★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189 > 236.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/236.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2015 年 7 月 22 日 09:46:17: AtMSjtXKW4rJY
 

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-73c7.html
2015年7月22日 くろねこの短語


「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」(船田元)。「クーデター」の仕上げってわけか。


箱根山は噴火だけど噴火じゃない、ってなんのこっちゃ。「現象は噴火だが、住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火との表現は適切でない」って気象庁は言ってるけど、ちょっとだけよ噴火なんてあるもんかい。こんなんで風評被害がどうしたこうしたって言われてもねえ。こうした言い草は、福島第一原発事故による放射能汚染隠しとも、根っこでは繋がってるんだろうね。新聞・TVが風評被害って喚き出した時には要注意ってことです。

・箱根山で火山灰確認 「噴火だが噴火の表現適切でない」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150721-00000049-asahi-soci

 こうした言葉のまやかしは、いまだに不正会計なんて報道している東芝問題も同じだね。どう見たって粉飾決済じゃないのかねえ。オリンパスの粉飾決済なんかに比べると悪質性は低いとかなんとか言ってる評論家や弁護士なんかもいるようだけど、これで刑事事件として立件できなかったら50億円の粉飾で実刑くらったホリエモンは何だったんだってことになるんじゃないのかねえ。ま、東電だっていまだに幹部のうちひとりだってお縄になっていないんだから、東芝の幹部連中も安泰ってわけか。

 そんなことより、安保法制=戦争法案です。憲法学者の「違憲」表明のきっかけ作っちゃった政界の失楽園・船田君が、戦争法案成立後に憲法9条改正が必要だってほざいてるようだ。曰く、「憲法解釈(を変更して他国を出力で守る集団的自衛権の行使容認をした法案)なので、非常に分かりにくい」「憲法改正するしかない。将来は九条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」。さらに、「現状では改正できないので、(憲法解釈は)ぎりぎりの選択だった」だとさ。

 おいおい、てことは何かい、気分は軍人の防衛大臣・中谷君が、「現在の憲法をいかに法案に適用させていけばいいのかという議論を踏まえて、閣議決定を行った」って口滑らせちゃったそのまんまじゃないの。何が「ぎりぎりの選択」だ。でもって、その解釈を適法とするために憲法9条を改定しようってんだから、これはもう憲法学者の石川健治東大教授が指摘しているように「クーデター」みたいなもんなんだね。

「国民を置き去りにしたまま、政府レベルで法秩序の連続性の破壊を図った。内閣法制局長官を集団的自衛権容認論者にすげ替え、集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、政権与党のみで法案を国会を通してしまった。国民から支持を受ける『革命』に対し、国民を置き去りにした状態で法秩序の連続性を破壊する行為を、法学的には『クーデター』と呼ぶ」

・あれは安倍政権によるクーデターだった/石川健治氏(東京大学法学部教授)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150718-00010001-videonewsv-pol

 憲法解釈変更に至ったプロセスに理念はまるでありません。あるのは、爺さんから引き継いだ「改憲」という「情念」だけ。だから、どんなに理屈をこねようと説得力のある説明はできるわけがなく、愚かな例え話に終始しちゃうんだね。その裏にはアメリカのご意向ってのが歴然とあるわけで、ようするに集団的自衛権行使と引き換えに国を売ったわけだ。

 これまでも何度も書いてきたけど、安保法制=戦争法案はそもそもが違憲と疑われる閣議決定がきっかけなんであって、憲法違反というその1点で戦わなくてはいけない。だから、維新の党や民主党のように対案を提出しようなんてのは愚の骨頂。それこそ、憲法解釈変更という「クーデター」を認めることになっちゃいますからね。フランケン岡田君みたいに「安倍政権のうちは憲法改正はさせない」なんて腹の底見透かされるようなことを平気で口にしちゃうのが党首でいる限りは民主党に未来はないし、結果として違憲総理に加担することになっちゃうんでしょうね。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国 2015年7月22日 09:56:05 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>あれは安倍政権によるクーデターだった/石川健治氏(東京大学法学部教授)

うん。改めて昨年の安倍の“閣議決定直後”のほらほ(自分ら)の新聞岩手日報を
読み返しても、徹底的な危惧と、各界からの問題提起(反対意見)が大規模に紙面を飾っている。

遠からずこういう事態(当該安保法案の国会提出)が来るのは分かりきっていた。
それまで何してたんじゃ!という批判、怒りは尤もだろうが、死んだ子の年を数えても始まらね〜。

前を見て、『これから何が出来るか』、こそを考えて行こうゼ!
案外、『結果オーライ』かもよ!?(笑)

(民主党の無為無策や維新内部の反目が思わぬエネルギーを国民に与える、という意味)


2. 2015年7月22日 10:11:51 : 2r3xVew5hn
 
 
今回の政府の安保法案では、「一部集団的自衛を認める」「集団的自衛権を限定的に認める」などと言われますが、これは間違っています。 
 
政府の安保法案には、集団的自衛権の「限定」に関する条文が、一切、見当たりません。
 
安保法案には、集団的自衛権を行使する際に、国会の適切な関与や、厳格な文民統制に関わる「限定」についての記述はあります。
 
しかし、武力行使の際の、国会の関与や文民統制についての「限定」は、フランスやドイツの憲法にもあります。
 
じつは政府の安保法案の目的は、憲法9条を持つ日本の憲法を、NATO加盟国のフランスやドイツの憲法と同じにすることです。
 
それによって、日本はフランスやドイツのように、互いに互いの国を守るために他国での武力行使をおこなう多国間軍事同盟に加わることができるようになります。
 
もっといえば、日本がNATO加盟国になることそのものが、政府の安保法案の目的です。
 
さらに、政府の安保法案には、NATO加盟国のような域外派兵という概念がないので、集団的自衛権の行使と称して、日本は世界中のどの国にも海外派兵することが普通のNATO加盟国よりも容易になります。
 
政府の安保法案について、安倍内閣は、国民に本当のことを知らせていません。
 
政府は本当のことを隠したまま、参議院で法案の審議を始めても良いのでしょうか?
 
自民公明政権は、二度と立ち上がれない酷い仕打ちを、国民から受けることになりますが、それでもよろしいですか???
 

3. 2015年7月22日 13:37:27 : QmyrjoZuIs
アベは爺さんが取り付いたゾンビ。
しかし爺さんのように頭は回らない。
アメリカは「憲法改正まかりならん」
村山・河野談話「見直しダメ」と言っている。

回らない頭でTV出演。
バカの丸出しどころか3乗ぐらいになってきた。
国民の理解が足りないのではなく自分が物事の理解が足りない、いやできないのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK189掲示板  
次へ