★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189 > 720.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<ミズホタンがブチ切れ:ふざけた答弁はやめて!> 「弾薬は武器ではありません.消耗品です!」 by・中谷防衛相
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/720.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 31 日 08:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

【ミズホタンがブチ切れ:ふざけた答弁はやめて!】 「弾薬は武器ではありません.消耗品です!」 by・中谷防衛相 + イラク戦争.米国によるファルージャ攻撃をアベさんに糾す山本太郎議員
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52255119.html
2015年07月30日 20:28 晴天とら日和






#安保法。アホ答弁!#中谷防衛相:弾薬提供出来る。武器ではありません!(=日本語わかる?武器だ!)みずほ「冗談辞めろ(`^´ *)/」


福島みずほ(社民)山本太郎(生活)荒井広幸(改革)《安保法案》平和安全特別委員会 2015年7月30日


社民・ミズホタン
「これまで周辺事態法では、武器・弾薬は運べないとしていたが、
この法案では弾薬を運べることになっている」


中谷防衛相
「あの…弾薬は武器ではありません。消耗品です。武器は消耗品ではないものです」


社民・ミズホタン  
「なんで弾薬が武器じゃなくなったんですか? 解釈を変えたんですか?」


中谷防衛相
「これまでは米軍のニーズがなかったんです」


社民・ミズホタン 
「ふざけた答弁はやめてください。
米軍のニーズができたら武器提供ができるようになるのか」


「首相は戦争法案はレッテル貼りだと言うが、戦争法案だ。
自民党はずっと違憲だと言ってきたじゃないですか。
もっとも憲法を守るべきは総理だ。
憲法守れ!とみんなが言っている。
憲法を守らない総理大臣は即刻退陣を求める!」



  これは、
  「備忘録」としてアップしておかないとね。
  辻元のネーチャン、
  ここ最近、頑張ってると思います。


  つーか、
  戦争法案だと、廃案にしなければならないと、
  そう思う議員さんは大結集して、
  アベ政権に総アタリで叩き潰さないと駄目だと思いますね。


  マジで、
  国家の一大事だと思いますモン!


以下略




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月31日 09:17:04 : EAkIk2fULU
銃に込めて撃つ以外の使い方をするってことか。

最近は国会でコントも出来るんやなあ。


2. 2015年7月31日 09:35:19 : jRbEBluunU
防衛省が管理している消耗品って他にどんなものがありますか?と聞いてみれば?
そういえば小麦粉でも、大爆発は起きるらしいね。

スポーツ選手も吉本にマネジメントしてもらってる人がいるそうですが、政治家部門もあるんですか?


3. 2015年7月31日 09:46:09 : qFBZAvwg0G

 弾は 撃ったら 無くなるので 消耗品です

 ミサイルも 撃ったら 無くなるので 消耗品です

 大陸間弾道弾も 発射したら 無くなるので 消耗品です

 ===

 自衛隊員も 死んだら 無くなるので 消耗品です〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 


4. 2015年7月31日 10:38:21 : J8MtcHXDKo
 この理論では手榴弾なども武器ではない。最近暑いからなあ…
 考えてみると戦争法案いう言い方はやや甘い言い方だな。日本のための戦争ではないので傭兵化法案と言った方が、あ、いや今も傭兵か、傭兵強化法案といった方が本質を表していると思うのだが。

5. 2015年7月31日 10:57:55 : Y39wSRqLeI
 
 じつは自衛隊員の消耗品化法案です。
 
 自衛隊員そのものが、弾薬とおなじ消耗品なのです。
 
 これまでは米軍のニーズがなかったんですが、これからは自衛隊員は戦闘の最前線で米軍のニーズに応える消耗品なのです。
 
 中東で発生する日本の存立危機事態に備えて、自衛隊が米国の砂漠で対テロ戦の訓練をしています。
 
 

 

 


6. 知る大切さ 2015年7月31日 11:14:36 : wlmZvu/t95VP. : m00RBNgn7U
今回の法整備で
弾薬が消耗品でよければ
武器も破壊される消耗品だし、
武器も一部外せば単なるパーツだし

何でも運べるよね。(拡大解釈が大好きな政府に都合が良い)

防衛大臣がこんな感覚だし、最高司令官になるア安倍総理はアホだし

そんな奴らが成立させたい戦争法案は廃案以外無い!


7. 2015年7月31日 11:31:04 : YxpFguEt7k
これじゃ、いつまでたっても国民の理解はえられませんなぁ…

8. 2015年7月31日 11:35:23 : NEQJqXVoTY
そのうち「米兵は兵士ではありません、人間です」って言い出すぞ

9. 2015年7月31日 11:56:58 : ADhx9Txozv
 
ミサイルも消耗品だ。
 
核ミサイルとして大きすぎ、発射に手間がかかったミュー・ロケットを、核弾頭の搭載に丁度良い大きさにし、移動と発射を実戦向きに簡便かつ軽量にしたのが、鹿児島県内之浦に配備されている、イプシロン・ミサイルだ。
 
 

10. 2015年7月31日 12:36:14 : 4sOQ3jjzuQ
安倍政権は何故「論理矛盾」ばかりの答弁をするのか?
その理由:
アメリカの要求だけが「法案作成の動機」なので、日本の事は忘れて居る。
「アメリカからの要求、要請がなかったから」の答弁がこの間の事情をよく表している。
中谷防衛大臣は「正直者」で「ウソで固めた安倍内閣」について行けない。

でも、この論理矛盾答弁が「国民が目を覚ます」手助けにはなった。
いずれ更迭される事も知らずに「一生懸命」の答弁ご苦労様。


11. 2015年7月31日 12:36:53 : 637MMl634U
他国からミサイルで攻撃されたら、消耗品を提供された。って言うのかな?
お中元?
防衛大臣がコレって、楽しんでる場合じゃないんだろうけど、楽しいな。

12. 2015年7月31日 12:41:06 : RqhVOQwfbM
アメリカのニーズがあれば、どんなことでも、何でも解釈を変えるということだな、中谷大臣さんよ。

ということは、安倍が毎日のたまっている「絶対戦闘にまきこまれることはない」も「絶対に徴兵制はありえない」「専守防衛が基本であることに、いささかも変更はない」も、アメリカのニーズがあれば解釈を変えるということだな。

これで安保法案は「アメリカの戦争をするための法案」であることが露呈した、ということだな。


13. 2015年7月31日 12:41:11 : qF4T1YwunA
●すれ違い? or 勘違い?

福島さんは「戦争法案」に関連づけて『武器としての弾薬』を質問している。

だけど、中谷おじさんは「経済再生」で頭がいっぱいで『商品としての弾薬』を答えている。

とぼけるな中谷よ、お前いい弾だな〜!


14. 日高見連邦共和国 2015年7月31日 12:46:19 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>13

>お前いい弾だな〜!

爆笑!!


15. 2015年7月31日 13:04:18 : qF4T1YwunA
●安部といい、中谷といい、首相補佐官の磯崎といい、国民と立憲主義をなめている、そしてバカにしている。

今日の東京新聞の「本音のコラム」に佐藤優氏の記事が載っている。

磯崎陽輔首相補佐官の「法的安定性は関係ない」「我が国を守るために必要な法案を憲法が駄目だと言うことはありえない」「戦争をしないために法案を作った」という一連の発言に驚いている。

磯崎はやっぱり東大法学部卒のひらめ人間なので、「安部様命」になってしまっている。

佐藤氏はこう言う。

「磯崎氏の内心で安倍政権を守ることと日本の国益が一体化している。それ故に客観性、実証性を軽視し、自らが欲する形で世界を理解するという反知性主義のわなに足をすくわれているのだ」

私はもう少し表現を変えた方が正確だと思う。

「磯崎氏の内心で安倍政権を守ることと自分の利益が一体化している。それ故に客観性、実証性を軽視し、自らが欲する形で世界を理解するという小さい利己主義のわなから足を抜け出すことができない」

磯崎や安部の辞書に「国益」という単語があるとは思えないからだ。

あるのは私利私欲のみで売国・棄民なにするものぞだろう。

【注記】
日本は私利私欲が膨らんだヒラメな東大法学部卒に支配されていることは周知の通りだ。このヒラメたちは米国様のことばかりおもんばかって生きている。
ほとんどのエリート官僚がそうであるように磯崎も例外なくヒラメだ。
仙谷由人も見事なヒラメで民主党を破壊してくれた。

ただ、福島瑞穂さんだけは一貫して国と国民のためにしっかりと戦ってくれている。秘密保護法案の時も、その作成段階からするどい追求をしていた。

東大法学部卒の突然変異であり、今後も国民のため国のために頑張って欲しい。



16. 2015年7月31日 13:28:22 : TF11GXF11k
>>4
>傭兵強化法案といった方が本質を表していると思うのだが。
>>5
>じつは自衛隊員の消耗品化法案です。

だよね。
なんかもう、怒りや笑いよりも、属国の悲しみがジワジワと…。

あと、元の原稿を書いた人は、あ、とらちゃんか。
「辻元」(今は民主党)じゃないよ、「福島瑞穂」(社民党)だよ。
間違えないでね。


17. 2015年7月31日 15:10:08 : v1gbxz7HNs
確かに弾薬は武器ではない。しかし武器弾薬という熟語があるように、武器と弾薬は一体のものだ。武器を武器ならしめるための必需品である。
RPGのランチャーが武器で弾頭と推進薬は弾薬だと言いたいんだろうが、これらはもとより一体となってはじめて武器として完成する。
もし弾薬が無ければ武器はただのアクセサリーだ。

同様に戦車を機能せしめるには燃料や予備部品を補給しなければならない。
燃料が無ければ戦車はただの置物である。

また、兵を機能せしめるには食料水医薬品を補給しなければならない。
食料が無ければ兵はただの難民である。

いずれも補給が無ければ即座に無力化する。消耗品の補給を後方支援と称しあたかもとるにたらないものであるかのように装っているがとんでもない。兵や武器を機能させ作戦の実施を可能にする最重要の根幹が補給なのである。補給の無いエリート部隊と補給が潤沢なボーイスカウトが戦ったらボーイスカウトが勝つ。

即ちそれが消耗品であることは、合憲を意味するわけでも、事の重大性をいささかも軽減するわけでもない。社民にはそのあたりの中谷(官僚)の遁辞を精密に突いてもらいたい。大体消耗品は武器でないと定義するならスティンガーや地雷といった使い捨て消費式の装備は何だというんだ。


18. 2015年7月31日 15:31:39 : rrhrFN6JLd
ホンマにこいつら吉本の漫才師よりおもろいわ。バカさ加減が。

19. 2015年7月31日 18:40:26 : ThIRgyYLhQ
普通はこんなこと言わないだろう。これは安倍に対する中谷なりの反抗だろう。

20. 2015年7月31日 19:33:29 : M6P7nhoK5E
なるほどー
米軍のニーズがあると、同じ物なのに「消耗品」に変わるんですねえ、中谷さん

まあなんでもいいや、消耗品だろうが武器弾薬だろうがリスクは同じこと
海外でその手のものを運んだだけでも、リスクは格段に高まる
特に米軍向けならば、リスクは一層強まるだろう


21. 2015年7月31日 20:08:21 : ESl8Z2c7lZ
 弾ですと答えるとは正直な・・・こんな正直な人たちだから自民党は愛されるんだね。

 中核派のくせに共産党と名乗らずに小沢一味に加わる山本太郎とか、朝鮮名を隠して日本人の振りをする福島瑞穂とかさあ・・・こいつら嘘しか言わないんだから、うそつきの相手には、嘘で対応措置取ればいいんだよ。

 「え?弾薬なんですか?伝票には食品と書いてますけど」とか言っとけ。


22. 2015年7月31日 21:44:25 : gAuS4kc0is

   >>21 ESl8Z2c7lZ  >朝鮮名を隠して日本人の振りをする福島瑞穂とかさあ・・・


   >>21君。ウィキペディアによると福島瑞穂氏の経歴は次の通りだ。

   1955年12月24日 宮崎県延岡市に生まれる。
   1968年 日南市立飫肥小学校卒業。
   1971年 宮崎大学教育学部附属中学校卒業。
   1974年 宮崎県立宮崎大宮高等学校卒業。
   1980年 東京大学法学部を卒業。
   1984年 司法試験に合格。
   1998年 社民党から参議院比例区で初当選。
   1999年 社民党神奈川県連合代表に就任。
   2001年 社民党幹事長に就任。
   2003年11月15日 社民党党首に就任。

   福島氏が帰化した人とは知らなかった。ぜひその根拠を示してくれ。
   よくその手の偽の情報を出してくる与太話専門の奴がいるからね。
   なに簡単なことだよ。福嶋氏の帰化を許可した官報(法務省告示)を示したらいいだけだ。


            
 


23. 2015年7月31日 22:05:11 : auLZYokpLs
フハハっ答弁コントだ(笑)

これで支持率回復したら、

コントですな


今や彼らは世界中の嫌われ者

ご愁傷様(*^_^*)


24. 2015年7月31日 23:30:05 : Che0eOdG3o
【安保法制国会ハイライト】また解釈変更!? 「米軍のニーズ」によって禁止されていた弾薬提供が解禁へ! 中谷防衛相「弾薬は消耗品だから武器ではない」!?憲法違反の「武力行使との一体化」定義が曖昧に
7/31 22:30 IWJ Independent Web Journal


 予定稿にない質問で政府の本音が出た。米軍の要求に合わせ、日本の憲法解釈はいくらでも変わりうる、と公言したのである。

 2015年7月30日(木)の参院・平和安全委員会で質問にたった社民党・福島みずほ議員は、自衛隊の後方支援活動について、「今まで周辺事態法は、『武器(弾薬を含む。)の提供を含まない』となっていたのが、今回の法案では『武器の提供は含まない』となっていて、弾薬の提供は可能としている」と変化を指摘した。


 現行の周辺事態法では、「物品の提供には、武器(弾薬を含む。)の提供を含まない」「戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機に対する給油及び整備を含まないもの」と明記されている(※)。

※周辺事態法 別表
 一項 物品の提供には、武器(弾薬を含む。)の提供を含まないものとする。
 二項 物品及び役務の提供には、戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機に対する給油及び整備を含まないものとする。

 「武力行使との一体化」は憲法違反になることから、細心の注意を払い、厳格なルールが設けられてきたのである。

 ところが中谷防衛相は、福島議員の質問に「弾薬は武器じゃない」と回答。いつの間に「武器」の定義から弾薬が除外されたのか。福島議員は「今までの概念は武器の中に弾薬は入っている。何で提供できるのか。『武力行使との一体化』になるではないか」と重ねて追及した。

 中谷防衛相は「ちょっといきなりの質問で」と戸惑いをみせながらも、驚くことに「現行法の制定時においては、米軍からのニーズがなかった」と回答。「日米の防衛協力が進展をし、ガイドラインの見直しを進められた協議の中で、米側から、これらを含む幅広い後方支援、これの期待が示されたということだ」と明言した。

 「米軍のニーズ」さえあれば、武器が武器ではなくなり、一体化が一体化ではなくなるというのか。安倍総理は「『(武力行使との)一体化』との関係ではなく、まさにニーズがなかったから行わなかった」と主張。「一体化の考え方自体を変えたわけではない」とかわした。

 また、福島議員は、すでに日米間で、「架空の国の紛争を日米両国が制圧する」という設定で共同訓練が実施されていたことを指摘。「これはもはや専守防衛ではない。集団的自衛権の行使の先取りであり、訓練そのものが憲法違反だ」と質した。

 以下、以下、質疑の詳細な要旨も掲載する。
(原佑介)

■福島みずほ議員の質疑概要

福島議員「この武力行使の新三要件なんですが、この中、中谷防衛大臣、地球上で地理的な制限は条文上ないですね」

中谷防衛相「これは、存立危機事態における自衛の措置としての武力行使の新三要件ということで、この三つの条件を満たす場合が該当するということでございます」

福島議員「すみません、答えてください。地理的な制限はないですね。地球上どこでも行けますね」

中谷防衛相「はい、排除しておりません」

福島議員「第一要件は自衛隊法の改正法に書いてありますが、第二の要件、他の適当な手段がないことは自衛隊法の改正法案に書いてありません。きっちり書くべきじゃないですか」

中谷防衛相「その三要件に合致する場合ということでございます」

福島議員「質問を聞いてください。第二の要件が自衛隊法の改正法案に規定されないのは、法の瑕疵ではないですか」

中谷防衛相「第二要件は規定をされております。自衛隊法七十六条一項に、我が国を防衛するために必要があると認める場合には、と。また、防衛出動時の武力行使について定めた同法八十八条第一項に、「第七十六条第一項の規定により出動を命ぜられた自衛隊は、わが国を防衛するため、必要な武力を行使することができる。」との規定がありまして、これをそのまま維持をいたしております。

 これに加えて、今般、事態対処法第九条第二項第一号ロにおきまして、対処基本方針に定める事項として、『事態が武力攻撃事態又は存立危機事態であると認定する場合にあっては、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がなく、事態に対処するため武力の行使が必要であると認められる理由』というふうに規定をいたしております」

福島議員「条文が違いますよ、文言が。他の適当な手段がないこととなっているのに、八十八条も七十六条もこんな文言ではありません。また、対処基本方針は国会の承認を得るときの理由として示すもので、これは三要件と言うのだったら、きっちり自衛隊法の改正法案にこの文言どおり入れるべきです。この文言どおりではないじゃないですか。八十八条は、『必要と判断される限度をこえてはならない』というので、条文が違います。これは明確に法の欠缺だと思います。

 次に、去年1月13日から2月9日にかけて、自衛隊と米陸軍が中東の砂漠地帯での地上戦を想定した共同訓練を行っていたことが明らかになりました。お手元に西日本新聞の記事をお配りしております。戦車の中で長期間寝泊まりし、排せつも全て戦車内で行うなどの過酷訓練です。

 これ、専守防衛じゃないですよ。なぜならば、架空の国の間で紛争が起きたときに、日米両国が制圧するという訓練なんですよ。これは集団的自衛権の行使の訓練ではないですか」

中谷防衛相「これは先ほど御説明をいたしましたけれども、この訓練は実戦的な訓練の環境の下に部隊の練度を確認するとともに、日米が共同して作戦を実施する場合における相互連携要領を演練いたしまして、相互運用性、これの向上を図ったものでございます。

 そして、この訓練はあくまでも陸上自衛隊の練度の確認及び日米の相互運用の向上を目的といたしたものでありまして、この実戦的な訓練環境を有している米国の専門の訓練対応部隊、これが所在をいたしております米陸軍戦闘訓練センターにおいて日米共同訓練を実施することがもっとも最適かつ効率的と考えて本訓練を実施したものでございます」

福島議員「質問に答えていないですよ。これは専守防衛ではないでしょう。つまり、架空の国の紛争があるので日米両国が制圧するという訓練なんですよ。これは集団的自衛権の行使の先取りじゃないですか。戦争法案が成立をすれば、こういう集団的自衛権の行使はできるんですか」

中谷防衛相「これはもう7年くらい前にまず計画をされたということで、この法案の先取りではないし、また、実施する日本の自衛隊の部隊は、富士学校にあります戦技の評価をつかさどる部隊でございまして、相手におきましても、米国で大規模な部隊の訓練評価、これを電子的に可能にするいわゆる米陸軍戦闘訓練センター、こういうところでの訓練でございますので、我が自衛隊におきまして訓練評価の能力を向上する、また、先ほど申しましたけれども、日米で運用の相互の向上、こういったことを目的としたものでございます」

福島議員「集団的自衛権の行使は、ホルムズ海峡と米艦防護のそれだけではありません。条文上は何も限定がない。しかも、集団的自衛権の行使が、憲法上、法律上認められていない、戦争法案はまだ成立していない、そんな段階で、何でこんな集団的自衛権の行使の、戦闘行為の、制圧行為の訓練が日米共同でできるんですか。

 まさに訓練そのものが違憲、違法の疑いが強いし、それから、明らかに、戦争法案が実現すればこういう集団的自衛権の行使をするということじゃないですか。まさにそうだと思いますよ。戦争をすることができることになる、まさに戦争法案です。

 次に、後方支援についてちょっとお聞きをいたします。国際平和支援法、重要影響事態安全確保法と周辺事態確保法なんですが、一つお聞きをいたします。

 今までは、『武器(弾薬を含む。)の提供を含まない』となっていたのが、『武器の提供は含まない』となっていて、弾薬の提供は可能としました。また、二項の給油やいろんなこともできるというのを、これは削除して、つまり、武器の提供以外は何だってできる、弾薬も医薬品も食料も何もかもできるとしたんですね。これ、とりわけ弾薬は武器じゃないですか。これは何なんですか」

中谷防衛相「弾薬の提供ですよね、それをできるようにいたしました」

福島議員「答えてください」

中谷防衛相「弾薬は武器じゃありません。弾薬は弾薬です」

福島議員「冗談はやめてください。だって、今まで周辺事態法は『武器(弾薬を含む。)』と書いていたんですよ。『武器(弾薬を含む。)』、弾薬は武器に入っているというのが今までの見解じゃないですか。何でそれが、弾薬の提供ができるんですか。解釈変えたんですか」

中谷防衛相「ちょっといきなりの質問でございまして、確認をいたしますが、言葉の定義でございます。今般の平和安全法制においては、自衛隊は、弾薬、これを他国の軍隊等に提供することが可能になります。新たに提供可能となる弾薬とは、武器とともに用いられる火薬類を使用した消耗品でありまして、例えば拳銃弾、小銃弾などでございます

 これに対して、提供対象とならない武器とは、直接人を殺傷し、又は武力闘争の手段として物を破壊することを目的とする機械、器具、装置でありまして、例えば拳銃、小銃、機関銃など、消耗品ではないものでございます。

 また、誘導ミサイル、機雷、魚雷につきましては、これまでも我が国の有事の際には提供できる弾薬の範囲には含まれず、今回もこれの変更はないということでございます」

福島議員「答えてないですよ。今まで周辺事態法でできないとされていたんですよ。『武器(弾薬を含む。)』は提供できない、それから、『戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機に対する給油及び整備を含まないものとする』…これ、一体化だからできないとされていたんじゃないですか。

 何でいつの間にか弾薬はできるとなるんですか。だって、『武器(弾薬を含む。)』となっていたら、今までの概念は武器の中に弾薬は入っているわけでしょう。何で提供できるんですか。一体化になるじゃないですか」

中谷防衛相「今回の法律の制定時でありますが、まず、現行法の制定時においては米軍からのニーズがなかったということで、弾薬の提供と戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機への給油、整備について、支援内容、これから除いていたわけでありますが、その後、日米の防衛協力、これが進展をし、またガイドラインの見直し、これを進められた協議の中で、米側からは、これらを含む幅広い後方支援、これの期待が示されたということでございます。

 現に、南スーダンのPKOにおきましても、参加している陸上自衛隊の部隊が、国連からの要請を受けて、韓国の部隊のために弾薬提供を行ったというようなこともございまして、今回、実際の支援のニーズが生じているということで、弾薬の提供、そして、戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機への給油、整備について実施するように措置をする必要があるというふうに考えたわけでございます」

福島議員「ふざけた答弁ですよ。米軍からのニーズがあったら、じゃ、武器を提供するんですか。今の答えは、米軍からのニーズと言っていますが、違うでしょう。そうじゃなくて、今までは集団的自衛権の行使はできない、そして兵站、いわゆる後方支援だって一体化はできない、だから戦争に直結するようなものはできないというふうにして規定していたんですよ。

 それを、米軍のニーズと言ったら、米軍のニーズがあれば、じゃあ武器の提供だってやることになりますよ、中谷さん。全然、論理的じゃないですよ。憲法の下にも立っていないですよ。

 総理、お聞きします。法案の名前が国際平和支援法です。でも、A国とB国、アメリカとB国が戦っている。日本がそれに対して兵站をする、弾薬を提供する、医薬品を提供する、様々なものを提供する。米国とB国は戦争しているわけですよね。戦場で戦争している。平和支援法ではなくて戦争支援法ではないですか」

安倍総理「この国際平和支援法の活動は、国連決議等、まさに国連憲章の目的にかなう措置として実力の行使をしている国々に後方支援をする、これはまさに世界の平和のために、平和を回復し、平和を創出していくための活動に対する後方支援でございますから、福島委員のおっしゃっている、これは、戦争は国連憲章によってこれは違法でありますから、まったく逆でありまして、まさに国連憲章にかなう活動をしている国の活動に対する支援でございます。

 そして、また一体化との関係でございますが、武器弾薬について提供を行っていなかったのは、これは一体化との関係ではなくて、まさにニーズがなかったからこれは行わなかったのでございます。一体化の考え方自体を変えたわけではないということは申し添えておきたいと思います」

福島議員「弾薬を提供し、給油することは一体化になるじゃないですか。そして、イラク戦争もベトナム戦争も集団的自衛権の行使としてなされました。イラクだって国連憲章があるということでやりました。だったら、これも誤った戦争ですよね、ベトナム戦争も。ベトナム戦争だって集団的自衛権の行使です。アメリカがB国と戦争するのに日本が後方支援する、これは戦争支援法じゃないですか」

安倍総理「先ほど申し上げましたように、国際平和支援法については、まさに国連決議がある等、国連憲章の目的にかなう活動に対して我々は支援をしていくということでございまして、これは集団的自衛権の行使との関係とはまた別の話でございまして、言わば国連憲章にかなう活動をしている国に対して後方支援をすると、そしてそれは武力の行使とは一体化しないという活動でもあるということでございます」

福島議員「ここまでやったら武力行使と一体化しますよ。しかも、重要影響事態の中に、重要影響事態と、それからもう一つ、存立事態があるわけで、いくらだって移行していくわけじゃないですか。

 そして、総理は『戦争法案』はレッテル貼りだと言うけれども、まさに集団的自衛権の行使も先ほど言った共に戦争すること、そしてこれだって戦争支援法で、まさに両方とも戦争支援法じゃないですか。戦争するのに平和という言葉を使うな。いかがですか」

中谷防衛相「集団的自衛権、存立事態の話がありましたが、これは自衛隊法第八十八条第二項において、武力行使に際しては、国際の法規及び慣例によるべき場合にあってこれを遵守し、と規定されておりますので、対応する場合、新三要件に基づいて国際法を遵守するということは当然のことでございます」

福島議員「この戦争法案は、誰が見ても、憲法学者が見ても小学生が見ても憲法違反です。自民党はずっとそう言ってきました。自民党は変わったんでしょうか。ずっと違憲だと言ってきた集団的自衛権の行使を認める戦争法案を国会に出す。

 総理、憲法を最大限守るべきは総理大臣じゃないですか。憲法を守らない総理大臣は総理大臣じゃないですよ。憲法を守れ、安倍総理と、みんなが言っているのを聞いていますか。憲法を守らない総理大臣は即刻退陣すべきだということを申し上げ、私の質問を終わります」

IWJのこうした取材活動は、みなさまのご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支えください。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/255863


25. 2015年7月31日 23:30:07 : jioJTrI9PA
「弾薬は武器ではありません.消耗品です!」って理屈やられるがわからしたら通用しない。発射装置が武器だと言えば、核爆弾もただの消耗品と言い逃れできるのか?銃で人は死なない。撃った弾で人は死ぬもんなー。

弾を打つのは米軍兵士だから、弾を補給する日本兵は殺してないって理屈も戦場では通らない。こりゃ自衛隊の中から安倍安保法制廃案運動が起こらないとマジで自衛隊員(日本軍)は消耗品にされてしまうな。

憲法解釈上自衛隊は軍隊じゃないって理屈も世界では通じてなくて、見たまんま、軍隊と理解されている。日本は、国防軍を持つ。ここは憲法を書き換えるべきと思うが、米軍のニーズで、解釈をコロコロ変える憲法っていうのは法治国家としてあり得ない。こんな笑えない冗談レベルの政府を養ってる日本国民って、俺たちって存立危機ってやつじゃないか?


26. 2015年7月31日 23:51:28 : dY8XaHioxQ
>「弾薬は武器ではありません.消耗品です!」

言ったとたんに「バカ」だと思った。
日本の大臣がこれほどアフォだったとはw


27. 2015年8月01日 04:12:51 : EOTzs3mxdc

本当にな、この辺でいい加減にしないとあかん日本男児は。竹槍ほしがってる場合じゃない。

ここまで女性に言いいい辛いこと言わせて仕事だレジャーだ家族愛だもクソもねえだろ。情けない。

社民党の福島瑞穂氏は一つもブレずに現政権の横暴な政治を国民に訴え続けてきた日本の女神。

そこは女性もヤキモチをヤクべきではない。国民がほだされ、将来を担う若者も認めたことだ。

国内が最高潮に乱れた時、誠実に国民に訴え続けてきた日本の女性と言うことはできるだろう。

彼女は底から戦っていたということ。途中から参戦して不満タラタラな国民は彼女を少しは讃えろ。

クソウヨサヨクの輩どもが!


28. 2015年8月01日 06:34:19 : 637MMl634U
そもそも発射装置だって『武器じゃなく防衛装備』なんじゃないっけ、安倍政権

29. 2015年8月01日 08:50:24 : 87iPO2IZCE
大臣って言ったって公務員なんだし法律は金には厳しい。だから建設費と経費は厳然と区別されるという予算の構造から逃れられない。
大砲を購入するのは建設費であって弾は経費である。因みに隊員は人件費であって経費では賄えない。
キチンとした議論をしようとするとこういうことになる。
弾薬とは一体で分けられない、なんて言っている人は、経理に行ってコピー用紙が建設勘定で買えるかどうか訊いてみればよい。

指摘されると火病を発するところはチョーセンジン並みってことか。
中谷クンも判ってて言っているんだろうけどww


30. 白猫 2015年8月01日 10:00:22 : 3UXZ9G0eyfiL6 : TyxXmqOa72
私は自分では自由主義者で保守的考えの持ち主と自認している。
しかし、この戦争法案についての議論をみていると共産党の志位委員長あるいはこの福島さんの発言は非常に筋が通っていて歯切れがよいと従来左翼呼ばわりされた人たちの賢明さを見直している。
それに比べて答弁する政府側の説明は子供でも首をかしげたくなるようなお粗末極まりのないものばかりだ。このような馬鹿な連中に統治権を持たせ日本の国家運営を任せてはならないのだ。
今回の福島さんの質疑で一番はっきりしたことは、全てが日米協議でのアメリカの要請で行われているということだ。
すなわち、弾薬搬送議論一発で日本が米国の属国であることを政府に自白させた素晴らしい質疑であったのだ。翼賛メディアは国民に一切これを報じていないが。
さらに説明に事欠いて、弾薬は消耗品で武器ではなく、拳銃は武器と防衛大臣は答弁した。
この定義であればミサイルは武器でなく、発射ランチャーだけが武器ということだ。
この安倍内閣は憲法だけでなく日本語までも破壊している。まさに我が国の存立危機だ。


31. 憂国おやじ 2015年8月01日 10:04:46 : YqO9sHkef48cc : 2ZdmVwssEQ

Boycott American Products!!!

第3次アーミテージレポートを見ると、アメリカが以前の自信を失ったように感じる。誰が見ても笑いものにしかならない三流以下の日本政府に、一流国家になりたくないのかと誘うほど、アメリカの古い体制の内部が崩れかけてきているのだろう。
日本がアメリカの属国である現状を日本国民がしっかり認識することが新しい独立国への道だと思う。

Boycott American Products!!!



32. 2015年8月01日 10:07:46 : 8Nu5qTOxkA
>21
>中核派のくせに共産党と名乗らずに

中核と共産党は敵同士じゃないの。
何を言いたいのかこの人は・・・。
共産党はほとんどすべてのセクトから嫌われていたな。
日和見主義で右寄りだったから。


33. 2015年8月01日 10:35:18 : qF4T1YwunA
●全ての基本は『解釈改憲』です。即ち、「俺様が法律」です!

安倍政権に合い言葉は、麻生副総理が愛毒書「ゴルゴ13」から学んだ「ヒトラーに学び、ヒトラーを超える!」ですから。

ヒトラーは『全権委任法』を作ってワイマール憲法を無力化し独裁を実現しました。

安倍政権はこれを超えなければなりません。

だから『解釈改憲』、即ち「俺様が法律」になるのは必然ですね。

今夏の”弾薬”は武器か?という問題についても同じです。

安部政権の中谷おじさんが”消耗品”だと言ったら、”弾薬は消耗品”に決まっています。

●磯崎チンが「法的安定性は、関係ネ〜」と吠えたのも「俺様が法律」の意味ですから。

安倍政権の法律面の支柱である東大呆学部卒のヒラメ議員磯崎チンも「法的安定性は関係ネ〜。オラ、テメーらもんくアッカ!!」って雰囲気で公衆の前で本音を開陳してましたしね。

もう一人の東大呆学部卒のヒラメ議員の公明党の山口チンは口をつぐんで暗黙の同意をしているし、安部ちゃんは「本音を言ってもらっては困る」的な発言をしているし・・・

●シャーマンが支配していた原始時代に逆戻り!(^_^)

以前、国連でアフリカの代表に「日本の司法は中世のレベルです」と断罪されたことを思い出しますが、安倍政権の「俺様が法律」はほとんどシャーマンが支配していた原始時代に戻っているよ。


34. 2015年8月01日 10:52:48 : ramHgrIDIB
枝野さんは志位親衛隊・シールズの賛同者ですから、今んとこ共産党と共闘してるんですかね。
どっちにしても左翼各派には決して消せない血生臭い歴史があるようで。


日本共産党スパイ査問事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E6%9F%BB%E5%95%8F%E4%BA%8B%E4%BB%B6


(キンピーさんのブログ目次、順不同)

キンピー問題と日本共産党・民主青年同盟(民青同盟)
共産党・民青の皆様、党の不正も直せないのに、日本を変えることができるのですか?
http://kinpy.livedoor.biz/archives/52141566.html
〜〜キンピー問題はなぜ起こったのか
http://kinpy.web.fc2.com/
日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+キンピー問題笑える査問録音公開中
電子書籍「日本共産党の研究」発売&おまけがすごい
http://kinpy.livedoor.biz/archives/52052215.html
〜〜、マグナム北斗&SEALDs、まだ延焼中に保護者の無能を見る
http://kinpy.livedoor.biz/archives/52141610.html
〜〜SEALDsの謎、なぜ恩着せがましい大人が集まるのか
http://kinpy.livedoor.biz/archives/52141566.html

(その他まだまだあります)


35. 2015年8月01日 10:55:02 : riwgxq1iJ6
これからは武器弾薬という言い方を止めて、武器消耗品と言い換えるそうな。この中谷という本当にアホを地で行く間抜け。これからは弾薬は町で買えるとでもいうのかね。頭も悪いし、教養もない。常識さえもない。これが防衛大臣の現状です。任せられますか?この国の防衛を。かつての防衛大臣をやって辞任した時の言葉をもう忘れたか!! 失格者の烙印を押された前歴の中谷大臣が、のうのうと間抜けな答弁している。ええ加減にせぇや。もう辞めろや。辞任はまた繰り返すもんや。-浅吉-

36. 2015年8月01日 11:08:25 : vqE785B2ZI
やくざが警察の手入れをくって弾薬が見つかったら、それは武器ではありません。消耗品です!麻薬が見つかったら、それは消耗品です!って通用するの?
するわけないだろ。

バカも休み休み言え!ってんだ。親父にそんな間抜けな屁理屈言えば顔が腫れるほど殴られたもんだ。


37. 2015年8月01日 11:23:03 : ramHgrIDIB

売国奴列伝
大江健三郎
http://deepfuchsiapigment.myartsonline.com/brd004-01.html


--------------------------------------------------------------------------------

北朝鮮はバカどもにかつてどのように語られたか

大江健三郎 二十歳の日本人「厳粛な綱渡り」( 文藝春秋刊・昭和四十年 )

 北朝鮮に帰国した青年が金日成首相と握手している写真があった。
ぼくらは、いわゆる共産圏の青年対策の宣伝性にたいして小姑的な敏感さをもつが、それにしてもあの写真は感動的であり、ぼくはそこに希望にみちて自分およぴ自分の民族の未来にかかわった生きかたを始めようとしている青年をはっきり見た。
逆に、日本よりも徹底的に弱い条件で米軍駐留をよぎなくされている南朝鮮の青年が熱情をこめてこの北朝鮮送還阻止のデモをおこなっている写真もあった。
ぼくはこの青年たちの内部における希望の屈折のしめっぽさについてまた深い感慨をいだかずにはいられない。
北朝鮮の青年の未来と希望の純一さを、もっともうたがい、もっとも嘲笑するものらが、南朝鮮の希望にみちた青年たちだろう、ということはぼくに苦渋の味をあじあわせる。

日本の青年にとって現実は、南朝鮮の青年のそれのようには、うしろ向きに閉ざされていない。しかし日本の青年にとって未来は、北朝鮮の青年のそれのようにまっすぐ前向きに方向づけられているのでない。

「わがテレビ体験」( 「群像」昭和36年3月 )

結婚式をあげて深夜に戻ってきた、そしてテレビ装置をなにげなく気にとめた、スウィッチをいれる、画像があらわれる。
そして三十分後、ぼくは新婦をほうっておいて、感動のあまりに涙を流していた。
それは東山千栄子氏の主演する北鮮送還のものがたりだった、ある日ふいに老いた美しい朝鮮の婦人が白い朝鮮服にみをかためてしまう、そして息子の家族に自分だけ朝鮮にかえることを申し出る…。このときぼくは、ああ、なんと酷い話だ、と思ったり、自分には帰るべき朝鮮がない、なぜなら日本人だから、というようなとりとめないことを考えるうちに感情の平衡をうしなったのであった。

「あいまいな日本の私」( ノーベル賞記念講演(ストックホルム) )

 広島、長崎の、人類がこうむった最初の核攻撃の死者たち、放射能障害を背負う生存者と二世たちが−−それは日本人にとどまらず、朝鮮語を母国語とする多くの人びとをふくんでいますが−ー、われわれのモラルを問いかけているのでもありました。

■ 北朝鮮の惨状を大江氏はどう考えているのか? ■

 残念ながら、「北朝鮮の青年の未来と希望の純一さ」は、「南朝鮮」の青年達が疑い、嘲笑したように、今日の破局の中に失われてしまった。大江健三郎がこれだけ思い入れをした「老いた美しい朝鮮の婦人」や、「希望にみちて自分およぴ自分の民族の未来にかかわった生きかたを始めようとしている青年」達は、今や住む家も洪水に流され、食べ物も自由も希望もなく、ただ餓死を待っているであろう。

 そうした北朝鮮の惨状について、大江健三郎はどう考えているのだろうか。大江健三郎が昔の自分の文章を覚えているなら、自らの不明を恥じて、読者にお詫びをするとともに、自分の見通しがなぜ間違ったのか、思想的にきちんとした反省をしなければならない。それをしないこの人は言論人としての資格はない。将来も、また同じような過ちを繰り返すのみである。

 また上記の熱のこもった文章が、単なる共産主義かぶれの若気の至りではなく、北朝鮮の人々への真実の思い入れだとしたら、自ら率先して、北朝鮮救援活動を始めるか、ノーベル賞の賞金を北朝鮮救済の資金として提供する位の事はあっても良いのではないか。大江健三郎は、昨年は米国プリンストン大学で静かな研究生活を送ったようだが、現在は別の意味で「帰るべき朝鮮がない」のだろうか。要はつねに人事なのだろうか。

■ 「帰るべき朝鮮がない」大江健三郎 ■

 新婚初夜に新妻を放り出して金日成に発情していた大江健三郎。
 現在の北朝鮮の飢餓地獄しか知らない若い人々には、「自分には帰るべき朝鮮がない」と嘆く大江健三郎の感慨は、想像を絶しているだろう。しかし共産主義を理想とする人々の間では、北朝鮮がさかんに「地上の楽園」として宣伝されていた時期があったのである。
 現在でもアメリカやフランスに憧れている人はいますが、大江健三郎のように日本人であることを後悔する人はいないと思います。

■ あいまいなのは? ■

ノーベル賞と言えばオリンピックで金メダルを取ったようなものかもしれない。戦後ノーベル文学賞を二人の日本人作家が受賞している。
その一人、川端康成はストクホルムの授賞式で「美しい日本の自然ののなかで感性を育まれた自分」といった主旨のことを発言して世界の賞賛を浴びた。
もう一人、大江健三郎は「あいまいな国、日本、その日本人として恥ずかしい」といった主旨の受賞あいさつをして式典に参加した人たちに戸惑いを感じさせた。
二人が世界に発したメッセージはなんと対照的であったことか。国際社会で自分の属する国を愛さないと告白することは、それだけで軽蔑されることを大江健三郎は知らなかったイナカモノだったと解釈することもできる。

 大江健三郎がストックホルムで行ったノーベル賞記念講演の「あいまいな日本の私」には前記のような一節がある。
 「 核攻撃の犠牲者たる日本人が、なにか特別のモラルを持たなければいけないそうだ。投下した者のモラルは問わないわけである 」とは、谷沢永一氏の評である。
これが国際常識であって、大江健三郎のもってまわった言い方と、その非常識な内容とでは、聴講者は何を言っているのか、分からなかったであろう。内容は単に50年前の東京裁判史観とマルクス主義史観であり、その後の歴史学の進歩などは、まったく省みられていない。

 大江健三郎の思想は、1950年代の冷戦時代から一向に深化していない。それがそのまま化石のように残されているのは、本人のIntellectual Dishonesty と、それを覆い隠すもってまわったあいまいな文体の故である。この講演は「あいまいな日本の私」よりも「日本のあいまいな私」と題すべきものであった。

( 産経抄より ) ★「反核平和」人の態度 ★

 国際原子力機関(IAEA)は北の核計画凍結を決議し、日米韓も共同声明を出したが、どうにも理解に苦しむことがある。
■ほかならぬ日本でこれまで盛んに反核運動を推進してきた人たちがいた。彼らが一向に声を発しない。昨年の夏、広島と長崎で開かれた原水爆禁止大会は、相変わらず二つに分裂したままだった。原水協(共産党系)と原水禁(旧総評系)とだが、そのいずれも北朝鮮の核に対してウンでもスンでもない。
■ワシントン古森義久記者のリポートによると、昨年十月十七日、秋葉忠利・広島市長がアメリカン大学で「広がる核の脅威」と題するスピーチをした。しかし市長はもっぱら米国の核政策だけを非難し、中露の核兵器はもちろん、北朝鮮の核には何も触れなかったそうだ。
■反核運動をあおってきたはずの進歩的文化人諸氏も、北朝鮮には鳴りをひそめでいる。ノーベル賞作家・大江健三郎氏もそのお一人だ。これは谷沢永一氏のご指摘だが、平成七年元日の朝日新聞上で大江氏は加藤周一氏と対談し次のように語っていた。
■「戦後五十年の出発点の、日本人がなめた苦い経験を思想化しようとすれば、日本が取り組むべき中心の課題は核軍縮だと思います。そのための国際的な委員会を作れば、広島、長崎の被爆体験に立って有効な発言ができるはずです」。
■いまこそ北朝鮮に対して「有効な発言」をする時ではないか。

理想主義は昔から国家を滅ぼしてきた。国が滅びても「平和」がある、とでもいうのか?!
「戦後民主主義者」と称する売国奴たち。隣国がすべて武装して日本に脅威を与える今になっても、まだ「防衛」を「悪」と決めつけ、「ボーダーレス」を唱え、日本人の「アイデンティティー」を抹消しようとする。

反日日本人の発言を垂れ流すNHK
〜安保討論に自衛隊を侮辱した
     大江健三郎 を出演させたNHK〜
12月18日から20日までの3日間連続で、NHKは「 シリーズ安全保障 」というスペシャル番組を放送した。18日は「 徹底検証・日本の備え。テロとミサイルの脅威をどう防ぐのか 」などを、19日には「 変わる自衛隊・現場からの報告 」などでしたが、この2日間で放送された内容はまずまずでした。しかし、最後の20日に放送された「 討論・日本の進路を問う 」として、元内閣総理大臣中曽根康弘、元駐米大使栗山尚一、元副総理後藤田正晴、ノーベル賞作家大江健三郎の4人で安全保問題を討論するというのですから、NHKはどうかしていると思いました。

特に反日日本人で悪魔の思想を持つ大江健三郎を出演させたとはNHKは人選を明らかに誤っています。難解な文章を書く大江健三郎がノーベル賞を受賞したことは、これは特に批判することではなく、日本国民として喜ぶべきことであるが、セットで授与される文化勲章は辞退したというのだからどう考えても正常ではなく、NHKがそれを知らないはずはない。外国からの賞には、恭しく受賞をするが、日本のものとなると拒否するというのだから話しにならない。大江は祖国日本を愛していないばかりか、外国に行ってまで「 日本の悪口 」を言いふらす売国奴なのですが、こんな大江に日本の安全保障問題を語ってもらうとは「 NHKよ。何を考えているのか 」と大きな声を出したくなる。

番組での大江の発言は当然にイラクへの自衛隊の派遣に反対していますが「 派遣しない方が日本の将来のため、また子供達も誇りを持って生きていくことが出来る 」「 自衛隊ではなく状況が安定したら文民を送った方が良い 」「 憲法9条があるのに自衛隊をすでに外国に送っている。憲法改正を言う人はなぜ急ぐのか。20年、30年先を考えるとアジア諸国との平和的な関係が出来ると思う。憲法の規範に現実を押し戻すことが将来の(日本の)仕事です 」「 冷戦が終わり、仮想敵国がなくなっているのに北海道に大きな地上軍をおいている。自衛隊は災害救助をする別組織に変えるべきだ 」「 憲法の前文に『 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した 』とありますが、これからはインターネットの時代ですから、国もあるでしょうが国民が横につながることが強くなり、諸国民の公正と信義に信頼する国に、またその信頼に応える日本人になって欲しい 」などですが、もう完全のとんでしまっています。

中曽根氏が大江の発言を「 空想的平和主義 」と言って批判していましたが、当然でしょう。恐るべき悪魔のテロ国家北朝鮮の脅威が迫るなか、そんな国の信頼に応えていこうというのですから話になりません。
大江は「 ぼくは、防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている 」と昭和33年に毎日新聞のコラム「 女優と防衛大生 」で述べたことはあまりにも有名ですが、こんな同胞である日本人を貶める発言をする大江健三郎はノーベル賞作家として知られているより、戦後の日本をダメにした進歩的文化人の大江健三郎と言った方が知られているでしょう。

どんな立派な小説を書こうが親の悪口を言いふらすように自分の国と国民に罵声を浴びせる者は愚か者であり馬鹿にされます。自分の生まれた国を誇りにしない人間を誰が信用してくれるのでしょうか。それにしてもNHKは、自衛隊のイラク派遣が決定した後に安全保障の関する番組を放送するのは時期としては良いかもしれないが、私はイラクに派遣される自衛隊員には胸を張って堂々と行ってもらいと思っていますので、過去に自衛隊員を侮辱した大江健三郎をなぜ出演させ、再び自衛隊を貶めるような発言を許したのか。こんな反日日本人の発言を垂れ流すから受信料を払いたくないという人が増えるのではないでしょうか。税金が投入されている国営放送局に日本を愛しておらず自分の国の国民である自衛隊員に敬意を払わない反日日本人を出演させたNHKの真意とは何であろうか。


--------------------------------------------------------------------------------



38. 2015年8月01日 11:34:25 : Za6LcMKX6I
防衛大臣も総理大臣も消耗品といえるなあ・・・シミジミ

39. 2015年8月01日 11:39:37 : ramHgrIDIB
>>37はスレチでした。すみません。

40. 2015年8月01日 11:53:14 : QmyrjoZuIs
>13
とぼけるな中谷よ、お前いい弾だな〜!

なるほど。
中谷は消耗品。


41. ただのひも 2015年8月01日 12:29:37 : Ku7SbOkZqp84A : TeJKNVsQeo
国会の質疑-答弁の映像を翻訳して海外に流した方が良い。
こんなおもしろいものはない。
日本人だけで楽しんでいるのは罪だ。
エンターテイメントとして最高に面白くて愚劣である。
質問者を子供にすればなお笑える。

42. 2015年8月01日 14:20:27 : GykmeAuZGU
そのうち安倍フアシズム政権は反戦平和派議員の国会質問に対し、次の様に開きなおるだろう。「核戦争以外は戦争とは言いいません。過去戦争と定義されたものは日本の積極的な平和主義による貢献の行動範囲です」と。戦争の定義も侵略の定義も法の安定性も安保環境や時代と共に我が自民党が変える」と。安倍政権は「極右革命評議会」が政権樹立したようなもの、「違憲もクソもない。戦争第一」。なのだ。逆らえば、戦争推進の軍部背景に「機銃と軍刀」印という〈この紋所が目にはいらぬか」という歴史を持つ日本。軍旗はためかかせ「進軍ラツパ吹き鳴らす」安倍政権の突撃の声響く猛暑、永田町では「好戦病〉殺人ウイルスがパンデミツク状態だ。

43. 2015年8月01日 18:01:49 : Mz0XqnNMiM

○新やくざ口上

…家宅捜査で拳銃の弾薬が出る。

警察官
「お前、これはピストルの銃弾だろう?武器の隠匿だ」
やくざ
「中谷防衛大臣が国会で言っているではありませんか。銃弾は武器ではありません。与党国会議員の公式発言を尊重しないといけません」
警察官
「では何だ?」
やくざ
「※消耗品ですよ〜武器とは違います〜」


44. 2015年8月01日 18:27:38 : OSjF1Q2W5g
===


また、TBS報道特集、GOOD JOB !!!

  
   ★> 米国を狙う潜水艦を見つけた場合、日本はこの潜水艦を進んで攻撃する<★

       ★> 米国を狙う潜水艦を見つけた場合、日本はこの潜水艦を進んで攻撃する<★


   共産党の小池君、いいねぇ・・・、いいねぇ・・・、いいねぇ・・・、


    ★>これが先制攻撃の戦争じゃなくて何なんですかぁ・・・<★ 吠えたねぇ、小池君。

       ★>これが先制攻撃の戦争じゃなくて何なんですかぁ・・・<★ 吠えたねぇ、小池君。

===
        徴兵製で可愛い孫や子供を殺される女性達は爆発してるんだろう・・・

  
        この位は、何処でもトップでやって欲しいねぇ・・・

==


45. 2015年8月01日 19:13:27 : XFxQ5YC5R2
赤かぶよ、趣旨はいいが「ミズホたん」はほんとに気持ち悪いからやめてくれ。

これで、多分30人位、社民ぎらいになった読者が出たはずだ。


46. 2015年8月01日 21:33:58 : wuTgFF1a8H
>>29
・・・経理に行ってコピー用紙が建設勘定で買えるかどうか訊いてみればよい


工事の現場事務所で使うコピー用紙は建設勘定だろ

工事原価に含めるべきだろう

工業簿記分かってる?


47. 2015年8月01日 22:14:24 : qF4T1YwunA
■「弾薬は商務品です」の”深いい話”!

中谷おじさんのこの発言は単なる戯れ言ではないのです。

まさしくこれは真実を述べた”深いい話”なのです。

●安倍のじいさん岸が開いた「死の商人」への扉

安倍政権は「戦争法案」や「武器輸出」にやけにこだわり急いでいます。

これは安倍総理の実績作りだ、とか一種の経済政策だとか言有無気もあります。

しかしこれには実は別の深い理由があるのです。
    ↓
『安倍首相が、集団的自衛権の行使を進める「事情」』
http://alternativereport1.seesaa.net/article/420538811.html

−−−−−
後藤(新平)がブッシュ一族の元に送り込んだメッセンジャーが、岸信介=2015年現在の日本の首相・安倍晋三の祖父であった。

安倍一族は、ここでブッシュ一族とビジネス・パートナーとなった。

ブッシュ一族は、軍事産業専門の投資会社カーライルの経営者でもあった。

このカーライルの親会社が、軍事商社ディロン・リードであった。
−−−−−

こうして安倍一族の「死の商人」の扉は開かれたのだ。

●そして今、「死の商人」リチャードアーミテージとの連携による「戦争法案」や武器輸出促進政策推進。

リチャードアーミテージは官邸に出入り自由といっていいほどの実態だ。
   ↓
・「ジャパン・ハンドラー ジョセフ・ナイ リチャード・アーミテージ よく官邸に入れるよなあ?民間人だよねえ?」
https://twitter.com/akihikoyoshitom/status/548807822805196800

それもそのはずリチャードアーミテージも「死の商人」であった。

要は、安倍一族とリチャードアーミテージは「死の商人」として協力して戦争ビジネスを推進する仲間だったというわけだ。

・菅官房長官は30日午後、首相官邸で、アーミテージ元国務副長官ら知日派有識者と会談した。アーミテージ氏らは「安倍政権の外交政策を評価する」。
https://twitter.com/heat2009/status/528159806830292994

●従って、安倍政権(死の商人)にとって「弾薬は消耗品」という名の商品でしかない。

中谷おじさんは、背景を知っているから正直に言ってしまったんですね。

それは「法的関係性は関係ネ〜」と恫喝した磯崎総理補佐官も同じで、背景を知っているから正直しゃべってしまったんですね。

●「自衛隊員も消耗品」もまた真実だったってこと。

「弾薬は消耗品」という中谷おじさんの本音を受けて、「自衛隊員も消耗品」という冗談を言う人もいた。

しかし、これは冗談ではなく、「死の商人」にとってはまさしく「自衛隊員も消耗品」に違いないのだ!


48. 2015年8月01日 22:16:13 : qF4T1YwunA
47(訂正)
  ↓
■「弾薬は消耗品です」の”深いい話”

49. 2015年8月01日 23:39:52 : FNHk1ncJBe
「今だけ、金だけ、自分だけ」 の政治
 
「支持率を犠牲にしてでも、国民のために必要なことはやってきた」 というのは嘘だろう。
 
国民を犠牲にしてでも、自民党が一貫してやってきたのは、米国のための政治であり、
官僚と財界のための政治であった。
 
http://m-hyodo.com/circumstance-75/
 

50. 2015年8月01日 23:46:50 : FNHk1ncJBe
>>37
産経新聞は、酷い詐欺メディアですな
 
クズ過ぎる詐欺新聞だ。
 
  

51. 2015年8月01日 23:48:36 : BLqL2LUvlg
自民党米犬の政治はもはや屁理屈の世界ですね。
殺人シオニストの命令には犬を上回る忠実さだが犬より頭が悪い。

52. 2015年8月02日 02:24:15 : qxvY9CYvfE
これまで薄々感じてた「日本は米国の属国」が、これほど明確になったやり取りはない。
ショックだが、よくやった!

53. 2015年8月02日 06:54:13 : 87iPO2IZCE
>46

そうなんだ!
須らく事細かく勘定科目は決まっている。建設業でも本社のコピー用紙の扱いは経費だし、コピー用紙を扱う商社では商品であったり資産であったりする。
ご指摘の通り。
なので、国会で質問・答弁する以上は、財務省の決めた科目に従わねばならない。弾薬は消耗品である。


54. 2015年8月02日 07:05:53 : 87iPO2IZCE
>46

良い所に気がついたね。
でも同じ建設業でも本社では経費扱いなんだ。
勿論コピー用紙を商品として扱う商社なら資産であったりもする。
全て財務省の決めた勘定科目に則って処理が行われる。
国会みたいな大事な場での議論に認識の齟齬があってはならないから、質問者も答弁者もルールに従って言葉を遣わねばならない。
予算の話をするなら一応財務省の定めた用語に従うのが適当ではないか。勿論この場合は日本の財務省だよ。
大臣の答弁なんだから、弾薬は消耗品なのだ(俺は特別職公務員ではないからよく知らないが)。
火病を発するのはお門違いのように思う。


55. 2015年8月02日 09:27:49 : Ld8suCHiU2
手榴弾も消耗品だったんだ。中谷君 頭は大丈夫か?石橋何たらや外大勢の安倍の取り巻き連中はあかりちゃんや女子高生にも論破されるわな。

56. 2015年8月02日 12:51:11 : 8q3qeXT2cg
>>47さん  ナルホド。

実は、ヒットラーとブッシュ家の祖父(プレスコット・ブッシュ)もビジネスパートナーだったことが明らかになっている。つまり、戦争を作り出して殺し合いをさせ、自分達は暴利を得るといういつものパターンですね。米国の法律では、ナチスと関係のあった家系は政府の要職に就くことはできないことになっているようだが、親子で大統領になった。

2000年、バカのJ.W.ブッシュ陣営は、フロリダ票の再確認を中止させたうえ連邦裁判所の判事を脅迫して大統領となった。その後、ヤラセ911、言いがかりのイラク侵略と劣化ウラン弾大量投下、そして資産の略奪など、まさに悪の権化ですね。

>ブッシュとナチスの結託 政府公文書で確証
http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=50

911事件以降 イラク(中東)に於いて "自由・解放"の名の下に殺戮を繰り返す米ブッシュ大統領の家系は、第二次大戦当時 祖父のプレスコット・ブッシュによってナチス・ヒットラーとの関係により財を成してきた家系であることが政府公文書で確証されている。

ワシントンDC発──全米マスコミが60年にもわたって見落とし、拒否さえしていたことだが、このたび暴露された国立公文書館と議会図書館の所蔵文書によ り、現職大統領ジョージ・W・ブッシュの祖父であるプレスコット・ブッシュが1926〜42年にナチス軍拡・戦争体制の財政基盤のビジネスパートナーとし てだけでなく、それを支えた米国の銀行経営者としても暗躍していたことが明らかになった。当時、米国議会はプレスコット・ブッシュとその「敵国」の実業 パートナーに厳しい対応をとっていた。

今回見つかった文書には、ブッシュとその仕事仲間が──連邦財務省とFBIの調査によれば──ドイツの産業資本家フリッツ・ティッセンと資金提携していた 事実を隠そうとしていたと、はっきり記されている。鉄鋼石炭王ティッセンは1920年代なかばから個人的にヒットラーに財政支援を行ない、ヒットラーがド イツ国内法や民主制を転覆して権力を掌握するのを手伝った人物である。

さらにこの機密解除された公文書によれば、プレスコット・ブッシュと彼の仲間であるロウランド・ハリマン(当時の米国外交界のアイドルだったエイヴレル・ ハリマンの弟)やジョージ・ハーバート・ウォーカー(現職ブッシュ大統領の母方の祖父)などが、米国が開戦して以降も8カ月ちかくこのドイツ産業界の大実 業家と取引を続けていたことが生々しく記されている。・・・>



57. 増税反対 2015年8月02日 13:38:22 : ehcoR2LmdzYII : lP51oLFskQ
この論理で行くと日本人は皆さん消耗品という事ですね。

そう考えると自民党と公明党のやってきた政策に誤りは無い事が、

よ〜く理解できます。

 「これからは一消耗品として御国の為に尽くしていく所存であります。」

なんて言ったら安倍は泣いて喜ぶかな?


58. スポンのポン 2015年8月02日 13:42:16 : 2n7xEMe6gopkI : 7NYmzaYwhI
 
 
 
 
 
■君らが何を言おうと民主党支持者が増えない限り何も変わらない。
 
 
 
 
 

59. 2015年8月03日 02:13:32 : EOTzs3mxdc

福島瑞穂氏を守ってから言えよ。

目立ちたがり屋が多い民主党は前貼り議員を筆頭にしてるのか。恥!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK189掲示板  
次へ