★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK192 > 799.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<怒りすぎてふるえる>9/16中央公聴会:小林 節慶應義塾大学名誉教授「アメリカは戦費破綻の国、なぜ我が国が戦費破綻…
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/799.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 15 日 15:45:15: igsppGRN/E9PQ
 

【怒りすぎてふるえる】9/16中央公聴会:小林 節慶應義塾大学名誉教授「アメリカは戦費破綻の国、なぜ我が国が戦費破綻のお付き合いをしないといけないのか?」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/5842
2015/09/15 健康になるためのブログ



「戦争法案以外のなにものでもない」小林節 9/15公聴会【全】


以下ネットの反応。
























「アメリカの戦費の肩代わり」「軍需産業の金もうけ」と戦争法案の実態を一言で明確にし、「中国・北朝鮮への対処法」まで言及しネトウヨ君にトドメまで。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 嫌ネトウヨ、ネトサヨ 2015年9月15日 15:54:56 : E1lRrqAmBUaXw : nTUzt8JVXM
うん、小林教授はいいところ突いている。
戦争法案、たしかに「命」の問題もあるけど、「カネ」の面からこの法案を眺めてみるべきなんだよな。

結局、アメリカン・ユダヤってのはカネが一番の問題なんだよね。
アメリカン・ユダヤが第二次世界大戦を地球規模で仕掛けたのもカネ、つまり経済問題が要因だった。
その後、味を占めて戦後もアメリカン・ユダヤは世界中に侵略の手を伸ばしたが、小林教授がいうように「戦費」の問題が出てきた。
国際連合の負担金も払わないよなケチなアメリカン・ユダヤが米軍に戦争だけはさせてもカネを負担するわけがないから、とうぜん米国の国庫は空っぽになる。

そこで日本に肩代わりさせ、無尽蔵に戦費を使わせる。
前から言っているように、この法案が通ったらすぐに来年にも自衛隊は中東に派遣される。
膨大な弾薬や車両を米国に提供することになり、安倍は任期中、最終的に消費税を20%までもっていくだろう。
日本が破綻しようがかまわない。富裕層、天皇家、皇族が生き延びればそれでいいのだ。

米国の狙いはあくまでも戦費負担。日本に莫大な戦費を使わせる。それはすなわち米国の旧式兵器や弾薬を買うことになる。


2. 2015年9月15日 16:20:52 : w3M1BHSquE
カラス頭の ネトウヨ諸君、あの戦争が アメリカに引きずり込まれ嵌められた戦争だと主張するのなら
なおさらの事、集団的自衛権行使を認めるのは 危険極まりない事が どうして理解出来ないのか?
一度でも嵌められたのなら、再び嵌められる可能性は十分にある事は 小学生にでも解るはずである

アメリカとの同盟を解消し 軍事的に完全に中立的立場を 確立した後でなら話は判るが
現時点で しかもアメリカに要請されて 安保法案を拙速に制定するのでは
完全に国際社会から 日本はアメリカの舎弟 子分 手下 小間使い である事を認められてしまうのだ

【日本人を標的としたテロが起きる可能性が 極めて高くなる事は確実である】

今までは、たとえアメリカの軍事力に庇護されていても国際社会は 日本は敗戦国であり
アメリカによって武装を解除され 憲法九条を制定させられたから 仕方が無い事であると
多くの国からは理解してもらえたから、わざわざ日本人を標的にするテロは滅多に起らなかったのです

「やむなく、アメリカに付き従う」 のと 「積極的に、アメリカに協力する」 のとでは
まるっきり国際社会の見る目は 完全に違ってくる これがどうして解らないのか カラス頭のネトウヨ諸君は。


3. 2015年9月15日 16:39:02 : qpd25J8Ajs
>01
真相の道がイチャモン付けにでてきますかね。しかし、小林先生の話は説得力がありましたね。私はいつもユダ金の言う事を聞いて良くなった国はないといいますが
まあしかしお金だけでなく命まで出せ言われてハイハイ了解ですという自民党安倍政権は信じられませんね。やはりCIA朝鮮統一教会自民党清和会がそうさせているのでしょう。もともとアメリカが作った日本支配の組織ですから傀儡政権であることは間違いないです。余談ですがアメリカは他の国では王様の傀儡もつくっています。そう言う意味では国民もまんまと騙されて来たのです。いやお上性善説でお上に任せておけばお上は何でもうまくやってくれるだろうという意識が働いたのかもしれません。そう言う意味では戦後のしばらくは護送船団方式で良くやったのかもしれませんが角栄さんが潰されてから変質してきたようです。そして肥大化した上に洗脳された連中が取り仕切る様になって官僚も政治家も完全な傀儡に育ったようです。日本はこれを契機に傀儡をせん滅し完全入れ替えをして独立再出発が望まれます。戦後70年アメリカとは手を切り対等の付き合いをするべきです。

4. 2015年9月15日 17:03:46 : v1gbxz7HNs
残念ながら右翼というのは政権の犬であって愛国者ではない。
政権が国家を標榜するように、政権の犬が愛国者を標榜しているだけなのだ。
だからその政権が売国奴であろうと彼等の決意には影響しない。
彼等は国ではなく政権のグルーピーだから。

というか、ただの統一協会のカルト信者だろ。

頭が正常な俺には小林教授が愛国者に見える。
しかしカルト信者のきちがいには、中国の手先に見える。


5. 2015年9月15日 17:31:06 : FoKSHESMRE
小林節先生は日本語の使い方がおかしいのではないか.

(1)「軍隊は殺すこと壊すことが勲章になる特殊な世界。一般社会では刑法で裁かれる犯罪」」
(2)「国民の雇われマダムにすぎない政治家」


(1)軍隊==>戦争
(2)国民==>戦争利権屋


6. 新共産主義クラブ 2015年9月15日 18:10:56 : w0NMVeciJ/Y.. : 8UUUotDjO6
 
>テロリストを育てたのもアメリカ。アメリカの軍事産業。アメリカがやってることはマッチポンプ。(小林 節慶應義塾大学名誉教授)
 
 
■浅井基文(著)『新保守主義』(柏書房,1993)p.111.
 
アメリカの政策
 
何よりも驚かされることは、ブッシュ政権が、中東における最大の脅威をイスラム原理主義を掲げるイランと見なした結果、これに対する防波堤としてのイラクのサダム・フセイン政権を82年以来軍事的に盛り立ててきたということだ。その結果イラクは、中東最大の軍事強国にまでのし上がることになった。
 
もっと驚くべきことがある。…その西側企業の中にはアメリカの企業も含まれ、ブッシュ政権の黙認があったのではないか、ということまで報道されているのである。
 
http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/pdf/07/ozawa01.pdf#page=1
 
■ アルカイダの起源とリンク
BBC NEWS 2004年7月20日
 
反ソ連のジハードの間、ビンラディンと彼の戦闘機はアメリカとサウジアラビアの資金を受け取りました。 一部のアナリストは、ビンラディン自身がCIAからのセキュリティトレーニングを持っていたと信じています。
 
https://translate.google.com/translate?sl=en&tl=ja&u=http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/1670089.stm
 
 
■ ヒラリー・クリントン−私達がアルカイダを作った
 
https://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c
 
 

7. 2015年9月15日 18:44:46 : z21ZXlbTkk
>02

自分から好き好んで罠にかかりにいくことを、
「嵌められた」とは言わない。

「飛んで火にいる夏の虫」と云う。


8. 2015年9月15日 18:47:20 : z21ZXlbTkk
嵌められる、がなまじ事実だとしても、向こうからみれば
「カモがネギ背負ってやって来た」だね。

情けない。


9. 2015年9月15日 22:34:35 : EPEDvB670B
<安保関連法案>中央公聴会 反対の声4人、賛成の声2人
毎日新聞 9月15日(火)21時14分配信

 参院平和安全法制特別委員会の15日の中央公聴会では、6人の公述人のうち野党推薦の4人が「新しい法律は国民の納得があって初めてできるべきものだ」などと述べ、与党に今国会での採決を見送るよう求める意見が相次いだ。与党推薦の2人は安全保障環境の変化などから抑止力を強化する必要性を主張した。

 野党推薦は、浜田邦夫元最高裁判事▽小林節慶応大名誉教授▽松井芳郎名古屋大名誉教授▽SEALDsメンバーの奥田愛基(あき)明治学院大学生−−の4人。

 松井氏は「国際法の議論が詰まっていない。現段階での採決には国民の大部分が納得しない」と述べ、小林氏と奥田氏も「国民的合意は成立していない」などとして、今国会での採決に反対を表明した。

 法案に盛り込まれた集団的自衛権については、松井氏が「(日本の米国防衛義務がない)日米安保条約の事実上の改定だ」と指摘。小林氏は「(解釈変更ではなく)憲法改正を提案してほしい」と強調した。

 与党推薦は、坂元一哉大阪大大学院教授と白石隆政策研究大学院大学長の2人。坂元氏は「日本の安全のための抑止力を格段に強化し、世界平和に貢献する能力を増やす」などと法整備に前向きな考えを示した。白石氏は「安全保障環境は急速に変わっており、法整備をしないと日本として対応できない」と述べ早期成立を求めた。

 坂元氏はまた、集団的自衛権に関し「最高裁が、一見極めて明白に違憲・無効と判断するとは考えにくい」と主張。これに対し、最高裁判事経験者の浜田氏は「違憲判決は絶対に出ないという楽観論は根拠がない」と述べ、違憲だと主張した。

 一部の野党が自衛隊の海外派遣に国会の事前承認の義務付けを求めていることについては、白石氏が「たとえ数時間でも、承認のための時間は重大な結果を招きかねない」と慎重論を展開。松井氏は「一般論としては、文民統制を強めるための議論は必要だ」として肯定した。【青木純】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150915-00000107-mai-pol


10. 2015年9月16日 08:40:18 : rrhrFN6JLd
次世代、改革、日本を元気にする会はやはり自民党の別動隊。維新も大阪の議員が党首になっていれば同じように握手していたのは明白。大嘘つきの橋下、松井ヤクザコンビが又懲りずに大阪都構想ぶち上げている。恥を知れって言っても知らないか。

11. 2015年9月16日 09:00:38 : 94cf2nbD0Y
2>> の「中立的立場に立つ」

  日本が中立的立場にたつ場合、国防費は現在より伸びる可能性がある

  また、徴兵制の議論もでてこよう。

  米国にたよらず 日本国民の手で国を守る。


  有名な 中立国スイスは国防意識がすごく高く、国民皆兵お建前と
  
  している。拒否すれば国籍剥奪もあるそうです。

  20歳すぎたら軍事訓練が義務つけられ、各家庭は鉄砲を常備している。

  


  


  



12. 2015年9月16日 11:53:44 : FbR74HelNw
安保法案公聴会 日中関係の改善にも寄与する
2015年09月16日 03時07分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150916-OYT1T50000.html

 法案の論点は、ほぼ出尽くした。採決の環境は整ったのではないか。

 参院特別委員会が、安全保障関連法案を採決するための前提となる中央公聴会を開いた。

 与党推薦の公述人の坂元一哉・大阪大教授は、「わが国の抑止力を格段に強化し、世界平和によりよく貢献する能力を増やす」と法案を評価した。集団的自衛権の限定行使により、米艦防護などが可能となることを理由に挙げた。

 「日米同盟の強化が中国との軍事衝突を減らすだけでなく、互恵関係を築くことにも役立つ」とも語った。日米の抑止力向上が中国の独善的行動を阻止し、日中関係改善を促すとの認識は妥当だ。

 白石隆・政策研究大学院大学長は、サイバー攻撃、海賊、大災害など、非伝統的な安全保障上の脅威が拡大していると指摘した。

 「世界の遠いところでも、日本と関係ないとは言えない。平和構築、復興支援は日本の安全にとって重要だ」とも強調した。

 安保法案に基づき、自衛隊の国際協力活動を着実に拡充することが日本に求められている。

 野党推薦の浜田邦夫・元最高裁判事は、法案について「憲法9条の範囲内ではない。内閣法制局の合憲性のチェックがほとんどなされていない」と疑問を呈した。

 だが、法案は、1959年の砂川事件の最高裁判決や72年の政府見解の基本的考え方を踏襲したものだ。内閣法制局も、この点を十分に検討し、合憲性を認めている。浜田氏の指摘は当たるまい。

 疑問なのは、小林節・慶大名誉教授が「政治家たちが憲法を無視することは、何でもできる独裁政治の始まりだ。北朝鮮と同じ体制だ」と法案を批判したことだ。

 政府・与党は、法案作成の協議に長い時間を費やし、集団的自衛権の行使容認を極めて限定的にとどめた。合憲性や法的安定性に慎重に配慮するためだ。北朝鮮と同列に扱うのは論外である。

 参院の審議時間は100時間近くに達し、同様の質問の繰り返しも目立ってきた。16日の地方公聴会が終われば、法案を採決してもよい時期ではないか。

 与党は、日本を元気にする会、次世代の党、新党改革の野党3党との協議で、自衛隊派遣への国会関与を強化する閣議決定を行うことなどで大筋合意した。

 安全保障政策は、より多くの政党の賛成を得て、安定した基盤の上で進めることが望ましい。与野党がその努力をぎりぎりまで続けたことは高く評価できる。

砂川事件最高裁大法廷判決
http://tamutamu2011.kuronowish.com/sunagawasaikousai.htm
(裁判官田中耕太郎の補足意見より抜粋)

一国の自衛は国際社会における道義的義務でもある。今や諸国民の間の相互連帯の関係は、一国民の危急存亡が必然的に他の諸国民のそれに直接に影響を及ぼす程度に拡大深化されている。従って一国の自衛も個別的にすなわちその国のみの立場から考察すべきでない。一国が侵略に対して自国を守ることは、同時に他国を守ることになり、他国の防衛に協力することは自国を守る所以でもある。換言すれば、今日はもはや厳格な意味での自衛の観念は存在せず、自衛はすなわち「他衛」、他衛はすなわち自衛という関係があるのみである。従って自国の防衛にしろ、他国の防衛への協力にしろ、各国はこれについて義務を負担しているものと認められるのである。

 およそ国内的問題として、各人が急迫不正の侵害に対し自他の権利を防衛することは、いわゆる「権利のための戦い」であり正義の要請といい得られる。これは法秩序全体を守ることを意味する。このことは国際関係においても同様である。防衛の義務はとくに条約をまって生ずるものではなく、また履行を強制し得る性質のものでもない。しかしこれは諸国民の間に存在する相互依存、連帯関係の基礎である自然的、世界的な道徳秩序すなわち国際協同体の理念から生ずるものである。このことは憲法前文の国際協調主義の精神からも認め得られる。そして政府がこの精神に副うような措置を講ずることも、政府がその責任を以てする政治的な裁量行為の範囲に属するのである。

「日本の危機」との認識を「第97代内閣総理大臣 安倍晋三」

従来より政府は一貫して昭和47年(1972年)の政府見解をとってきました。これは憲法前文に書かれた平和的生存権と憲法13条の幸福追求権から導き出されたものであり、砂川判決の考え方と軌を一にするものですが、その結論部分においては、集団的自衛権の行使は必要な自衛の措置に入らない、これを行使することはできない、としていました。

そのため、「集団的自衛権を認めていない」との議論がありますが、これは決して集団的自衛権という法理を排除したわけではなく、あくまでも当時の安全保障環境に当てはめて、集団的自衛権は「必要な自衛の措置」に当たらないと判断したものです。


13. 2015年9月16日 12:36:22 : 8zSwVL3oM2
人間はおかしな動物だ。
自分たちでルールを決めて、普段はそのルールにのっとって生きている。
しかし、何の為なのかは別にして、突然ルールを変えて暴走してしまう。
何度も繰り返す人間の特徴だ。
今、JAPANでそれが行われようとしている。
多くの人はルールに対して関心がないようだが、ルールを変えると云うことは生活を変えると云う事である。
朝起きて一日の行動が始まるが、ルールが変われば今までの時間とは別の流れを歩むことになる。
慣れ親しんだ道を捨てて、何処に繋がるか分からない道に踏み出そうとしている。
それも日本以外の国からの要求で。
オレはそれを認めないと云うことは通用しない。
お世話になっている政府がそう言うのだから。
個人の力で諍うことなど無理である。
日本人は新しい生活を受け入れるのだろうか。
人間の特徴がそのまま出るのであろうか。

騙し討ちにあうのは常に善人の側だけに何とも言えない。


14. 2015年9月16日 16:27:33 : kbv2sskX6c
安倍総理は 非国民的 行動をとる。誰が選んだアベコベ晋ちゃん。

15. 2015年9月16日 18:39:41 : qF4T1YwunA
●売国の法律、植民地の法律はわずか4人の属米・安倍一族が作った!

旧・安保条約は吉田茂が密約し、新・安保条約は岸信介がだまし討ち決議し、そしてその拡大版・戦争法案は安倍晋三・麻生太郎が強行採決をする。

吉田茂の孫の麻生太郎、岸信介の孫の安倍晋三、そしてこの4人は縁戚関係にあり、安倍一族と言っていい。

米軍産複合体は、この安倍一族を使って日本を植民地化してきたのだ!


16. 2015年9月16日 18:50:36 : IJjjrLkBu1
  米国議会とペンタゴン率いる米国軍事機構とは大きな違いがある。
   米軍事機構はあくまでも、米国民が雇用する武装公務員であり、ペンタゴンが幾ら予算や人員が欲しくても、米国議会が予算を出さなければ何もできないのである。これは租税主義で民主主義国であればどこの先進国も同様である。
   ところが、日本だけは、政権党を中心とした議会と防衛省という武装公務員が一体化しており、そこに財務省も合体し、予算は防衛、財務、外務が必要なだけ、国防費でも何でも支出出来るシステムになっているのである。
   むしろ逆に、防衛、財務、外務が政権党をコントロールし、政権党はいつでも防衛、財務、外務等の公務員による立案の可決要員、かつ広報要員となっているのである。
   こうなれば、議会と武装行政機構の一体化はペンタゴンにとっては非常にやり易いのである。防衛、財務のロビイストとして米国防関係者が滔々と持論を展開すれば、英語も良く解らないままにイエス、イエス、と財務省が財布を開ける事が出来るのは、日本ならではであろう。
   米国議会としては、このようなカモを拾って来てくれるなら国防予算の心配も要らず、ペンタゴンという暴力装置をも満足させられるので、民生に予算を充当できるとして安心しているのかも知れない。
   とはいうものの、そろそろ厭戦気分である米国議会は、これ以上の武力による国際秩序の維持には懐疑的である、という証左でもあろう。
   必ずしも、米国民が、戦争は続けたいが予算が無いだけで、予算さえあればこれまで通りの紛争介入を続ける、という意向とは限らない。
   米国の元軍人のPTSDはひどいものであり、自殺者も後を絶たず、各地で反戦の狼煙が上がっていることは間違い無い。とすれば、米国議会がノーと言っているのはコストの問題のみとは限らない。
   ペンタゴンと日本の政権党が組んで、そうした米国議会の動向を無視して世界を武力で治めることを志向し続けることは、世界に向けて、租税主義に基づいて血税の使途の優先順位を決定する国民代表議会制度の否定を宣言しているに他ならないのである。
   米議会が、血税の優先順位を巨大兵器による空爆を主とした他国の破壊、とする方針を否定しているにも関わらず、日本がペンタゴンに加担するとすれば、米国民の決定に反旗を翻して世界を武力による恐怖に基づく秩序の維持の状態に置き続けよう、と決めることになるのである。
   信じられない数の難民が欧州に溢れ、帰るべき国土は土色のままであり、天を焦がす各国のミサイルが吐き出す燃料が今や地球の大部分を汚しており、温暖化をも加速させ、自然災害を、想像できない規模にしていると言えるだろう。
   既に、安倍の言う「国民の安心、安全、命と財産を守るための法案です」は、全くの詭弁であることは明白だ。自国民のそれは無論のこと、あらゆる国の国民を不安と恐怖に陥れるのが武力による国際秩序の構築であることは、難民の悲劇を見れば一目瞭然である。
   日本だけが何故暴力装置の使用を諦めねばならないのか、といった論も出始めており、暴力の否定は当然だが日本が先では腑に落ちない、というレベルになって来ているのであり、もう少しなのではある。
   どちらが先に銃の先端を折るかは、武力による問題解決志向には必ずつきまとうものであるが、手をこまねいていては事態は悪化するばかりである。振り上げた拳をどちらかが自発的に下ろさない限りは、軍拡競争は収まらないのである。
   であれば、米国議会の方針に逆らってペンタゴンと共に軍事にコストを注ぎ込むのは、日本の議会としては真に愚かな選択である。
   ペンタゴンの苦境は、同時に日本の武装行政の苦境とならなければならない。議会によって軍事予算をコントロールする世界の常識に逆らい、日本の議会が事もあろうに、暴力装置を持った武装行政機構にふんだんに予算をを与えてはならないのである。
   英国も豪州も、リベラルが台頭して来ている。世界の議会がこれ以上の暴力による国際秩序の維持に懐疑的であれば、日本の議会も共に協力することは当たり前のことである。これこそが友好というものである。
   防衛省とペンタゴンという武装行政部門と、日本の立法部門、特に政権党との悪しき癒着構造が、全ての国の近代民主主義システムを破壊する形になることを、与党は肝に命じるべきである。  
   

17. 2015年9月16日 18:59:45 : FfzzRIbxkp
日本が安全保障理事国に入る為には、こんな法律ができてしまったら中国やロシアが許さない。 ・・・・うう、そこまで見ている。

なら日本を安全保障理事国入りさせないために、こんな法律を作らせている輩がおる。

非戦の大国の誇りを汚す輩がおるのか。

小林節先生、かっこよすぎて ふるえる ♪


18. 2015年9月16日 20:06:03 : ChxPlDUmWE
反対しない国民は加担していることと同じ。
自分だけは。誰かが止める。?
他人に無関心な人間が他人に関心を持ってもらえることはない。
国家教育のせいだね。

19. 2015年9月17日 02:15:37 : YuuWCX6YmM
松井先生も述べられたように
集団的自衛権は先進国が海外の帝国主義的な権益を守るために
考え出された概念で、果たして、そこに正当性があるのか
改めて見直されなければならない。
先進国の中には他国から多くのものを略奪してきたという自覚さえある。

20. 2015年9月17日 04:24:06 : wmpQp2uMBc
今、日本で一番アツい男、小林節のカッコ良さにふるえる。
アツさでは山本太郎にも松岡修造にも負けていないかもネ。

21. 2015年9月17日 05:03:59 : hLI8eVxv1g
>12

CIAコードナンバー持つ男=正力の御用新聞「読売」の社説をもって来て

談合裁判官「田中耕太郎」の砂川裁判まで加えるという

無知・ネトウの極み・・・もうちょっと頭を働かせたら???

知っていてやっているんだったら、売国奴だし

知らなかったらB層・ネトウの定型的・典型的パターン。

ひどすぎる・・・安倍同様だ・・・己の無知を自覚できないほどの無知・無恥。


22. 2015年9月17日 08:54:03 : NWYdEuVtgE
今回の戦争法と同じで
国民の反対?憲法違反?
そんなの関係ね〜って感じで
徴兵制の法律も造るんだろうなタブン
そして日本の若者を「好きに使ってくれ」とアメリカ戦争屋に差し出すのだ

日本人でありながら平然と日本人を売る連中

民族の裏切り者に天誅が下ることを、、


23. 2015年9月17日 10:18:25 : XcAlTXF2Rs
安保の裏で可決された真の目的

【要拡散】医療法の一部を改正する法律案がスピード可決(医療版TPP)

http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

安倍内閣は本日9月16日、
「移民によるクリニック開業し放題」
「外国人クリニックへの国からの出資」
「医療の商品化」
「医者の派遣社員化」
など、問題が山済みの
「医療法の一部を改正する法律案」をスピード可決してしまいました


24. 白猫 2015年9月17日 12:05:30 : 3UXZ9G0eyfiL6 : TyxXmqOa72
今回の法案に対して憲法学者が最も敏感に反対するのは当然だ。
学者・研究者はその仕事に己の存在をかけて研究している。
「法の安定性など関係ない」との認識は「法」に従事する人達の存在を否定するものだからだ。人間社会を秩序あらしめるのが「法」であり、それを無視する言動を看過できないのは当然である。
さらに、この法案で最も直接的な影響を受けるのが自衛官とその家族だ。入隊の動機は様々であろうが、他国領土に補給活動を行う為に入隊したわけではなかろう。
例え無事帰還したとしても心的障害の恐れは確実に増大する。
次に影響を受けるのが若者たちだ。覇権争いを続ける国際社会の中で、憲法9条によって直接的な武力紛争には巻き込まれていなかったし、武力に訴えない日本は国際社会の信頼を得てきている。
これを失うことの損失は後世の日本人にとって極めて大きい。

25. 2015年9月17日 13:56:27 : CnX3ZTUPPI
日本が普通の国になると困る連中が騒いでると捕らえることもできます。
因みにGNPにおける世界各国の軍事費は下記のとおりです。
順位 国名 2014年 注
1 オマーン 11.76 7
2 サウジアラビア 10.82 6
3 南スーダン 8.28
4 リビア 7.99 11
5 アラブ首長国連邦 5.66
6 アルジェリア 5.54
7 イスラエル 5.22
8 アンゴラ 5.21
9 チャド 5.01 3
10 コンゴ共和国 4.98 6
11 アゼルバイジャン 4.76
12 レバノン 4.63
13 イエメン 4.58 1
14 ロシア 4.54
15 イラク 4.31
16 アルメニア 4.28 5
17 バーレーン 4.23
18 ナミビア 4.07
19 ギニア 3.84
20 モロッコ 3.78
21 ミャンマー 3.68
22 ヨルダン 3.53
23 キューバ 3.51 1
24 米国 3.50
25 コロンビア 3.45
26 キルギス 3.40
27 パキスタン 3.39 7
28 クウェート 3.31 1
29 シンガポール 3.19
30 ウクライナ 3.06 6
31 ブルネイ 3.05
32 モーリタニア 2.85 7
33 エクアドル 2.73
34 リトアニア 2.70
35 ジンバブエ 2.69
36 韓国 2.60
37 中央アフリカ 2.59 4
38 スリランカ 2.45
39 インド 2.41
40 スワジランド 2.37 7
41 ジョージア(グルジア) 2.34 5
42 ベトナム 2.28
43 レソト 2.28
44 イラン 2.27 2
45 ギリシャ 2.23
46 フランス 2.20
47 トルコ 2.19
48 セルビア 2.16
49 中国 2.08 12
50 イギリス 2.05
51 台湾 2.04
52 ブルンジ 2.00 7
53 チリ 1.99 6
54 エストニア 1.96
55 ボツワナ 1.92
56 ポーランド 1.91
57 東ティモール 1.90
58 ポルトガル 1.82
59 キプロス 1.82 5
60 ガンビア 1.80 7
61 オーストラリア 1.78
62 エジプト 1.75
63 ギニアビサウ 1.72 2
64 モンテネグロ 1.71
65 カンボジア 1.66
66 ザンビア 1.63
67 チュニジア 1.61 1
68 ウルグアイ 1.59
69 トーゴ 1.57 3
70 ネパール 1.54 8
71 セネガル 1.53 9
72 タイ 1.53
73 クロアチア 1.52
74 コートジボワール 1.50 2
75 マレーシア 1.50
76 ブルガリア 1.50 5
77 カタール 1.49 4
78 ガボン 1.47 1
79 パラグアイ 1.45
80 イタリア 1.44
81 ボリビア 1.42
82 マリ 1.41 8
83 コンゴ民主共和国 1.38
84 ペルー 1.37
85 ノルウェー 1.35
86 フィンランド 1.34
87 ブラジル 1.34
88 ケニア 1.34
89 ブルキナファソ 1.32 5
90 デンマーク 1.30
91 ベラルーシ 1.28
92 アフガニスタン 1.28
93 ルーマニア 1.27
94 ホンジュラス 1.26
95 フィジー 1.23 5
96 カメルーン 1.23 6
97 ウガンダ 1.22
98 マラウイ 1.21
99 ドイツ 1.20
100 ガイアナ 1.18 7
101 マケドニア 1.17
102 赤道ギニア 1.16
103 オランダ 1.15
104 フィリピン 1.15
105 バングラデシュ 1.15
106 スウェーデン 1.15
107 ニュージーランド 1.14 1
108 タジキスタン 1.12
109 南アフリカ 1.11
110 ベネズエラ 1.09
111 カザフスタン 1.09
112 ボスニア・ヘルツェゴビナ 1.09 10
113 ルワンダ 1.08
114 セーシェル 1.07
115 ベナン 1.06
116 モザンビーク 1.06
117 エルサルバドル 1.04
118 ベリーズ 1.02 1
119 アルバニア 1.00 9
120 ニジェール 1.00 2
121 日本 0.99 5
122 スロベニア 0.99
123 スロバキア 0.99 5
124 チェコ 0.98
125 カナダ 0.97
126 ベルギー 0.97
127 タンザニア 0.96
128 ラトビア 0.93
129 モンゴル 0.93 2
130 スペイン 0.90
131 ジャマイカ 0.89 1
132 トリニダード・トバゴ 0.89 1
133 ハンガリー 0.84
134 アルゼンチン 0.79
135 インドネシア 0.79
136 シエラレオネ 0.77
137 オーストリア 0.74
138 エチオピア 0.73
139 スイス 0.73 1
140 ニカラグア 0.70
141 メキシコ 0.67
142 マダガスカル 0.67
143 ドミニカ共和国 0.62
144 カーボヴェルデ 0.57
145 マルタ 0.55 1
146 パプアニューギニア 0.53 1
147 ルクセンブルク 0.48 1
148 アイルランド 0.48
149 ガーナ 0.47
150 グアテマラ 0.44
151 ナイジェリア 0.41
152 モルドバ 0.34 10
153 モーリシャス 0.26
154 ラオス 0.21 2
155 アイスランド 0.12 2
156 リベリア 0.01
999 世界計 2.31

なんと日本は121位ですよ。

次に単純に費用ですが、これは一概にこれだけでは比較できない。何故なら物価指数を考慮にいれてないからだ。物価の高い日本は上位に来るが一人当たりの人件費指数や武器の単価も物価によりスライドする点が考慮されてないが一応下記に転記いたします。

順位 国名 2014年 注
1 米国 609,914
2 中国 376,674 12
3 インド 178,217
4 サウジアラビア 173,567 6
5 ロシア 170,303
6 フランス 56,623
7 イギリス 51,869
8 日本 46,091 5
9 韓国 45,056
10 ドイツ 44,491
11 ブラジル 43,873
12 アラブ首長国連邦 33,980
13 トルコ 32,042
14 イタリア 30,729
15 アルジェリア 30,569
16 パキスタン 30,454 7
17 イラン 28,495 2
18 コロンビア 22,061
19 イラク 21,745
20 インドネシア 21,144
21 台湾 20,787
22 オマーン 20,109 7
23 オーストラリア 18,369
24 ポーランド 18,116
25 エジプト 16,580
26 カナダ 15,304
27 タイ 15,106
28 シンガポール 14,469
29 メキシコ 14,354
30 イスラエル 14,208
31 スペイン 14,205
32 ベトナム 11,672
33 ウクライナ 11,339 6
34 マレーシア 11,226
35 モロッコ 9,515
36 オランダ 9,214
37 クウェート 9,151 1
38 アンゴラ 9,123
39 ミャンマー 9,048
40 キューバ 8,228 1
41 フィリピン 8,007
42 アゼルバイジャン 7,958
43 チリ 7,918 6
44 南アフリカ 7,848
45 リビア 7,805 11
46 アルゼンチン 7,578
47 ギリシャ 6,401
48 ベネズエラ 5,893
49 バングラデシュ 5,739
50 シリア 5,641 3
51 ポルトガル 5,389
52 スリランカ 5,345
53 ペルー 5,118
54 スウェーデン 5,039
55 エクアドル 4,936
56 ルーマニア 4,934
57 ベルギー 4,666
58 カザフスタン 4,574
59 ノルウェー 4,516
60 ナイジェリア 4,351
61 イエメン 4,111
62 レバノン 3,683
63 スイス 3,497 10
64 デンマーク 3,299
65 カタール 3,291 4
66 チェコ 3,150
67 オーストリア 2,941
68 フィンランド 2,928
69 ヨルダン 2,817
70 南スーダン 2,625
71 バーレーン 2,621
72 チュニジア 2,318
73 ベラルーシ 2,214
74 リトアニア 2,108
75 ハンガリー 2,053
76 ニュージーランド 1,976
77 セルビア 1,955
78 ケニア 1,781
79 ブルガリア 1,772 5
80 スロバキア 1,480 5
81 コンゴ共和国 1,407 6
82 クロアチア 1,377
83 タンザニア 1,229
84 チャド 1,149 3
85 ウルグアイ 1,137
86 エチオピア 1,072
87 アイルランド 1,068
88 アルメニア 1,041 5
89 ネパール 1,032 8
90 ザンビア 1,005
91 ボリビア 998
92 ブルネイ 980
93 ナミビア 954
94 コートジボワール 891 2
95 ドミニカ共和国 859
96 パラグアイ 850
97 カメルーン 835 6
98 カンボジア 832
99 ウガンダ 816
100 ジョージア(グルジア) 801 5
101 アフガニスタン 789
102 コンゴ民主共和国 773
103 ジンバブエ 731
104 ボツワナ 687
105 エストニア 681
106 キルギス 660
107 スロベニア 612
108 ギニア 573
109 グアテマラ 537
110 エルサルバドル 530
111 ガーナ 524
112 セネガル 518 9
113 キプロス 480 5
114 ホンジュラス 463
115 ガボン 448 1
116 モーリタニア 444 7
117 ラトビア 436
118 ボスニア・ヘルツェゴビナ 413 10
119 ブルキナファソ 388 5
120 マリ 385 8
121 トリニダード・トバゴ 330
122 モザンビーク 328
123 マケドニア 321
124 アルバニア 305 9
125 赤道ギニア 292
126 モンゴル 261 2
127 タジキスタン 252
128 ルクセンブルク 249
129 マダガスカル 229
130 ベナン 210
131 ジャマイカ 209
132 ニカラグア 208
133 ルワンダ 205
134 スワジランド 191 7
135 ブルンジ 167 7
136 マラウイ 166
137 ニジェール 157 2
138 モンテネグロ 153
139 トーゴ 129 3
140 レソト 125
141 パプアニューギニア 104 1
142 中央アフリカ 100 4
143 シエラレオネ 99
144 フィジー 89 5
145 マルタ 74 5
146 ガイアナ 66 7
147 ラオス 64 2
148 モルドバ 61 10
149 モーリシャス 61
150 ガンビア 56 7
151 東ティモール 53
152 ギニアビサウ 41 2
153 ベリーズ 31
154 セーシェル 26
155 カーボヴェルデ 19
156 アイスランド 16 2
157 リベリア 0

確かに単純に見ると8位だが実際は24位くらいが妥当だと思います。
私が思うに日本が発言権を持ったら困る国がかなり水面下で動いてます。それに乗せられて知らずに踊ってる人も多数います。
冷静に考えてください。

*自然災害のとき誰が助けてくれましたか?
*イランで自衛隊戻らないでくれデモがおきた事を知ってますか?
*フィリピン台風での自衛隊の援助に「対する感謝を知ってますか?
その他もろもろありますけど
反対してる人たちは本当に有事にアメリカが即座に助けてくれると思ってるんですか?
あの財政破綻してる国が予算出せますか?
反対してる人たちは自分だけは助かると思ってるんですか?
チベットや東テモールみたいに無抵抗で漢人に撲殺されるのですか?
仮に貴方はそれでもいいでしょうが貴方の恋人や父母息子が撲殺されるのを黙って見てるのですか?私は耐えられません。殺されても抵抗するでしょう。
平和ボケしてないで今f現実に行われてる事に目や耳をふさがないでください。日本人なら話せばわかるかも知れませんが相手はかの国や三国人ですよ。夜盗や強盗にまともな話が通じますか?もう一度よく考えてみましょう。そして反対してる人たちの裏に何があるか良く見定める必要があります。


26. 2015年9月17日 14:11:37 : CnX3ZTUPPI
ただ反対するのでは、子供と一緒で駄々こねてる様にしか見えません。
それではどうするべきか代案を出すべきです。
また憲法は時代と共に変化し時代や国民に寄り添うべきです。
何でも改憲反対は如何ものかと思います。
宗教ならいざ知らず100年前の憲法を使ってる国がありますか?
無いでしょう...もし使ってたらその国は滅びます。じっさいとっくに滅びてます。
だから改革や改憲をして今の時代に合わせる必要があるのです。


27. 2015年9月17日 16:06:40 : IJjjrLkBu1
 25の言っていることは、理解は出来るが、それではどういう行動を日本は採るべきか、が具体的では無い。
   特にこの一連の論議で、首相や閣僚は「戦争をする法案では無い」といい、「自衛隊員のリスクは無い」「核兵器の運送については想定していない」などと答弁しているのである。
   この閣僚答弁と25、26の言っていることに関連性を見いだせない。
   どちらかが虚言であると思うが、襲撃されたら反撃する、もしくは襲撃して来る可能性の高い国が多数あるのだから、それらの国が悪さを企んでいると見做した段階で、日米が反撃ならぬ、攻撃をしておく必要がある、旨の、25、26の言い分が、防衛政策としては妥当ではないか、と思う。
   となれば、このような真摯な議論を避け続けている与党がおかしい、ということになるのである。
   25、26は単にコメント者であるが、与党というのは国体運営について全責任を持つ統治エリートであり、政治主体である。
   それらの重要な位置にあり、権限行使可能な立場の者が、25、26の言い分を共有しておらず、あたかも政府と東電が「原発の事故はあり得ない」という一言で通していたのと同様に、「戦争になる法案では有りません」と断言し続けているのである。
   従って、国会での議論が反対派と全く噛み合わないのは当然である。
   一方は「二度と戦争は御免だ」という先の大戦体験派のトラウマが代表するような反対派、一方は「戦争には為りません派」では、国会に戦争賛成派はいないことになる。これで議論をしよう、というのは一種の政府のトリックである。
   そして、実態的には、米軍と共同して「悪の枢軸国」と特定し、そうした国に対して「悪さを働かないように威嚇、もしくは攻撃しておく」という前提でいるのであるから、25,26の考えを踏襲していると言えるのである。
    悪そうな国であればこちらから悪の枢軸国と特定し、攻撃して出鼻を挫いて置く、というものが本法案であるにもかかわらず、与党はこれを言明していない。
   25,26のように、ある国を悪の枢軸国と特定し、その国を威嚇、攻撃して軍事力で抑える必要が有る、という方針が正しいのであれば、このテーマを共有出来て、初めてまともな議論が可能となるのである。
   ところで、日本の立場から見れば、日本は絶対的に正しく、日本以外に怪しい国が多数ある、と言う見方が25,26の見解であろうが、他国からすれば逆の場合もあり得るのである。となれば、日本だけが悪の枢軸と名指されないという保証は無いのは、人間に絶対的な善人、というものが無いのと同様である。
   では、例えば日米が中国を悪の枢軸と名指し、先制攻撃にてその出鼻を挫こうと意図すれば、中国とて、ロシアと組んで日米を悪の枢軸と見立てる可能性が皆無ではない。
   人間個人であっても、不良と呼ばれる者が誰が見てもそうかどうかは定かでは無い。悪人か善人かは、その見る方向から違うのであり、互いに誤解無きよう、常に交流を密にし、誤解から暴力による解決に向かわないよう、ある種の節操を持って日常を送っているのである。
   安倍首相は、麻生君と僕が近所の不良に襲われたら、僕は麻生君を助けますよ、と理由を述べたが、この場合、明らかに麻生君が襲われた段階で、安倍首相が手を出す、と述べたのであり、襲われるまでは、こちらから手を出す、というものでは無いのである。
   悪の枢軸国、不良国、と名付けて警戒する必要性は互いに持っているものであり、日本が他国から見て攻撃の対象とならない保証は何も無い。
   とすると、互いに各国が兵器、武器を用意し、一触即発に備える、という地球社会が出来上がっているのである。
   米日に対し、中ロ、がやはり集団的自衛権構想を企図していれば、恐らく一度始まった戦争を終結させることは容易ではないだろう。
   戦争は始めるは容易だが、終結は想像を絶するほど遠いものであることは、先の大戦と今の中東が証明している。
   軍事予算は、その国の財政余地の範囲でしか用意出来ない。それは米国も同様である。また食うや食わずの国民に戦意は起こらない。日本で、学校給食でしか栄養が取れない児童が増加している中、また原発事故の収束も全く可能性が無く、直焚き状態である中では、自爆以外に日本が人を出せる余地は無いだろう。
   現実を見ろ、というなら、ミサイルから出る一発の弾丸が億単位であることも考えなければならない。エアコンの無い戦車では戦えないが、まず日本の子供に給食以外に栄養が取れるような手だてをしなければならないだろう。
   いずれにしても、25,26の言う現実を、与党が審議では否定し、匿名の情報でようやく野党が問い詰めなければならないほど、全く議論が噛み合わないのである。これでは幾ら時間を掛けようと意味が無い。
   例えば、政は戦争法案という呼び名はおかしいといい、官は着々と戦争準備をしており、財は経済面で交流を続けているという、特定国を悪の枢軸と呼ぶには大変な矛盾があり、裏と表、本音と建て前の使い分け文化に有っては、主権者、納税者がまともな議論が出来ない構造である。
   とにもかくにも、本法案は一旦廃案とし、武装官僚の意向抜きの、真に主権者代表同志での、真摯な議論をやり直す必要がある。
   
   
   
   

28. 空虚 2015年9月17日 17:11:41 : tUwbpOxtJXVdE : O7dWEiJAYg
>>26さん、正当な意見だと思いますよ。

ただし、それは憲法が本来の目的に対して誠実に受け止められ
更に善きものとなろうという姿勢で国民から意思表示があればこそですね。
憲法の存在意義は(権力を行使する者の抑制)にあることはご存知ですよね?

今回の安保法制一部改訂の争点は、海外における集団的自衛権の限定的な行使の容認ということです。(軍事物資・兵員の輸送や、宿営地の安全確保の為の武器の使用など)これらのことは、戦術的に「兵站」と言って戦闘行為で最も重要な作戦で
あるというのが軍事において常識なのをご存知ですか?

安保反対派が「理由も無く感情に訴えてデモという暴挙に出ている」という見識は
あまりにも狭い見識であると言えます。

今の時代(構成情勢)にあわせるというのは、軍事大国の意に従わないものを
軍事・経済の制裁によって従わせるという極めて野蛮な手法です。
日本がとるべき手段を、大国の主権に委ねるような判断が正しいなんてありえませんね。

国際平和が、軍事同盟と経済制裁圧力によって保たれているなんて
あまりにも脆弱すぎると思いませんか?

大事なことなので二度云います、時代にあわせるのではなく、時代をつくる
憲法改正の為には「強行採決」などしてはならないのですよ。


ちなにみに、国連は連合国(第二次世界大戦戦勝国)の利益を追求するために
つくられた100年前の営利機構ですがね。


29. 空虚 2015年9月17日 17:16:49 : tUwbpOxtJXVdE : O7dWEiJAYg
>>28 訂正 ×今の時代(構成状況) ○今の時代(国際情勢)

大変失礼いたしました。


30. 2015年9月17日 17:44:23 : dC5NrZ22d2
>>26
対案 すなわち 廃案だった。

米国に右に倣えで、金の次に若人まで献上する必要はなかった。

若人を献上することにしたが、それでは働き手はどうなる?
そこで出てきたのが外国人労働者という事なのだが・・・・・・

移民の国だったらさして問題ではなかったのだがね。


31. 2015年9月17日 17:44:42 : ZvcGS9qUik
慶応って、三菱系=軍属、
天は 人の上に金を作り 人の下に金を作る が
建学精神だったように 思っていたが・・・

小林先生のような方が いらっしゃったとは・・・
このような先生が 生き延びられる 環境が有ったとは・・・
信じられない・・・

ハーバードは ユダヤ資本。日本の官僚が留学してなづけられるとの噂・・

これらの中で 憲法学に体を張っている姿に 頭が下がります。
慶応も 見直して良いのかしらん?
小林先生、危なくないのかしらん?



32. 2015年9月17日 20:43:51 : PatCAjlV8I

 よく知ってるな

 ハーバードはロスチャイルドだ

 だから原爆もそうかなと思っていたら

 ロックフェラーだったんだな

[32削除理由]:削除人:アラシ

33. 2015年9月18日 00:49:59 : sY6N69iNFw
>>26
対案を出せ、はネトウヨの常套句だな。
反対するのは反対している側に問題がある、とするのもな。
お前さんが支持している政治家や政党が、過去に何をしてきたのかくらい把握しておけ。
馬鹿じゃなければ、反対されている理由をすぐに理解できる。

それと、この記事は安保法が違憲か否かという問題を扱っている。
改憲が必要かどうかという内容ではない。
二つの問題を混同するな。


34. 2015年9月18日 01:26:53 : hFoUYYXXCG
25及び26です。

>>27 >>28 さんの述べる通りだと思います。
しかしながら国会のあの醜態は何でしょうか?
どっかの国の殴り足国会と変わりありませんね。まあその国出身の議員さんも沢山いますからしょうがないのでしょうか?
見てて恥ずかしい限りです。

また多数決と言うのは今まで旧与党も新与党も散々やってきた手法です。本来の意味を無視して。また女性議員をこんな時だけ前面に押し立ててセクハラだと騒ぐ旧与党を、>>27さんそのような輩を統治エリートと言えるのでしょうか?
統治ゴロではありませんか?
まあ、それは置いといて確かにこちらから見れば悪の基軸国であり向こうから見ればこちらが悪の基軸国なのかも知れませんが他国を脅かす行為を行う限りそれは国際的にみてその行為や野心を示した時点で、そこが明らかに【悪の基軸国】ではないでしょうか。

官僚の得意な訳のわからない言葉遊びで、どうにとでも解釈をこじつけて意味を捻じ曲げるのではなく、私が思うにはビックデーターを駆使し徹底的に具体的に記述しストックしそれを国民が簡単に理解でき下手に捻じ曲げられないようにするべきなのです。しかしそれも害になるならば修正を随時行うべきです。
日本国民であれば誰でも、それを携帯やスマホで簡単に参照できるようにするべきなのではないでしょうか?
もちろん安否確認なども各社ばらばらにそれぞれ登録するのではなくさらにビッグデーターかぶせ各社の情報を統合インポートし一本化をはかるべきです。またその中にはヤフーの知恵袋などと言う検索を楽にする機能を入れ使い勝手をよくすることも必要ですが.....。つまりITを利害関係抜きにもっと本当の意味で活用するべきなのです。しかしそれで全て解決する訳ではありません。
大切なのは使う側運用する側の扱いで毒にも薬にもなると言うことです。

話はずれましたが、いずれにせよ他人や他国に害を及ぼしたり理由も無く自国民を虐待するような国の場合、間違いなくいかなる理由があろうとその国は【悪の基軸国】と成るのではないでしょうか。
感情で動くのでは無くもっと高尚で理性的な世界の模範となる議論を私は望みます。
またマスコミも報道しない権利を行使しないよう願いたいものです。

>>28さん私も貴方の趣旨には同意いたします。そして国連は世界大統領が戦勝70周年軍事パレードに参加した時点で否すでにコソボの時から終わってると私も思ってます。
現在の世界大統領は、創立以来の最大の無能とよばれてますよね。国連をありがたがってるのは日本だけで世界では嫌われてると言うのも事実で、正式には戦勝国連合であり敗戦国には無条件で攻撃できると詠ってる条文が未だにあるのも事実。拉致問題が解決しない一因にもなってる一部腐った機関と言う認識です。貴方の時代を作る概念に私も賛成です。


35. 2015年9月21日 16:51:03 : w3M1BHSquE
例えば、戦後70年間 日本国憲法制定以来 日本は幾たびか戦争に巻き込まれた というのであれば
米国以下 各国との軍事的連携を強化する必要が有り 「安保法案に反対なら対案を出せ」 の主張は正当である

実際は、唯の一度も戦争になど巻き込まれてはおらず 当面 差し迫った戦争の危機ももない
中国の脅威は 産業界とネトウヨ連中の でっちあげみたいなもので、火に油を注ごうとしたのは
石原慎太郎と言う 極右ジジイである事は 周知の事実

かつてのアメリカとの戦争だって、今日明日 いきなり戦争に発展した訳でなく
日本の軍部が暴走し始めた柳条湖事件(満州事変)から10年余りの期間を経て戦争に発展している

70年以上前の 今と比べて僅かにしか過ぎない経済交流でさえ、そんないきなり国家間の戦争が起ったりしてない
今現在の 「政冷経熱」 とさえ言われる 日本と中国の 【相互の経済依存】を考えるならば
戦争と言う最終手段に 今すぐ訴えねばならない差し迫った国際問題など有りません

戦争をしなければ 中国人民が存亡の危機に立たされているという事実も 確認できません
尖閣などという、取るに足らぬ小さな島の為に 【経済的自殺行為】とも言える戦争をするほど
そこまで中国の指導者が 馬鹿ぞろいだとは とても思えません ネトウヨの妄想のようなものです

したがって、「対案を出せ」 は、ほとんど空想に近い危機を前提とした議論に過ぎず 空論でしかありません

「差し迫った危機」 が有る事をまず具体的に証明してからでないと 対案の必要性は認められず
現時点での議論は、安保法制が 必要か否か あるいは合憲か違憲かであり、必要である事を完全に説明できてから
対案を求めるのが 議論の【筋道】というものでしょう。


かく言う私は、個人的には 集団的自衛権の行使に 絶対反対というつもりは有りません
ただそれをやるなら、アメリカと言う独善的な世界戦略を描く国家とは 完全に距離を保たねばならず
対米従属から脱却する事が 何よりも優先せねば世界は、「日本は米国の舎弟である」 という目で見ます
それがどれほど危険な事なのかは、世界で一番 テロの標的になっている国家がどこなのかを考えれば
誰にでも解る事でしょう。


36. 2015年9月22日 04:16:27 : VFZ5u1rzTo
【時代を作る】と言う観点から言えばアメリカだけ責めるのは片手落ちです。
マスゴミは報道しない自由を駆使し政府を叩くににご執心ですがひと昔前までの世論操作には至っていない。何故なら情報の入手先が多様化し簡単に騙せなくなっているからです。ましてや金払って洗脳を受けるお人よしが減っている事があげられる。特に内閣支持率など嘘くさいし聞き方によって数字をいかようにも操作できる類でそれにきずいた国民を騙せなくなってきているのが実態だ。
今現在民族浄化を行ってる国そして明らかに海洋覇権を唱えてる国が力を誇示しており、それは尖閣だけでは無く沖縄もすでにターゲットにしてる国が紛争を起こさないとは言えない。海洋覇権の目標は太平洋の分割統治であり第三次防衛線はハワイの手前まで見据えてる事を明確に唱えてます。その準備は着々と国策として進められて来てる事を忘れてはいけない。
第一次防衛線が沖縄を含む領域です。また日本はここを抑えられるとエネルギの供給路であるシーレインが途絶える事になります。
第二次防衛線は山梨までであり日本は二分割される事になります。
ありえないと思うのは >>35さんの勝手ですが沖縄の現状を見ると危ういものがあります。あそこの知事は中国の名誉市民ですよ。
また日米安保に乗っかってる限り大丈夫と思ってるのは日本だけかも知れません。
なぜならアメリカも予算が無いことは周知の事実です。
従ってある程度日本で肩代わりして日本が出来ることは日本でやりなさいと言う事が阿部首相の訪米前から言われていたはず。またアジアの安全はアメリカも予算がないので共同でやりましょうと話はできていたはず。でなければここまで急ぐ必要性は無いはず。
以上の理由により、中国が脅威ではないという主張は意味を成さない。

終戦4年後に誕生した今の中共は、経済の停滞により人民の不満を解消する必要性がありその為には成長主義や覇権主義を継続する必要性がある。終戦後も朝鮮、ロシア、インド、ベトナムと紛争や小規模な戦争を絶えずおこしてきてる国でありチベットや東テモールは軍隊が無かったので強制的に侵略されてしまいましたがその虐待ぶりはご存知のとおりです。
日本は幸い海と沖縄米軍に阻まれその影響を受けなかっただけあり、かつそれまでは陸に目が向いていだけの話。今は太平洋の覇権にも目が向いており尖閣は台湾のもので台湾は中国のものだから従って尖閣は中国のものとのたまっていたのですが、最近では露骨に中国のものとほざいてます。まあ原油が出ると国連が変な調査結果を報告したのでよけい欲しくて欲しくてたまらない中国ですが、掘っても掘っても原油が出てこないので最近は少しおとなしいだけ。それと南沙諸島では原油が出ることがはっきりしてるので忙しいみたいですが、弱いと見るとガンガンくるのが中共のこれまでの戦後の特徴である事は歴史が証明している。また考え方の発想は精神的進化が見られず大昔の戦国時代の発想そのものであり正に現代の北京原人で綺麗ごとを述べたり屁理屈を捏ねてるが行動を見るに聞くに値しないざれごとでしかない。そのような輩に話し合いは通じるはずもなくもし通じるとしたら中共が5カ国くらいに分裂した中で民主化を選んだ国としか話し合いは通じないと諦めるべき。その間は相手にしないのが賢明。大勢に影響は無い影響があるとすればそれは日本を捨て中共に投資した会社ですが別に日本を捨て今日の長い不況や雇用不安を引き起こした会社ですから戻ってくる事は無い。人件費の安いところ安いところへと兵糧すればよいのです。彼らに愛国心はあるはずもなくあるのは自分の会社だけ繁栄すれば良いと言う事だけであるのが見え見えでありそれはここ数年の経済連の言動や行動を見るにつけバレバレです。
いずれにしても、今の草案を作った人も理解できない中途半端な法律は改正しスパイ防止法も作り普通の国の軍備と備えは必要でありまた軍備が暴走しない為の歯止めは必要と考えます。


37. 2015年9月22日 04:27:10 : VFZ5u1rzTo
>>36ですが訂正いたします。

人件費の安いところ安いところへと兵糧すればよいのです。
  ⇓
人件費の安いところ安いところへと漂流すればよいのです。


38. 2015年9月22日 13:20:54 : w3M1BHSquE
尖閣沖の海底油田 そんなものは 完全に【絵に描いた餅】であり、ウヨの妄想に過ぎません
そこに石油が 「有る」 というだけで、実際には中東から買った方が遥かに安い
人件費の馬鹿みたいに安い中国でさえ 採算なんて取れないのが実情

そんな 何の役に立たぬ資源のために 莫大な戦費を費やし 経済的自殺行為である戦争をしてまでも
獲得したって何の利益にもなりません 中東の石油が枯渇したというのなら話は別ですが
実際には まったくそんな気配は見えず それどころか原油価格は暴落の一途 完全に空論でしょう

中国が尖閣の領有を主張したから戦争準備をセヨ は、完全に三段論法
日本と中国が、経済的には もはや切っても切れないほどの相互依存が存在する事を全く無視した論法です

それに、誰がどう考えたって 本当に中国が軍事侵攻するなら まず先にフィリピンか台湾が先でしょう
戦争が “絶対に起らない”とは言いませんが それは戦争せざるを得ない世界的な危機が起った場合のみで
(例えば、小惑星の衝突とか 余程の世界的な天変地異が起きた場合は 話は違ってきますが)
完全に 空想の世界に過ぎません

現時点で 差し迫った戦争の危機が 日本と中国に有るとは言えず、僅かにその可能性が
有るとすれば、北朝鮮ぐらいでしょう。


39. 2015年9月23日 12:08:23 : VFZ5u1rzTo
思わぬ事態に対処する備えが必要と言う事だ。
悲劇は思わぬ事態からはじまります。
備えをしてないため数々の大惨事が起こり幾度も悲しい後悔をしてきたはず。
行き当たりばったりで醜い醜態をさらした状況を私たちは何度も経験したはずだ。
感情に惑わされず、全体を見渡し強み弱みを把握し予想ではなく可能性として考えられる頻度の大きい順番に対策を立てるのは基本中の基本のはず。


40. 2015年9月26日 00:03:47 : Q6otN9MO8Q
>>38は知らないようだから教えあげるよ。

事の発端となった国連アジア極東経済委員会の調査報告書
検索して捜しましたところ、事の発端となった国連アジア極東経済委員会がリリースした報告書と思われるものが見つかりました。この報告書には日付がなく、発行した組織名をありませんが、本文は英語ですがその要約が、英語、韓国語、日本語、中国語の順に掲げています。
東支那海海底の地質構造と、海水に見られるある種の特徴に就いて

英語のタイトルは、「geological structure and some water characteristics of The East China Sea and The Yellow Sea」 となっていて、日本語題名と相違があります。日本語タイトルでは東シナ海のみについての記述なのに、英語タイトルでは東シナ海と黄海についての記述になっています。中国語タイトルでも「黄海及中国東海地質構造及海水性質測勘」です。「測勘」は辞書で調べると測量とか調査の意味です。黄海と東シナ海についての記述になっています。タイトルの相違には国ごとの政治的背景かなんかがあるのでしょうか?

この報告書は12名の人物の手によるようですけれども、3人の日本人と思われる名前があります。たぶん地質学とか地震学とか海洋学などの研究者であろうかと思われますが、詳しいことは分かりません。国連の調査ですが日本人が深く関わっているようです。12名の国別構成は、アメリカが5人、日本が3人、韓国が2人、台湾が2人です。中国が関わっていないのは、日中国交回復が1972年、米中国交回復が1978年で、それ以前の調査であったためなのだろうか? それと、この調査は国連の名のもとで行われていますが、アメリカ人が5人と一番多く、アメリカが主導権を握った調査であると考えるのが合理的であろうか?
【報告書に関わった3人の日本人】
Yoshikazu Hayashi(はやし よしかず)石油公団所属
Kazuo Kobayashi(こばやし かずお)石油公団所属
Hiroshi Niino(にいの ひろし)東京海洋大学所属

この文書には、「台湾と日本の間に横たわる浅海底は将来一つの世界的な産油地帯となるであろうと期待される」と言っています。そのすぐ直後、日本と中国が調査し、1000億バレルあるとしたようであります。問題は、1000億バレルという古い数字がだれも修正せずに、その1000億バレルの膨大な石油の存在を前提として領土問題等が議論されていることであろうかと思います。どこまで調査が出来ているのか? あるいは未調査の部分はあるのか?
32億バレルという数字の信頼性はどの程度なのか? ということについて全くといっていいほど情報がありません。各省庁の公開資料は今日ではネットでかなり多くの物が閲覧できるようになっているのに、いくら探しても何もありません。

1000億バレルという40年も前の数字を何故だれも訂正しないのか?
一番考えられるのは、情報を出したくないのではないか? 国民がみな尖閣諸島の海域には1000億バレルの石油が海底に眠っていると思っているから、そう思わさせておきたいのではないのか? と考えるのが一番合理的な想像のように思います。試掘をして詳しく調査しようという動きもないようですが、もし試掘をして詳しく調査すると石油などほとんどないことがバレてしまうから、しないのではないのか? 尖閣諸島付近の海域(東シナ海)を膨大な石油の眠っている “宝の海” としておかなければ困る勢力が(たとえばアメリカ軍など)がそうしているのではないか?と私は見ます。

恐らく、1000億バレルという膨大な石油は、日本と中国が奪い合いを演じて対立させるためのしかけ、ばら撒いた機雷みたいなものでありましょう。日中間に火種・火薬庫を植え付けたのでありましょう。この構図は北方領土と共通点がありそうです。

と言う事できちんと事実確認をして押さえてから言ってね。>>38さん。〜あひゃ〜


41. 2015年9月26日 03:39:37 : w3M1BHSquE
>>40
あんた 何が言いたいの? 石油など元々無いと そう言いたいのかな?

ならばなおさら それが日中の火種になど“まったく成り得ない”ということが言えるだけでしょう
たとえ本当に石油がそこに有ったとしても、そもそも 採るのに採算が合わないのだから意味が無い訳で
やっぱり、尖閣沖の海底油田を巡って戦争なんて 「ネトウヨの妄想」 としか言いようがないでしょう。


42. 2015年9月27日 16:53:47 : Q6otN9MO8Q
>>41さんへ
貴方でも解かるように簡単に説明したけど、それさえも理解できないおつむの弱いお花畑さん年中正月でもしてなさい回転の遅いボケなんだから。なんかあってから大変だと人のせいにして騒ぐしか無いパターンの貴方。
とってつけたワンパターンの「ネトウヨの妄想」としか言えない知能指数がいかに低く読解力の無い輩か知れます....哀やの〜笑)....

43. 2015年9月27日 17:19:18 : Q6otN9MO8Q
あ.....そう言えばどうしようもない鳥越俊太郎がお花畑満開で15年8月15日に >>41と似たような事言って論破されアボーンしてましたね。
https://www.youtube.com/watch?v=R31gHfMt4Zk

44. 2015年9月28日 03:13:36 : w3M1BHSquE
どんな必死に言い訳こいても、「尖閣に石油はない」 と 「尖閣の石油を廻って戦争」 は、完全に矛盾してるぜ
くだらぬ陰謀論なら、一人でやってな^^

45. 2015年9月28日 22:40:42 : Q6otN9MO8Q
>>44さんへ。
はいはい貴方が全て正しいと思うよ。
ひとり論破ルームでひきこもりしてな。
呆れるほど....多分5行以上読めないまるで文章読解力の無いおつむ。
おバカ丸出しの貴方のパラレルワールドでね。
物事は一元では測れないと言うこと拡張主義民族主義一党独裁を考え見るに明確な意図そして中共のサインに気が付くはずだけど、悲しいかな貴方は激情型文盲らしいので何も見えてませんね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK192掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK192掲示板  
次へ