★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 608.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パリの悪夢の真相…勇ましい連帯で世界は“出口”なき戦争へ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/608.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 16 日 15:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

            バタクラン劇場近くで負傷者を手当てする救急隊員(C)AP


パリの悪夢の真相…勇ましい連帯で世界は“出口”なき戦争へ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/169675/1
2015年11月16日 日刊ゲンダイ


■各国がフランス支援を表明した今後の展開


 週末のパリの夜を襲った同時多発テロ。死者は少なくとも132人に上り、フランス全土に非常事態宣言が発令された。オランド大統領はすぐさま「イスラム国(IS)による犯行」と断定し、「これはテロではなく戦争行為だ」と激しく非難。「フランスは、イスラム国の攻撃に対し無慈悲な戦いを決行する」「あらゆる手段を駆使して戦う」と報復を誓った。


 事件を受け、各国首脳も相次いで連携を表明。15日にトルコで開幕したG20でも、テロ対策が主要議題に浮上し、団結してテロに立ち向かうことを宣言する特別声明が採択された。


 フランス市民を狙った無差別殺戮によって、テロとの戦いはフェーズが変わったと言っていい。仏メディアも「これはGuerre(戦争)だ」と報じている。


 卑劣なテロは決して許されるものではない。だが、「今回のテロは起こるべくして起こった」と、元外務省国際情報局長の孫崎享氏がこう言う。


「今年9月ごろ、各国の情報機関の報告でフランスでテロが起きると言われた。これにオランド大統領は空爆強化で対応したのです。それがますますIS側の攻撃決意を高めたのは間違いありません。ある日突然、テロが起きたわけではない。パリの事件は、テロを武力で封じ込めることは無理だと教えています」


 G20出席のためトルコを訪問中の安倍首相も、「いかなる理由があろうとテロは許されない。断固、非難する」と表明し、「価値観を共有する国々と緊密に連携していく」と拳を振り上げた。西側の一員として、テロとの戦いで大国と連携できることがよほどうれしいのか、「日本にできることは何でもする」とまで言っていた。


「軽々しく連携などと言うべきではありません。米国務省の『国別テロリズム報告』によれば、01年に約400人だったテロの犠牲者は14年に3万2000人に激増している。西側諸国による空爆や軍事介入は、問題を解決できないどころか、事態を悪化させているだけです。日本はキリスト教国でもイスラム教国でもないのに、積極的にコミットしてキリスト教十字軍の一員とみなされれば、日本人の犠牲者を出すという代償を払うことになります。実際、それで日本人の人質が殺されたじゃないですか」(孫崎享氏=前出)


 すでにISはプロパガンダ誌「ダビク」で「安倍晋三の愚かさにより、すべての日本国民が戦闘員の標的となった」と宣言。今年9月には、マレーシアやインドネシアにある日本の外交施設へのテロも呼び掛けた。


 そんな中、日本では新たな安保法制が成立し、集団的自衛権の行使が解禁される。このことの意味を国民はよく考えなければならない。イスラム国という怪物が生まれた原因が、米国の対イラク政策の失敗にあることは疑いようがない。そのイラク戦争を主導したラムズフェルド元国防長官やアーミテージ元国務副長官という戦争屋に「旭日大綬章」を贈るのが今の政府だ。ホンネでは、有志連合の空爆に加わりたくてウズウズしているんじゃないか。


 短絡的に「連帯」を口にしてイキがる首相を見ていると、自ら進んでイスラム国の標的になり、国民を危険にさらそうとしているようにしか見えないのだ。


■「テロに屈しない」という掛け声だけの虚しさ



G20の各国首脳(中列右は安倍首相)/(C)AP


 G20は「テロに屈しない」ことで一致した。米オバマ大統領も「裁きを下す」「壊滅に向けた努力を倍増させる」と勇ましいが、じゃあ具体的に何をするのか。さらに空爆を強化するのか。それで問題が解決しないことは明らかだ。


 オランド大統領が空爆への参加を決めた際、フランス国内で公然と反対の声を上げた人物がいた。かつて米国のラムズフェルド国防長官から「古臭いヨーロッパ」と嫌みを言われても、当時の仏外相として毅然とイラク戦争に反対し、国連で名演説を行ったドビルパン元首相だ。


 メディアに出演して「空爆によって世界各地に散らばるテロリストをわが国に呼び込むことになる」と警告し、「軍事介入はテロを根絶するのではなく、テロの土壌をつくってしまう」と断言していたが、その予言通りのことが起こってしまった。今回のパリのテロだ。国際ジャーナリストで早大客員教授の春名幹男氏が言う。


「武力は憎悪の応酬を呼ぶ。追いつめられたIS勢力は自分たちの支配領域から出て行って各国で自爆テロを起こす。テロを封じ込めるどころか、脅威が拡散してしまう。本当に解決しようと思えば、政治や外交の努力、人間の安全保障を訴えていくしかありません」


 事件直後、コラムニストの小田嶋隆氏はこうツイートしていた。


〈人々が怒りや復讐心をもとに判断を下すようになれば、テロリストにとってそれ以上の成功は無い〉


〈今回の事件が民族間の憎しみと宗教の対立を煽る結果を招き、人々に恐怖と相互不信を植え付けるのだとすれば、それはテロが成功したことを意味するのだと思う〉


 パリのテロは、実行犯の一部がシリアからの難民に紛れて入ってきた可能性が高く、欧州では排他的なナショナリズムが急激に高まっている。


「こういう事件が起きれば、難民を排斥する動きが出てくるのも当然ですが、欧米による空爆で民間人の犠牲者が出ていることも事実です。その結果、大量の難民が生まれて欧州に押し寄せる。負の連鎖としか言いようがなく、フランスも出口の見えない対テロ戦争の泥沼に入り込んでしまった」(春名幹男氏=前出)


 事件後、フランス国民への連帯を示すために、東京タワーやNYの1ワールドトレードセンターなど、世界各地の観光名所がフランス国旗の赤、白、青の3色にライトアップされた。フェイスブックのプロフィル写真にフランスの3色旗を重ねあわせることのできるキャンペーンに参加する人も続出。これに文句をつける者はいない。


 だが、連携は時に同調圧力を生む。対立を激化させる。前述の「シャルリー・エブド」襲撃テロでは、「私はシャルリー」の標語が、表現の自由という欧米の価値観と、イスラム世界を分断した。こういう記号化、単純化は危うい。一種の思考停止状態で、暴力の報復が正当化されてしまいかねない。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月16日 15:35:21 : TFzUs4V0Kg
ISはイスラムなら何でも良い訳ではなく、スンナ派以外は奴隷にするか処刑する
米軍やイスラエル軍は殺戮者かもしれないが、タリバンやIS、セレカ、ジャンジャウィードも殺りくを繰り返してきた
欧米帝国主義を批判するだけで、イスラム教徒が単なる一枚岩の被害者なんかではない事、その内部の性別・部族・宗派・階級・国家間の対立と矛盾、イスラム原理主義自体の正体自体への言及がない論はどの道安倍・長谷川らの改憲論に巻き込まれていく
同じイスラム教徒でも特にISにシリアを追い出された難民と、シリアにとどまってISと戦う者と、外国人が多いIS構成員を同一視する間違いは危険だ

2. 2015年11月16日 15:40:13 : KzvqvqZdMU
ぐずぐずしてはいかん。

治安維持法の復活、特高警察の再建、戒厳令法の創設、公開拷問の解禁。

テロの嵐はそこまできておる。いそがないといけない。



[32削除理由]:削除人:アラシ

3. 2015年11月16日 16:30:44 : o2speA9V1g
>“出口”なき戦争

これが人殺しで金を稼ぎたい、戦争屋の待ち望んでいる状況です。

戦争屋のまさしくひとりであるのが我が国の代表とされるアンポンタンなのだから、日本が悔やまれてならない。


4. 2015年11月16日 17:06:10 : YxpFguEt7k
ドビルパン氏が正しかった。
春名幹男氏も正しい。

5. 2015年11月16日 17:32:14 : YaoCPgjNrk
g20直前の攻撃で、宣伝効果満点でしたな、欧州諸国もこれで「みだりに難民を受け入れるとあいつらが何をしでかすかわかったもんじゃない」みたいな雰囲気を醸成できたし、相変わらず便利なテロ攻撃だった。
ホランド大統領がサッカー場観戦中に攻撃を受け、被害者が多い中難を逃れたのを見て、911でのペンタゴン航空機(?)突撃でラムズフェルドを思い出したのは俺だけか?
ちなみに安部、写真では遠く離れた所に逃げてるが、習近平とはまだトップ会談させてもらえないのか?

6. 2015年11月16日 17:51:32 : LY52bYZiZQ
Top News | 2015年 11月 16日 17:30 JST 関連トピックス: トップニュース

焦点:パリ攻撃は9月決断か、反転攻勢に出る「イスラム国」

http://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20151116&t=2&i=1095289376&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEBAF0EG
 11月15日、過激派組織「イスラム国」がシリアとイラクの支配地域で米国などから軍事的反撃を受けるなか、9月にフランスやその他の地域への攻撃を決断した可能性がある。パリで14日撮影(2015年 ロイター/Christian Hartmann)
{ベイルート 15日 ロイター}- 過激派組織「イスラム国」がシリアとイラクの支配地域で米国などから軍事的反撃を受けるなか、9月にフランスやその他の地域への攻撃を決断した可能性がある。

シリア国内にいるイスラム国戦闘員の1人は、同組織のアブ・モハメド・アドナニ報道官が海外での活動を指示していたと話す。

「活動を開始するよう文書で2カ月前に指示があった。レバノンやフランス、その他の地域はすべて作戦の一部に含まれていた」と、この戦闘員はソーシャルメディアを通じて語った。

イスラム国は、13日に仏首都パリで発生し、少なくとも132人が死亡した同時多発攻撃について、フランスによる空爆への報復として実施したとする犯行声明を出した。

その前日には、レバノンの首都ベイルート郊外で2件の自爆攻撃を行い、43人の犠牲者を出した事件で犯行声明を出している。現場は、シリアでイスラム国と戦うイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」の拠点地区だった。

イスラム国はまた、乗客乗員224人が死亡した10月31日のロシア機墜落でも犯行声明を出している。ロシアはシリアの同組織に対し、独自に空爆作戦を開始していた。

また2人のトルコ治安筋は15日、ロイターに対し、当局が拘束した英国人が、パリで起きたような攻撃をイスタンブールでも計画していた可能性があると語った。

イスラム国はサウジアラビア、米国、ロシアも攻撃すると警告している。

<外国での作戦組織>

イスラム国の組織は複雑であり、秘密裏に運営されている。大まかに言えば、アブ・バクル・バグダディ容疑者がイスラム共同体の指導者「カリフ(預言者ムハンマドの後継者)」として組織の頂点に立ち、その下に強力な権限を持つ同容疑者の代理が存在する。また、軍事的・宗教的指導者らから成る評議会があり、同容疑者に戦略や軍事計画についてアドバイスを行っている。

イスラム国は、欧州を含む世界各地から多くのジハーディスト(聖戦主義者)志願者を引きつけているが、一部の欧州諸国による治安強化により、同組織の支配地域への流入が妨げられている。

その対抗策として、イスラム国は中東にある拠点から志願者たちに接触し、「一匹オオカミ」として、もしくは小さな集団を形成して自身が居住する国で独自に攻撃を実行するよう奨励している。

イスラム国戦闘員の1人によれば、休眠している下部組織同士は連絡を取り合わないが、「海外作戦」を指揮する特別組織の攻撃命令には応じるという。

この特別組織の責任者についてはほとんど知られていない。この戦闘員によると、同責任者はヨルダン国籍でシリアとイラクの指導部と緊密に連携し、両国を往来している人物だと語った。この責任者はニックネームでしか知られていないという。

米ニューヨーク・タイムズ紙が欧米当局者らの話として伝えたところによると、パリの容疑者らは実行前にシリアのイスラム国メンバーと通信していたという。

<フランス人の傲慢さを忘れない>

イスラム国戦闘員たちは、パリへの攻撃は組織内の士気を高めたと話す。同攻撃の前には、支配下に置いていたイラク北部の都市シンジャルのほか、シリアにあるイラク国境沿いの戦略的都市を失っていた。

シリア政府軍もロシア軍の空爆やヒズボラの支援を受け、軍事基地を奪還していた。

イスラム国は西側諸国内での攻撃をたびたび示唆するが、同組織の支持者たちは、イスラム教徒を差別しているためだとして、フランスとの戦いはとりわけ優先順位が高いと語る。

「これは始まりにすぎない。われわれはマリで味わった苦しみやフランス人の傲慢(ごうまん)さを絶対に忘れない」と、シリアにいる戦闘員は、西アフリカのマリ共和国でイスラム系武装組織に対して行われた仏主導の軍事行動に言及し、このように述べた。

<高まる反欧米感情>

仏当局によると、13日の事件は3つの編隊が組織的にバーやコンサートホール、スタジアムを襲撃。国境をまたいだ捜査が進むなか、検察当局は今回の事件について、仏国内のほか、中東、ベルギー、ドイツなど多国籍が絡んだ組織が関与したとみている。

米国主導の有志連合のほか、今ではロシアも軍事作戦を開始しており、イスラム国は一段と強化される反撃に苦しんでいる。

トルコもまた、外国人戦闘員がイスラム国支配地域に流入するのを阻止するため、国境警備を強化するよう国際社会から圧力を受けている。

米国主導の有志連合がシリアとイラクのイスラム国支配地域に空爆を始めてから、同組織の支持者たちの反欧米感情は劇的に高まった。そうした態度は今後も変わらないと彼らは話す。

「われわれはイデオロギーに基づいて行動している。イデオロギーをどうやって倒すのだ。もしくは信奉者である人をどうやって負かすというのだ。われわれ真のイスラム教徒に対する戦いが激しくなるほど、われわれの信仰やカリフ国家への献身も強まる」と、ある支持者は語った。

「(イスラム)国は明日何をするかは語らない。だが、罰を受けるのは世界であり、そうなるだろうと世界に向けて発信したのだ」

(Mariam Karouny記者 翻訳:伊藤典子 編集:新倉由久)

http://jp.reuters.com/article/2015/11/16/analysis-paris-shooting-islamic-state-idJPKCN0T50NX20151116?sp=true


7. 2015年11月16日 18:58:39 : abWbqUKOOY
http://www.seikatsu1.jp/activity/declaration/20151114.html

小沢さんだって今回のテロには
「強い憤りを感じる」
「残虐非道な行為は決して許されず、これを断固非難します」
「私たちは、フランスの方々とともにあります」
と言っているのに本当に何も見えてない連中ばかりだな。


8. 2015年11月16日 20:16:51 : 6fkA2Mn4xo
写真を見ると安部くん一人が他のほかの人と離れて立っているようだ。目つきもどこを見ていいかわからないらしい。

9. 2015年11月16日 20:26:53 : YxpFguEt7k
孫崎享氏も正しいです。

10. 2015年11月16日 20:36:24 : xKSsqrSI4k
大戦の きっかけ欲しい 黒幕は

11. 2015年11月16日 21:26:46 : IJjjrLkBu1
  7氏は、いやに「小沢さんだってテロに屈しない」、と言ってるのに、と強調しているが、ここは小沢同好会では無いし、それぞれが自分の思いを言葉にしているのであって、小沢さんが言っているから正しいとか、安倍が言っているから間違っている、のでは無く、彼ら代議士の動向を、主権者としての自分はどう思うか、という、バイアスを掛けない物の見方をしているのではないか。
  7氏は、小沢さんが間違ったことを言っていると思っても、絶対に正しいとして黙るつもりなのか。それでは、安倍政権と何ら変わりない集団であろう。
  その時代の強い者、勢力の有る者を絶対視し、黒い石も彼が白だと言えば全員が肯定するようなことで有ってはならない。それが今の与党であり、与党の日本会議を中心にして政財官トップが料亭に結集して常に絆を確認し合っているような、もたれ合い、結果無責任な、護送船団という巨悪集団であろう。
  小沢さんが言っていることは全て正しいとして、逆のことを言う人間を侮蔑、揶揄するようなことは、小沢さん自身、望んでいるとは思えないのだが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ