★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 384.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
拉致は金正日の国策だったと報じた東京新聞の大スクープ  天木直人(新党憲法9条)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/384.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 11 日 09:00:05: igsppGRN/E9PQ
 

北朝鮮の工作員養成機関の内部文書の一部。「1.拉致による情報資料収集」(赤線)と題された項目では、「首領(故)金日成同志は次のように教示された。敵情をよく理解し、戦闘しなければならない」(青線)などと記述されている=城内康伸撮影 :東京新聞


拉致は金正日の国策だったと報じた東京新聞の大スクープ
http://new-party-9.net/archives/2903
2015年11月11日  天木直人のブログ 新党憲法9条


 きょう11月11日の東京新聞が一面トップで大スクープを書いた。

 すなわち、北朝鮮の拉致は金正日総書記の命令による国策だったと。

 東京新聞が入手した内部文書で明らかになったと。

 金正日総書記は2007年9月の小泉訪朝で、「特殊機関の一部が盲動主義に走って」行ったものだと説明した。

 それがまったくのウソだったのだ。

 小泉・田中コンビは、騙されたか、国民を裏切って金正日と手を結んだかのどちらかだったのだ。

 もっとも、当時、そのような金正日の説明を信用する日本国民はいなかったに違いない。

 それでも、こうして北朝鮮の内部文書により、拉致が国策だったことが判明したことは、やはり衝撃的だ。

 このような内部文書を独自に入手した東京新聞は大手柄だ。

 そして、このような情報を入手した以上、それを国民に知らせるのは当然だ。

 しかし、である。

 ここからが、私が言いたい事だ。

 この大スクープは間違いなく安倍政権の拉致問題解決を困難にさせる。

 なぜならば、国民感情は北朝鮮許すまじということになり、ただでさえ頓挫している日朝交渉は、対決一辺倒にならざるを得ない。

 それでも拉致問題解決の努力は続けなければいけない。

 そして拉致問題の解決は実現しなくてはいけない。

 そして、その解決は、私がかねてから提唱して来た通り、日朝国交正常化交渉と一体の形で包括的に解決するしかないのだ。

 拉致問題が国策であった以上、それは北朝鮮の国家的責任だ。

 その一方で、北朝鮮が繰り返し主張する、拉致を上回る北朝鮮人の犠牲者を出した日本政府の責任もまた国策だ。

 常化交渉と一体の形で包括的に解決するしかない。

 好むと好まざるとに関わらず、拉致問題の真の解決は、日朝国交常化交渉と一体の形で包括的に解決するしかない。

 しかし安倍政権には決してそれが出来ない。

 それが一番の問題なのである(了)


            ◇

北朝鮮拉致 国主導示す 工作員養成の内部文書入手
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015111190070314.html
2015年11月11日 07時03分 東京新聞

 【北京=城内康伸】本紙は北朝鮮の工作員を養成する「金正日(キムジョンイル)政治軍事大学」(平壌)でスパイ活動の目的や方法を教育する際に使用する内部文書を入手した。拉致工作の重要性を指摘し、その方法などを詳細に記述している。朝鮮労働党関係者によると、金正日体制下の一九九〇年代後半に作成されたとみられる。拉致について教える文書の存在が確認されたのは初めて。最高指導部の方針に従った国家挙げての工作活動の一環だったことを裏付ける一級の資料となる。

 内部文書は、金正日政治軍事大学が発行した「金正日主義対外情報学」という題名の対外秘密に指定された文書。入手したのは、その上巻で、三百五十六ページという膨大な量に上る。労働党関係者によると、金正日氏が総書記に就任した九七年以降に作成され、少なくとも総書記が死去した二〇一一年まで、海外で活動する工作員を養成する過程で使われていたという。

 金総書記は〇二年九月に行った小泉純一郎首相との会談で、「八〇年代初めまで特殊機関の一部が妄動主義に走って」拉致を行ったと釈明した。しかし、今回の文書で、北朝鮮がその後も、少なくとも拉致に備えた準備を周到に行っていたことも併せて判明した。

 文書は冒頭で「首領(金日成(キムイルソン)主席)が創始した対外情報理論を、金正日同志は深化発展させ、党が対外情報事業(活動)で指針とするべき理論的武器を準備した」と強調。文書に盛り込まれた工作活動が、金総書記の指導に基づくことを明記している。「工作員を情報核心として養成すると同時に、派遣組織(の運営)事業をしっかりと行わなければならない」との金総書記の言葉を紹介する。

 拉致については「情報資料の収集や敵瓦解(がかい)をはじめとし、さまざまな工作で適用される」と説明。「拉致対象の把握では、住所や頻繁に出入りする所、日常的な通行ルート、利用する交通手段、時間などを具体的に把握しなければならない」などと列挙し、拉致における重要事項を挙げた。

 また「拉致した人物が抵抗する場合、処断することもできる。その場合には痕跡を残さぬようにしなければならない」と、拉致対象者の殺害にまで、内容は及んでいる。

 「拉致」など工作にかかわるいくつかの言葉は、北朝鮮の発音ではなく、韓国の発音に基づいて表記されるなど、工作員の主要な活動領域である韓国の実情に合わせて訓練されていたこともうかがわれる。

 <金正日政治軍事大学> 朝鮮労働党、軍、政府機関などの幹部となり得る人材の育成と工作員を養成する教育機関。別名で「労働党130連絡所」「人民軍695部隊」とも呼ぶ。1946年に設立された金剛学院が前身で数度の名称変更後、92年に現在の名称に。教育期間は4年とも6年ともいわれる。海外で活動する工作員の養成過程では、射撃や格闘、水泳、語学などを徹底的に教育。87年に起きた大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫元死刑囚は前身の金星政治軍事大で、1年間の短期集中教育を受けたとされる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月11日 09:21:35 : LY52bYZiZQ
西側メディアの言い分を丸呑みにして批判せずに報じる日本のメディアに北朝鮮の国内情勢を正確に分析しようというのは無理だし、国会議員も一部を除いて北朝鮮とのコネなど持っていないから事前に騙されないように綿密に情報収集をして訪朝するというのもほとんど無理。あるのはくだらない民主党の中に北朝鮮の工作員がいるという根拠のない決めつけぐらいしかない。これでは外交で失敗して当然。

2. 2015年11月11日 09:57:37 : yT4WIzSo8A
(ヾノ・∀・`)ムリムリ。
どうしても拉致被害者を救出したいなら、生死の確認、居場所の特定を確実なレベルで把握し、特殊工作員の潜入によって奪還するしか現実的な方法はない。

それですらカフェオレから牛乳を取り出すぐらいのレベルの話だというのに、国交正常化とか隣の韓国ですら上手く行ってないのに、同じ民族の国である北朝鮮との国交正常化だなんて天地がひっくり返るレベルでも無理。

一番現実的な方法ですら、拉致被害者のコラテラル・ダメージ込みで全面的にやりあって、帰ってくればラッキー程度のレベル。
つかこの記事の内容が本当なら宣戦布告と同じ。
こんなならず者国家は存在しちゃいけない。
遺憾の意で済むようなレベルじゃない。
もう戦争しか道は残ってない。
他国の主権を侵しておいて、今更交渉なんてできるわけがない。


3. 2015年11月11日 11:14:44 : DCf0sOnjUY
東京新聞の記事をまずちゃんと読んでから、天木の感想を読むことをおススメしたい。

で、東京新聞の記事だがここで書かれていることは金正日が19997年から正日が死去する2011年まで北朝鮮のスパイ工作に使われてきた指導綱領を入手したというものだ。

記事タイトルだけ読むと日本人拉致を金正日が指示したかのように錯覚しがちだが、東京新聞の入手した内部文書には外国における北朝鮮スパイの活動で指導綱領に拉致も含まれる旨が記されていることをもって、日本と北朝鮮が平壌宣言を交わした2002年もそのスパイ綱領は北朝鮮では生きていたということを書いたものである。

つまり、金正日は日本人拉致は父親金日成の時代のことであって自分の代ではそういうことはしていないと小泉訪朝のときに言明したことは嘘なのではないか?という疑問を呈している記事ということである。

天木の感想はこれを踏まえたうえで北朝鮮に疑念を深める内部文書の内容だが、自制的に交渉を進めていくべきだと冷静になるように促しているわけだが、東京新聞の意図はさらなる北朝鮮指導部への懐疑醸成にあることは明白で、この記事を以って天木の言うように北と冷静な交渉をすべきだという提言はほとんど今の日本の現状では受け入れられはしまい。

北朝鮮を金王朝に虐げられた洗脳国家と数々の報道によってイメージが固まっている日本人にとって、東京新聞のスクープは特段驚愕に値しないだろう。
日本人もまたマスコミメディアの膨大な情報によって、ある意味洗脳され判断停止になっているともいえなくはない。
拉致交渉は家族会の身内が生きているうちに解決して欲しいと願う気持ちとは裏腹に、家族会のすべての身内の寿命が尽きたあとでもずっとこのまま宙吊りになったままだろうね。


4. 2015年11月11日 12:15:22 : LY52bYZiZQ
>3
>日本と北朝鮮が平壌宣言を交わした2002年もそのスパイ綱領は北朝鮮では生きていたということを書いたものである。
 
日本の拉致被害者は事あるごとに拉致事件は人権問題だと訴えるが北朝鮮から見て米韓は終戦せず休戦状態のまま継続している朝鮮戦争の敵国にあたるので拉致は自国が滅びないようにその戦闘行為の一環として行っている認識であるはずだから国のトップが入れ替わっても基本的な方針は変わらないはず。日本にも米軍基地があるので当然準敵国として位置づけられる。だから拉致事件が起きた。政府などからその辺の事情に関する説明が足りない。

5. 2015年11月11日 12:41:29 : DCf0sOnjUY
冷戦時代に起きたという現実を咀嚼する力がマスコミにも日本国民にもほとんどいない。

そのことを指摘しても、だから北朝鮮の拉致を許せというのかと食ってかかられるだけで、人道的見地から誰も(もちろん俺も)拉致を許せと思うわけがないのだが、自衛隊のスクランブルが増えたと日本の国防を危惧する論調を盛んに囃す安倍政権や右派は、冷戦時のスクランブル回数については見向きもしない。

東西冷戦、ベルリンの壁が崩壊しとき集った民衆の歓喜の姿はいかに東西の対立が影を落としていたかよくわかるニュースで、当然のことだが俺もテレビで見ながら感激していたから昨日のことのように覚えていて、要するにそれだけ厳しい局面だったということだがそれももう忘れ去られてしまっている。

>>03氏の言うように東西冷戦は終わったけれども、冷戦状態がすべて終わったわけではない。
キューバとアメリカが国交を結んだのは今年のことだし、北朝鮮と日米韓はまだ対立したままだし、ロシアとも平和条約を結べていない。

だから交渉はすべきなのだが、劣情煽動情報に洗脳された国民には無駄だろう。
安部にとっては愚民は寝ていればいいわけだから。


6. 2015年11月11日 12:51:41 : DCf0sOnjUY
>>03氏の言うように東西冷戦は終わったけれども


>>04氏の言うように東西冷戦は終わったけれども

でした。御容赦


7. 2015年11月11日 22:12:00 : tHIVKuZsdo
明朝0600時乃至夕方からの日本語放送621kHz(出力凶悪)に期待だ。
東京新聞を名指しでボコにしてる可能性在り。
労働新聞論評引用として扱って居る場合はかなりの時間を割いて
所謂「無慈悲なチャーハン」が展開される筈。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ