★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK195 > 556.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
女子挺身隊と慰安婦の混同も…慰安婦「誤報」の元祖は朝日新聞でなく産経新聞だった! 阿比留記者また赤っ恥(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo195/msg/556.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 10 月 27 日 19:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

                 『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』(産経新聞出版)


女子挺身隊と慰安婦の混同も…慰安婦「誤報」の元祖は朝日新聞でなく産経新聞だった! 阿比留記者また赤っ恥
http://lite-ra.com/2015/10/post-1626.html
2015.10.27. リテラ


 産経新聞出版が出した『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』という本がある。〈朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ〉というサブタイトルからおわかりの通り、昨年8月の朝日新聞の慰安婦報道に関する検証・記事取り消しを受け、ひたすら朝日新聞を攻撃するために書かれた本だ。著者は「産経新聞社」と記されている。一般に著者名を「◯◯新聞××取材班」としている本はよくあるが、新聞社そのものというのは珍しい。実際には同社の名物記者、阿比留瑠比氏らが中心となって執筆している。

 社を代表して序章を書いているのが阿比留記者だ。その筆致はなかなか勇ましい。

〈事実に基づかない積年の慰安婦報道を通じ、日本の国際的な地位と名誉を傷つけ、国民の誇りを奪い続けてきた朝日新聞がついに“決壊”した〉
〈朝日新聞はいまだに、慰安婦問題で自社が犯した過ちの数々、自社の歴史を直視するつもりはないようだ。朝日新聞との「歴史戦」は、今後も続く〉
〈産経新聞は長年にわたり、歴史問題に取り組んできた。特に、日本の国際的名声を大きく毀損してきた慰安婦問題に関しては朝日新聞など他紙との論戦も辞さず、徹底的に検証を重ねてきた〉
〈手前みそになるが、産経新聞による地道な検証記事の積み重ねが、慰安婦問題に関する韓国や左派メディアによる「洗脳」を解いた部分もあると自負する〉
〈産経新聞は非力ながら(中略)、「戦後レジーム」の申し子である朝日新聞の動向を監視し、問題があればその都度、非を鳴らし、改めさせなければなるまい。
 そして今後も歴史問題と正面から向き合い、こつこつと事実を報じる努力を続けたい。例え匍匐前進であろうと、継続すればいつかは大きな前進となるはずだ〉

 こうした“立派”な主張を繰り返す阿比留記者が、24年前に韓国で初めて慰安婦だったことを名乗り出た女性の記事を書いた元朝日新聞記者の植村隆氏への直撃インタビュー(産経新聞デジタル版に掲載)を敢行したが、逆に反撃されてタジタジとなった経緯は本サイトでも2回にわたって詳報した。この本、『歴史戦』でまずヤリ玉にあげているのが植村氏の記事なのだ。阿比留記者、というより産経新聞社の主張はこうだ。

 朝日新聞は 昨年8月、済州島で日本の軍や官憲が韓国人女性を暴力的に狩り集めて従軍慰安婦にしたとする、いわゆる「吉田証言」に関する記事は誤りを認めて取り消したが、その他の従軍慰安婦に関する“誤報”は取り消していない。その最たるものが、植村氏が書いた記事だというのである。

 植村氏の記事は1991年8月11日付の朝日新聞大阪版に〈思い出すと今も涙 元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く 韓国の団体聞き取り〉の見出しで掲載された。産経をはじめとする“親安倍メディア”は、掲載から20年も経った最近になって、これを誤報だ捏造だと騒ぎ始めた。攻撃のポイントは2点あって、ひとつは植村氏が記事の前文に〈「女子挺身隊」の名で戦場に連行され…〉と書いたことだ。「女子挺身隊」と「慰安婦」は別モノなのに、植村氏はわざとそれを混同させ(事実を捻じ曲げ)、あたかも強制連行されたかのような書きぶりになっているというのである。もう一点は、この女性が親からキーセン学校(韓国の芸者養成所)に売られた事実があるのに、植村氏の記事ではそのことに触れていないというものだ。

 そんな記事が朝日のスクープとして報じられたため、韓国世論に火がついて、いわゆる慰安婦問題が日韓の懸案として燃え上がった。植村氏の記事こそが、誤った認識を世界に発信した“元凶”だというのである。

 ところが当時の新聞各紙を検証すると、産経を含む朝日以外も「女子挺身隊」「慰安婦」は同じものだという前提で記事が書かれていることがわかった。91年9月3日付産経新聞大阪本社版には〈「挺身隊」の名のもとに、従軍慰安婦として狩りだされた〉と、ほとんど植村氏の記事と同じ表現が使われている。キーセン学校の経歴についても、植村氏が記事を書いた時点では産経を含む主要5紙はどこも触れていない。「キーセンだから慰安婦になっても仕方がない」という立場はとらないという、当たり前の人権感覚なのである。

 いずれにせよ、これで朝日新聞の植村氏の記事こそが「従軍慰安婦問題の元凶」というのは、いくらなんでも無理だろう。それどころか、当時の産経はこの女性が「日本軍によって強制連行された」と、確認できただけで最低2回、ハッキリそう書いているのだ。そのうちのひとつ、1993年8月31日付の産経新聞大阪本社版の記事を紹介しよう。

〈太平洋戦争が始まった1941(昭和16)年ごろ、金さんは日本軍の目を逃れるため、養父と義姉の3人で暮らしていた中国・北京で強制連行された。17歳の時だ。食堂で食事をしようとした3人に、長い刀を背負った日本人将校が近づいた。「お前たちは朝鮮人か。スパイだろう」。そう言って、まず養父を連行。金さんらを無理やり軍用トラックに押し込んで一晩中、車を走らせた〉

 記事に出てくる〈金さん〉というのが、植村氏が書いた「女性」のことだ。植村氏の記事では、女性は「騙されて慰安婦にされた」とされていて、「強制連行」や「軍」という言葉はひとつも出てこない。何のことはない。「日本軍によって強制連行された」というフレーズは、朝日ではなく産経が“世界に拡散”させていたのである。

 阿比留記者ら産経新聞「歴史戦」取材班は、この程度の自社の歴史すら検証していなかった。そこで、先のインタビューで植村氏から「(歴史戦と大袈裟なことを言うなら)産経新聞の先輩記者と歴史戦をまずやるべきじゃないですか」とやりこめられたのだ。

 ちなみに、金さんが日本の軍人に脅され、連れ去られた事実はない。だが、誤解のないように断っておくが、筆者は当時の産経の報道を批判するつもりはさらさらない。前出の産経新聞の記事は金さんの記者会見での証言を元に書いたものだ。金さんの証言はその後、二転三転した。半世紀も前の記憶だから、これは仕方がない。産経の記者は、その金さんのその時点での証言をきちんと伝えただけなのだ。これを誤報と批判されたら、新聞など成り立たない。というか、新聞はもともと“誤報”の巣窟なのだ。

 例えば、後に冤罪が判明した足利事件の菅家利和さんや厚労省汚職事件の村木厚子さんの逮捕時の報道は、いま振り返るとデタラメの垂れ流しだ。だが、当時の記事を取り消したりお詫び訂正した新聞社はひとつもない。それは、その時点において記者が真実だと信じた情報を正しく伝えた、という意味においては誤りではないからだ。これが新聞というメディアの欠陥であり限界なのだ。阿比留記者を始めとする最近の産経記者は、こうした新聞のメディアとしての特異性を知らないのだろう。でなければ、『歴史戦』などという恥ずかしい本は出せないはずだ。

 しかも阿比留記者は反省もないようで、2週にわたる本サイトの記事について「リテラには酷い書かれようだった」と社内で漏らしているという。ならば、勉強不足の阿比留記者にもうひとつ重要な情報を教えてあげよう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年10月27日 23:31:53 : FxUcssE0UQ
つまりリテラの公式見解では


従軍慰安婦という者は存在せず単なる娼婦が中身となっただけの仮面の被害者だということ


を認めるわけですね


2. 2015年10月27日 23:52:31 : wPAs8CRB32
これってフジサンケイが鹿内のもので、韓国を右翼国家だと思って味方していたころの韓国ひいき記事なのか?

フジテレビも当時朝鮮人を雇いすぎていま最悪なんだが、
産経も同じ羽目に陥っているのか


3. 2015年10月28日 01:24:23 : FxUcssE0UQ

会社も派閥があるから社説でややブレているような状況があってもおかしくはない

バブル期に紛れ込んだ反社会勢力の一味に国籍条項もないから工作員がやりたい放題

それが今のマスゴミの経緯


4. 2015年10月28日 07:36:03 : pDbAn87J3s
>1
>単なる娼婦
軍隊が管理する娼館のね。
なお、当時の日本の「単なる娼婦」の中には「売られた娘」が多くいたことも指摘しておいたほうがよさそう

>3
>バブル期に紛れ込んだ反社会勢力
FxUcssE0UQ=木卯正一も当事者の一人である疑惑が濃厚なのだが。まあ木卯の場合は「反」というよりは「非」か


5. 2015年10月28日 10:52:51 : FxUcssE0UQ

2015.10.25 日
「毎朝の祈祷前に、牧師が無理やり……」韓国宗教界は“ロリコン性職者”だらけ!?

http://www.cyzo.com/images/12015_15191_059.jpg

「韓国キリスト教異端相談所」より

 韓国で、聖職者による性暴力が相次いで摘発されている。

 最近話題となっているのは、テレビ番組でも取り上げられ、「小僧のアボジ(お父さん)」というニックネームで親しまれている僧侶・A(62歳)が起こした性暴行事件だ。

 Aは1995年から全羅南道の施設で、シングルマザーの子どもなど親の保護を受けられない子どもを小僧として育てていた。しかし、2008年に児童福祉施設を無許可で運営していた疑いで摘発される。その後、施設の子どもたちは生みの親の元や保護施設に送られたが、Aは引き取り手がいない22人の子ども(男19人、女3人)を自らの子どもとして養子縁組した。

 一度は摘発されたものの、恵まれない子どもたちを育てるAを称賛する声は少なくなく、韓国社会では名僧として人々に知られる存在だった。ところが今回、戸籍上自分の娘であるBさん(17歳)に、11年から複数回にわたり性的暴行を加えていた事実が明らかになり、逮捕となった。今月14日、検察はA氏の親権を剥奪し、性犯罪者用の位置追跡電子装置(電子足輪)を装着することを求め、また懲役12年を求刑している。

 一方、10月に入り、2人のキリスト教系牧師が強制わいせつの容疑で有罪を言い渡された。相手は、それぞれ10歳と11歳の少女だった。そのうち10歳の少女Cさんにわいせつ行為を働いた京畿道の某教会の牧師については、犯罪内容が詳細に報じられている。Cさんは親の離婚騒動の間、しばらく同教会に預けられていた。牧師は、悩むCさんに言い寄り、服を脱がせた後、口を使って強制わいせつを繰り返したという。

 Cさんは警察の調査で「牧師が朝の祈祷を捧げる前にやってきて、毎日のようにわいせつな行為をされた」と証言している。同牧師は無罪を主張していたが、裁判所には認められず、16日に懲役5年が確定している。

「韓国は、国民の半分が信仰を持つ宗教大国。宗教団体の数も、星の数ほどあります。当然、頭のおかしいカルト宗教団体も多いですし、聖職者の皮をかぶったエセ宗教人も少なくありません。事実、カルト宗教団体やエセ宗教人が、性犯罪を頻繁に起こしています。そればかりか、彼らは殺人、暴行、労働力の搾取、家庭崩壊、離婚、家出、多額の献金など、社会的問題の温床とさえなっています」(宗教専門メディア関係者)

 2つの事件は強制的に暴行されたケースだが、写真のように完全に洗脳されてしまい、自ら体を差し出す女性信者も少なくないといわれている。また、大きく問題視されることは少ないが、韓国のエセ宗教家たちは日本を舞台に活発に活動している。昨年8月には、日本国内で活動するヨハン東京早稲田教会の教祖・金圭東牧師が、信者に対して性的虐待・暴行を加えていたことが発覚。韓国メディアがこれを一斉に報じた。韓国“性職者”たちの毒牙にかからぬよう、日本にいても注意が必要かもしれない。
(取材・文=河鐘基)

http://www.cyzo.com/2015/10/post_24490.html

リテラはサイゾーの関連メディア

『サイゾー』(才蔵、Cyzo)は、株式会社サイゾーから出版されている月刊誌。毎月18日発売。

また、ウェブサイトを用いた関連メディアの展開にも積極的で、「日刊サイゾー」「サイゾーウーマン」「メンズサイゾー」「Business Journal」「プレミアサイゾー」「リアルサウンド」

★「リテラ」★

「トカナ」などがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BE%E3%83%BC

[32削除理由]:削除人:関連がない長文

6. 2015年10月28日 10:57:10 : FxUcssE0UQ
>>4

いずれにしても自称「売られた娘」が訴える先は日本政府でなく韓国政府であるから筋違いってことで疑惑がもたれているわけなんだけどね

都合悪い状況になるとコメント内容の反論でなくコメントした者が誰かで返すことしかできない哀れな慰安婦捏造利権の朝鮮犬>>4




[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

7. 反イルミナティー主義 2015年10月28日 17:25:47 : c/WVv5CaliQ7M : qenqxd8Xmw
>>6
「朝鮮犬」はキチガイカルト統一狂怪信者の
木卯正一よおまえだろ?何得手勝手なこと言ってんだ!!(笑)
それとも自分がアチラの人間であることを包み隠し
イコン(踏み絵)を踏むのが怖いのから強がっているのか?(笑)
おう、答えろよ!!プギャ――m9(^Д^)――!!

[32初期非表示理由]:担当:アラシ
8. 2015年10月28日 21:00:31 : bwEaAxJTT6
ヒル(子供の頃田舎の川でじゃことり(都会の人は知らんだろうから補足すると小エビやドジョウなどとる遊び)していて知らないうちによく血を吸われたものだ、かゆいかゆい)の溢れた池にアヒルが好き放題があがあ言ってるのがクオリティペーパーたらんとしてもがいている某紙ですか。なるほど、納得。

9. 2015年10月28日 23:01:53 : wPAs8CRB32
>>2参考
1980年:全斗換大統領就任
    光州暴動事件
1985年:韓国で学生運動が盛んになり、「北朝鮮は天国」という宣伝・信仰が大幅に普及

1988年 - 1993年:盧泰愚大統領在任期間

1990年:鹿内信隆死亡
1992年:鹿内宏明、産経新聞社取締役会にて突然会長職を解任

1993:金泳三大統領
1997年:光州事件が韓国の記念日化
1998年:金大中大統領=北朝鮮派支配頂点

=====================================
やはり1992年は韓国は軍隊出身大統領、産経は鹿内支配・韓国友好の時代ですね
そして朝日新聞は韓国を右翼として非難、と現在とちょうど逆なわけだ

ということは産経の記者は社長の方針に従った記事を書いた。
朝日の植村記者は社の方針に従った、というよりは
妻が朝鮮人という家庭の事情(朝鮮では家族・親族第一)から韓国に味方していたと考えられる



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK195掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK195掲示板  
次へ