★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK192 > 718.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NHK「10党生討論」の偏向がヒドい! 自民党・高村副総裁をフォローしまくる司会の島田解説委員に山本太郎が放った言葉とは
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/718.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 14 日 08:10:05: igsppGRN/E9PQ
 

『NHKスペシャル「緊急生討論 10党に問う どうする安保法案採決」』番組サイトより。安倍首相が画面一面にドーン! さすがに迫力満点である


NHK「10党生討論」の偏向がヒドい! 自民党・高村副総裁をフォローしまくる司会の島田解説委員に山本太郎が放った言葉とは…
http://lite-ra.com/2015/09/post-1482.html
2015.09.14. リテラ


 NHK『日曜討論』(9月13日放送)の“偏向ツイート”が問題になっているが、その舌の根も乾かぬうちに、またしてもNHKが“安倍擁護放送”を繰り返した。

 昨日、本サイトで既報のとおり、『日曜討論』では、番組に出演した安保法制反対派の憲法学者・木村草太氏の発言を、番組公式ツイッターアカウントが“木村氏は安保法案採決に賛成している”というふうにミスリードするツイートを行った。ネット上ではNHKの“安倍チャンネル”っぷりに批判の声が殺到したが、本サイトの懸念は的中、同日夜9時から放送された『NHKスペシャル』でも、NHKは露骨に安倍自民党をアシストする姿勢を見せつけたのだ。

「緊急生討論 10党に問う どうする安保法案採決」と題して生放送された今回の『Nスペ』は、国会審議が大詰めを迎えるなか、与野党から10人の代表者が集い安保法案について生討論する、という触れ込みだった。野党側からは岡田克也民主党代表、松野頼久維新の党代表、志位和夫共産党委員長のほか「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎参議院議員などが出演。対する与党側からは北側一雄公明党副代表、そして、高村正彦自民党副総裁が出演した。


 おい、安倍首相はトンズラか?という素朴な疑問は置いておくとしても、とにかく番組の内容は“酷い”の一言だった。というのも、司会を担当するNHK解説委員の島田敏男氏による仕切りが明らかに“自民党寄り”。高村副総裁が逆ギレぎみにダラダラと喋り続けるのを見守る一方、野党側からの追及には割って入っていちいち議論の腰を折るなど、とうてい公正中立とは呼べないシロモノだったのである。

 たとえば、高村副総裁が先日青森県での講演で「国民の理解が得られなくても法案を成立させねばならない」と発言したことについて志位委員長が追及し、論戦の火蓋が切られたかと思いきや、すかさず島田氏がこう口を挟んだのだ。

「はい! はい! ちょっと待ってくださいね! 高村さん、全体の政治論はまた後でやるとして(略)今週中の法案の参院での採決に踏み切る方針ですか?」

 ようするに、島田氏は、苦しい言い訳に終始する高村副総裁を見かねて、国会のスケジュールの話題にすり替えてしまったのだ。

 このように高村副総裁が興奮したり返答に窮すると、すかさず島田氏が割って入り、発言者を変えるなどして、高村副総裁に冷静さを取り戻させるというシーンが幾度となく繰り返されたわけだが、そのなかでも、とりわけ邪険とも言える扱いを受けたのが山本太郎議員だ。

 そもそも与えられた発言機会自体がごくわずか。90分の放送時間のうち、たったの3回である。まず1回目、山本議員は「戦争法案はアメリカのリクエストであることは間違いないわけですよね。高村さん、あの最高裁の砂川判決もアメリカのリクエストでしたもんね」と、日米密約という“爆弾質問”を投下したのだが、高村副総裁はごまかしの返答。すると、すぐさま島田氏は「はい。その指摘についてはまた別の、後の機会で。(日本を)元気(にする会)、松田(公太)さんお願いします」と、そそくさと次へ進めてしまう。

 2回目の発言の際にはもっと露骨だった。山本議員は「集団的自衛権の行使容認、誰が必要としているか、要求しているかという話ですけれども、さきほどはそれは米軍だという話をしました。それは国内にもいます。誰なのか。経団連です」と、自民党の支持母体について突っ込んだのだが、これにはなんと、高村副総裁が一言も発するまでもなく、島田氏が「はい、山本さん! 各党のご意見も聞いていきましょう」と、話題を一方的に打ち切ってしまったのだ。

 案の定、その後、島田氏が番組の最後まで砂川判決や経団連に触れることはなかった。このように、与党が劣勢になりそうな質問には徹底して論点を白紙化するような島田氏による仕切りを見ていて、いったいなんのための生討論なのか、首を傾げた視聴者がほとんどだろう。

 そして、この島田氏による“高村アシスト”の最たるものが、番組開始から1時間が経過しようとしていたときに行われた。安保法制で自衛隊の活動範囲が「非戦闘地域」から「現に戦闘行為が行われている場所ではない場所」に事実上拡大されることのリスクが俎上に載せられたのだが、そのとき高村副総裁の本音がポロリと漏れた場面があった。

「いままで、自衛隊の活動期間中、たとえば6カ月とか1年とか、そういう間に戦闘が行われないと見込まれる地域といっても、こんなの神様じゃなきゃわかんないんですよ」
「現実にわかんないからね、安全性を同じように確保するために、防衛大臣に安全確保義務として、5日とか2週間とかそういう期間、やっている間は戦闘が見込まれない地域ってこと、ちゃんと定めてますから。それほど(リスクは)高まりません」

 つまり、高村副総裁はこう説明しているのだ。これまでの「非戦闘地域」という概念も本当に戦闘が行われないかというと「神様じゃなきゃわかんない」ものだったが、安保関連法改正で、防衛大臣が活動地域について一定期間を決めて自衛隊員の安全確保の義務を負う、と。

 だが、高村副総裁が言うところの「安全確保義務」は、あらたな安保関連法案のなかの「重要影響事態法」「米軍等行動関連措置法」の条文のなかで明記されていないのである。つまり、高村副総裁は、従来の「非戦闘地域」を曖昧なものと印象づけ、逆に、誰が見ても明らかに自衛隊の活動範囲が広がる安保法制下でこそ規定されるかのように発言しているが、実は真っ赤なウソなのだ。

 むしろ、安保法制下では「戦闘地域」という線引きが廃されるうえに、自衛隊の活動地域が安全かどうかを判断するのがときの政権だというのだから、高村副総裁の発言は、まるで“安倍が神様だ!”と言わんばかりの妄言と言わざるをえない。

 しかし、この高村副総理の愕然とするような発言に対して、やはり島田氏が、かぶせぎみに割って入る。

「高村さんは『より現実的な仕組みにしているんだ』と言う。それを目指しているんだというんですが、それを踏まえて共産党志位さん、いかがでしょう」

 ……え? 「神様じゃなきゃわかんない」ことを政府が決めるのが「現実的」ってどういうこと? 無茶苦茶なまとめ方、もとい、凄まじいアシスト。この『Nスペ』を見て、安保法案について理解が深まる国民は、はっきり言ってゼロだろう。

 しかし、島田氏の露骨な政権寄りの仕切りも、考えてみれば当然なのかもしれない。首相動静を見ると、安倍首相は、昨年の衆院選投票日の2日後、複数の新聞社編集委員やテレビ局幹部と東京・西新橋の鮨屋で会食している。首相いきつけのこの店はひとり1万5千円以上かかるという高級寿司店で、完全なオフレコが条件の“祝勝会”だったとも言われているが、実はそのメンバーのなかに島田氏もいたのだ。

 また直近では、まさに安保法案が国会審議中の今年6月24日に、今度は銀座の日本料理店で安倍首相と夕食をともにしている。一人当たりの予算2万円以上とされる高級割烹である。タイミングを考えると、これは明らかに安倍政権の安保法制に関するマスコミ対策と見ていいだろう。

 そんな首相との会食に参加した島田解説委員はネットで、「しまだ鮨」「島田スシロー」なんていうあだ名までつけられているが、本サイトでも再三指摘しているように、「権力の監視」が責務であるメディアが首相と会食するなんていうことは欧米ではありえないし、ジャーナリズムとしては完全な自殺行為だ。

 時の首相に招待されて嬉々として会食に出かけていくような解説委員が司会をつとめたらどんな番組ができあがるか。今回、視聴者はそのことまざまざと見せつけられたといっていいだろう。

 しかし、そんな島田氏にも天敵がいた。他でもない、山本太郎だ。山本議員は今年初め、その島田氏も参加した安倍首相とのメディアの会食を厳しく追及し、質問主意書まで提出しているが、今回も偏向司会を続ける島田解説委員とNHKに痛烈な一撃を食らわせた。

 番組の最後、出席者には一人ずつ発言する機会が与えられたのだが、そこで山本氏はこんなことを熱っぽく語りはじめたのである。

「大きな問題のひとつは強行採決だと思っています。衆議院でも強行採決されました。参議院でも間違いなく強行採決されるだろうと。で、これ強行採決というのは民主主義とは真逆ですよね。暴挙と言ってもいいと思うんですよ。で、これがどうして行われるかというと、やはり、安倍政権が卑怯だからという言葉だけでは片付けられない。やはり“第三の目”が入っていない。NHKには公共放送としての役割を果たしてもらいたい。“第三の目”として監視する役割を放棄しないでもらいたい。(略)有権者への裏切り行為、その瞬間を生中継しないなら、公共放送を名乗る資格はないと思うんですよね──」

 この痛烈なダメ出しに、島田氏はあきらかに不機嫌そうに「はい! 様々なご意見受け止めます、はい!」と打ち切ろうとしたが、山本議員は止まらず「安保特別委員会での採決、くれぐれも生中継お願いします! 受信料を払っている皆さんのために」。

 ご存知のとおり、NHKは衆院特別委での強行採決が行われた7月15日、国会中継をしなかった。NHKが受信料を徴収している理由のひとつは、国家から独立した不偏不党の放送を国民に届けるためであるはず。島田解説委員も、NHKの幹部も、山本議員の言葉を深く噛みしめなければならないだろう。

(小杉みすず)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月14日 08:24:51 : KzvqvqZdMU
わし テレビはほとんど見ないが だぃたぃの想像は出来るわな
糞左翼な野党どもが アホな質問 アホ砲で砲撃して、さすがのNHKも
なにしてるってことだろうな、それに不満で、本スレッドが立ったりしておる。
  どーでも良い、揚げ足とりばっかりの国会(と推察しておる)


[32削除理由]:削除人:アラシ
2. 2015年9月14日 09:20:32 : HqjRjDolqk
>>1
揚げ足取りだろうが何だろうが、それは視聴者が判断することであって、
断じて公共放送であるNHKが判断することではない

ていうかヘタクソな偏向援護ですなあ


3. 2015年9月14日 09:26:20 : Fgne2oIeJC
これだけ見え見えのことをやって、NHKは存続する気があるのか?
自民党もだが。
国民に見放されるとは思ってないんだな?

経団連とアメリカの機嫌さえとっときゃ、国民なんぞ無視しても喰ってけると思ったら大間違いだぞ!


4. 2015年9月14日 09:58:29 : 62QaAmZ1Pg

NHKに対しては 実力闘争あるのみ

 NHKへの不払い 支払い延期 滞納 受信料凍結  契約解除など

   それぞれのやり方で 実力闘争しよう!!!



5. 2015年9月14日 11:00:54 : hYmCXRT5Ac
自民ヨイショで有名だった大越アナがいなくなったら、今度は嶋田が大越の代役。
NHKは受信料強制徴収を止めるべき。仕方なく受信料を支払い続けている視聴者が不愉快、不快に思う内容は慎むべき。政見放送には政府からも資金が出ているというが、国民はNHK視聴料と所得税の二重取りされていることになる。
一方的に阿倍政権の政策執政に加担されられる(アナの資質による)状況を見直すべきである。

6. 2015年9月14日 11:02:04 : 6FkFV9appK
>>アホな質問 アホ砲で砲撃して

そのアホ質問・アホ砲にまともな反撃も出来ず小便反撃してシドロモドロ

小便反撃も安倍と中谷と岸田の答弁が方向違いで、自分達でお互い

小便掛け合ってるので嘘の匂いがプンプン拡散してみんなにバレル!。

またその小便反撃を神回・GJとか叫んでシャワーの代りに浴びて歓喜してる

バカウヨ・安倍信者・自民党ホモが、阿修羅に時々出没する!。


7. 日高見連邦共和国 2015年9月14日 11:40:53 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

はい。午前中の『日曜討論』を含めて『見て損した部類』。(怒)

大体アレ、マ大の岡本の偉そうな態度はなんだ?しかも質問に答えず、また根本部分の発言も変化させてよ!

夜の『生討論』も、野党は党首・代表を取り揃えているのに、野党は『副総裁』に『副代表』かよ!?

国民、舐めてんのか!?

でも一番ヒドかったのは『恥世代の党』の次期党首とかというババー。(笑)

勿論MVPはタローさんです!

強行採決中継しろよ、NHKっ!!!


8. 2015年9月14日 11:53:38 : FQcYphdnoA
安倍晋三の寿司友の島田解説委員もNHKでは部長クラスだろう
NHK通門口と籾井と島田自宅近辺で税金搾取と偏向報道をやめろとデモするしかない

ブラック企業の人事管理者と経営者相手には、有効な労働環境を正すデモであるが
相手は放送法違反を繰り返す公共特殊法人であるから正すための正当な行動である


9. 2015年9月14日 12:16:15 : jAdmYOHtYU
国会中継をしなければ放送されてるはずの時間中に
NHKの前で『今国会中継してないNHK』のビラ配りをしたらいいのでは。

10. パラノイア 2015年9月14日 12:18:56 : 5cZmKXh9BZOYo : KVtODJless
別の記事で指摘されてるかもわかりませんが、今日朝7時のNHKニュース安保法案関連デモについて。
国会前の賛成派デモ主催者発表200人に対し札幌市でのデモ主催者発表400人を全く同列に扱う、全く似非右翼レベルであり・・・笑ってられないんだが、笑っちゃった。

11. パラノイア 2015年9月14日 12:23:32 : 5cZmKXh9BZOYo : KVtODJless
賛成派の場所は国会前じゃなくて新宿だったかな。
どっちでもいいけど場所は都内。

12. 2015年9月14日 12:41:13 : b6qbiXIjTI
外国ならNHKビルなど爆破されるだろう。
NHKと地検特捜部は日本のガンである。切除せねばならない。
甦れ2.26の将校たちよ!!

13. 2015年9月14日 13:20:50 : rrhrFN6JLd
岡本行夫 アメポチ腐れ外交官の成れの果て。矜持もプライドも持ってないんだろう。勘違いしたプライドだけの哀れ。

14. 2015年9月14日 13:21:24 : YxpFguEt7k
川内博史氏
「NHKの世論調査の結果が、今日の夜あたり報道されるだろう。予言しておくが、おそらく安倍内閣の支持率が上昇し、不支持を何ヵ月かぶりに上回ったと大々的に報道するだろう。安保法制の強行採決を後押しする茶番である。」
https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/643276366293549056

色々な権謀術数があるものです。稚拙だけど効果は多少あるのかな。なくてもやるのだろうけど。


15. 2015年9月14日 13:28:52 : 8q3qeXT2cg

米国ネオコンシンクタンク=CSISのポチとして、不正選挙で総理大臣にしてもらった安倍晋三。
日米軍産複合体の利益拡大のため、憲法違反の戦争法案を無理やり通そうとしています。

そもそも憲法違反なので、始めから論理矛盾のため欺瞞とウソ吐きまくりのオンパレードです。
それを報道させないために犬HKにモミガラ君を起用し、「右向け右」の放送局となったのです。

不正選挙も「麻生の会社」と「総務省NHK」が情報発信の中核になっているとの噂もある。
戦前・戦中と同様の大本営発表により、「勝った、勝った、自公が勝った!」とデマを流している。
さすがはムサシ選挙。票も数えず自公が「勝った!」とする選挙結果は不正以外にはあり得ない。
その一方で、100件をはるかに超える「不正選挙裁判」は木、黙殺を続けているのである。



>9月14日 検索「不正選挙」2,830,000ヒット、「不正選挙 裁判」 722,000 ヒット
>午後8時、投票箱の閉鎖と同時に当確発表!?・・・・えっ、まだ投票箱は移動中なんですが???
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/437.html#c16
この8時ちょうどの当確発表は総務省選管と同省内の総務省NHKがやってもない麻生事務所の出口調査で得票数を決めて発表して選管ムサシに事後通達して入力してるのさ。・・・
>不正選挙!麻生の派遣会社が出口調査!安倍はムサシの株主!世襲ばかりの当選者に投票した馬鹿
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/cb42aef5ace39d49d1f68e3937248251

☆不正選挙のアホ総理・そろそろ終わりです!


16. 2015年9月14日 14:25:05 : 2OoJm3DrmU
次世代の党の中山議員、聞くに堪えない、もう出さないで。

17. 2015年9月14日 15:02:03 : kbv2sskX6c
山本太郎はさすがNHKも自民党も創価学会公明党も ぎゃふん となった。ザマミロ、アベコベの
晋ちゃん首相は辞任をお奨めします。ウセロ安倍晋三ちゃん。

18. 白猫 2015年9月14日 15:57:29 : 3UXZ9G0eyfiL6 : TyxXmqOa72
地球上に生を受けたもの運命ははすべからく己の生存能力によるのであろう。
NHKの島田解説委員も現時点で安倍政権に忠誠を尽くすことが美味しい寿司にもありつけるし、己の出世栄達の道と考えたのではないであろうか。
国民の一人一人がこの島田氏に見習って、真剣に己の利益を考えるべきであると思う。
安倍政権の推し進める政策はほとんどの国民にとって利益にならないことばかりだ。
自然災害多発国の日本で原発を止めない。企業減税の財源として消費税を増税する。自衛隊を米軍の補給部隊として提供する。
挙げたらきりがない。本来なら多くの人がそれに気づいても良さそうに思う。
しかし、刷り込まれた洗脳によって人は容易に考え方を変えられないのが現実だ。そうであれば、抗議行動と同時にこの政権の政策による影響をしっかり予測し、己の身を護っていくことが必要と考える。

19. 2015年9月14日 17:12:31 : TF11GXF11k

「しまだ鮨」「島田スシロー」!素晴らしいネーミングだ。

しまだ鮨の「泳ぎ方」は、いわゆる伝統的な義の精神とは正反対。

「義によって行動する」場合は、おのれの欲得に反しても、時には自分の命を捨てることになっても、正しいと思うことに身を投じる。

生物学的には損な話だ。だが、人間は動物ではないので、信念のために損な道を選ぶこともあるというのが、日本人(武士かも知れないが)の美学ではなかったか。

欲得ずくで動くだけでは、美しくないのだ。
国会議員も顔を見れば大体、わかるだろう。欲得ずくで動いている奴の顔と、そうではない奴は、顔に現われている、品性の違いが。

世の中がここまで俗悪になると、必ず反発が起こってくる。
正義や理想といった、日本人の頭から消えかけていた言葉が思い出されるようになる時代が次に来るだろう。


20. 2015年9月14日 19:41:43 : 3Co6vGFqGY
>>19
島田敏男(しまだとしお)逆から読んでみよう。おしとだまし(お人騙し)だ。

おや? むかし同じように野次られた立派な政治家がいたような。
まあこいつとは180°違う人物のようだが。


21. 2015年9月14日 22:00:31 : XNp25m8fGs

オレは寿司なんか食わねえよ! というような拘りのプライドもいいかもな。

仲間と一緒にカツ丼食って勝つんだ、みたいに縁起をかつぐのも演技力のうち。

それにしても島田スシローに天敵がいるとはな、いずれNHKは政治問題化する。



[32削除理由]:削除人:カルト

22. 2015年9月15日 00:34:27 : QHXQiX2TCg
安倍ノータリン総理は想定外はあってはならないというが
法案の内容は想定外がいくらでも想定できる実効性なき違憲法案。

23. スクリャーピン 2015年9月15日 01:58:44 : prLWLcPSXJ1xM : 38BQ76QrdM
NHKは平壌放送自民党支部とでも名称を変えるべし。

24. 2015年9月15日 10:37:15 : 27rlyKHdms
18さん

恩恵に与れるのはほんの一握りの愚かな既得層だけなのですよ

優しさを置き忘れてしまった存在は悲しいものですね


25. 2015年9月15日 11:19:34 : jmsAnI3EsY
ユーチューブで竹田チャンネルを見て、そこのコメント見たらあきれたよ。ネトウヨ情けない。

26. 2015年9月15日 11:27:43 : WLpdZiiDAs
>>20 3Co6vGFqGY さん

「しまだとしお」 反対に読んだら、間違って、「おとしだまし」って読んじゃったよ。

おとしだま?
子供なら「おとしだま」、つまり「にぎにぎ」でニコニコさせられるけど、大人の場合はさしずめあれじゃないの?
ヒント

    別名「き・み・つ・ひ」とも呼ばれます、ってあれ。


27. 2015年9月15日 13:15:08 : UfPvwjaX3I
安保法案成立「18日までに」…自民が方針
2015年09月14日 21時53分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150914-OYT1T50063.html

 自民党は14日の役員会で、参院で審議中の安全保障関連法案について、連休前の18日までに成立させる方針を確認した。

 野党の反発で参院での採決が見通せない場合は、衆院で再可決する憲法の規定である、「60日ルール」適用の検討に入る構えだ。

 役員会で安倍首相は、「いよいよ大詰めだ。議論を尽くせば採決をするのが民主主義のルールだ」と述べた。参院平和安全法制特別委員会は14日、首相出席の集中審議を終え、これまでの審議時間は約93時間となった。衆参両院の特別委での審議を合計すると、約209時間に達し、1992年に成立した国連平和維持活動(PKO)協力法の約193時間を超えた。

民主などの野党は成立阻止に向け徹底抗戦する構え。参院特別委での採決前後に、内閣不信任決議案や、首相や閣僚の問責決議案を提出する見通しだ。決議案は各議員への配布資料の印刷、投票時間などを含めると1本当たり処理に3時間程度かかるとされており、16日以降、緊迫した局面が続きそうだ。

 参院特別委では15日に中央公聴会、16日に地方公聴会が予定されており、与党はその後に締めくくり質疑と採決を行い、18日までに成立させたい考えだ。

安保法案審議 国際協力活動も拡充したい
2015年09月15日 03時09分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150914-OYT1T50095.html

 世界の平和と安定を確保するには、各国の連携と協調が不可欠である。日本も、その一翼を担い、国力に見合った責任を果たさねばならない。

 参院特別委員会で、安全保障関連法案の集中審議が行われた。

 自民党の佐藤正久氏は、自衛隊の海外派遣について、「事前に準備した以上のことは出来ない。備えが大事だ」と強調した。イラク復興支援で陸上自衛隊の先遣隊長を務めた経験に基づく発言だ。

 安倍首相は、「自衛隊活動の法的根拠を明確に定め、平素より計画を作り、訓練を行っていくことが極めて重要だ」と同調した。

 安保法案は、自衛隊の国際平和協力活動を拡充する。その柱が、恒久法の国際平和支援法案に基づく他国軍への後方支援活動だ。

 湾岸戦争や米同時テロのような危機が発生した際、その都度、特別措置法を制定しなくても、機動的な派遣を可能にするものだ。

 自衛隊には、他国軍と違って、法律に規定された活動しか行えないという制約がある。平時から、様々なシナリオを想定した訓練を重ね、情報収集や他国との調整を行える利点は極めて大きい。

 それが自衛官の活動のリスクを極小化することにもつながる。

 「平和と唱えるだけで平和は実現できない。各国が安定した世界を作ろうと協力し合っている」との首相の指摘はもっともだ。

 国際社会が一定の秩序を保ち、安定的に発展することは、日本の平和と繁栄にも資するだろう。

 後方支援活動では、発進準備中の航空機への給油が可能となる。大森政輔・元内閣法制局長官は、戦闘行動と一体化するという憲法上の疑義を内閣法制局が過去に示していたことを明らかにした。

 だが、こうした従来の憲法解釈は過度に抑制的で、国際的な常識と乖離かいりしていると言えよう。

 もう一つの柱は、国連平和維持活動(PKO)協力法改正案に基づき、自衛隊の任務と武器使用権限を広げることである。

 武装集団などに襲われた民間人らを自衛隊が助ける「駆けつけ警護」や、現地住民の保護などの安全確保活動が規定されている。

 緊急時に民間人らの生命を救うことは、人道的観点でも必要だ。憲法が禁じる海外での武力行使とは本質的に異なる活動である。

 大量破壊兵器の拡散、国際テロの横行などで、今はどの国も1国のみでは平和を保てない時代だ。脅威を封じ込める国際協調行動に日本は、憲法の範囲内で積極的に関与、貢献する必要がある。


28. 2015年9月15日 15:18:50 : GVyfE5GMTM
多分高村さんはその場に出たくなかった。
そこでNHKが出てもらうためにきちんとフォローしますよと言ってなだめたからだと思います。

29. 2015年9月15日 15:38:19 : qF4T1YwunA
●「戦争法案」の公聴会の時、NHKは「テツ&トモ」でお笑い番組やるようだ。

さっきラジオから流れてきた情報だけども、「金返せ!」と言っていた。


30. 2015年9月15日 16:26:57 : 3p9IuLPsEI
>>14

川内博史氏
「NHKの世論調査の結果が、今日の夜あたり報道されるだろう。予言しておくが、おそらく安倍内閣の支持率が上昇し、不支持を何ヵ月かぶりに上回ったと大々的に報道するだろう。安保法制の強行採決を後押しする茶番である。」

予想的中!
安倍内閣を支持してる人なんてここ1年以内に1人も会ったことない。
異次元空間で調査してるのか?


31. 2015年9月15日 17:28:58 : jmsAnI3EsY
ついに最終決戦。岡田・野田・前原は集団的自衛権賛成。について、次々スレが立ち始め、2チャンにすさまじい量の書き込みが開始された。多分、チーム世耕のアルバイト部隊だと思うが、自民党の採決を援護射撃している。

32. 2015年9月15日 20:58:25 : qF4T1YwunA
31さん
●偽・民主の野田、前原は了解だが、岡田は「戦争法案」反対です。

言ってみれば、○岡田、△前原、●野田でしょう。

前原は民主党代表の時に中国で米軍礼賛の演説をして顰蹙(ひんしゅく)を買って以来名にも変わっていないだろうね。限りなく●に近い△だ。

野田は、民主党破壊の実行犯の一人で石原慎太郎の尖閣を都で買う発言を受けて国で買うとし、今の「戦争法案」への扉をこじ開けた紛れもない●だ。

岡田は今、野党共闘で「戦争法案」廃案にマジに取り組んでいる。

『安保関連法案 自民“採決提案”も民主拒否』
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150915-00000058-nnn-pol

−−−−−−−−−−−−−
 安全保障関連法案をめぐって参議院の自民・民主両党の国対委員長が会談した。自民党側が近く法案の採決を行いたいと提案したのに対し、民主党側は審議は尽くされていないとして拒否した。
−−−−−−−−−−−−−

●松野代表の維新は真・民主と一致してきた。

−−−−−−−−−−−−−(上のURLに同じ)
 こうした中、与党は維新の党と法案の修正協議を行い、維新の党が反対する中東・ホルムズ海峡での停戦前の機雷掃海については極めて例外的であると政府が改めて国会で答弁することなどを提案した。これに対し、維新の党は執行役員会を開いて協議したが、あくまで法案の修正を求めるべきとして与党側の提案を拒否することを決めた。

 こうした方針は与党側に伝えられ、協議は打ち切られることになった。これを受け、維新の党の今井幹事長は安保関連法案の採決で反対する考えを示した。
−−−−−−−−−−−−−

アーミテージが「アーミテージ・ナイ・レポート」書いた内容(ホルムズ海峡)は、自民党には否定できるはずもない。

自民党がいかにアーミテージ命で傀儡政治をやっているかを証明したようなものだ。

松野維新は期待できる。橋下・松井のCIA御用達のおおさか維新が去って本当によかった。


33. 2015年9月15日 21:30:49 : VreGlMOkf2
>>32さん。


>●偽・民主の野田、前原は了解だが、岡田は「戦争法案」反対です。

>言ってみれば、○岡田、△前原、●野田でしょう。


これで、野田佳彦のA級戦犯入りが確定しましたね。
最後には必ず処刑にしましょう。
  


34. 2015年9月15日 21:36:08 : AeLyasYRZU

世間の大多数が反対する「戦争法案」

テレビの前で、もまともな討論などできる訳がない。
かえって、懸命に取り繕おうとする島田が哀れに思える。

戦争法案を推進する政治家、NHKに負けず頑張りましょう。
日本人一人一人の未来のために。


35. 2015年9月16日 17:53:58 : MvF3vAMIAI
和田はNHK籾井会長の〈政府が右だということを左だとは言えない」という指針に忠実に従つての姿勢なので「戦争法案」成立後の安倍総理とメデイア幹部との、鮨の会食にも有りつけそうです。NHKは安倍政権が送り込んだ籾井、百田、長谷川らの効果が出て、山本太郎議員への発言になつたのでしょう。「読売、産経、系らタカ派大手メデイアは以前から戦争法案の推進〈進軍ラツパ役」。ナチス、ヒツトラーも「平和と安全のためには戦争が必要だと」言う演説を繰り返していました。法案成立後は安倍政権は走狗公明党とともに「戦争準備」へ向かうと予想されます・山本太郎議員が日本の反戦平和派の希望の星としてガンバつてください。

36. ももたろう 2015年9月18日 00:32:03 : Eokah35A.vrl6 : UiOd73SM7Q
今夜の報道番組は少し様子が違ったけど
労組がやっと立ち上がった影響か
もう可決されて一山超えたからここらで不満を和らげるためにちょっとサービスしただけなのか



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK192掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK192掲示板  
次へ