★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 880.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
社説:安保転換を問う 維新の対案 毎日新聞
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/880.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 04 日 10:50:05: igsppGRN/E9PQ
 

社説:安保転換を問う 維新の対案
http://mainichi.jp/opinion/news/20150704k0000m070185000c.html
毎日新聞 2015年07月04日 02時40分


 ◇「違憲」正す姿勢明確に

 安全保障法制をめぐり野党に動きがあった。維新の党は政府案の対案をまとめ自民、公明、民主3党に提示、近く国会に提出する方針だ。

 対案は集団的自衛権の行使を容認する政府案の根幹に関わる内容であり、議論に値する。国会に提出するのであれば徹底的な審議を要求し、憲法違反と指摘される政府案の問題点を正していくべきだ。

 党内にさまざまな意見を抱える中での対案である。維新案の特徴は政府が集団的自衛権行使の前提とする「存立危機事態」を認めず、従来の個別的自衛権の「拡大」で対応できる点だ。「日本への武力攻撃に至る明白な危険」があれば、日本を守るため周辺で活動する外国軍への武力攻撃にも反撃可能とした。

 維新案は朝鮮半島有事の際に邦人を輸送する米艦が攻撃された際の自衛隊による反撃も個別的自衛権で対応できるように読める。一方で政府案が想定する経済危機を理由とする中東・ホルムズ海峡での機雷掃海のような活動は理論上不可能となる。

 本当に従来の憲法解釈の枠内で収まるか、地理的範囲や「武力攻撃に至る明白な危険」の基準など、維新案にはなお吟味すべき部分も多い。ただ、閣議決定による憲法解釈の変更を前提としない点は政府案の根幹部分の変更にあたる。多国籍軍などへの自衛隊による後方支援について従来の「非戦闘地域」で一線を引く考えを維持した点も注目できる。

 野党が安保法制をめぐり対案を示すことは評価できる。だが、このタイミングの対案提出に不安もある。政府案との隔たりは大きいだけに、維新案を短期間審議したことなどを理由に与党が政府案採決の正当化に利用するおそれがあるためだ。

 与党には今月中旬にも政府案の衆院採決を探る動きがあるという。維新では安倍晋三首相に親和的とみられる勢力が対案取りまとめに積極的だった事情もある。どこまで維新が対案の徹底審議を求め、政府案の欠陥是正に取り組むかが問われる。

 同党は今国会で労働者派遣法改正案をめぐり与党に無原則に譲歩し、衆院通過の道を開いた前例がある。憲法や安全保障の根幹に関わる問題で安易に妥協したり、政府案に事実上加担するようなことがあれば、政党の信頼を損なおう。

 自民党の対応も問われる。首相はこれまで野党に「責任野党」として建設的な論戦を展開するよう、ことあるごとに強調していた。実際に対案が出ても真剣に検討しないのでは、最初から聞く耳などなかったと取られても仕方ない。「違憲法案」への批判に耳を傾けるべきだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月04日 11:59:25 : YxpFguEt7k
良い社説だと思いました。

2. 2015年7月04日 12:45:37 : 6NC7VxWvE2
国の有す軍事力に対し、国民の代表たる国会を通じての民主的統制をより強く効かせようとしている点で、政府案より維新案のほうが、すでにかなりの規模の軍事力を有してしまっている先進民主主義国家に相応しい法案なわけだが、今までの経緯から、引用の社説でも示されているような疑念があり、ほとんど維新案を推す声が聞かれないのは極めて残念ではある。

今の状況からすると、それこそ政府、というより内閣、外務省、与党幹部が参戦を決めたら、国民サイドからはそれを留める法的手段を与えられてないも同然の政府案が通りそうだ。

ことここに至っては、軍事力行使に少しでも民主的統制が加えられるようしたほうがよいと思うし、それを選択するような社会であれば、紛争を直ちに軍事的に解決しようという誘惑に駆られたり、あるいは、万が一に戦争になったとしても、先の大戦のように自滅的敗北することもないと思うのだが、そのような声は極めて微弱だ。

一部の者が威勢よく徹底抗戦を叫んで多数が付和雷同し、見せかけの熱狂で盛り上がって結局玉砕するなんて大日本帝国の DNA は、なにも保守、右翼勢力の専売特許というわけでなく、むしろ、それらに反対する勢力の方にこそ残っているようだ。無自覚なだけ始末におえそうもない。


3. 2015年7月04日 18:33:14 : 9z779rD8fw
惨軽ゴミ売り乞食メディアや異心は
今回の件は対案をもって
正論を行ったいいたいようだが
猿のざる安保法自体が
憲法違反の法律案なのだ
そんなもの論議の対象ですらない
門前払いするものだ
合憲といえる妥協案だと責任野党だと
乞食メディアにノセラレ自慢するが
猿の本心は自衛隊を
アメリカにさしだすことだ
国連軍に参加させることでも
自衛権の行使でもないのだ
あの猿総理はアメリカの連合軍として
戦争したいだけなのだ
そんなことは異心もわかってるだろう
もし、自民の罠にのったら
異心のやろうとしてることは
問題を国民からそらす
猿に手を貸したと
後世いわれるだろう
対案として出すというより
異心の見解をあのバカに答弁させ
なぜ、歯止めに応じないのか
ゲロさせ本音を出させるべきだ
友好国の要請があっても
それを理由に自衛隊を派遣しないと
この一文をいれたら
猿の法律案は骨抜きだ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ