★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 375.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
医療機関の消費税「損税」説は錯誤、他の業種より消費税で優遇:設備投資を盛んにやっているところ以外は無問題
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/375.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 11 月 11 日 04:17:37: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 「損税」で病院破綻! 消費税の矛盾が医者を貧乏人にする(サンデー毎日) 投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 11 日 02:00:05)


 「軽減税率」反対キャンペーンを阿修羅でひっそり行っているものとして、「世の中には「新聞社は軽減税率実現のため、安倍政権におべっかを使っている!」という見方もある(これは邪推だと思うが)。新聞、雑誌は「軽減税率」を勝ち取るために、今まで築いた「信頼」をなくしてよいのか?」と書いてくれている牧氏に感謝したい(笑)。

(安倍政権におべっかを使っているのは、「軽減税率」だけではなく、もっとトータルな利益のためだから、そういう考えを邪推で済ますわけにはいかない)

 さて、本論に入る。

 指摘されている「損税」問題は、医療関係者のあいだで根強く語られている話である。

 医学部を修了し国家試験もクリアしているはずの医者までがおかしなことを言ってしまうのが“悪魔の税制”消費税のワナである。
(わかっているうえで自己の利益のためにウソをついているひとがいないわけではないと思うが)

 医療機関の「損税」問題は、消費税「非課税制度」の真実を突いているところは評価するとしても、消費税で、他の業界に比べずっと恵まれた環境に置かれている医療機関が口にできるような内容ではない。


【引用】
「 公的医療保険による医療費は「医療に消費の概念はなじまない」との主張が通り、1989年の消費税導入当初から「非課税」である。保険診療に関する収入は消費税率と関係なく、政府が決める診療報酬に基づいた金額になる。

 その一方で、医療機関は消費税分が上乗せされた医療機器や医薬品、医療材料などを購入する。仮に2億円分の"仕入れ"があるならば、8%分の1600万円の消費税を仕入れ業者に支払うことになる。患者に代わって消費税を払っているのだ。医療関係者は、これを「損税」と呼ぶ。」

【コメント】
 まず、消費税制度に伴う上記のような「損税」を厭うのなら、自由診療一本で経営すればいい。
 自由診療なら、医療価格を自由に設定できるうえ、患者に消費税を転嫁することもできる。そして、決算時に、“仕入”で支払ったと思っている消費税(この例では1600万円)を控除して(差し引いて)消費税を納めることになる。

 「損税」と言う保険診療医療関係者に問いたい。「あなたは消費税を納付していますか?」と。
 自由診療分は別として、保険診療については消費税を1円も納付していない。
 まさか、「仕入れでウン千万円支払っている!」とは答えないだろう。
 消費税は、入湯税などと違い代行納税する事業者に支払うものではなく、決算時に税務署に直接支払うものである。


 記事にある、「2億円分の"仕入れ"があるならば、8%分の1600万円の消費税を仕入れ業者に支払うことになる。患者に代わって消費税を払っているのだ。医療関係者は、これを「損税」と呼ぶ」というのは、消費税制度に関する財務省などのゴマカシ的説明に乗ったもので誤りである。

 「損税」説を意訳すると、「2億3千万円の“売上”があったが、そのために必要な“仕入”が2億円あり、仕入の2億円には転嫁された消費税が1600万円ほど上乗せされている。現状の粗利は1400万円だが、消費税がなければ3000万円になっていたはずだ」という“嘆き”である。

 この問題で肝心なことは、保険診療の診療報酬が消費税増税を考慮して算定されていることである。消費税が導入されたとき、消費税が3%から5%になったとき、5%から8%になったとき、診療報酬の点数は見直され、消費税込み仕入れ価格の上昇で医療機関の収益が減少しないよう配慮されている。

 そのような配慮が届かないのは、建物などの新築や修繕改装そして“過剰な”検査機器などの導入である。
 平均レベルより設備投資に励むと、厚労省が配慮した診療報酬点数の引き上げでは追いつかない。


 医療機関の経営者たちに問いたい。「非課税の適用を受けない品目を商っている一般の事業者とあなたたちは、消費税に関してどちらが優遇されていると思いますが?」と。

 答えは、「輸出免税」のメリットを享受している事業者は別として、医療機関のほうである。

 一般事業者に、診療報酬のように販売価格を引き上げられる“保証”はない。
 他の事業者との競争のなかで、なんとか増大した消費税負担を取引先(消費者を含む)に転嫁しなければならない苦しい立場にある。


「2億3千万円の“売上”があったが、そのために必要な“仕入”が2億円あり、仕入の2億円には転嫁された消費税が1600万円ほど上乗せされている。現状の粗利は1400万円だが、消費税がなければ3000万円になっていたはずだ」というケースを一般事業者レベルで説明すると、

「競争が激しくて消費税込みの価格が思うように引き上げられず、売上も落っこちたため、最終税込売上は2億3千万円だった。仕入は、なかなか値引きして貰えず税込で2億1600万円だった。粗利は1400万円で、納付しなければならない消費税は112万円になった。消費税を差し引くと手元に残る粗利は1288万円だから、増税前に較べるとだいぶ減ってしまった」という現実もある。


 消費税制度そのものに反対で廃止すべきだと思っているが、非課税と公定価格というダブルの優遇を受けている医療機関は、トヨタ自動車などのグローバル企業ほどではないとしても恵まれた立場であり、「損税」といった表現を用いるべきではない。

 医療機関は、消費税増税に見合う診療報酬の改定を求めれば、消費税増税に伴う減益問題は解消するのである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月11日 10:51:02 : kfLfKPPJc6
ばかじゃないのか。医療費に消費税掛けたら40兆円の
1割4兆円医療費負担が増えるだろう。
国民生活、健康保険財政から政府会計まで負担は重くなる。

お人よし医師会は医療費に税金をかけるな、という思いでやったのだろうが
自分が負担するとまでは思っていなかったわけだろ。

医療は消費かよ。自由診療? 盲腸手術250万、足の骨折750万。
あっしらさん払えるのか?
これがアメリカ医療現実だ。目隠しされた猪突猛進的な妄言を吐きまくるなよ

輸出戻し税は10兆円か?消費税値上げしても企業減税に回るだけだ。

消費税は全面廃止だな。


2. 北の吟遊詩人 2015年11月12日 21:49:24 : 3lfvZQ5gr4BHg : Kpq7df7vXg
>消費税制度そのものに反対で廃止すべきだと思っているが、非課税と公定価格というダブルの優遇を受けている医療機関は、トヨタ自動車などのグローバル企業ほどではないとしても恵まれた立場であり、「損税」といった表現を用いるべきではない。

はあああ?
保険診療だけでまじめにやってるところは火の車だよ?
でなきゃ過労死。

あんたみたいな無知が医療崩壊を加速させる。
皆保険は崩壊寸前。
医療を守る気があるのか?
ないだろうな。
私は>1さんの意見に賛同します。

消費税と診療報酬費のマイナス改定では、医療機関自体がやっていけない。


3. ルパン内科医[1] g4uDcIOTk@CJyIjj 2015年12月15日 01:08:01 : aRajLGnKW2 : gjznbGUkO_k[1]
無知すぎて話にならないこの筆者

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ