★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189 > 385.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「安倍政権NO!」首相官邸、国会周辺で7万人が大抗議 警察の過剰規制に立ち往生する参加者も IWJ
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/385.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 25 日 07:55:05: igsppGRN/E9PQ
 

2015/07/24 「安倍政権NO!」首相官邸、国会周辺で7万人が大抗議 警察の過剰規制に立ち往生する参加者も
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254574
7/25 05:45 IWJ Independent Web Journal


 「憲法違反の安保法制」を衆院で強行採決してから10日、週明けにはいよいよ参院で審議入りする。専門家からは「クーデター」との指摘もあがっている安倍政権の進め方に、世論の不信は高まり続けている。2015年7月24日、首相官邸、国会周辺に7万人(主催者発表)の国民が集まり、抗議の声をあげた。



▲安保法制のほか原発やヘイトスピーチなど、様々なテーマから「安倍政権NO!」を訴えた


 この日は、毎週金曜日に国会前で抗議行動を主催している「SEALDs」や、同じく金曜日に首相官邸前で声を上げている「首都圏反原発連合」などが、「安倍政権NO!」を一致点に、連携して大規模な抗議行動を行った。


【日比谷野音で行われあ抗議集会の動画記事はこちら】
・2015/07/24 安保法制、TPP、ヘイトスピーチ、辺野古、秘密保護法、雇用、教育、農業、社会保障、そして原発 安倍政権の国民無視の政治に「NO!」 3000人以上の市民が日比谷野音に集結
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254573


 国会前でスピーチした大学3年生の芝田万奈さんは、「憲法が守れない政府は、『この道しかない』と言って安倍政治を肯定しようとしています。平気で憲法違反するこの国の政府に、どうして国際社会の平和を構築することができるのでしょうか」と疑問を投げかけた。


 抗議は日を追うごとに警察の交通規制は厳しさを増し、参加者の多くは何度も足止めや迂回を迫られた。酷いケースでは、国会前に辿り着くのに2時間以上を要するほどだった。


記事目次
・参院審議で政府と対峙する野党議員もスピーチ 「これはクーデターだ」
・村山元総理「かつては戦争をしない国として感謝された」
・大学3年生の芝田万奈さん「平気で憲法違反する政府に、どうして国際社会の平和を構築できるのか」
・「まずは米国の手伝いで、自衛隊を戦争に」
・「公明党は恥を知れ!」プラカードを掲げた女性
・参加者の女性「戦争できる国づくりが教科書から始まってしまっている」
・法的根拠ない警察の過剰規制、国会前にたどり着けない参加者の姿も


【ハイライト動画(8分)】


■参院審議で政府と対峙する野党議員もスピーチ 「これはクーデターだ」



▲国会前では「SEALDs」メンバーが声を枯らしてコールを叫んだ


 国会前ステージでは、参議院で安保法制の委員として審議に加わる、社民党の福島みずほ議員と、民主党の小西洋之議員が駆け付け、スピーチした。


 福島議員は冒頭、安倍政権について「集団的自衛権の行使を初めて合憲とした内閣。戦後最悪の内閣です」と痛烈に批判。「安倍総理、あなたの上に憲法があるのであって、あなたの下に憲法があるのではない。憲法が、憲法だと分からない総理には退陣してもらいたい」と強い口調で訴えた。


 続いてマイクを握った小西議員も、「安保法制はもう政治なんかじゃない。国民のみなさんの憲法を、安倍総理と一部の官僚が取り上げて、みなさんの憲法を蹂躙して、できるはずのなかった戦争を解禁する、クーデターなんです」と批判。政府が、「歴代内閣が集団的自衛権行使を合憲としていた証拠」としている「昭和47年見解」の嘘(※)を指摘したうえで、「安倍総理のやっていることは頭の先からつま先までインチキだ」と厳しく断じた。


(※)「昭和47年見解」は、その見解を作成した張本人である吉國一郎・内閣法制局長官(当時)が、この政府見解の基となった2週週間前の国会質疑で、「憲法9条をいかに読んでも他国の防衛までやるとは読み切れない」と明言。集団的自衛権の行使を完全に否定している。その他にも、この見解の数々のインチキについて小西議員は岩上安身のインタビューで詳細に解説している。


【スクープ!】「集団的自衛権行使容認の閣議決定」が覆る決定的根拠! 「昭和47年政府見解」の知られざる真実を小西洋之議員が暴露!!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/246547
2015/05/21 「狂信的な官僚集団」が支える安倍政権の「戦争法案」 解釈改憲、専守防衛、日米安保…「嘘」と「デタラメ」の数々を暴く 〜福島瑞穂×小西洋之×岩上安身による戦争法案特別鼎談
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/246885


■村山元総理「かつては戦争をしない国として感謝された」


 抗議では、元総理大臣の村山富市氏もマイクを握り、しっかりとした口調で批判を展開した。

はっきりとした口調で若者に訴えかけた村山元総理


 「私は総理大臣をやっている時に、アジアの国や中東の国を訪問しました。中東の国を訪問して、私は誇らしく胸を張って挨拶しました。『みなさん、どこで紛争があっても、どこで戦争があっても、そこで使われている兵器のなかには、メイド・イン・ジャパンはありませんよ』と。『日本は戦争をしない国、戦争に加担しない、それが日本の国です』と。そういって僕は胸を張って演説しました。


 だからみなさんは言いました。日本は戦争に加担をせず、生活のためになるようなことや、インフラの整備や、橋を架けたり、職業安定所を作ったりと協力してくれる。日本の国はありがたいと言って、感謝をしました。それでいいじゃないですか」


■大学3年生の芝田万奈さん「平気で憲法違反する政府に、どうして国際社会の平和を構築できるのか」


 「SEALDs」メンバーの一人、大学3年生の芝田万奈さんはスピーチで、「安倍晋三さん、私はあなたに底知れぬ怒りと絶望を感じています」と語った。



▲「安倍総理に手紙を書いてきました」国会を見据えて読み上げる万奈さん


 「先週、衆議院安全保障特別委員会で安保法制がクーデターと言われる形で強行採決されました。沖縄では県民同士を争わせ、新たな基地建設が進められています。鹿児島では安全対策も不十分なまま川内原発を再稼動させようとしています。一方で東北には仮設住宅暮らしを4年以上続けている人たちがまだ沢山いらっしゃいます。


 あなたはこの状況が美しい日本の姿だと言えますか。アメリカは自由と民主主義のためとして世界中に基地を構えて、紛争地域を占領し、市民の生活を脅かし、そして911の後に対テロ戦争として無差別殺人を繰り返してきました」


 安倍総理の掲げる「美しい国」と現実の落差を訴えた万奈さんは、同じく総理の掲げる「積極的平和主義」の欺瞞を指摘した。


 「憲法が守れないこの国の政府は、『この道しかない』とか言って安倍政治を肯定しようとしています。平気で憲法違反するこの国の政府に、どうして国際社会の平和を構築することができるのでしょうか」


■「まずは米国の手伝いで、自衛隊を戦争に」


 「安倍総理は狂っているとしか思えない」——。


 官邸裏で抗議していた中年男性は、IWJのインタビューにそう語った。



 「今は若い人は、日本が侵略戦争したことをあまり知らない。アメリカと戦ったことも知らない人もいる。そんななかで、安倍政権は、また戦争ができる国にしようとしている。まずはアメリカの手伝いをして、戦争に自衛隊を出せるようにしようとしている。そのことに対しては、憲法学者をはじめ、多くの人がおかしいと言っている。


 自民党の良心的な人や、もともと平和の党と言っていた公明党、青年・婦人部はもっと目覚めて、公明党の議員に対し、賛成しないように訴えて欲しいと思います。また、一人ひとりが地元の議員に対しても働きかけ、自民党や公明党の中からも、反対する人が出てくるようにしなくてはいけないと思う」


■「公明党は恥を知れ!」プラカードを掲げた女性


 この日も多くの参加者が、思い思いのプラカードを掲げて抗議の意志を示した。そのなかでも、「恥を知れ コバンザメ 公明党!」という言葉がひときわ目を引いた。掲げていた女性は、IWJのインタビューに対し、「公明党は平和の党だというけど、なんですかこのザマは!」と怒りを口にした。



 「友人が『公明党が自民党と一緒になったのは、自民党をストップさせるため』と私に言い聞かせるように言いましたが、結局このザマです。公明党が自民党の門番みたいになっているから、本当に悔しいんです。創価学会の信者の方は、本当に悔しいと思います。


 創価学会の信者の方は、だいたい家族で入ってる人が多い。親が教えてきたものが、子どもが『あ、これは違う!』と思っている人も多いと思うんです。親も言い訳できない感じなんですよねきっと。だから信者なんて辞めちゃえばいいのにと思います」


■参加者の女性「戦争できる国づくりが教科書から始まってしまっている」


 「休みなく守り育てたかけがえのない命 アベシンゾウから命を守れ」というプラカードを持って参加した女性は、IWJのインタビューに対し、「安倍政権打倒という気持ちで参加しました」と話した。



 「こんなに大勢の国民が集まって、みんなで声を上げているにも関わらず、全然耳を傾けていませんよね。自民党ってひと握りの集団の支持で生まれた政治団体ですよね。投票率が低い選挙の中で選ばれた、ある意味、どうしようもない政党。国民にも責任はあるが、国民の無関心がどうして進んでしまったのか、というのもある」


 女性はさらに、自身の住む横浜市で起きている、安倍政権による教育への圧力の実態を紹介した。


 「教科書から、戦争できる国づくりがはじまっているんです。横浜市は教育委員会が安倍政権からの圧力により、潰されかけています。育鵬社が戦争を美化する教科書を作っている。その歴史の教科書が横浜市で使われている。戦争できる国づくりを教育で、教科書から始まってしまっている。それを今、やめさせようということで、横浜市の有志が動いています」


■法的根拠ない警察の過剰規制、国会前にたどり着けない参加者の姿も


 加熱する国民の抗議に対し、警察の交通規制は日に日に厳しさを増している。この日は、過剰とも言える警備に、いたるところで警察と参加者の衝突が起こった。


 IWJ記者は参加者の目線で、首相官邸の裏から、首相官邸前、さらに国会前にいたるルートを歩き、レポートした。通常なら20分もあれば巡ることができる。しかしこの日は、警察があらゆる道を封鎖し、通常の数倍の距離を歩くよう誘導していたため、2時間以上の時間を要した。


 しかも国会前では、道路を挟んで向こう岸のメインステージへの横断歩道が完全に封鎖され、多くの参加者が渡れずに立ち往生。警察に対して「通せ!」コールがわき上がっていた。



▲警察の過剰警備に抗議する参加者


 また、この日の午後に日比谷の野外音楽堂で行われた抗議集会に参加した3000人も、集会終了後に国会前を目指したが、警察が途中で道を封鎖。ほとんどが国会前にたどり着けないほどだった。



▲いたるところで道路が封鎖され、先に進めず立ち往生する参加者であふれた


 国会前のメインステージ周辺では、帰路につこうとする参加者すら通さないほど、過剰な封鎖が行われた。立ち往生していた中年女性はIWJのインタビューに対し、警察の過剰警備に憤りを見せた。


 「さっき90歳近いお年寄りが、国会方面の駅を使用して帰宅するため、国会前の坂道を上がりここまでやってきて、封鎖されていることを知り、『ここで死んでもよいのか!? 』と言っていた。お年寄りだから大変なんですよ。警官に対して『ここで俺は倒れても良いのか? 』と訴えたが、警官はしらんぷり。この規制は、嫌がらせとしか言いようがない。聴衆をイライラさせて、挑発させてるきらいがあると思います」


 この警察の厳しい交通規制に法的根拠はない。人々を抗議に参加させない、という行為は憲法の定める「集会の自由」「言論の自由」に反するものだ、という指摘が相次いでいる。


 すでに抗議の現場では法的逸脱が始まっている。今後も、金曜日の国会前抗議は続く。


(取材:ぎぎまき・川島安乃・芹沢あんず・青木浩文・相原一晴、写真:原佑介、ハイライト作成:古田晃司、記事構成:佐々木隼也)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月25日 08:47:52 : l27XIzWv6w
 民衆を敵に回した権力が長続きしたことはない。
安倍は単なる霞が関官僚の傀儡に過ぎない。国会周辺の過剰警備は官僚の勝手な独断で行われる。国民の官憲に対する憎しみはいつの日か官僚専制独裁国家に日本の歴史で初めて革命を惹起するだろう。在来の武器ではなく、世論と主権者の選挙権という最強の武器で、日本名誉革命が起きる。
 驕る平家は久しからず。労組など特定の団体や政党は利害の弱みを持ちつぶされるが、自然発生した学生や一般国民世論には権力も無力だ。この怒りは、地方自治体レベルの選挙から国政レベルまで、自民党や公明は敵視されるようになる。違憲を非難する教授は授業中の雑談の中で権力を批判し、学生は先輩後輩友人の間でこの話題で持ちきりになり反権力意識を共有し、女学生、女性の影響力はやがて男を引き付け影響力を与える。自公のおわりのはじまりである。このモメンタムは時間で積分されいつか政府が倒れるまで膨張する。
 敗戦70年の今年は日本革命が起動する歴史的な年になるだろう。

2. 2015年7月25日 09:17:44 : N0T7RH35ow
今年は大きなことが起きる年だと感じる。

2010年にネットで語られていた予言は以下のとおりだ。

来年(2011年)以降は多くのものが逆転し始める。
少数だったものは少数であればあるほど前に出て
多数だったものは多数であればあるほど後ろに下がる。

そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。
それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。

そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。

彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年(2012年)頃に、現代が終わって未来が始まる。

新たな人々は子供達(20代とかの若い世代という意味)。
大人(30代40代)にもごく小数出てくる。そういう人達が子供達を導く役目をする。
特徴は目。ずっと見ていたくなるか、目を逸らしたくなるかのどちらか。とにかく他人を影響する目を持っている。

新たな人々が知っている真に必要なものとは自律。依存しない心、もしくは疑問を持つ健全な心。
彼らがすることは現代からの脱出、自律。これが本当に大きな意味を持つ。

近いうち(5年以内 2015年)に彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。
認識し合うというのは、直接的なコンタクトを取り始めるということ。


3. 2015年7月25日 09:19:05 : On8KixPIiA
安倍自民公明党警察、アメリカ様の為に必死です、この必死さ独立国で無いことを表してます、日米地位協定もそのまま。

4. 2015年7月25日 09:27:39 : eby1X0SbgQ
警察の理不尽な規制は安倍政権がデモに恐怖を抱き始めた証左だ。

デモの効果が出ている。デモに参加しましょう。


5. 2015年7月25日 10:52:36 : 6lEL0QePhA

 7月21日 小沢一郎代表記者会見要旨 


「大変良いこと。どんどんやってもらいたい」SEALDs抗議行動について、小沢代表
http://www.seikatsu1.jp/activity/press/press20150721b.html


「官僚の一人歩き、非常に恐ろしい」安保法案可決で、小沢代表
http://www.seikatsu1.jp/activity/press/press20150721a.html



6. 2015年7月25日 12:09:35 : YxpFguEt7k
内田樹氏
「僕のまわりでも次々と自分たちの手作りの「安保法制を廃案にする会」が生まれています。びっくりしたのは来週訪れるパリでも、留学生たちがSEALDs Paris を立ち上げる動きがあるというニュース。ぜひ現地で「学者の会を代表して」連帯のご挨拶をしてきたいと思います。」
https://twitter.com/levinassien/status/624009749474848768

海を越えた! すごい広がり!


7. 2015年7月25日 19:28:01 : EPWNEsv2dk
安倍は戦争をやりたくって仕方がない。そのどさくさの中で、憎き憲法を停止
自らは統帥権者として君臨、反対勢力の大弾圧に踏み切る。
欧米勢力は国内問題だとして、見ぬふり。
27兆円にも上る、安倍血税ばら撒き海外援助も功を奏し
TPPも功を奏し、各国政府も黙認。ファシズム日本になる可能性も否定できない。 今の安倍を見ていると、やりかねない、もうやり始めてる。

8. 2015年7月25日 20:37:14 : GykmeAuZGU
「違憲もクソも。戦争が第一」の「自民党と走狗公明党」政権は完全にフアシズム化しています。「軍事力」背景の「極右革命評議会」が政権を樹立し「憲法を無効か停止状態にした」ようクーデター政権のようなことをやつています。警察力でデモへの迫害をするならデモ参加者が100万人単位になる触媒になる可能性もあります、リベラル勢力や反戦平和勢力の安倍政権への怒りの波は大津波の100万倍ぐらいのエネルギーをもちます。例えば歴史を顧みても、対ナチ。対フアシズム。の為の若者や市民のレジスタンスは「死刑より軽い刑の一つもなかつた」ナチス被占領下でも減ることも絶えることもありませんでした。軍警によるデモへの弾圧迫害は逆効果になるだけです。日本の警察官も反戦平和運動に参加したら良いと思います。

9. 2015年7月25日 23:40:36 : Z4gBPf2vUA
この熱い熱意伝わって来るね

私はこの熱意を受け取り消費税廃止に熱い熱意を注いでいる

所詮戦争も銭だ

消費税廃止して日本がドンって下がればアメリカ様はご機嫌だし
外貨準備持った国は大喜びで戦争にならないもんね

世界が小金持ちになれば誰が戦争するのか?ん?


10. 2015年7月26日 00:37:30 : ET0RQDlM3E
歩道を通さないということは反原発抗議行動でもあったな。
今後はデモ行進を申請して国会デモの後、永田町小学校前で
デモ解散をしたらそのまま歩道を通って国会を包囲してまえばよい。
歩道や信号で遮断されたらそこで抗議行動を始めてしまえばよろしい。

11. 2015年7月26日 01:01:17 : Z4gBPf2vUA
安保法案に賛成してるのは在日と思う
日本人なら敵国条項削除なければ絶対連合国に襲撃される可能性が高いんだよね

自分らは日本人でないから関係ないって奴らかも知れんって思う

●中東に密航者が自衛隊に付いて移動するってことだろう
ミサイル代に計上されて

しかしね【遺族年金は主文あんたどこの誰?】出ないし殺してもわからん
いつまでも戸籍を整理しないからかも知れない

★中東で綺麗な生活出来るのか?
多分極潰しのクズなので多分臓器売買になるのでないだろうか
世界中の難病の金持ちのためにタダで殺したら勿体無いから臓器を取っていくらかで売って死んでもらう
こういう設定でないかね

ここまでしてなぜ日本にしがみ付く
会計を変えようって何回も言ったが爺さんたちがせせら笑ってたってベンジャミンが言ってた


12. 2015年7月26日 01:38:21 : XNqPcvxELU

邪教・そうかガッカリが作った公迷党。

まともである筈がないではないか。

戦争法案を強行採決して、何が「世界平和」だ。

その公迷党を放置しているそうかガッカリは何なんだ。

責任を取れよ!!


そうかガッカリが所詮、邪教でしか無いことの「現証」である。



13. 2015年7月26日 07:47:35 : rbYtuiHkiI
警備畑の警官は余っているに違いない。
国会とか沖縄で小競り合いする為にカネをはらっている分けでない(国民)

慎太郎は増員を直ぐ認めたわけだ。
警備の車でいくのに交通費がはらわれて幹部のフトコロに。


14. 2015年7月26日 09:23:08 : KHLJm769w6
安倍総理はマスコミも警察も完全に政権の思う様に使っている。まるで独裁者そのもの。警察には多くの創価信者がいる。自分達は権力側になって国民に圧力をかけまるで戦前戦中と変わらない。

15. 2015年7月26日 12:41:46 : AM88hg2IyE
アメリカは、自作自演で戦争を起こしている
 
http://youtu.be/zO1DURXk1TU
 
日本も同じ。
 
みんな、知ってますよ。
 

16. 2015年7月26日 19:51:05 : OSjF1Q2W5g
この警察の厳しい交通規制に法的根拠はない。人々を抗議に参加させない、という行為は憲法の定める
「集会の自由」「言論の自由」に反するものだ、という指摘が相次いでいる。

〜〜〜

   沖縄でも海猿がやってるし、京都大学でも公安がやったし、

    名古屋や大阪などでも、以前はデモッた大学教授が威力妨害などで強引に逮捕された。

     ここまで増えれば、警察も、なかなか手を出しづらいなぁ・・・。

〜〜〜

    がん登録法案・・・が来年から施行???・・・で、がん患者情報を外部に漏らすと
    懲役や罰金刑で、痔民は厳罰化を計っている最中・・・・

    被爆者の白血病など、これからが本格的に増えるのだから、隠蔽したいんだぁ・・・

〜〜〜

    B層と馬鹿にされ、小泉劇場の焼き直しで再び騙せると思われた国民も情けないわ。

〜〜〜

    秋には、戦争財閥の原発輸出で、外遊の日程を組んでいるナッツ。
    だから、強引にも参院で通しちゃいたいんだろう。
    秋の楽しい外「遊」しか、頭に無いんだよ・・・

    三井の東芝は、原発輸出と、三井本館勤務の小泉・再生エネルギー利権の二本立て・・・

    もう、27兆2千万円も越後屋の外注費にバラ撒きしたけど、首になるまで、やり放題。

〜〜〜

   ▼:イランとアメリカが和平合意・・・・

     ナッツ君のウソ・・・機雷掃海・・・なんて、皆無になちゃったぁ・・・

===


17. 2015年7月27日 09:46:23 : 6Eqpp3L932
7/26国会包囲行動に行ってきました。本当は、毎日でも行きたい所ですが、仕事の都合もありそれはできません。最初に行動に参加したのは、6/18(木)でした。この日の参加者は2,000人位でした。1時間ほどシュプレヒコールを上げましたが、そのフレーズ中に「安倍政権退陣!が抜けているなぁ(?)」と感じました。その後、SEALDsのデモが加わり、ママさんデモも加わり、昨日の包囲行動のシュプレヒコールには「安倍政権退陣!」が加えられていました。当然です!

やっと、日本国民・有権者・若者が緊急事態に気づいたと思います。
昨日の集会では、社民党の又市さんが「報道では、最近の安倍政権支持率は35%まで落ちた。内閣支持率が29%で、第1次安倍政権は退陣した。岸内閣退陣の時は28%だった。国民の声があともう少し高まれば、安倍政権は退陣に追い込まれます。がんばりましょう」とかすれた声で訴えていました。その通りです。今こそ、安倍政権退陣を実現しなければならない!
ただ、悲観派の私は、つい最悪の事態を考えてしまうのです。それは、
「もしも今回、安倍政権を退陣に追い込めなかったら、逆に彼らは勢いづき、安保法制だけでなく残業規制法改悪、TPP参加、自衛隊部隊派遣、さらにはその延長線上に『徴兵制』と、最悪の道へと突き進んで行くことになる」
と言う悪夢です。
そうならないために、たんに法案阻止だけではダメなのです。本気で、安倍政権打倒! 安倍政権退陣! へ追い込まなければ成りません。この夏は、何度でも国会前に足を運ぶつもりです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK189掲示板  
次へ