★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK195 > 286.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏の懐の深さを痛感するが、岡田民主党は第二自民党ではないのか。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/15/senkyo195/msg/286.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 10 月 21 日 18:16:47: EaaOcpw/cGfrA
 

http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-5184.html
2015/10/20 07:51

<民主党の岡田克也代表と生活の党の小沢一郎共同代表が19日、国会内で会談し、来夏の参院選に向けた野党協力に関し、1人区での選挙協力の協議を急ぐことで一致した。年内に維新の党なども含めた野党で候補者一本化の合意を目指す方針も確認した。岡田氏は「野党ばらばらではとても勝てない。力を合わせるべきだ」と協力の必要性を強調、小沢氏は「民主党が旗を振るべきだ」と応じた>(以上「毎日新聞」より引用)

 野党連合しなければ安倍自公政権を打倒することはかなわない、というのは自明の理だが、岡田民主党は大丈夫だろうか。なにしろ恩田氏は突如として消費増税10%を叫びだしたり、TPP参加を主張したり、と第二自民党そのものの変節ぶりを示した民主党乗っ取り犯の一人だ。

 民主党は第二自民党の政策を捨てていないし、各種国政選挙で大敗した総括も責任取りも一切していない。党内で民主党の政策を2009マニフェストに回帰すべきとの議論があったか否かも寡聞にして知らない。民主党は依然として財務官僚支配下に入ったままなのだろうか。

 それにしても小沢一郎氏は彼を石を持て党から追い出した張本人と選挙協力で話し合うとは、なんと懐の深い人だろうか。常人ならば怒り心頭で顔も見たくないところだろう。

 だがこの国のために「野党連合」が必要とあれば、共産党の呼びかけに自民党補完政党の維新の党と一緒になって四の五の御託を並べている岡田氏とも面会するのに躊躇しないとは見上げたものだ。彼の「国民の生活が第一」のスローガンを愚直に政治家のすべてが履行することを心から望む。

 この国の安保のために米軍の力が必要だ、というパワーバランスを信奉している軍事評論家たちは軍需産業の走狗の輩だ。もちろん安倍氏をはじめとする自公与党政治家たちはみんなそうだ。彼らの発想は中共政府の発想と大して変わらない。

 そうした帝国主義の世紀を我々の代で終わらせよう、という強いメッセージを世界に発信すべきが日本の立場ではないだろうか。米国も中国も、国民の一人一人に゛戦争の危機」を覚える無限殺人鬼はいない。それが政府権力を把握すると無差別無限殺人の戦争大好き人間に変貌する。その屁理屈が「防衛のための戦争」であったり「平和のための戦争」だというのだから笑止千万だ。

 彼らが国連の安保理常任理事国を自ら任じているのなら、なぜ競って軍縮と平和達成に全力を注がないのだろうか。「平和維持のため」の空爆だとか、「テロ撲滅のための無人機攻撃」だとかで無辜の市民を大量虐殺しているのはどの国だ。

 むしろ安保理常任理事国が世界でも有数の好戦的な国ではないだろうか。彼らを宇宙へ追放すれば地球はどれほど平和になることだろうか。そうした提起をすべきが日本の立場だ。常任理事国の利害調整機関に過ぎない国連での常任理事国入りに身を窶すなぞという馬鹿げたことをする暇があれば、真の世界平和を国際社会に提唱すべきだ。そうした役割が出来る政治家は艱難辛苦に耐えた懐の深い小沢一郎氏を覗いてこの国に見当たらない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年10月21日 19:12:35 : 56iN5CZC52
いいじゃん 別に
民主を叩いた結果、いつまでも安倍政権が続くよりはマシ

2. パラノイア 2015年10月21日 20:32:23 : 5cZmKXh9BZOYo : F1pbeJZqds
小沢一郎支持者です。
小沢さんは稀に見る独断専行するべき人だと思います、あまり支持者・関係者の意見を聴きすぎないようにして欲しい。
民主党幹部ってヘドが出るほど嫌いなんだが、小沢氏の行動を支持します。

3. 2015年10月21日 20:32:37 : MWsws0Lyso
それでも今の金主等議員は

自民党と「同じ政策では支持派集まらない」と感じている。戦争法案反対の行動に参加した人は誰も第二自民党などに期待していない。


4. 2015年10月21日 21:24:53 : C31aL3EEO2
岡田民主党は、自民党に政権を取ってもらう万年野党の民主党に成り下がっております。
岡田は、はっきり民主党の進む道の方向を国民に示せ!

示さないと、支持出来ません。投票はしません。

鳩山-小沢時代には、足を引っ張る自民党的議員はさておき希望があった。

国民が樹立した政党であった。


5. 一主婦 2015年10月21日 22:56:23 : rfKiZAFzfsBYA : 780ihmUxid
私たちも、熱烈小沢支持者、山本支持者、生活の党となかまたちの支持者です。

ですけれど、今のままの民主党はどうしても支持できません。
たとえ、小沢氏が推薦する野党統一候補だとしても、その政策を掲げている民主党では支持できません。政策の向きが何しろ支持できません。少しの違いの政策の違いなら我慢もしますが「方向」が真反対の政策ですから投票できません。民主党の掲げている政策は1%の向きの強者・富裕層の為の政策です。自民党とまったく同じ向きです。

99%の庶民の為の政権交代に1%の為の強者の為の政策を掲げている政党を混ぜることに反対です。混ぜるなら、その民主党・維新の政治姿勢と政策方向を変えてもらう事が必要と思います。元々2009年時の政権交代を果たした民主党は「国民の生活が第一」の99%の国民のための政党でした。99%の国民を救う為の政策でした。だからこそ、政権交代が可能だったのです。自民と同じ政策だったなら政権交代など不可能だったと思います。

ですけれど、今の民主党はクーデターで国民を裏切り既得権益側に寝返り、自民党政策と瓜二つの政策に変えてしまいました。今現在も、その裏切ったままの政策を掲げ続けています。そのクーデターでの裏切りの結果は、過去数回の選挙でハッキリ出ています。選挙のたびに支持者を減らしています。殆どの支持者は裏切り民主党から逃げました。その逃げた支持者を取り戻す為には、その裏切ったままの民主党、裏切って変えてしまった自民党と同じ政策では、元支持者が戻らないのは明らかです。

私たちも、元民主党支持者です。ですけれど、今のままでの民主党にはハッキリと戻れません。例え小沢氏が推薦する統一候補だとしてもです。自分の一票は自分の意思と判断に従います。これが本当の投票行動です。政治は「政策が第一」です。「数」も大切ですが、政策が伴わない数など、例え政権交代しても本物の政治になり得ないと思っています。その政策の党や議員に投票すると言う事は、その政策を進められることに賛同したと言うことになります。賛同しないどころか民主党とは180度向きの違う政策の向きを私達は要望していますので、その政策には投票しかねます。

その政策で、野党第一党(民主)と野党第二等(維新)に投票してしまったなら、政権交代後も、殆どの議員数が自民政策の議員で占められてしまいます。その結果政権交代しても、結局は1%の強者野為の政治を執られてしまうことになります。それでは政権交代の意味をなくします。アメリカが望んでるという「自民党から第二自民党への政権交代」「自民党政策の続行」になってしまいます。私達は、小沢支持者ですが、たとえ小沢氏の進める野党統一候補でも、望むことと真反対の政策を掲げている民主・維新の統一候補には投票いたしません。

わしたちは、投票は政策に賛同して投じるものだと思っています。政策の内容が多少違っていても向かう「方向が同じ」だったなら我慢して投票できますが、政策が180度方向が違う場合はどうしても投票できません。民主党の向きは自民党と同じ1%の強者の為の政治の向きです。ですから投票ではません。

共産党さんが進めている「戦争法案廃止」一点だけの野党共闘でしたら賛同できます。戦争法案廃止後は「解散」すると言う「暫定野党連合政府」と言う事ですから。小沢氏が今進めようとしている、民主党が旗振りをする「民主党中心の野党連合」では、戦争法案廃止に続いて、民主党の政策である●10%消費増税推進●TPP加盟推進●原発輸出推進●特定秘密保護法推進●辺野古埋め立て推進●オスプレイ自衛隊導入推進・・・などなど、自民党の続きの政策を進められるのはごめんこうむりたいですから。

私は、共産党さんの進める「戦争法案」限定の「暫定野党連合政府」に賛同します。そして、植草先生の進めている「政策中心」の超党派議員選抜の「オールジャパン・平和と共生」に賛同しています。


6. 2015年10月21日 23:24:50 : TIbRry3O7w
面倒だが、コメントせざるを得ぬ。

「安倍-山口政権打倒」の下地作りは「参議院選」での野党共闘の実現が第一歩。

「安倍-山口政権打倒」の流れを作る事が大事と思う。

「黒い猫でも白い猫でも、ネズミを捕る猫は良い猫だ」

これは誰が言った言葉か忘れたがこの考えで進む事が切。


7. 一主婦 2015年10月22日 02:25:47 : rfKiZAFzfsBYA : 780ihmUxid

>「黒い猫でも白い猫でも、ネズミを捕る猫は良い猫だ」

ネズミを取る猫だったらいいのですけれど、民主党は、自民ネズミにエサをこっそりやって助ける猫だと思っています。政策からしてそうです。したがって投票しません。自公政治の継続になりますから。


8. ジョンマン 2015年10月22日 05:31:24 : 6nagECQfUT4Mc : oys88BIsNA

生活の党と山本太郎となかまたちに是非やっていただきたいことは、中長期的展望で、全国の都道府県議会と市区町村議会に議席を有し、日常活動を展開できるようにしていただきたい。



9. 2015年10月22日 06:43:07 : LKXRYf922A
>>6
>「黒い猫でも白い猫でも、ネズミを捕る猫は良い猫だ」
ケ小平の言葉だったと思います。

>>7 一主婦さん
岡田ネコは鎖につないでおいて,志位ネコと小沢ネコにネズミを捕りに行ってもらいましょうか。
でもこの小沢ネコ,岡田ネコに「旗を振るべきだ」と言っているから,どこまで頼りにできるかわかりませんね。まあ,あまり老猫をこき使ってはいけないということでしょうか。


10. 一主婦 2015年10月22日 11:26:35 : rfKiZAFzfsBYA : 780ihmUxid
>>9. LKXRYf922Aさん

そうてすね。岡田ネコはつないでおきたいですね。
本物の政権交代のジャマになりますからね。
あの自民党政策丸写しの民主党政策で政権交代をしても、自民党政策の続行になりますよね。アメリカ様の思う壺。自民党から第二自民党への政権交代など本物の政権交代ではありません。私達はそんな政権交代は望みません。

小沢氏は、最近民主党の旗振りでの政権交代を言い出していますね。私たちは民主党中心の政権交代には大反対です。共産党さん主導の戦争法廃棄の一点連合政府での「国民連合」か、植草先生の進める政策中心で超党派から候補者を選定し一選挙区に一人を立てて必ず選定した候補者が当選すると言う方法に賛同しています。こちらの方法での政権交代なら、自民党政策を続行させられずに済みますから安心ですよね。

民主党中心に政権交代をするというなら、あの民主党の自民党政策丸写しの政策や1%を向いている強者の為の政治姿勢を何とかして戴かなければ、多くの有権者は投票できないと思います。当然棄権が増えてしまう結果になると思います。夢を託せない選挙ではそうなりますよね。それは、有権者だけの責任ではなく、政治家・政党の責任の方が大きいと思います。「細かい事や政策は後」と小沢氏は仰っていますが、今、詰められないモノを、政権を与えてから修正できるとは思えません。

それが出来るのなら、小沢グループは民主党を脱党せずに、内からの修正ができたはずと思います。民主党は結局は有権者の声に応えない政政党であると言うことだと思います。アメリカや強者1%の方を向く政治を取ろうとしている政党だと思います。民主党はクーデター後の数回にわたる選挙結果を全然反省していないようですね。選挙のたびに支持者を減らしています。それは有権者の責任ではなく民主党自身がもたらしている結果です。民主党の反省と政策転換が必要と思います。

あの、2009年時の政権交代は、国民99%の為の政策を掲げて、自民党とは180度向きの違う政策を掲げていたから政権交代が可能だったのです。国民99%の夢と希望を載せた戦いだったから自民党に勝てたのですよね。今、民主党の掲げている政策は1%の強者・富裕層・アメリカの為の政策です。自民党と同じ政策です。その政策では99%の私たち庶民は夢も希望も託せません。支持者離れをするのは仕方のない事で当然の結果だと思います。

たとえ、野党統一候補として小沢氏の推薦があったとしても、私達は臨む政策とは真反対・180度も方向の違う政策には、どうしても投票は出来ません。政権交代をしても、それでは自民と同じ政治になるからです。自民党よりちょっとだけマシはお断りです。ちょっとだけマシも確定的でなく、もしかすると自民党よりも悪くなる脳性すらあります。何しろ、その方向(自民政策)での政治はお断りなのです。

共産党さん主導の「国民連合」と植草先生提案の「オールジャパン・平和と共生」の国民連合には大いに賛同します。こちらなら民主党の議員でも安心して投票できます。


11. 一主婦 2015年10月22日 11:33:23 : rfKiZAFzfsBYA : 780ihmUxid
訂正

ごめんなさい。また間違いです。


自民党よりも悪くなる脳性すらあります(誤)

自民党よりも悪くなる可能性すらあります(正)


12. 2015年10月22日 13:11:03 : 52U7icvz8M
一主婦かなんだかしらないけど長文書きたかったらブログにでも書いたら。

13. 2015年10月22日 15:24:39 : XNp25m8fGs

今の民主党がだらしがない理由は、国民を裏切った政権崩壊を総括もせず政治を続けるから。

何を聞いても結局は自民党の政策を受け入れるしか能がないくせに立憲主義を守るとほざく。

やる気があるのか民主党って感じなんだよな。今のままでは無理だと注意してるんだよ。

このままズラーッと何食わぬ顔してるだけなら自公政権とマスコミに敢えなく叩かれる。

だから民主叩きやってるんじゃないんだよな。病んでるなら政治を止めればいいことだ。

民主党だけだ、多弱の苦しい状況下で政治活動の積み重ねができてない野党は。総括しろ。

野田が小沢排除を誤解して民主党を路頭に迷わせ下野させたんだ。

民主党内部にトロイ信者がいる限り無理だ。政策以前の道義的な問題だろ。



[32削除理由]:削除人:カルト

14. 2015年10月22日 16:59:48 : BE6sBB0ras
>小沢氏の懐の深さを痛感するが、・・・

そう言われれば、そうかも知れない。


15. 2015年10月22日 20:06:34 : Sxrmr7Rrl6
>>2さん 此処は、阿修羅掲示板だ。
長くて読めないなら、読まぬが宜しい。
幾ら長くても読まなければ何の問題ないよね。文句を垂れる筋合いではない。
それとも、感じ悪い、自民党か?

小沢氏が民主の岡田に「民主党が旗を振るべきだ」と云われたのは、大勢の市民の期待に応え、戦争法案廃止、立憲主義を取り戻すと云う大義の旗の下、野党5党の確固たる結集を図るためには、「今、民主党を野放しには出来ない」「陣営に引き留めておく必要がある」そう考えられたからじゃないのかと想像します。

そうであれば、正解だと思いますがね。

「先ずは、戦争法案の廃止、立憲主義の回復と云う大義の旗の下に5野党が一致協力すると云う合意形成が必要だ」と小沢氏は云っておられるが、全くその通りと思いますよ。

何しろ、合意できなくて、5野党バラバラでは、自公政権を倒せないのですから、元も子もありません。

だから、今は、重箱の隅をつつくような言動は、百害あって一利なし、ではないでしょうか。何も得るものはないどころか、「長蛇を逸する」結果になります。

今、小沢氏、志位さん始め、各党の皆さんは(菅、野田、前原、安住、細野は除く)合意形成の上で、何と何が合意出来るのか、横に於くべき相違点は何なのかを煮詰めている段階だと思いますが。

またぞろ民主党政権の二の舞かと心配なさる向きもおられるようだが、杞憂のような気がします。

あの時はなかった、大勢の市民に付いた怒りの炎がありますから。
情勢はあの時とは、激変しています。
怒りの方向が自分たちに向けば、悪徳5人衆だか、10人衆など、たちどころに逃げ散ります。


16. 2015年10月22日 20:18:41 : Sxrmr7Rrl6
>>15です。
>>2さんではな、>>12さんでした。
申し訳ない。

17. 2015年10月23日 00:19:25 : XNp25m8fGs

民主党の岡田代表は安保政策でジレンマに陥ってるんだよ。論理矛盾があっても追認するから。

1. 日米同盟を基軸とした安全保障、これを現状認識として抑止力の強化など普通に云々してきた。
2. 自公政権が集団的自衛権の限定容認を閣議決定している。これで民主党内部が割れたんだよな。
3. 国会では野党第一党として他党と連携し政府を追及した。自衛隊リスクや違憲部分について。

民主は維新の対案や周辺事態などの具体的な法案化を求めて政府案に対し合憲性をよりクリアなものにしようと精力的に審議を展開してきた。

安保問題で政府を追及する場合、従来の憲法解釈を真逆に転換した閣議決定が憲法違反なんだよ。

ところが日本会議の議員は合憲とし憲法論議は避けてひたすら日米同盟と抑止力を言うしか能がない。
岡田は合憲派と違憲派が存在する党内不一致を言葉の綾に騙されるか気づかずに矛盾を追認していた。

野党連携協議では可決された法律の違憲性の部分を追及すると言っても党としては不可能な状態だ。
裏切り野党三党のように政権側につくこともできないし、他党と連携して違憲法律を追及できない。
毒を食らって病になったと同じ状態なんだよ、日本会議が要求した政策を現政権が実行したんだから。

現政権は自民党が論理破綻しても公明党は単に与党だから政権が空中分解させないようやってるだけ。
話せば分かるもんだから余計な話をしないように、臨時国会の開催には消極的なだけのことだろ。

まったく東大での政治家などロクな奴はいねえ。デタラメ国会をやって報酬泥棒のようなもんだな。




[32削除理由]:削除人:カルト

18. 2015年10月23日 00:50:27 : XNp25m8fGs

人が複数の組織に加入している場合、一組織の構成員の活動しか身を入れて行動することができない。

政治家が日本会議に所属しているとしたら、普通の政治活動に支障を来すのは当然のことなんだよ。

工作員か活動員やってるから政治が不健全に見えてるだけ。二足のワラジを履く言い訳すら病的だ。



[32削除理由]:削除人:カルト

19. あじのとも 2015年10月23日 06:25:26 : EusNf256Ms4gE : X7TKvxH2mE
直近の総選挙で与党(自公)の比例得票数が全体の47%と過半数を超えてない事から
野党票が集結すれば十分に対抗できる。という考え方には一理ある。

しかし、比例得票率18%の民主党、15%の維新の党を第二自民党と位置づけて
つまり、比例得票の8割を実質自民党と位置づけて、残りだけが結集したのであれば
どう足掻いても選挙で勝てるわけがないのです。

大切なのは、勝てるラインまで共闘する事です。
たとえ民主党が第二自民党だから、民主党に政権交代しても意味がない。と言っても
現在の自民党のままよりも、わずかでも変わるのなら、現状では手を組んで
政権交代をめざすしかないのです。それが現状なんです。

自民党は野党勢力が集結する事を恐れています。とくに野党第一党の民主党の動向には一番注意しています。

民主党は第二自民党だから手を組むなという考えは、実は自民党が一番共感する事なんです。


20. 2015年10月23日 07:52:13 : XNp25m8fGs
まあ、何とでも言えることだが、譬えあらゆる角度から正しく見たとしても余程の難儀があるんだろ。
それは国民性に共通して何事にも優柔不断であったり、両論併記を実行して目的を逸するににている。

全体で一つに纏まるには想定を遥かに超える労苦や金員が必要になるだけで、一つの事柄に対して少数しか集まらず、結果的に無数の組織で対応するようになり、客観的には決して纏まることができない国民性と言うことはできるだろう。

誰でも事の重大性を痛感しないままに、水火の両論をもて遊んで水に溺れる者あり火に焼かる者あり。
これが日本国内に充満した謗法の恐ろしさであり二条不作仏を教えぬ邪宗仏教の大罪による科である。
唯一法華経の良薬以外に救いはないのだが、多くは正法に敵対し事の重大性も分からず改めない。

何事も成就するとしないの可能性が両方あるだけです。気の毒な国民性としか言いようがない。




[32削除理由]:削除人:カルト

21. 2015年10月23日 07:58:13 : XNp25m8fGs
>>21.

正:二乗不作仏




[32削除理由]:削除人:カルト

22. 一隅より 2015年10月23日 23:10:37 : PnbUj1IYwR18o : 3XYHqIwm0E
しかし皆さんそうおっしゃるが、今回の新「安保法体制」をふたたび廃止することを/そのための統一政権をのぞむ私達は、おおっぴらに「私たちは、外交の基軸である日米同盟を深化させ・・」(民主党綱領2013年2月24日定期党大会で決定)なんてことを唱える政党と共同してやっていくことができるのでしょうか。



「安保法体制」廃止と「日米同盟深化」は両立するのでしょうか。
それとも民主党は、「日米同盟深化」をたな上げして(ちょうど日本共産党が安保破棄を当面封印してもよいと言っていると同じように)、「安保法体制廃止」の一点で共闘するとでも言うのでしょうか。

(このふたつは違います。「新安保法体制廃止」と日米安保条約破棄は方向として両立するから当面一方を棚上げしておくことはできるが、「新安保法体制廃止」と「日米同盟深化」はちょうど真逆のベクトルのものだから後者を封印して前者を追求するというのは論理矛盾・もともと無理なことです。)


また民主党のいう「日米同盟深化」は、「安保法体制廃止」という大同のために捨ててもよい「小異」でしょうか。
そもそも日本の各政党にとって/私たち国民にとって、日本の進むべきはアジア近隣諸国との友好関係樹立の道かそれとも日米同盟深化の道かのふたつの方向の違いは、「小異」でしょうか。



「民主党は第二自民党だから手を組むな」とだけ言っていても始まらないのは確かです。しかし今の民主党をそのままに「小異を捨てて大同に」と呼びかけることそれだけで統一戦線は実現へ向かうでしょうか。

今の民主党に「安保法廃止の一点で」共闘しようと呼びかけることは、民主党はそれに応えることができないという形でその矛盾した本性を国民の前にさらけ出させる、という意味があります。(志位・共産党もその効果を知っているでしょう。)

そして「安保法廃止」のため有効な「全」野党・国民統一戦線はそのあとではじめて実現するのではないでしょうか。
つまり国民の眼に本性をあばかれた民主党はその過程の中で分裂あるいは縮小解体し、別のあらたな反自民・統一戦線の中心があらわれる/あるいは形成される、という形で、です。


23. 2015年10月23日 23:18:11 : mumKG8qE7o
>岡田民主党は第二自民党ではないのか

そうです。第一自民党も第三自民党もいます。


24. 一主婦 2015年10月24日 03:49:19 : rfKiZAFzfsBYA : 780ihmUxid
>>22. 一隅より さま

他のスレット(民主党からに本会議を追い出せ・・・のスレット)で、私をご指名の質問を頂きましたので、無い頭をひねり、答弁を差し上げました。読んで下さいましたか?さて、ついでですから、こちらも同じ様な内容ですから答えさせて頂きます。

今、問題になっている安倍の「安保法」は、今までの集団的自衛権の日米安保証約の憲法内におさまる「片務条約」付きのものを、大きくはずして憲法違反の、自国の自衛の為ではなくアメリカの戦争の為に地球の果てまで自衛隊を派遣して、アメリカの戦争に加担すると言うもので、明らかな憲法違反ですから、野党の協力によって憲法違反のその戦争法案を廃棄しようと言うものですよね。

ですから民主党が「日米安全保障条約の進化」を掲げているからと言って、それは、今回の野党連合とは別に考える事だと思います。民主党の安全保障の進化も憲法違反にならない進化であるはずです。憲法違反の内容の進化では成立は不可能ですし、今回のように無理に成立された場合は、また、その時に今回のように野党で協力して廃案にすれば良いのではないでしょうか。

今までの一応憲法に違反しない形での日米安保条約の集団的自衛権になっていましたが、安倍の無茶苦茶な憲法違反の集団的自衛権を廃案にし、今までの集団的自衛権に戻せば良いのだと思います。そして、日米安全保障は少し長い計画で廃止に持っていくのが良いと思います。共産党さんはいずれは廃止にする計画のようですが、できたならわたしもアメリカの基地や地位協定なども気に入りませんから「日米安全保障」はいずれは廃止にしたい思いです。

自衛の為の必要最小限の自衛隊も整備されていますから、それにプラス国連中心の安全保障になると良いと私は思っています。戦争で商売をしている戦争好きのアメリカとの安全保障はいつか近い将来に終わりにさせたいと思っています。ですから、今回の共産党さん提案の「戦争法廃止」一点に限っての暫定政府に、民主党が混じっても、その法案だけの野党連合ですから、その一点だけでくっつくのは何も不都合は無いと思います。


25. 一隅より 2015年10月24日 22:39:44 : PnbUj1IYwR18o : 3XYHqIwm0E
>>24 一主婦さん

どちらのコメントも読ませていただきました。

「その一点だけでくっつくのは何も不都合は無い」とのお考えですが、「その一点=新安保法体制廃止」と「日米同盟深化」とは真逆のものだからそもそも民主党には「くっつく」こと自体が無理=共産党の呼びかけに応えられない、と私は考えています。

そのためにはまったく別の綱領をもつほどの解党的出直しや分裂・新党などが必要ではないでしょうか。

(そして志位・共産党が今回このような呼びかけをしたことには、こういった見とおし=かかる民主党の本性を国民の目の前にあばく、それによって民主党の出直しをうながす、といった目論見もある。
それどころかむしろ、民主党がこの呼びかけに応えられないことははじめから明らかなのだから、こちらのほうが呼びかけの主目的・ねらいなのではないか、とも思います。)



しかし以上の答えでは、私が上に書いたことの繰り返しにすぎず、答えになっていませんね。

それよりも一主婦さまと私との考えの相違は、一主婦さまが『民主党の安全保障の深化も憲法違反にならない深化であるはず・・今までの一応憲法に違反しない形での日米安保条約の集団的自衛権・・今までの集団的自衛権に戻せば良い』と書かれた部分に関係があると思います。

「今までの、日米安保条約の集団的自衛権」は「憲法に違反しない形での集団的自衛権」だったのでしょうか。ご自身でも『戦争で商売をしている戦争好きのアメリカとの安全保障』と書かれています。


また前に、『(集団的自衛権は)国連憲章で認められた権利・・、「自衛権」は自然権として憲法以前に備わっている権利なので、・・日本が攻められた時には米国が日本と一緒に闘ってくれるけれども日本はアメリカの争いには一緒に戦う事はしなくても良いという・・このアメリカとの日米安全保障条約での「片務条約」の集団的自衛権は一応は憲法には沿った状態になっていると思います。その「片務条約」の代わりとして、日本はアメリカに対して、日本国内にアメリカ基地を置くことを条約で約束しているのですね。』と書かれていることにも、私は別の思い(日米安保について、また国連についての点で)をもっています。(ご自身も、沖縄からも日本中からも基地をなくしたい、と書かれていますね。)



このうち、「日米安保条約」については長くなるので別に書いてできたら投稿させていただくかも知れませんので、それを私の答えとさせてください。


「国連」については、こう思います。
つまりこの場合「集団的自衛権が国連憲章に認められている」かどうかは我々国民にとってはどうでもよい。そんなことは根拠にならない。われわれは平和とは何か、くにを守るとは何か(国家としての国か、我々の日び生き暮らす場としてまもるべきくにか)、といったところから考えていかなければならない、と思っています。

(すでに世界の支配的地位についている国が「平和」というとき、それは往々にして既存の・自分たちに有利な秩序の維持を意味しているのではないでしょうか。)


それは「憲法」についても同じです。「自衛」が憲法に認められているとか「憲法以前に認められる」という前に、我々が日々安心して働き暮らすことができる場はどのようにして持続し、さらに広がり世界とつながっていくのか、を考えなければならないと思います。


26. 一主婦 2015年10月25日 01:43:05 : rfKiZAFzfsBYA : 780ihmUxid
>>25. 一隅より さま

つたない私のコメントを読んでいただきましてありがとうございます。

民主党の「日米安全保障条約の進化」とは、どのようなものかも確かめずに書いてしまいました。ですが、民主党も、あのシールズのデモで、安倍政権の憲法違反の戦争法を廃止にすると宣言していましたから、進化と言っても憲法違反にはならない進化を想像しました。そうでなければちぐはぐで話がおかしくなりますからね。

これまでの日米安全保障条約は、辛うじて憲法違反にならない「片務条約」付き(アメリカの戦争には加担せずとも良い・日本の自衛の為だけの、日本領域内で)のものでした。ところが、安倍政権は、明らかに憲法違反の、自衛ではなく、アメリカの争いに参加し、日本領域内に留まらず、世界中を想定した自衛隊派遣になりますので、民主党も含めた野党五党がデモにかけ付け「戦争法廃止」を宣言しました。ですから民主党が日米安保条約の進化を公約で謳っていても、安部のような憲法に違反する進化だとは考えられません。

その民主党の安保条約の進化云々も問題ですけれども、やはり今は、安倍政権の明らかに憲法に違反している「戦争法」を、野党全党で廃止に持ち込むと言う、共産党の志位さんの呼びかけは素晴らしいものだと思います。それを、安保条約の進化云々まで含め考えては、まとまりきれずに志位さんの貴重な決意が無駄になると思います。私が、アメリカの戦争好きと戦争商売を批判しましたが、今日本はその安全保障条約にすっぽりと嵌った状態で身動きできない状態です。ですから今すぐにその問題までクリアするのは難しいと思います。

今までは、辛うじて憲法にも沿った状態で、アメリカの戦争にも自衛隊が加担せず、辛うじてバランスを執って避けている状態だったと思います。安倍政権で、急速にその絶妙のバランスを崩し、憲法違反までして、そのアメリカの戦争にせかいを股にかけた戦争に加担しようとしています。ですから、先ず、この「明らかな憲法違反」の戦争法を廃棄に持ち込み、以前の「辛うじて憲法に沿っていた」元の「片務条約付き」のものに戻すべきだと考えます。おそらく共産党さんの考えた「戦争法廃棄」一転に限りの「暫定野党連合」もその一点突破を目指しているのだと思います。

ですから、志位さんも「日米安全保障条約破棄」は棚上げにすると仰っているのだと思います。まずは「戦争法廃棄」をし、時期を見て「日米安全保障条約」を廃止と言うお考えだと思います。その考えでしたら、又、同じ事を言ってしまいますが、共産党と民主党の「日米安全保障」の考えの方向が違っていても、憲法違反の「戦争法」を廃止の一点だけの野党連携なら何の問題も無くまとまることが出来ると思います。「日米安全保障条約の廃止」の問題は、その後で全党を交えて、国民全員で考えることだと思います。共産党の志位さんの「日米安全保障条約」の棚上げとは、そう言う事だと思います。

最後に、私は小沢支持者です。小沢氏の考えの「国連を中心とした安全保障」に賛同しています。まだまだ国連機能が万全でない為、その国連機能の熟成を待つ間は、日米安全保障(片務条約付き)の維持は大切と言う考え方に賛同しています。近い将来は戦争好き戦争商売のアメリカとの「日米安全保障条約」に頼らない「国連中心の安全保障」になることを願っています。

ですから、今現在、直近の課題は、明らかに憲法違反の「戦争法」を廃棄する為に、その一点だけで野党連合を組めば良いと言う、共産党の志位さんのお考えに賛同しています。民主党の「安全保障の進化」は、その後に考える問題として、それに関係なく、戦争法廃止、一点で協力し合うべきと思います。

なんか、まとめ方が下手で、長くなってしまいました。お許しを。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK195掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK195掲示板  
次へ