★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 831.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ホームページのアクセス 8888888(永田町徒然草)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/831.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 03 日 14:45:11: igsppGRN/E9PQ
 

ホームページのアクセス 8888888
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1698
15年07月03日 永田町徒然草


今日から明日にかけて、当白川サイトのホームページにあるアクセスカウンターが、8888888を超える。まさに、右翼反動の権力者が国民に戦争を売ってきて、国民がこれと必死に闘っている最中に、である。いつも言っているように、白川サイトへのアクセス数は、累計で8888888÷0,13=68376061となる(ホームページからのアクセス率は13%である)。6837万余だ。サイト開設者として、いささかの感慨を禁じ得ない。



このサイトはいつも、戦うサイトであった。そもそも、私がこのサイトを開設する必要性を感じたのは、小渕恵造首相を筆頭に自民党執行部が進めようとしていた公明党との連立を阻止するためであった。「自民党が公明党と連立した場合、自民党は“自由民主党”ではなくなる」と、自民党国会議員としての信念と確信があったからである。


孤軍奮闘、残念ながら公明党との連立を阻止することはできず、私は平成12年夏の総選挙で敗れ、それ以来、私は政治的に厳しい状況に立たされることになった。しかし、私はこの戦いを後悔していない。事は、日本国憲法の基本である“思想、良心、信教の自由”に関することであるからだ。そして、公明党との連立は、自民党を大きく変質させてしまった。私の杞憂は、やはり杞憂でなかったのだ。


自民党と公明党の連立から15年余。現在の政権を、私は自公“合体”政権と規定しているが、この政権が安保法制を大幅に変更し、憲法9条に明らかに違反する戦争法案を成立させようと躍起になっている。多くの国民が、これに対して闘っている。私もその一翼で、必死に闘っている。反対する陣営は、日々大きくなっている。そんな時に、8888888を迎えたのである。8(八)は末広がりだ。勝利を確信して、頑張ろうではないか。これからも、読者諸氏のご支援を心からお願いする。


今日は、このくらいにしておこう。それでは、また。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月03日 16:15:01 : YxpFguEt7k
「公明党との連立は、自民党を大きく変質させてしまった。」

公明党こそ、同じことを言いたいのではないか?
安倍自民党と連立したら、創価学会信者から顰蹙を買うほど、公明党が変質してしまったと。
平和の党のイメージは地に堕ち、今や創価学会は、国民を戦争に誘うための道具として宗教だと思われてしまっている(信者の目指すところは違うのだろうけど)。


2. 2015年7月03日 18:26:30 : AxHLMtGTIo
そろそろ創価学会も公明党と縁を切らないと、信者数の激減になるぞ。
安倍極右内閣の下駄の雪を支援したって何のメリットも無いだろう。

3. パラノイア 2015年7月03日 20:56:18 : 5cZmKXh9BZOYo : b8RDFid1rA
私は公明党そのものが憲法違反だと思っておりますが、自民党憲法草案では何か変わるのとちゃいますか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ