はなかった。
 辻元清美氏(民主)が金銭目当てで普天間飛行場の周囲に住民が住み始めたという百田発言を首相にただしたが「民間人の発言を間違っているという立場にない」と述べた。

 会合に出席した加藤勝信官房副長官は委員会で「ミリオンセラーを多く出している方の話を伺いたかった。ご意見は拝聴に値すると思った」と述べ、発言内容を一定評価する姿勢を示した。
 暴言の数々は、首相の総裁選再選を支える母体となるグループ「文化芸術懇話会」の会合の非公開部分で飛び出した。出席者は37人。側近中の側近、加藤勝信官房副長官、萩生田光一・党総裁特別補佐も出席しており、衝撃を広げている。(沖縄タイムス15年6月27日)』
http://mewrun7.exblog.jp/23335874/
<加藤官房副長官らは、『安倍思想は正しい&邪魔者は排除〜安倍仲間のアブナイ考えを知って欲しい』などに書いたように、この勉強会に深く関与しているのだが。自分は百田氏の講演部分しか参加しておらず、暴言が出た質疑応答はきいていないので、コメントできないと主張。29日の特別委でも「先日も、自民党において処分がされたところでございまして。そういった意味では、大変残念な事態であったと、こういうふうに思っております」と、安倍首相同様、全他人ごとのようにふるまっている。(-"-)>

* * * * * 

『安倍晋三首相は26日の衆院特別委員会で、25日の自民党議員の勉強会において、議員や講師に招かれた作家の百田尚樹氏から、報道機関に対する圧力発言が出た問題への謝罪を求められたが、拒否した。「その場にいないのに、勝手におわびできない」と述べ、処分にも消極的だった。「報道の自由を尊重するのは当然だ」としたが、身内の非常識な「オウンゴール」は、今国会での安全保障関連法案成立を目指す首相に、大きな誤算となった。

 国会会期を95日間も延長し、法案の審議を進めたい首相に、「オウンゴール」が飛び込んだ。報道に対する圧力発言の数々が、自身に近い「応援団」の会合で飛び出す事態。委員会で野党の追及に「事実であれば大変遺憾だ」と切り出した。その上で「自民党は、自由と民主主義を大切にする政党。報道の自由は民主主義の根幹で尊重されるのは当然」と釈明した。

 ただ、首相は発言内容を把握しているのか再三問われても、認めようとしなかった。「総理という立場では確認していない」と答えた。民主党議員に「都合の悪い問題で『私は総理だから』ではすまされない」と指摘されたが、公務を理由に「(確認の)時間は取れない」と突っぱねた。

 党所属議員の発言だけに、総理総裁として謝罪を求められると、「私がその場にいないのに、勝手におわびすることはできない。発言した人だけができる」と拒否。「私的な勉強会。1つの意見で、処罰することがいいのか」と処分にも否定的だ。煮え切らない対応に「そういう総理の背中を見て、議員は発言していると思う」と指摘された。

 会合の講演で、「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」と発言した百田氏については「一民間人の発言」と主張。自身がNHK経営委員に選び、共著もある間柄だが「すべて主張が同じというわけではない。主義主張が違っても意気投合することはある」と苦し紛れの釈明もあった。(日刊スポーツ15年6月27日)

* * * * * ☆ 

 自民党内にも、若手議員や百田尚樹氏の発言を問題視している閣僚や議員が少なからずいるのだが。党内対立が激化したり、9月までに安保法案を成立させられなかったりしたら、政権与党の座が危なくなると懸念しているせいか、なかなか安倍首相&仲間たちの批判にまで至らず。
 
 しかも、自民党の総裁のくせに、今回の問題に自ら対応しようとも謝罪しようともせず、責任をとろうともしない安倍首相に代わって、谷垣幹事長が「私が責任者」だと擁護。
 菅官房長官も、沖縄に関する問題発言について、「党の問題だ。政府として調べてコメントする立場にない」と述べ、政府として調査や謝罪をする意向がないことを示したという。(-"-)

『 <自民勉強会>沖縄侮蔑発言 菅官房長官「党の問題だ」

 ◇谷垣幹事長も「私が責任者」と幹事長の謝罪で十分と

 菅義偉官房長官は29日の衆院平和安全法制特別委員会で、自民党の勉強会で沖縄への侮蔑的な発言が出た問題について、調査と県民への謝罪を求められたのに対し「党の問題だ。政府として調べてコメントする立場にない」と述べ、政府として対応する必要はないとの認識を示した。谷垣禎一幹事長も記者会見で、安倍晋三首相の謝罪に関し「党のトップは総裁(首相)だが、実際の運用は私が責任者」と述べ、幹事長の謝罪で十分だとした。

 首相は同日、谷垣氏と会談し、勉強会で出た報道機関への圧力を求める発言について「表現の自由は民主主義の根幹だから、それに配慮していく姿勢をはっきり示さなくてはいけない」と述べた。沖縄への侮蔑発言でも「沖縄のことを一生懸命考え取り組まれた先輩がたくさんいる中で、極めて遺憾なことだ」と語った。谷垣氏が明らかにした。

 首相はその後の同党役員会で、安全保障関連法案について「さらに緊張感を持って、政府・与党一体となって成立に全力を挙げたい」と述べ、今国会での成立を目指す考えを改めて強調した。谷垣氏によると、首相から勉強会についての言及はなかった。

 特別委では、野党が「沖縄県民を侮辱している。謝罪すべきだ」(共産党・赤嶺政賢議員)などと追及。菅氏は、勉強会で講師を務めた作家の百田尚樹氏や自民党議員の発言に関し「党内の有志による非公開の集まりで事実関係は掌握していない」と確認を避けたが、議員の発言については「もし事実だとすれば極めて非常識だ」と語った。

 民主党の枝野幸男幹事長は国会内で記者団に「首相の非常に鈍感な姿勢、態度が最大の問題だ」と批判。安保関連法案審議への影響については「一体不可分だ。言論・表現の自由に無理解の政権が、国民世論を押し切って軍事のことをやろうとしている」と批判した。(毎日新聞 15年6月29日)』

* * * * *

 しかし、本当は自公議員もそうなのだが、野党議員もメディアも、百田氏や若手議員の発言は、安倍首相&超保守仲間たちの意見を代弁したようなもので、安倍政権下だからこそ、自民党内の勉強会で堂々となされたものだとわかっているし。安倍首相が謝罪しないのは、同じような意見の持ち主であるからだということもわかっているわけで・・・。

 どうか野党議員やメディアは、そのことをきちんと国民に伝えて欲しいと。そして国民も、(本当は自公議員にも)このような思想や考え方の実現を目指す安倍政権がこのまま続いていいのか、よ〜く考えて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

                         THANKS  


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. JohnMung 2015年7月01日 07:18:54 : SfgJT2I6DyMEc : tad1pylu62

このスレッドの標題に見るような安倍晋三の態度は、「長州ー田布施ー朝鮮人」による特性でしょう⁉

大言壮語、大嘘吐き、責任転嫁、脱税、入院トンズラ、会食接待弄落、官房機密費無駄遣い、・・・

こういう奴をのさばらせると、ブラック企業を蔓延らせ、ヤクザ・マフィアを暗躍させるとともに、格差社会を助長し、徴兵・徴用され、戦争に駆り出されるぞ❗



2. 2015年7月01日 07:30:09 : Yjh19a7mYg

ニセ景気のための人為的株価工作で、いったいどれくらいの損を年金資金が被るのか。
 安倍晋三よ、もう責任転嫁できないぞ。全日本人の敵。詐欺師だ。

3. 2015年7月02日 11:47:33 : KHLJm769w6
安倍晋三と言う人間は卑怯で卑劣で最低な人間だ。安倍の周りに集まる人間も最低、それを見てもわが身が大事の与党議員も最低、今や自民党議員は地に落ちた。公明党も民主党の一部も維新の一部も自民党と同じ。国民が覚醒して立ち上がらないと又戦前に戻ってしまう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ