★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189 > 748.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<速報>米NSA、日本の内閣や各省庁、三菱などを盗聴か:Wikileaksが暴露(THE NEW CLASSIC)
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/748.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 31 日 18:45:05: igsppGRN/E9PQ
 

【速報】米NSA、日本の内閣や各省庁、三菱などを盗聴か:Wikileaksが暴露
http://newclassic.jp/26728
2015.07.31  KEN ISHIDA  THE NEW CLASSIC


さきほどWikileaksや伊・エスプレッソ紙が報じたところによれば、アメリカ国家安全保障局(NSA)は、日本の内閣や各省庁、三菱など大企業を盗聴していたことが明らかになった。

■第一次安倍政権などがターゲット

Wikileaksのプレスリリースによれば、盗聴対象となったリストには2006年9月26日に発足して2007年8月27日まで続いた第一次安倍政権や、三菱の天然ガス部門や三井の石油部門といった日本の大企業、宮沢洋一経済産業大臣などの政府関係者、そして日本銀行などが含まれている。

Wikileaksによれば、アメリカは日本の貿易摩擦や技術開発計画、気候変動政策、原子力やエネルギー政策などに関心を持ち、盗聴を計画。日本側は、こうした政策に関する情報をどこまでアメリカに共有するべきか懸念を持っていたが、実際にはアメリカ政府は、多くのことを知っていたようだ。

■ファイブ・アイズにも共有

またこれらの盗聴内容は、米国から英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドにも情報共有されていた。これら5カ国の結ぶUKUSA協定「ファイブ・アイズ」と呼ばれ、加盟各国の諜報機関が傍受した盗聴内容や盗聴設備などが共有されている。

今回リークされた内容には、ドーハラウンドと呼ばれるWTO交渉に際しておこなわれた盗聴のレポートや、2007年にブッシュ米大統領と会談した上で示された、「安倍イニシアティブ」に関する盗聴レポートなども含まれている。

他にも、環太平洋パートナーシップ(TPP)の交渉に際して、アメリカが日本の戦略を注視していたことなども示されており、日本の貿易・産業政策にアメリカが高い関心を持ち、盗聴対象としてことが伺える。

■菅官房長官や日銀・黒田総裁もターゲットに

またオーストラリアのTHE SATURDAY PAPERは、盗聴リストに菅官房長官や日銀・黒田東彦総裁などの番号が含まれていたことも報じている。2009年のドーハラウンドで農林水産大臣を務めていた石破茂幹事長の動きにも、NSAは注目していたとされる。

■民間企業も盗聴

また今回明らかになったのは、NSAが日本の政府関係者のみならず、民間企業もターゲットとしていた点だ。三菱グループの天然ガス部門は、中東・極東ロシア・インドネシア・アフリカなどの液体天然ガス開発プロジェクトに参加しており、三井物産の石油部門は、中東・東南アジア・北米・欧州など世界各国での資源開発に携わっているが、こうした企業の動向は、NSAの盗聴対象となっていた。

今月4日には米・ワシントンポスト紙が、外国情報活動監視裁判所(FISC)が2010年にNSAに対して許可した盗聴対象リストの中に、中国や北朝鮮、韓国、そして日本が含まれていたことを報じている。


KEN ISHIDA
本誌編集長。1989年生まれ、早稲田大学文学部で歴史学を専攻した後に、同大政治学研究科修士課程修了(政治学)。 本誌を運営する株式会社アトコレの代表取締役CEO。専門は国際関係史や日本近現代史だが、本誌ではテクノロジーや経済から国際情勢まで幅広く担当している。


Target Tokyo

Press Release
https://wikileaks.org/nsa-japan/
2015-07-31

Today, Friday 31 July 2015, 9am CEST, WikiLeaks publishes "Target Tokyo", 35 Top Secret NSA targets in Japan including the Japanese cabinet and Japanese companies such as Mitsubishi, together with intercepts relating to US-Japan relations, trade negotiations and sensitive climate change strategy.

The list indicates that NSA spying on Japanese conglomerates, government officials, ministries and senior advisers extends back at least as far as the first administration of Prime Minister Shinzo Abe, which lasted from September 2006 until September 2007. The telephone interception target list includes the switchboard for the Japanese Cabinet Office; the executive secretary to the Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga; a line described as "Government VIP Line"; numerous officials within the Japanese Central Bank, including Governor Haruhiko Kuroda; the home phone number of at least one Central Bank official; numerous numbers within the Japanese Finance Ministry; the Japanese Minister for Economy, Trade and Industry Yoichi Miyazawa; the Natural Gas Division of Mitsubishi; and the Petroleum Division of Mitsui.

Today's publication also contains NSA reports from intercepts of senior Japanese government officials. Four of the reports are classified TOP SECRET. One of the reports is marked "REL TO USA, AUS, CAN, GBR, NZL", meaning it has been formally authorised to be released to the United States' "Five Eyes" intelligence partners: Australia, Canada, Great Britain and New Zealand.

The reports demonstrate the depth of US surveillance of the Japanese government, indicating that intelligence was gathered and processed from numerous Japanese government ministries and offices. The documents demonstrate intimate knowledge of internal Japanese deliberations on such issues as: agricultural imports and trade disputes; negotiating positions in the Doha Round of the World Trade Organization; Japanese technical development plans, climate change policy, nuclear and energy policy and carbon emissions schemes; correspondence with international bodies such as the International Energy Agency (IEA); strategy planning and draft talking points memoranda concerning the management of diplomatic relations with the United States and the European Union; and the content of a confidential Prime Ministerial briefing that took place at Shinzo Abe's official residence.

Julian Assange, WikiLeaks Editor-in-Chief, said: "In these documents we see the Japanese government worrying in private about how much or how little to tell the United States, in order to prevent undermining of its climate change proposal or its diplomatic relationship. And yet we now know that the United States heard everything and read everything, and was passing around the deliberations of Japanese leadership to Australia, Canada, New Zealand and the UK. The lesson for Japan is this: do not expect a global surveillance superpower to act with honour or respect. There is only one rule: there are no rules."

WikiLeaks Investigations Editor Sarah Harrison said: "Today's publication shows us that the US government targeted sensitive Japanese industry and climate change policy. Would the effectiveness of Japan's industry and climate change proposals be different today if its communications had been protected?"

Japan has been a close historical ally of the United States since the end of World War II. During a recent Presidential visit to Japan, US President Barack Obama described the East Asian country as "one of America’s closest allies in the world". Today's publication adds to previous WikiLeaks publications showing systematic mass spying conducted by US intelligence against the US-allied governments of Brazil "Bugging Brazil", France "Espionnage Élysée" and Germany "The Euro Intercepts"; "All the Chancellor's Men".

Read the full list of NSA high priority targets for Japan published today here.

WikiLeaks' journalism is entirely supported by the general public. If you would like to support more work like this, please visit https://wikileaks.org/donate.

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月31日 18:54:14 : FD5q66Xbn2
国家機密はまず国会議員、外務省、防衛省、その他官庁から流れてるから、盗聴はそのウラ取りにすぎないのではなかろうか?

2. 2015年7月31日 19:14:32 : qFBZAvwg0G

 まあね〜〜 愛は 何年も前から言ってたことだ〜〜〜

 それはそうとして〜〜

 安倍政権は 国民には 知らせないが アメリカには 筒抜け という事で

 ===

 それ以上でもなく それ以下でもない 

 愛的には 何も隠さず 議論することの方が アメリカの 属国にならない方法だと主張した

 ===

 であるからして プライバシーさへも 多少は我慢すべきなのだ 
 プライバシーを我慢すれば 全ての犯罪(秘密)を阻止できることになって
 日本は ハッピーになる

 ===

 エトアニアという国があって そこでは 住民の電話番号や住所などはオープンだ
 全ての情報を 中央でオープンにすることで ものすごい発展をしている
 
 ===

 白人が作った プライバシーは 自分たちが 情報を独占する仕組みであって

 最近のネットワーク型の 社会構造が 情報を共有することによって 
 支配から 自由になることの方が 

 はるかに 人間らしい事なのだ
 


3. むやうのすけ 2015年7月31日 19:32:48 : ltsuShGwyUDcQ : r5Djw8W53c
それらの盗聴結果を分析して得られた結論が、「安倍を傀儡にすることは可能であり、アメリカの国益のためには安倍を傀儡にすることが不可欠である。」ということだったわけだ。

4. 2015年7月31日 19:38:25 : abLhDzKN6g
アメリカには秘密をドンドン流してもおかまいなしの秘密保護って、安倍の売国でしょう。

5. 2015年7月31日 19:39:33 : 6ublAEFW1c
3さん然り

6. 2015年7月31日 19:46:19 : qFBZAvwg0G

 アメリカに 魂を売った男 ですね

 アメリカに 売ったのは 自分の魂ではなく 日本人の国民の魂ですね

 ===

 そこの所が 理解出来ないから 安倍はバカで ウヨもバカの塊ないですね〜〜
 


7. 2015年7月31日 19:55:19 : 1laTubqZew

犬なのに盗聴されるんですなあ。

8. 2015年7月31日 20:49:34 : YxpFguEt7k
ドイツのように、怒って抗議しなきゃダメだ。

内閣官房や日本銀行、財務省、経済産業大臣、三菱商事や三井物産の天然資源関係の部門
また、報告書の中には互いに諜報活動を行わないという取り決めを結んでいる「ファイブ・アイズ」と呼ばれるイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの4か国に提供されたものもあったとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150731/k10010173871000.html

独立しましょう。
(1)日米地位協定25条の改定・日米合同委員会の廃止(官僚を操る糸を切る)
(2−1)日米地位協定2条の改定・基地返還を義務付ける(ドイツ型の米軍排除)
(2−2)憲法に『外国軍の駐留を禁止する』と書き込む(フィリピン型の米軍排除)


9. 2015年7月31日 21:12:17 : ZjsLU3xvgk
騙されても、馬鹿にされても、盗聴されてもアメリカにつくします。
捨てないで〜。
ああ、馬鹿な日本の深情け。


10. 2015年7月31日 21:23:59 : QmyrjoZuIs
>01さんの言う通りです。
日本には盗聴されて困ることはありません。
全て筒抜けです。

11. 2015年7月31日 22:21:42 : eOBGjwhYEc
これじゃ、太平洋戦争に負けるのも無理はない、日本版NSAをアイルランド等と作るべきでは。

12. 2015年7月31日 22:25:08 : eOBGjwhYEc
アメリカは、日本を手駒の一つに、見なしてるにすぎないということが、根投与内閣にどうして、わからないのかね。

13. 2015年7月31日 22:31:43 : k7p8F5fZ1c
全て筒抜け。これまともな独立国家か?
まともな外交など出来る訳がない。しかしひでえ日本国だね。
東芝と言い、国中は腐りきってる。他国なら要人暗殺?焼き討ち暴動だろうに。

14. 2015年7月31日 23:45:22 : v1gbxz7HNs
新首相官邸は盗聴器の山だろう。関係者はそれに気付いていたと思う。

15. 2015年8月01日 00:05:15 : xgZDdnzKOI
コンセント型盗聴器とか市販品とかじゃなくて、一般に知られていない新開発の盗聴器だから、ばれない確信があったのだろうね。
「科捜研の女」で使われてた窓ガラスの振動で室内会話を読み取ったりとか?
記者・官僚の連中にそれらを仕掛けたりの使いパシリのエージェント・スパイが潜んでいるんでしょうね。


16. 2015年8月01日 10:04:07 : E6TzMUTy1w
米NSAが「日本の政府・大企業を盗聴」 ウィキリークスが文書公開
2015年07月31日 18:08

【7月31日 AFP】(一部更新)内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」は31日、米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)が、日本の政府高官や三菱商事(Mitsubishi Corp.)などの大手企業に対する盗聴活動をしていたとする文書を公表した。少なくとも35件の盗聴対象のリストも公開している。

 ウィキリークスは声明で「リストは、NSAが少なくとも2006年9月から07年9月までの第1次安倍晋三(Shinzo Abe)内閣のころから、日本の大企業や政府高官、省庁、政府顧問らをスパイしていたことを示している」と述べている。

 安倍首相に対する盗聴の記述はないが、盗聴対象者には宮沢洋一(Yoichi Miyazawa)経済産業相や日本銀行(Bank of Japan)の黒田東彦(Haruhiko Kuroda)総裁が含まれていたとされる。

 ウィキリークスは「これらの報告書は米国による日本政府への監視活動の深さを示しており、日本の多くの省庁から情報が収集・処理されたことを示唆している」と述べている。

 また、これらの文書は、米国が貿易、原子力、気候変動などの政策をめぐる「日本の内部議論を細部まで詳しく知っていたことを示している」と、ウィキリークスは述べている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3056127


17. 2015年8月01日 10:14:56 : E6TzMUTy1w
米政府が日本企業、官庁の電話盗聴か 日銀、三菱商事、三井物産… ウィキリークスが機密文書を暴露
2015.7.31 21:09

 内部告発サイト「ウィキリークス」は31日、米国家安全保障局(NSA)が日本の内閣官房や経済産業省をはじめとする中央省庁、日銀など35カ所を対象とした盗聴で得たとする機密文書の一部をインターネット上に公表したと発表した。

 ウィキリークスによると、機密情報は電話を盗聴する手法で収集され、盗聴活動は少なくとも第1次安倍政権時代にまでさかのぼるという。盗聴の対象には、菅義偉(すがよしひで)官房長官や黒田東彦・日銀総裁、三菱商事や三井物産など民間企業の電話も含まれていた。

 公開された機密文書は5つで、うち3つが気候変動問題、2つが農産物などの貿易交渉に関する報告書。このうち07年の報告書は、同年4月の安倍晋三首相の渡米に際し、日本側が打ち出そうとした「温室効果ガス排出量を50年までに半減する」との目標を事前に米側に伝達するかどうかをめぐる政府内の検討状況が記録されていた。経産省や外務省の盗聴情報を基にまとめられたとみられる。

 ウィキリークスは、報告書の一部をオーストラリア、カナダ、英国、ニュージーランドの4カ国が共有していた可能性があると指摘している。

 一方、日本政府は事実関係の確認を急ぐ方針だ。政府高官は31日、「(公開された文書の)中身を精査してから対応を考える」と語った。別の政府高官は「情報の世界では、首相や閣僚は盗聴されていることが当然だと思って対応するのが普通だ」と述べ、殊更に問題視しない考えを示した。

http://www.sankei.com/world/news/150731/wor1507310044-n1.html


18. 2015年8月01日 16:45:23 : qF4T1YwunA
●アベ政治は、シャーマニズム(呪術師の政治)です!

シャーマン・アベがトランス状態でしゃべったことは全て真実です。

『中国がやれば「盗聴」だけど、米国は「盗聴」ではなく「傾聴」しているだけだ。』(安倍首相)

『弾薬は武器ではない、弾薬は消耗品だ』(中谷防衛大臣)

『「法的安定性」は関係ネ〜』(磯崎総理補佐官)

『解釈改憲』(俺様が法律だ)は何でもありでなのです。



19. 2015年8月01日 17:02:39 : eOBGjwhYEc
新首相官邸に米国人が、出入りしてると聞いてたけど、盗聴器もしかけていったのかな

20. 2015年8月01日 19:38:21 : qF4T1YwunA
19さん

●官邸にもネオコンの先兵がドヤ顔で入ってくるのは昔からです。

「アーミテージさんってタフガイは首相官邸にも出入り自由って、これナーンダ?」
http://blog.goo.ne.jp/wordblow/e/b449ccfd544290b003d83347a553644c

−−−−−−−−
わかんないのはアーミテージさん、日本の官邸にまでズッカズッカと入れて首相に会えるんだ。いまなら菅首相だな。こんなの、日本の国民にもできっこないでしょ? あんな警官が一杯いるところに入っていける? おりゃ日本人だべってんじゃ追い返されるだけだよね? 

そこにアーミテージさんは入っていける。話ができるし、やってるし。だけどアーミテージさん、アメリカ政府のメッセンジャーでもなんでもないんだよ。IMFとか世界銀行の幹部でもないん。007みたいなさ、ただのCIAメンバー。魅力的なタフガイで、おばさんたちがワ−キャーいいそうなのは理解の範囲内ではあるけど、なんで日本人も入れない官邸にズコーンと出入り自由なのさ。このエネルギーじゃ、日本の財務省とか別の官庁にも入っていけるよね。
−−−−−−

アーミテージは日米安保条約をビジネスにしている「安保屋」です。
言い換えれば、「死の商人」です。
   ↓
「アーミテージの会社は、次のような業界で国際的に事業展開する企業を顧客とする。それは、航空宇宙、通信、消費者向け製品、建設、防衛、市場調査及び金融サービス、ハイテク電子機器、情報技術、および輸送などの業界に及ぶ。アーミテージ・インターナショナルの顧客には、「フォーチュン」誌が発表する企業売
上高ランキング100社に入る企業も含まれる。」

●その他

「日米安保総会屋の アーミテージ&マイケル 来日中」
http://amesei.exblog.jp/10537195/


菅官房長官は30日午後、首相官邸で、アーミテージ元国務副長官ら知日派有識者と会談した。アーミテージ氏らは「安倍政権の外交政策を評価する」。
https://twitter.com/heat2009/status/528159806830292994

「ジャパン・ハンドラー ジョセフ・ナイ リチャード・アーミテージ よく官邸に入れるよなあ?民間人だよねえ?」
https://twitter.com/akihikoyoshitom/status/548807822805196800


 


21. 2015年8月01日 21:44:04 : qF4T1YwunA
●安倍一族とアーミテージは「死の商人」つながりです。

『安倍首相が、集団的自衛権の行使を進める「事情」』
http://alternativereport1.seesaa.net/article/420538811.html

−−−−−−−−−−−−
後藤はブッシュ一族の元にメッセンジャーを派遣し、華中・華南だけではなく華北・東北においてアヘン密売の販路を開拓する気が無いか、日本軍が、その担い手になる趣旨の提案を行った。

販路拡大に関心を持ったブラウン・ハリマンは、後藤の提案に乗った。

後藤がブッシュ一族の元に送り込んだメッセンジャーが、岸信介=2015年現在の日本の首相・安倍晋三の祖父であった。

安倍一族は、ここでブッシュ一族とビジネス・パートナーとなった。

ブッシュ一族は、軍事産業専門の投資会社カーライルの経営者でもあった。

このカーライルの親会社が、軍事商社ディロン・リードであった。
−−−−−−−−−−−−

安倍政権が戦争法案を急ぐのも、武器輸出を推進するのも全ての理由はここにあるのです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK189掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK189掲示板  
次へ