★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK192 > 774.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国会前で犯安保の電飾集会&識者の主張+山本太郎が政権を批判&NHKの国会中継を要求(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/774.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 9 月 15 日 06:58:13: EaaOcpw/cGfrA
 

http://mewrun7.exblog.jp/23675833/
2015-09-15 05:03

【全米OP男子は、ジョコビッチがフェデラーを3−1で下して優勝。(*^^)v祝 試合を見るために朝5時に起きて備えていたのに、雨のため試合が家を出なければならない8時になっても始まらず。絶対いい試合だと思うのに、見られなくてマジに残念だったですぅ。(ノ_-。) ちなみにmewはどちらが勝つか投票では、少数派ながらジョコさまに票を入れてたんだよね。 (^ー^)】

 昨日14日夜、国会前に安保法案に反対する人々が何万人も集まって、安倍自民党による法案の強行成立に反対すると共に、法案を廃案にするように強く訴えた。(**)

<写真がコチラやコチラに。ライトアップされた国会前で、ペンライトを手にしている参加者も多くて、ちょっとした国会前エレクトリカル・パレードって感じも?(・・) 何か60年安保とは違って、かなりパンピー(一般人)的感覚もはいっていて、何か身近さ&自然さのようなものを感じるし。若い人たちには、服装や掛け声のリズムなども含めて、自由&オシャレな雰囲気がありますよね。"^_^">

『参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民らの大規模な抗議集会が14日夜、東京・永田町の国会議事堂周辺であった。審議が山場を迎えていることもあり、実行委員会のメンバーが「私たちの光で国会を包囲しましょう」と呼びかけると、参加者は色とりどりのペンライトを振りながら、「安倍政権退陣」「戦争法案廃案」と声を張り上げた。(毎日新聞15年9月14日)』

『東京・永田町の国会周辺では14日午後、ペンライトや画面を光らせたスマートフォンなどを手にした会社員や、子ども連れの女性ら約4万5000人(主催者発表)が集まり、「戦争させない」「9条を守れ」などと、安全保障関連法案の廃案を訴えた。警察関係者は、参加者は約1万7000人としている。

 千葉県市川市の小林文子さん(42)は「黙っているのは賛成しているのと同じ。一人ひとりが意思表示することが大切」と、仕事帰りに駆け付けた。高校生の長男(17)の将来を考えると、とても人ごととは思えないといい、「戦争ができる仕組みができるのを見過ごすことはできない。たとえ強行採決されたとしても、絶対反対だという声は上げ続けていく」と力を込めた。
 5歳の長男を連れた都内の主婦(36)は脚に抱き付いた息子を見やり、「戦争で人が殺されるような国にはなってほしくない」と不安そうな表情を浮かべた。(時事通信15年9月14日)』

* * * * *

 この集会には、学生の団体SEALDsのメンバーも参加していたのだが。今日15日に行なわれる参院安保特別委の中央公聴会に、何とSEALDsの代表らが民主党推薦の公述人として出席し、意見する機会を得たとのこと。(・o・)
 彼らがどのような意見を主張するのか、と〜っても興味深いし。多くの国民の共感を得るような訴えをしてくれればと期待している。(・・)

『参院平和安全法制特別委員会は14日の理事会で、安全保障関連法案に関する15日の中央公聴会で意見表明する「公述人」として、法案に反対する学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年の奥田愛基さんら6人を招くことを確認した。奥田さんは参院事務局の公募に応じた95人の中から民主党が推薦した。(産経新聞15年9月14日)』

<NHKは、中央公聴会を中継する予定はないようだけど。後述するように、生活・・・の代表の山本太郎くんが一生懸命、大事な安保法案の国会中継するように求めているのに(&mewもブログでお願いしているのに)ね〜。(-"-)
 衆院の時はパスッたけど、参院の時は特別委での強行採決の場面はしっかりナマ中継して欲しいし。本会議での野党の抵抗もできるだけ中継、報道して欲しいと思うです。(**)>

* * * * *

 また、この集会には、民主党や共産党の党首など野党幹部のほか、ノーベル賞作家の大江賢三郎氏をはじめ様々な識者、文化人も参加して、マイクを持って登壇したとのこと。(作家の佐高信氏、講談師の神田香織氏、ルポライターの鎌田慧氏、法政大・山口二郎教授、作家の落合恵子氏など)
 
 産経新聞が、参加者たちが主張した内容の要旨をしっかりと載せてくれていたので、その記事をアップしたい。(・・)

<産経は、記事のタイトルを見る限り、識者の中に、安倍首相を呼び捨てにして、「安倍の頭にくぎを」「安倍は絶対倒す」「安倍を返り討ちに」などと過激な表現を使って批判していたことを、いかがなものかと批判する意図で、これを出したかも知れないのだけど。
 でも、産経ほど大事な(&mewにとって興味深い)記者会見や国会議論、裁判などの発言(書き起こしや要旨)を丁寧に載せてくれる新聞はないので、その点は本当に役立つと思うし。おおいに評価したいと思うです。(++)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

『本当に有識者? 首相呼び捨てで批判「安倍の頭にくぎを」「安倍は絶対倒す」「安倍を返り討ちに」


『市民団体「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」が主催して14日夜に国会周辺で行った安全保障関連法案に反対する集会には、民主党の岡田克也代表や共産党の志位和夫委員長ら野党幹部に続き、ノーベル賞作家の大江健三郎氏ら有識者が登壇し、廃案を訴えた。主な登壇者の発言の要旨は次の通り(安倍晋三首相の呼称は登壇者の発言を尊重しました)。

作家の佐高信氏「戦争に向かって、安倍晋三とその一派はまっしぐらに向かおうとしています。断固として私たちはそれをやめさせなければなりません。民主の『主』の字を解剖すれば、『王の頭にくぎを打つ』という言葉がある。王の頭、つまり権力者の頭にくぎを打つことが民主主義だとするならば、私たちは安倍の頭にくぎを打たなければならない。私たちの力で安倍の頭にくぎを打ちましょう」

講談師の神田香織氏「私たちの力でなんとしても廃案に追い込んでいって、そして安倍さんにも去っていただきましょう。安倍さんは日本の首相にふさわしくありません。私たち国民は、もう安倍さんを首相とは認めない。認めたくない。安倍さんは国民の安全と財産と幸福追求権のために安保法制を通すといっているが、お断りしたい。私たちは私たちの力で財産権と自由と幸せに生きていく幸福追求権を堅持しようではありませんか」

ルポライターの鎌田慧氏「いまこの国会の柵の向こうに見えるのは、何か。これは圧政と独裁と隷属です。この醜い支配がこの国会の中に見えています。そして国会の内外で私たちは戦っている。自民党の独裁とは、なんと総裁候補に誰も出られない。こんな独裁、見たことないです。これが自由と民主主義の政党なのか。隷属と独裁ではないか。絶対的権力は絶対的に腐敗する。自民党の今回の腐敗は著しい。こういうふうな政党に私たちは支配されている。これほど悔しいことはないと思います」

 「いまここに立って、55年前の60年安保闘争を振り返っています。あのときは確かに岸内閣が強行採決をして安保条約をぶつけた。私たちはさらなる進撃をしなかった。55年たって、なんと岸の3代目が現れている。これは私たちの怠慢を示している。なぜ60年安保の後、次の闘争を踏まなかったのか。いま私たちは何をすべきか。次の闘争を準備していく。60年安保闘争の教訓は、とにかく持続する闘争を続けていく。そして安倍的なものを打倒する。力をあわせてがんばっていきましょう。安倍は絶対倒れる。安倍は絶対倒す」

 作家の大江健三郎氏「70年間の平和憲法の下の日本というものがなくなってしまう。このように力強い集まりを皆さんが続けられる。そしてそれが明日も続く。日本人は、あの憲法を無意味にしてしまうような法案から立ち直って、憲法の精神に立ち戻る。それしかない」

(ここで「戦争法案いますぐ廃案」「安倍政権の暴走止めよう」「強行採決絶対やめろ」などのコール)

法政大・山口二郎教授「3カ月前、私はこの場所で、安保法制を進める安倍晋三を返り討ちにしてやろうと言いました。もうすぐです! あと2週間、みんなの力で野党の抵抗を支え、時間切れの廃案に追い込むことが、ようやくみえてきました。今週は委員会の採決、本会議の採決といわれている。ひょっとすると、金曜日に参院の採決を強行するかもしれない」

 「しかし、9月18日というのは一体何の日か、皆さん、知っていますよね。満州事変の日ですよ。日本が侵略戦争を始めたこの日、戦争法案の採決を図るなんて、こんな無知な、恥知らずの指導者を、われわれは持っていていいのか。恥ずかしい話です。これから野党は国会で、あらゆる手段を使って抵抗すると言っている。問責決議、不信任、いろんなことをします。少数党の抵抗は、民主主義の大事な、大事な、構成要素です」

 「言っておきたい。安倍晋三と気脈を通じているインチキなテレビや新聞に文句を言われる筋合いはない。野党のあらゆる抵抗と、われわれのあらゆる抵抗で戦争法案を廃案に追い込もう。最後まで戦いましょう」(産経新聞15年9月14日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 ところで、またこの安保法案は、憲法9条を実質的に改正するに等しいぐらい重大な法案ゆえ、しつこく書いているように、各メディアはもっとこの法案に関する報道をなすべきだし。
 中でもNHKは、皆様の受信料で営まれている公共放送ゆえ、日本の国、国民にとって戦後、最も重大だと言っても過言ではないであろう安保法案に関しては、もっと頻繁に国会中継をすべきだと思うのだけど。

 ところがNHKは、通常の予算審議やチョット重要な法案の審議と同じように扱っており、基本的には、何回かに1回、安倍首相が出席する集中審議の時しか中継せず。しかも、通常、5時には中継を打ち切ることに。(深夜にカットした分を録画中継で流す。^^;)

 昨日14日は最後の重要な実質的審議であったにもかかわらず。やはり、5時になったら相撲中継を優先して、国会中継はカット。
 以前も書いたけど、高校野球は6時、7時を過ぎた場合も、Eテレを使ってでも最後まで試合中継を流すのに。日本の戦後体制、平和主義を根っこから壊すかも知れない重大な法案の国会中継は、あっさりカットしちゃうのだ。(-"-) 

* * * * *

 そんなmewたちのイラ立ち&要望を、生活の党と山本太郎となかまたち(以下、生活〜)の共同代表の山本太郎氏は、NHKの討論会に出席した時に、一生懸命に訴えてくれていて、mew敵ぬは嬉しく、また頼もしく感じている。(・・)

 6日のNHKの討論番組に出席した際も、NHKの報道が政権与党寄りのゴマする報道になっていると批判した上で、「法案の審議は、すべて放送する気概を見せて頂きたい」と要求。

 『山本氏は最初から“絶口調”。「憲法違反の法案に対して理解を深めようとすることが間違い」と言うと、「メディアの報道にも問題があると思えるんですよね」と続けた。
 その例として、「例えばNHK。偏向報道というか、官邸に対するゴマすり報道がされている」と断言した。以前、番組の中で安保法案に関するアンケート結果を紹介した際、放送時間がわずか2分だったと指摘。さらに結果を割合ではなく意見の数で表したことで、動静を分かりにくくしたと主張した。
 法案は現在も審議中だが「これからの法案の審議は、すべて放送する気概を見せて頂きたい。高校野球は7時半までやるのに、(国会中継は)6時で終わらないで頂きたい」と山本氏。その後も、安保法案を「戦争法案」と言い換え、「アメリカのアメリカによるアメリカのための戦争法案。狂気の戦争法案は、廃案以外にありえません」と声を大にしていた。(スポーツ報知15年9月7日)』

 さらに、13日の夜の党首討論でも、安保法案のもとを作った(親玉の?)高村&北側氏コンビに対して大批判を展開したほか、「(法案の)採決を生中継しないなら、NHKに公共放送を名乗る資格はない」とまで強調したという。(@@)

『「生活の党と山本太郎となかまたち」共同代表の山本太郎参院議員(40)が、13日午後9時から放送された生番組「NHKスペシャル緊急生討論 10党に問う どうなる安保法案」に出演し、「(法案の)採決を生中継しないなら、NHKに公共放送を名乗る資格はない」と発言した。

 参院審議中で、与党が今週中の可決を目指している安保法案について、民主党・岡田克也代表ら他の野党党首とともに自民党・高村正彦副総裁、公明党・北側一雄副代表の与党幹部2人を追及した山本氏。「民主主義とは真逆。暴挙と言っていい」とまくしたてた。

 与党批判を展開するかと思いきや、山本氏は「安倍政権が卑怯(ひきょう)だからという言葉だけでは片付けられない。第3の目が入っていない」と議論の矛先を変え、「NHKには公共放送の役割を果たしていただきたい」と断じた。
 山本氏は「NHKには第3の目として監視する役割を放棄しないでいただきたい。強行採決をやるとなると生中継を入れなくなる。有権者にそんなとこ見せられないんでしょ? 生中継する必要があるんです」との持論を展開し、「有権者への裏切り行為の瞬間を放送しないなら公共放送を名乗る資格はない」と語気を強めた。

 不穏な空気を察知したのか、司会の島田敏男解説委員が「ハイ! 様々な意見として受け止めます!」と制したが、山本氏は言葉を上乗せするように「くれぐれも生中継をお願いします。受信料を払っているみなさんのために」と締めくくった。(スポーツ報知15年9月15日)』

* * * * * 
 
 でもって、まずは、NHKが、衆院ではパスった安保法案の参院特別委員会での(強行)採決の場面をきちんとナマ中継するように、スポンサーである視聴者の立場からプレッシャーをかけて行きたいと思うmewなのだった。(@@)

              THANKS


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国 2015年9月15日 13:33:31 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

私と同士は、あらゆるルートを用いて、HNKに“国会中継”を行うことを要求するプレッシャーをかけ続けています。

今日明日どうこうなるなんて思わない。が、今はじめないで何時始めるんだっつの!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK192掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK192掲示板  
次へ