★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189 > 467.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
池上章の 7/26 教科書に載ってない20世紀 ヒトラー (秀逸) 比較対象 :日本の今 本来NHKがなすべき放送。
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/467.html
投稿者 知る大切さ 日時 2015 年 7 月 26 日 22:09:51: wlmZvu/t95VP.
 

池上さん
憲法をないがしろにするロジックを解説してくれてありがとう!
今この国でもアホ総理がやろうとしてるし、
自民党は憲法改正すら視野に入れている!
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/369.html


今の日本で幸運だった事
安倍がヒトラーとの決定的な違い!
安倍はヒトラーと違い演説下手!
インターネットで個々の人々がつながるツールがあった事
安倍がアホであった事
安倍の取り巻きもアホで驕りがあった事。

これによってこの国は多くの方々が安倍の詐欺に気づく事が出来た!

だから今!この政権に組みした人々を表舞台から退場をさせないといけない!
今この流れを阻止しないと!より困難になる!

いつやるんですか?
今でしょ?

いいや!

今しかない!  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. pochi 2015年7月26日 22:34:00 : gS5.4Dk4S0rxA : s8W9uPhyZI

阿呆ちんがイカれているのは間違いはないけど、みんなはまさかそこまではと変な固定観念でやり過ごす。
でもその付けは阿呆ちんにではなく放置した側にまわってくる。
バスの運転手がまさか。で亡くなった方がいる。
自分が今どこにいて、そこの権力者が何をしているかを正しく認識できれば、
狂った権力者から逃げるか、あるいは倒すか。

他に道はない。


2. 木曽の山猿 2015年7月26日 22:57:20 : YnLQsTybFStJg : ZLqYwwjz1c
昨日まで私は、
アベ政権、壊憲壊国クーデター政権と言っていたのだが、
今考えると、
アベ政権、立憲主義国日本政府乗っ取り政権の方が正しい表現と思うようになった。
海国日本を船にたとえると、
前船長野田および民主党クルーが余りにもふがいない素人集団だったため、
乗客である国民一同たかまりかね、
経験あるプロと信じて自民・公明クルーおよびアベ船長に取り替えたのだが、
じつはそれがとんでもない大誤算、
勝手に行く先を変更し、
国民窮乏化と国民経済の破壊、
TPPによりグローバル資本への日本国の安売りダンピング、
自衛隊員や自衛隊装備を米軍下請けへの無制限の提供、
米軍基地の永久占領地化、
こうした方向に急速に舵を切ったのだ。

ところで昨日の池上彰氏の説明はよく分かった。
アベ立憲国家日本乗っ取り政権の後ろ盾、日本会議の主張のように、
東京裁判には勝者の基準で敗者を裁いた不均衡な裁判という決定的な問題はあるが、
印象的なのは戦争責任に対する追求のあり方における日本とドイツの違いの大きさだ。
日本会議が主張する東京裁判の不当性は、
戦争に対する天皇と大日本帝国政府担当者に対する責任追求なしには国外で通用しない、
全く独りよがりの主張なことがよくわかった。

今のように、慰安婦、強制労働、南京虐殺等における歴史的事実を歪曲し、矮小化して、
戦前の帝国軍隊や政府の植民地政策や戦争政策を肯定的に評価しようとするなら、
大日本帝国政府の継承者たる日本政府に警戒の目が注がれるのはもっともな話、
賠償請求や謝罪の求めが厳しくなるのは当然だ。

多くの日本人を拉致した北朝鮮政府を許し難く思う日本人の心情と全く同様だ。

国際関係を見るとき、
自他の立場をひっくり返して考みるとよく分かる。
中国の脅威や北朝鮮ミサイルの脅威を言うならば、
もしあなたが中国、北朝鮮の立場ならどうするかを問えばよい。
果てしない軍拡競争で国民経済を疲弊させるのが賢明な選択だろうか。

アベ乗っ取り政権は許さない
自民公明の乗っ取り与党は許さない
「主権者国民の日本」と平和憲法を取り戻そう



3. 2015年7月26日 23:20:01 : 2D8e7kEW6Y
麻生太郎はアホーだったがこのナチスの手法は知っていたようだ。
まさにそのとおりの手法を安倍政権は取っている。
憲法違反の法律を作り、憲法の実質効力をなくす。そっくり同じそのまんま。

しかし安倍の阿呆さも多くの国民に知れ渡っている。
ナチスと異なり、安倍支持のデモなどほんのわずかの人数。人相も悪く言葉も汚いやつらばかりでは、沿道から誰も加わらない。これでは無理。


4. 木曽の山猿 2015年7月26日 23:29:12 : YnLQsTybFStJg : ZLqYwwjz1c
>02

訂正

国民窮乏化と国民経済の破壊 
 ↓
格差拡大と国民生活の破壊


5. 2015年7月26日 23:56:33 : qR018y1gQY
『<突撃隊><親衛隊>を欠いた<パンパースナチ政権>なんて恐るるに足らず!』

<突撃隊>=“ネトウヨ族”約2000〜3000人…<親衛隊>=日本会議・エセウヨ族約10万人弱…一部の<バカメディア>が情報操作しようと思ったって、そうはイカの金玉時代に入ってるんだよ。逆襲されるのが、関の山。
諸悪の根元<ヘドロ姦猟族>だって、責任とらせられるのは真っ平ご免、ってんでスタコラサッサと逃亡中ってことさ。


6. 2015年7月27日 01:20:48 : LY52bYZiZQ
日本のレイシスト(の代表格である安邊)とヒトラーの差別的な言動には共通項がある。この番組にはそんなことを認識させてくれる良さもあった。ナチスの台頭の背景には恐慌・不況・インフレがあったというがこれは丸ごと今の日本の状況と置換しても変わりがない。ゆえに危機が再現されかねないことを(改めて)よく認識できた。

7. 2015年7月27日 07:36:30 : qF4T1YwunA
3さん
>麻生太郎はアホーだったがこのナチスの手法は知っていたようだ。
>まさにそのとおりの手法を安倍政権は取っている。

麻生太郎が「ゴルゴ13」から学んでいることは周知の通りです。

「ゴルゴ13」にはナチスの話がよく出てきます。


8. 2015年7月27日 08:13:27 : qF4T1YwunA
投稿子さん、池上さんの名は「章」ではなく「彰」ですね。

●国民が目覚めて立ち上がれるか。そして、間に合うだろうか

私も池上彰のこの番組を見ました。

時代背景の異なる現在、ヒトラーと同じ手法を使っても同じようには行かない。

そう、私も思いましたが、それでもやはり危うさは消えないですね。

国民が早く目覚めて、早く立ち上がらなければ、引き返せないところまで進んでしまう恐れは十二分にあります。

話題の「日本会議」のメンバーは野党にも少なからずいますから、やがてどう変節するかわからない不気味さがある。

戦争法案もTPPも同じです。原発がそうであったように・・・

●松岡洋右のこと

この番組の中で国際連盟の全権大使だった松岡洋右の演説シーンが出てきた。

当時の国際連盟の常任理事国であった日本の全権大使は、中国からの撤退を受け入れられないと演説した。

そして次の演説で国際連盟からの脱退を宣言したのであった。

やがて日独伊3国同盟等に進んでいき、第二次世界大戦へと向かう。

番組で松岡洋右が山口県の出身であることを知り、明治維新以後の日本はやはり長州閥によってコントロールされていたことを改めて知った。

●長州テロリストたち

丁度、『明治維新という過ち』(原田伊織著、毎日ワンズ刊)という本を読んでいるところだったので松岡洋右も結びついてしまった。

本書の帯文には次のような言葉が並ぶ。

「今も続く長州薩摩社会。 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト。 御所を砲撃し、天皇拉致まで企てた吉田松陰一派の長州テロリストたち。 偽りに満ちた「近代日本」誕生の歴史」

さて、松岡洋右も長州テロリストの延長線上に居ると見えたのである。

もちろんその後の岸信介そして今日の安倍晋三と続く長州テロリストの系譜はやはり血なまぐさいものが好きと見た。

日本危うし!


9. 2015年7月28日 10:10:44 : vgdGMqqlbw
ヒットラー万歳は米国の十八番でしょう。
当然、日本の運転者はその配下でしょう。
そのまた配下が現政権でしょう。

米国も日本も厄介者が舵を握っているが限界点間近でしょう・・・
と、ネットで見かけますが・・信憑性は?


10. 2015年7月28日 11:31:09 : qF4T1YwunA
この番組を見ていて思い出した事がある。

別の報道番組でのある解説者の説明だ。

●世界は何を脅威と見ているか?

中国脅威を煽るのはヒトラーがユダヤ人を敵に見立てて国内をまとめて移行としたやり方と同じで、歴史的に多くの権力者が自分への求心力を高めるために使う常套手段と同じだ。

しかし、中国側に身を置いて世界地図の東南海方面を見れば、フィリピン、沖縄、日本、韓国という最前線ラインは中国包囲網であり、その背後に宗主国米国がデンと控えている構図だ。

この最前線の国の中にヒトラーのような狂気の支配者が現れたら、それこそ中国にとっては「脅威」以外のなにものでもない。

ましてやその国(日本)はわずか70年ほど前に中国を侵略し満州国を作った国である。「脅威」をいうのならば、日本をこそ「脅威」と見ているのが、世界の現実であろう。

●逆に、日本にとっての脅威は中国なのか米国なのか?

冷静に歴史に学ばなければならない。

中国が脅威というが、長い歴史を振り返って中国が日本を侵略したことがあっただろうか? また、日本はどれくらいの期間、中国に支配されていただろうか?

せいぜい思いつくのは「元寇の役」くらいのもので、それも台風のおかげで無傷で済んだ。ましてや実際に支配されたことなどまったくない。

逆に、長い間中国に学び続けたのではなかったか。それが日本の礎にもなっているのではないのか。

むしろ、世界で行ってきた傀儡政権を作り植民地化するやり方を日本でも進めてきた米英こそ、この国にとって脅威というべきなのである。

長州テロリストを使って巧妙に傀儡政権を作り、法律でがんじがらめにし、実質的に支配してきた歴史をもつのは米英であろう。

日米安保、日米地位協定、原子力協定等々の国内法を超えて効力を持つ条約(協定等を含む)を使って日本をがんじがらめにしてきたのが米国だ。

更に今、日本植民地のとどめの一撃とも言えるTPPの締結を迫る。

米国こそ日本最大の「脅威」である!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK189掲示板  
次へ