★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 137.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
生活小沢代表、共産党との共闘を拒んでいる野党を一喝!(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/137.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 11 月 05 日 22:54:53: EaaOcpw/cGfrA
 

http://31634308.at.webry.info/201511/article_5.html
2015/11/05 22:51

昨日のブログで、野党第1党の民主党が、共産党提案の野党連合に対してとっている、やるのかやらないかの分からないウダウダした態度を批判して、与党、マスコミ(読売)が嫌がる共闘を邁進すべきと書いた。

今、野党の中で最も先見性があり、且つもっとも政治を知っている生活の小沢代表が、民主(維新)に業を煮やして以下の講演をしていることが産経新聞に出ていた。この記事が自公支持の産経に出ていることも不思議であるが、産経が小沢氏を注意してウオッチしているのがよくわかる。

小沢氏は、「共産党に先を越されてどうするんだ」 と述べたそうである。これは、明らかに民主党に発した言葉である。以前居た民主党が共産党も御せず、逆にオタオタしていることに怒っている。この怒りは今の与党にほとほと辟易している国民の声でもある。

以前のガチガチの共産党が本気になって変わったが、本来野党をリードすべき民主党が、共産党とは組めないなどとアホなことを言っている。ある意味、以前の共産党より、頭がガチガチであることを示している。

小沢氏は『共産党と共闘するなんて、けしからん」と言っている人がいる。しかし、明治維新は殺し合いの戦争をしていた薩摩と長州が手を握って初めてできた。』と述べたそうである。本当に政局の真理を突いていると思う。共産、民主の、どちらが薩摩か長州かわからないが、少なくとも民主には西郷隆盛、桂小五郎は居ないということだ。今、小沢氏が、薩長をむすぼうと坂本竜馬の役を買って出ているが、小沢氏は今の幕府の安倍政権を倒せば、若い世代に政治を任せたい(引退する)と言っている。それまでは自分は死ねないとも言っている。


橋下氏が興した維新はまやかしの維新であった。おおさか維新は、また幕府に擦り寄っている。幕府を倒し本当の維新を起こせる政治家は民主には見当たらない。頭がコンクリートの岡田代表には務まらない。つまり、変われないのである。ここは、小沢氏ぐらい大局を見られる人物を担いで自公に対峙しないと、野党をまとめることが出来ないと考えている。


小沢一郎氏「共産党に先を越されてどうするんだ」
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%b0%8f%e6%b2%a2%e4%b8%80%e9%83%8e%e6%b0%8f%e3%80%8c%e5%85%b1%e7%94%a3%e5%85%9a%e3%81%ab%e5%85%88%e3%82%92%e8%b6%8a%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%a0%e3%80%8d/ar-BBmPaWW#page=2

■生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表

 一強多弱国会で格差は広がり、国民は自民党政権に不満を持っている。我々が受け皿を作らなければならないと言い続けてきたが、思いがけず一番先に反応したのが共産党だった。

 皆、共産党というと色眼鏡でみる。しかし、野党が連携し、安倍政権を倒さなければならない。政権交代のため、共産党は各党協力に向けて本気になって変わった。二の足を踏んでいる各党が共産党に先を越されてどうするんだ。

 (共産と)一緒の政党になることはないが、自民党政権は国民のためにならず、代えなくてはならない。そのために、野党が協力するという点で一致している。国民のために手を結ばなければいけない。

 「共産党と共闘するなんて、けしからん」と言っている人がいる。しかし、明治維新は殺し合いの戦争をしていた薩摩と長州が手を握って初めてできた。

 政党がどうだとか、あいつが好きだ嫌いだとか言っていたら政治にならない。何とかして今年中に野党連携のための合意をきちんと取り付け、来年の参院選に臨みたい。(4日、石川県小松市内の講演で)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ジョンマン 2015年11月06日 01:47:30 : 6nagECQfUT4Mc : M6WRxFCM2o

「今だけ、金だけ、自分だけ」しか考えられない奴らは恥を知れ❗


2. 2015年11月06日 03:12:28 : ZFdNQ7RHT6
民主党の居残った連中は
55年体制の社会党なんだ
結局自民党に手を貸した
自社さ政権に作った連中同類
政権とって苦労するより
自分らの議員身分がほしいだけ
結局、きれいごとばかりだ
自民党も含めていらない
議員は誰でもなっていいんだ
だめなら次はただの人すればいい
うそつきペテン師どろぼうを
いつまでも バカ殿なのに
引きづり降ろさないから
弱い者いじめがまかり通るのだ

3. 2015年11月06日 10:42:27 : FSzWKVQLB2
>生活小沢代表、共産党との共闘を拒んでいる野党を一喝!

野党共闘が成就するまで、一喝に留めず十喝でも百喝でもやるがよかろう。


4. 2015年11月06日 12:48:55 : oWsYoOLlMP
グチャグチャ抜かしている
民主党議員たちには次はない!
そんな中途半端な野党議員はいらんのだよ
そんなこともわからんようでは
国民の怒りがわかるはずない!

国民は怒ってんだよ
暢気な民主党議員さんたち!
安倍を倒してくれるんかい?
くれないのかい?
それによって誰に入れるかが決まるんだ


5. 2015年11月06日 15:33:50 : WzFlUn53lM
04>さんに同意。ずっと共産党と、という事ではない、あの戦争法案をまず廃案にする為に野党が一丸とならない事には自公政権は倒せない。国民の気持ちが解らない民主党など議員として失格、何を考えているのか、グズグズしているそんな暇はない筈、民主党はもう邪魔にしかならない、無い方が増し、岡田代表の優柔不断な人間ではもう期待出来ない。益々民主党支持が減るでしょう。

6. 2015年11月06日 17:04:34 : w0BePBKKEU
でもさ、民主党に 即決迫るのは 無理。野田トンやそのいっぱ 松下政経が
いるんだから。

だから、そんなみんす から 飛び出す 侠気が必要だよ。

いわゆる「命もいらず、名もいらず、富も 名誉も いらぬ」人間が

今の政界に いるのか。こんな人間が そろえば権力が一番 怖がるのは
こんな集団ができることだ。


7. 2015年11月06日 22:06:51 : 50YHVPZ5Xs
民主党の中から「松下政経塾」の奴らを引き剥がせば大分違うだろうよ!

8. 2015年11月06日 22:52:19 : BFSTP3A2ZU
太陽と北風。
引き剥がそうとすると、余計にしがみつく、どうしようもない連中だ・・・

やはり、元から絶たなきゃダメか?


9. 2015年11月07日 05:37:12 : PatCAjlV8I
ははは

所詮、こんなもんだろーよ

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

10. 2015年11月07日 10:41:06 : LY52bYZiZQ
2015年11月7日(土)
小沢代表が政権交代強調

“好き嫌い超え野党連携を”

 生活の党の小沢一郎代表が、「政党がどうだとか、あいつが好きだ嫌いだとか言っていたら政治にならない。何とかして今年中に野党連携のための合意をきちんと取り付け、来年の参院選に臨みたい」と、日本共産党が呼びかける国民連合政府構想に賛同を表明した発言が「朝日」デジタル版4日付で紹介されています。

 4日に石川県小松市内で行われた講演での発言。小沢氏は「みんな、共産党というと色眼鏡でみる。しかし、野党が連携し、安倍政権を倒さなければならない。政権交代のため、共産党は各党協力に向けて本気になって変わった。二の足を踏んでいる各党が共産党に先を越されてどうするんだ」と強調しています。

 これに対し、日本共産党の志位和夫委員長はツイッターで「小沢一郎さんから、心強いメッセージ」「好き嫌いを超え、大義のもとに結束しよう!」と応えています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-07/2015110702_02_1.html


11. 2015年11月07日 15:45:18 : sPrbnXUCGI
>>5
>あの戦争法案をまず廃案にする為に

この人に限らず、すでに成立したものに対していまだに「法案」「廃案」という言葉を使っている人をよく見かけるけど、日本語を理解できないバカなのかな?
たいてい反対派の連中なんだけど、読解力とか理解力ないから安保法を理解できず反対してるんだろうなとつくづく思う。


12. 2015年11月07日 17:25:12 : LKXRYf922A
この小沢さんの発言は,まったくもって正しいし,その方向で行動してもらいたい。
先日の民主の岡田党首との会談で,「民主がリーダーシップを取ってほしい」と言ったそうだが,そんな遠慮をしなくてもいい。本当に坂本龍馬になって,民主と共産の間を取り持つぐらいの動きをしてくれることを期待する。

最近はこの阿修羅で,「民主などもう相手にするな」というコメントが増えているね。確かに沖縄のように,民主も維新も入れなくても勝てるのなら,それに越したことはない。残念ながら本土では,民主抜きでは自民に勝てないという現実があるのだね。
松野維新はどうせ泡沫政党になるだろうから相手にしなくてよい。おおさか維新は大阪の地域政党としてそれなりの勢力を維持するだろうが,安倍政権に色目を使うから論外。



13. 2015年11月07日 17:32:26 : I1XjWJGlks

  東大での坊ちゃん(岡田屋)で官僚等公務員支配を


  望んでいる岡田代表には理解が出来ないだろう。


  共産党も含めた野党共闘は必然であり、それを推し進めるに辺り


  現実を帯びてくるとまたどこかの組織が横槍を入れる。


  そしてバカな国民が踊らさせられる。バカである。



14. 2015年11月07日 22:54:03 : GkcEj4z0o6
得意の手わざで自民党と民主党をぶっ壊せ
反日団体の日本会議系議員を孤立させて丸裸にしてくれ

15. 投稿不得意 2015年11月07日 23:21:03 : amykUOhVG22NY : hePqnfB0bU
2012年に民主党がしたことを考えれば、国民主権連合とは真逆であることが明らか。共産党は言い訳。既得権勢力に加わりたい人たち。
未来の党を国民に見えなくするため維新の党がでてきた。国民主権連合を国民に見えなくするため維新分裂さわぎが起こった。維新が真逆であることはあきらか。既得権勢力に加わりたい人たち。
この2党は、既得権勢力に逆らうことはなく、国民主権連合から離れれば、何もできず消えていくでしょう。
2012年の失敗を繰り返すのはやめましょう。

16. 2015年11月08日 00:59:48 : Vu6GJJXzqg
小沢さんはいつもまっとうなことを言うお方だ
政治家の中の政治家
安倍のへなちょこはとっとと総理を辞し小沢さんに三顧の礼をもって「総理大臣になりどうかこの国を導いてください」と言えないのか
民主党の中は今どうなっているのかな
二人ほど岡田に不満を言っているようだが他の者は蝙蝠を決め込んでいるのかな
どっちにつくべか
前原やモナ男の顔色伺いながら岡田も思案六法苦しんでいるのだろ
どのみち民主と維新の党だけで選挙勝てるわけもない
天国に向かうか地獄に向かうかいずれ道は決まるだろう
もう暫く寝て待とうか
福山、蓮舫
国会での涙の演説は演技だったのか、隠れずに態度をはっきりしろ

17. 2015年11月08日 01:05:07 : FoozYI3PZF
>>12.LKXRYf922Aさん
こんばんわ。
ても勝てるのなら,それに越したことはない。残念ながら本土では,民主抜きでは自民に勝て勝てないという現実があるのだね。

この冷静な見方に私も同意です。
どうも我々日本人は極端に走り過ぎてしまう傾向があるような気がします。

折角、長年かけて富士山の五合目まで登ってきたのにも関わらず、何故我々国民は頂上を目指すのではなく自ら下山する方向に進んでしまうのでしょうね。

共産党の提案に気持ちよく乗れない民主党。かといって当然ですが民主党という政党自体に乗れない国民。

この何ともいえない空気感の中で、ただ時間だけが過ぎていくという膠着状態。

何故、以前には決して出来なかった事が出来るようになったのに我々国民は自ら下山する道を選ぶのでしょうね。不思議でなりません。

安倍政権の憲法違反が明らかなように、民主党の論理矛盾も明らかですし、それらを鑑みた上での別ルートも既に示されているのですけどね。

ひとつ断言出来ることがあるとすれば、我々国民にとっては政治家に対する期待値として政策実現より大切な事はありませんが、肝心の政治家、特に自公政権に至ってはその大切な事など寧ろ重要ではなく、彼等にとっての最大の脅威とは理想を掲げた政策などではなく数そのもの。それこそが自公にとっての最大の脅威だということです。

果たしてこの重要性を共産党の志位委員長や生活の小沢一郎、更には庶民目線の山本太郎さんなどは既に重々承知している事でしょう。

心配なのは我々国民自身がそれをきちんと理解しているかどうかという事でしょうね。
この後の展開は結局我々国民の意識そのものにかかっているのかもしれません。

都民


18. 2015年11月08日 05:30:34 : LKXRYf922A
>>15. 投稿不得意さん

>共産党は言い訳。既得権勢力に加わりたい人たち。

省略が多すぎるので,この文章はわかりにくい。

「共産党は綱領に『革命』を掲げる政党だから,共産党とは政権をともにすることはできない。」というのは,民主党の言い訳です。
本当のところは,民主党は既得権勢力に加わりたい人たちの集まりです。」

と書いてくれないかな。

はじめは,「共産党は言い訳ばかりする党で,既得権勢力に加わりたい人たちの集まりです。」
と言いたいのかと思ってしまった。


>>17 都民さん

志位さんは,民主党との連携をまだあきらめていません。

読売新聞の記事より
http://www.yomiuri.co.jp/politics/?from=ylogo_c

「ハードルだから壁じゃない。壁は越えられないが、ハードルは越えるものだ」
(引用終わり)

私は,民主党の議員にメールを打ち続けています。
宛先は,ここから辿れます。
https://www.dpj.or.jp/members

(人によって,ホームページの「ご意見・ご感想」欄に入力する場合と,直接メールを打つ場合があります。)


20. 2015年11月08日 12:15:30 : FoozYI3PZF
>>18.LKXRYf922Aさん
こんちわ。

>民主党の議員にメールを打ち続けています。

民主党との連携を諦めていない志位委員長、それにLKXRYf922Aさんの姿勢も素晴らしいと思います。

党派を超えて一つにならなければ自公には勝てないですからね。

私も民主党という政党のあり方など全く支持していませんか、それでも今は小異を捨ててひとつにならなければならないと思います。

民主党は嫌いですが一応野党統一候補という認識は最低限共有しています。

この時点で実は勝つ事はもう見えているのですよね。

何故なら与野党一騎打ちの構図でさえあれば、後は我々国民が自公の対立候補に票を入れるだけで良いのですから。これが富士山の五合目です。

現在は民主党の対応に非難が集まっていますので、次の段階はどうやってこの与野党一騎打ちの構図の中で民主党という政党に関しての国民感情を除去する事が出来るのか。

これが出来なければ例え与野党一騎打ちの構図で国民の受け皿が出来たとしても、その受け入れがたい民主党候補へ肝心の我々国民の票を集める事が出来ません。

しかし、国民の支持を集めた共産党、それと、国民の批判を集めた民主党の対応。

実はこの二つの在り方とは別に、これらの状況を踏まえた上でもう一つの別ルートが既に示されていると私は思います。

この方法であれば、共産党も民主党もそれに我々国民も一つになる事が出来ると思うのですが、現在は何故か民主批判にばかり世論が動き、その唯一合意形成に至れる可能性のある方法は何故か余り注目されません。

私はこの談話という形で提示された方法が一番良いのではないかと思うのですが、LKXRYf922Aさんはどう思いますか。オリーブの木という言葉の意味は別として一つの方法としてという事です。

結果として小沢一郎の談話という形になってしまいますが、私が良いと思った理由は別に小沢一郎だからという訳ではなく、あくまでもその案そのものです。他の誰かの提案でもその案自体の価値は変わりませんが、残念な事にはこうした提案を小沢一郎以外から聞いたことがありません。
以下に談話からの抜粋をコピペします。


>選挙時の届け出政党を既存の政党とは別に一つつくり、そこに各党の候補者が個人として参加するというものです。

その際、候補者は所属政党を離党することも既存の政党を解党する必要もありません。選挙区調整では自党の候補者が選挙区から出ていないと、どうしても自党の比例区の応援に力が入ってしまい本当の野党結集にはなりません。しかし「オリーブの木構想」なら、選挙区も比例区も一緒に戦うわけですから、本当の力の結集になります。

野党連携の政治的な旗印は、「非自公」、「反安保法」など主要政策の一致で良いと思います。政策論議で細かいところまで詰めて一致させる必要はありません。国会の場でも、党議拘束を外せば同じ政党内でも各議員の考えで賛否の意思表示をすることができます。同じように、野党連携も国民にとって重要ないくつかの問題を共有できればそれで十分です。


以上ですが、この方法であれば民主党という党を別として国民も気持ちよく票が入れられますし、尚且つ自公に対峙するための数も党ではなく議員個人として集積する事が出来ると思うのですがいかが思いますか。

都民


21. 2015年11月08日 12:27:03 : uQOngzYZJw
既成政党がいくら集まってもう受け皿にはなりえないんだよ
得票増えてもそれは一時的なもので現政権に対する批判票でしかないから

だから、民主党を潰すあるいは泡沫政党に追いやるために民主党ヌキでその共闘とやらをやったほうがいい
今のどの既成政党にも飽き足らない層の受け皿ができるのは民主党が無力化した後だ
順序を間違えたら失敗する


22. 2015年11月08日 13:02:58 : w0BePBKKEU
野党統一は むつかしいことは 百も承知の上で 勇気をもって船出しなくては

いつまでも グニャグニャしていると 国民はから そっぽを向かれる。

民意は 我にありだ。迷っているものを 待っているほど 時局は ゆったりしたものではない。

GO GO Go みんすも 維新も 世間の道理には かなわぬはずだ。

協賛・社民・生活・シールス若者学生の会・学者の会・弁護士の会

民主主義を守るかい。夫人の会。そうした 諸団体の結合と 場合によっては

それらの人たちの中から 新人の発掘・民主や維新からの自由参加などを
合わせたほんとうの国民政党ができるかもしれない。

いや、絶対にできる。


23. 2015年11月08日 22:29:14 : yOiQVgWWzM
>>22. 2015年11月08日 13:02:58 : w0BePBKKEU 様

同感です

第二の第三の山本太郎は満を持している


24. 2015年11月09日 07:58:41 : LKXRYf922A
>>20 都民さん

回答が遅くなって申し訳ありません。民主に対する働きかけは,今しばらく辛抱強く行うことを前提に書きます。

まず,志位さんは「大異を横に置いて大同につく」と言っています。
たとえば日米安保条約や自衛隊をどうするかについての意見の差は,決して「小異」と言えるものではなく,大きな違いです。
でも,各党は,独自の政策を捨てる必要はありません。それは党の政策としては維持していてもいいが連合政府にはそれを求めない,これが「横に置く」ということです。「凍結する」ともいっています。意味は「現状を維持する」ということです。
だから急迫不正の侵害には改悪前の自衛隊法と日米安保条約に従って対処することになります。
自衛隊の出動もあり得ます。米軍に出動要請することもあり得ます。
これが連合政権ではなく単独政権になったら,当然,党独自の政策を実行することとなります。

以上について,かつて村山政権時代の社会党が,党の政策をすべて投げ捨てたこととは全く違うということは,ご理解いただけると思います。


小沢さんの言う「オリーブの木構想」とは,比例区での統一名簿のことですね。
これは本家であるイタリアのオリーブの木がとった戦術とは違うような気がするのですが,それは置いといて。
まず選挙協力は,やはり小選挙区で統一候補を立てることが中心となると思います。
参議院の二人区では,二議席独占できる可能性がある時は二人,自民に二議席独占される恐れがある時は一人にするのがいいでしょう。
三人区以上では特に協力はいらないと思いますが,それでも三人区なら二人まで,四人区なら三人までといった制限はある方がいいですね。

では党派別の候補者数をどう決めるか。これが難しい問題ですが,イタリアのオリーブの木では,独自に世論調査を行い,その比率で決めたそうです。
本当にそれをすると,多分民主党が承諾しえない比率になるでしょう。たとえば民主党が50人,共産党が40人という比になったら。
沖縄県知事選挙では,統一候補として,保守票も取れるということで,元自民党沖縄県連幹事長の翁長さんを擁立したのです。
イタリアのオリーブの木でも,きわどい勝負になっている選挙区では,中道の人を立てたそうです。
つまり許容できる範囲で,できるだけ右寄りの人を立てるほうが,幅広い支持を集められるというわけですね。
以上を考慮すると,支持率の比以上に,民主党の候補を多く立てざるを得ないと思います。

で,比例区についてですが,本来は協力はいらないはずです。獲得議席は得票率にほぼ比例しますから。
統一名簿にした場合の利点は,相乗効果が期待できることです。
よく1+1が3にも4にもなるといいます。特定の政党の色が薄まる分,支持政党なしの層の票を取れるということです。

欠点は,各党の議席配分を有権者が選べないということです。国民連合政府を支持する人の中でも,民主党支持の人と共産党支持の人では,思いは同じではありません。
当然自分が支持する政党が議席を増やしてほしいでしょう。
この比率を有権者ではなく各党のボスが交渉で決めるというのは,私には気に入りません。
ではどうするのがいいか。私は,有権者の投票行動を,各種アンケートを取って分析してから決めるのがいいと思います。

更にもう一つ問題があるのですね。社民党は比例区の改選議席が2,生活の党は1です。
2013年の参議院選の比例区での獲得議席数は,社民党は1,生活の党は0でした。
両党とも国会議員数は5です。政党要件維持のために現状から一つも落とせません。
でもそれが可能か?大変厳しい状況になっているのです。
だから,絶滅危惧種を保護,と言えば怒られるかもしれませんが,この両党に協力してくれた見返りを与えるための統一名簿というのはありかもしれませんね。
(正確にいうと社民党は2013年の参議院選と2014年の衆議院選での比例区の得票率が2%以上あるので2019年まで政党助成金法上の政党要件を維持します。
 生活の党はどちらの選挙でも2%未満の得票率でしたから,一人でも落とせば直ちに政党要件を失います。)

届け出政党を一つにするというのは,この統一名簿の考えを小選挙区にも発展させたものですね。

いずれにしても,私は,まず連合政府を作るということの合意が最優先であり,統一名簿にするかどうか,届け出政党を作るかどうかについては,その後の議論になると思います。
小沢さんの提案があまり注目を集めないのは,ここに原因があるのではないでしょうか。WHATが優先で,HOWはその後です。逆にしてはいけません。
ついでに言うと,この辺のことが小沢さんに対するマイナスイメージ,つまり政策より政局を優先する,権力闘争重視の人と見られる原因にもなっていると思います。

党議拘束について書かれていますが,私はこれを外すのは難しいと思いますよ。下手をすれば内紛により党が分裂する恐れがあります。

最後になりますが,私はオリーブの木という言葉を多用するのはどうも気に入りません。イタリアの猿まねであり,日本人として恥ずかしくなります。



25. 2015年11月09日 12:10:14 : vmHaA9iNEk
>>24.LKXRYf922Aさん

こんにちわ。
貴重なご意見ありがとうございます。

都民



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ