★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 691.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党がパリのテロに便乗して憲法違反の「共謀罪」新設をまた言い出す。これぞ火事場泥棒、便乗商法だ。
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/691.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 18 日 13:45:15: igsppGRN/E9PQ
 

自民党がパリのテロに便乗して憲法違反の「共謀罪」新設をまた言い出す。これぞ火事場泥棒、便乗商法だ。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/3efa38e04869eb2da5e7d6bf5b3e9f77
2015年11月18日 Everyone says I love you !



 いま、ちょうど、私がいつもこのブログの読者として想定している友人から電話がかかってきたので、


「今、共謀罪のブログ書いてるんだあ」


というと、


「キョウボウザイって、どんな字を書く?凶暴罪?強忘罪??」


と聞かれたので、すっかり書く気をなくしそうになっているのですが(笑)。


 凶暴なのはともかく、強く忘れてなぜ罪になる!?



 気を取り直して。


 今回のフランスでのテロを受けて、自民党内ではいわゆる「共謀罪」を新設して国際社会と連携する必要があるという意見が出ています。


 2015年11月17日、高村正彦副総裁は


 「(テロの)資金源対策を含む国際条約ができているのにもかかわらず、日本はまだ国内法が整備されない」


と発言し、「共謀罪」を新設するなどの法整備を急ぐ必要があるという認識を示しました。



ほんとにこの人は安倍政権でも一番悪い一人になっちゃったなあ。


砂川事件最高裁判決 高村自民党副総裁の「憲法学者より私の方が考えてきたという自信はある」発言のお笑い
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/eda5b579e9a56cd4c1f30ca5ca6c880d

砂川事件最高裁判決から40年後、高村副総裁(当時外相)も集団的自衛権の行使は憲法違反だと認めていた。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/1b750051f0511e32ee000035f11b1c03



 また、谷垣幹事長も会見で、


「来年、主要国首脳会議『伊勢志摩サミット』が開かれるので、テロ対策には意を用いていかなければならず、そうした法整備は前から必要だと思っている」


と述べ、フランスでのテロを受けて「共謀罪」を新設するための法改正が必要という認識を示しました。



高村さんも谷垣さんも日本弁護士連合会に所属する弁護士さん。「法律家は悪しき隣人」を地で行っている。



 彼らは、日本では、重大な犯罪の謀議に加わっただけで処罰の対象となる「共謀罪」の新設など条約を実施するための国内法が成立しておらず、国連が2000年に採択した国際越境組織犯罪防止条約の批准に至っていないというのです。


 しかし、新たな立法を要することなく、国連の立法ガイドが求めている組織犯罪を有効に抑止できる法制度はすでに確立されていることは、すでに日本弁護士連合会が何度も指摘しています。
http://www.nichibenren.or.jp/activity/criminal/complicity.html

 実際、この条約を批准するにあたってあらたに共謀罪を導入したのはノルウェーなどごくわずかで、逆に、共謀罪なしに批准している国はブラジルなどいくつもあります。


 そして、アメリカは一部留保付きでこの条約を批准しています。



 この共謀罪は、人が共謀=犯罪について相談しただけで犯罪にする罪ですが、これまで3度も国会に法案が提案され、3度とも廃案になりました。


 なぜ、自民党はこれほどまでに共謀罪に執着し、どうして、これが危険だと世論は押し返してきたのでしょうか。


 さあ、久しぶりに宮武嶺センセイの法律講座(笑)。今日は、刑法の罪刑法定主義、についてです。



 罪刑法定主義は、憲法31条の適正手続に含まれるとされており、刑法で最も大事な原則です。


 これは、法律で、あらかじめ、


「何が犯罪で何が犯罪でないか」


「ある犯罪と別の犯罪の違いは何か」


が定められていないといけない、そうでないと国民(全市民)は罰せられないという原則です。


 もし、この罪刑法定主義が守られていれば、国民は自分がこれから行動しようという時に、その行動が刑罰で罰せられるかどうか予測できるので、行動の自由が確保されるからですね。


 だから、犯罪行為は、日常頻繁に繰り返されるような行為とははっきり区別されるものでないといけないのです。



 そこで、刑法などの刑罰法規には、何をすると犯罪になるかが明記されていないといけないのですが、その中核となるのが、その法律が守ろうとしている保護法益と、その法益を侵害する危険性のある実行行為概念です(強く忘れる人、ついてきて〜)。


 つまり、国民の行動の自由を極力狭めないように、犯罪行為は、生命・自由・財産など法律で保護する価値のある利益(保護法益)を侵す可能性のある非常に危険な行為(実行行為)に限定して規定されています。


 たとえば、殺人罪の場合は、刑法199条はこう規定しています。


第199条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。


 この殺人罪の場合、保護しようとしている法益は人の生命ですよね。ですから、実行行為は人をナイフで刺すとか、首を絞めるとか、人の生命という


「法益を侵害する現実的危険性がある行為」


ということになります。ちなみに、現実的とは差し迫った危険性があるということです。



近代刑法は、犯罪意思(心の中で思ったこと)だけでは処罰せず、それが具体的な結果・被害として現れて初めて処罰対象になるとしています。「既遂」処罰が原則で、「未遂」は例外、それ以前の「予備」は極めて例外、しかも、いずれも「行為」があって初めて犯罪が成立するというのが刑法の大原則です。


殺人罪の場合は、生命という非常に大事な法益を扱っているので、生命侵害という結果が発生しなかった殺人未遂罪や、具体的に殺人の準備をする予備罪も罰せられています。しかし、共謀だけでは予備とは扱われず、罪になりません。




 いくら殺す気満々でも、フラれた相手を形どったわら人形を五寸釘で刺すとか、「憎い夫は糖尿病で死ね!」とばかりにコーヒーに毎朝たっぷり砂糖を注ぐ、みたいな行為はおよそ命に対する差し迫った危険はないので殺人罪の実行行為にはならず、何の犯罪にもなりません。人は「意思」だけでは罰せられないとはそういうことです。


 こうして、保護しようとする法益に対して差し迫った危険のある行為だけを罰することで、刑法は犯罪を取り締まって抑止するだけでなく、国民の行動の自由という基本的人権を守っているのです。


 そこで、たとえば正犯をそそのかしたり(教唆)、助けたりする(ほう助)の場合も、必ず正犯が実行行為に着手しないとこれら従犯は処罰されないということになっています。


 正犯が実行行為に着手しないと、法益が侵害される現実的な危険性は生じないから、刑罰を持ち出すまでの必要はないからですね。


 このようにして国民の行動の自由を極力守ろうとするのが、日本の刑事法体系が大事にしている罪刑法定主義、実行行為概念なのです。



 さあ、もう、共謀罪の恐ろしさはわかっていただけましたね。


 だって、共謀=話し合うだけでは、どんな法益も危険にはさらされませんよね。


 それなのに、共謀罪を新設して、共謀だけで犯罪にしようというのは、日本の刑事法を根本からくつがえすものです。


 実際、話すという行為は日常頻繁に繰り返される行為です。


 この話す行為が、何らかの保護法益に現実的な危険性がなくても罰せられることになるので、何を話すと共謀罪になるのかあらかじめわからなくなります。


 そこで、国民の「話をする」という行動の自由が著しく制限されることになります。これは罪刑法定主義違反であり、憲法違反です。



パンフレット「合意したら犯罪?合意だけで処罰?―日弁連は共謀罪に反対します!!―」(五訂版2015年9月)
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/kokusai_keiji/data/kyobozai_leaflet_5.pdf


 これに対して、自分は犯罪の共謀なんてしないから関係ない、と思われるかもしれませんが、話し合っただけで犯罪になりうるということは、話し合いの中身が捜査の対象となるということです。


 どんな話し合いをしているかわからないと、それが犯罪に関する話し合いかもわかりませんから、およそすべての会話を捜査対象にせざるを得なくなります。


 そうすると、市民のすべての会話が捜査の対象になりうることになり、共謀罪が特に政府が拡大しようとしている通信傍受法=盗聴法とセットになると、共謀罪がまさに「凶暴罪」どころか「狂暴罪」でなることが容易に想像できると思います。



 しかも、共謀罪は、えん罪の危険性を増します。


 なぜなら、たとえばあるときグループで会話をしていた1人が、


『あの人はこんな危ないことの相談を持ちかけていました』


と警察にたれ込むと、その人に共謀罪の容疑がかかってしまうことになるからです。


 ここに、他人の「罪」を告発すれば、自分だけが浮かび上がれる司法取引制度が導入されると、さらに危険です。


「刑訴法改正、捜査当局に新たな武器 冤罪防止へ一歩前進 」(日経)←実は司法取引はえん罪の温床!
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/39b69c0883be0f935e3b6b3674c3bd56



 そして、共謀罪は何も具体的な行動をしなくても話し合っただけで成立するので、犯罪的な行動を何もしていないことは反論にならないのです。


 この話し合いだけで罪になるという規定が実際にあったのが、悪名高い戦前の治安維持法です。


 そこで、共謀罪は「現代の治安維持法」と言われるのです。



 ちなみに、戦前の治安維持法では、こんな会話が処罰されています。


 和歌山・農業・五二歳――「今年は百姓は悲惨なものだ。連日の降雨のため麦や罌粟は皆腐ってしまった。これは今度の戦争で死んだ兵隊さんの亡魂が空中に舞っているから、その為に悪くなるのである。戦争の様なものはするものではない。戦争は嫌いじゃ。」(理髪店で話す、一九三八年五月警察犯処罰令で科料一〇円)


 岐阜・畳職・五二歳――「こんなに働くばかりでは銭はなし税金は政府から絞られるし全く困ってしまった。それに物価は高くなるし仕事はなし、上からは貯金せよといって絞り上げる。実際貧乏人は困っている。よいかげんに戦争なんか止めたがよい。兵隊に行った人の話では全く体裁のよい監獄じゃそうな。兵隊もえらいしええかげんに戦争は止めたがよい。日本が敗けようと敗けまいと又どこの国になっても俺はへいへいといって従っていればよい。日本の歴史なんか汚れたとて何ともない。」(或一人に話す、同年九月、陸軍刑法第九九条違反で禁錮六ヵ月)


 福岡・理髪業・三一歳――「皇軍兵士が戦死する場合無意識の間に天皇陛下万歳を叫んで死ぬ様に新聞紙に報道されているが、それは嘘だ。ほとんど大部分の者は両親兄弟妻子恋人等親しい者の名前を叫ぶということだ。」(数名に話す、同年一〇月、陸刑九九条で禁錮五ヵ月)


法政大学大原社会問題研究所(大原社研)のページより日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働運動 第四編 治安維持法と政治運動 第一章 治維法・特高・憲兵による弾圧 第二節 流言飛語の取締り
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/senji2/rnsenji2-122.html



 ごく普通の会話でも、戦争を可能にするために取り締まられたのが、よくお分かりになると思います。


 そして、治安維持法では、数十万人の国民が逮捕され、約7万5千人が検察局に送られ、送検後の死者数は2000人近くに及んでいます。


 もう一度言いますが、組織犯罪を取り締まるための条約を批准して、国内法化するのに、共謀罪は必要はありません。


 それなのに、秘密保護法、盗聴法に続いて、またまたまたまた共謀罪を持ち出した自民党の、真の目的がわかろうというものではありませんか。



高村氏 テロ対策で「共謀罪」新設など法整備を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151117/k10010309361000.html
11月17日 13時48分 NHK



自民党の高村副総裁は党の役員連絡会で、フランス・パリで起きた同時テロ事件を受け、テロなどの計画の謀議に加わった場合に処罰の対象となる「共謀罪」を新設するなどの法整備を急ぐ必要があるという認識を示しました。

この中で自民党の高村副総裁は、「トルコで開かれたG20サミットでテロの撲滅に向けて連帯していく声明が出されたことはよかった。わが国としては、当面、人道支援や周辺国への支援をしっかりとしていく」と述べました。


そのうえで、高村氏は「テロの資金源対策を含む国際条約ができているにもかかわらず、日本は、国内法が整備されていないことから批准できておらず、そうしたこともしっかりやっていかなければいけない」と述べ、テロなどの計画の謀議に加わった場合に処罰の対象となる「共謀罪」を新設するなどの法整備を急ぐ必要があるという認識を示しました。


また、谷垣幹事長は記者会見で「来年、主要国首脳会議『伊勢志摩サミット』が開かれるので、テロ対策には意を用いていかなければならず、そうした法整備は前から必要だと思っている」と述べました。


「共謀罪」法整備を=テロ対策強化で高村自民副総裁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511%2F2015111700381&g=pol

 自民党の高村正彦副総裁は17日午前の役員連絡会で、パリ同時テロを踏まえ、「テロ撲滅で資金源対策を含む国際条約ができているにもかかわらず、日本はまだ国内法が整備されていないので批准できていない。しっかりやっていかなければいけない」と述べ、犯罪の謀議に加わる行為を処罰する「共謀罪」創設のための組織犯罪処罰法改正案の法整備が必要との考えを示した。


 高村氏が指摘した条約は、国連国際組織犯罪防止条約。政府は2000年に同条約に署名したが、締結には共謀罪創設などの国内法整備が必要。過去に関連法案が国会に提出されたが、民主党など野党の反対で廃案となった。(時事通信 2015/11/17-12:01)


「テロ対策で共謀罪必要」 サミット理由に自民幹事長
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201511/CK2015111702000259.html
2015年11月17日 東京新聞夕刊



 自民党の谷垣禎一幹事長は十七日の記者会見で、パリ同時多発テロを受けた国内のテロ対策の一環として、殺人などの重大犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となる共謀罪を新設して国際社会と連携する必要があるとの認識を示した。「来年は日本で主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を行う。情報がないと、十分な対応はしにくい」と述べた。


 会見に先立つ役員連絡会で、高村正彦副総裁も「資金源対策を含む国際条約ができているにもかかわらず、日本はまだ国内法が整備されていない」と指摘。「(法整備を)しっかりやっていかなければいけない」と意欲を示した。


 共謀罪をめぐり国連は二〇〇〇年十一月に「国際組織犯罪防止条約」を採択し、日本政府は同年十二月、署名した。これまで共謀罪新設のための組織犯罪処罰法改正案を三回提出したが、いずれも廃案となった。今年の通常国会では政府は同法改正案の提出を見送った。


 実行行為がなくても処罰対象となるため、野党や日弁連は「国民監視につながる」などと立法に反対している。


共謀罪:自民・谷垣幹事長「創設の早期検討が必要」
http://mainichi.jp/select/news/20151118k0000m040084000c.html
毎日新聞 2015年11月17日 21時11分


 自民党の谷垣禎一幹事長は17日の記者会見で、国内テロ対策の一環として重大犯罪について謀議をした段階で罪に問える「共謀罪」創設などを早期に検討する必要があるとの認識を示した。パリの同時多発テロ事件を受けた発言。ただ、共謀罪は実行行為がなくても処罰対象になるため、野党や日本弁護士連合会の反発が強い。政府は、共謀罪を含む組織犯罪処罰法改正案の提出時期を慎重に検討する考えだ。


 谷垣氏は「来年5月に日本は伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)を開く。前から法改正は必要と思っている」と強調した。共謀罪を巡っては、2000年11月の国連総会で「国際組織犯罪防止条約」が採択され、日本も同年12月に署名している。高村正彦副総裁は17日の党役員連絡会で「日本は国内法が整備されていないので批准できていない」と指摘した。


 しかし、共謀罪を盛り込んだ改正案に対しては「処罰の範囲があいまいで捜査権乱用を招く」(日弁連)など反対する声が強く、過去3回廃案になった経緯がある。菅義偉官房長官は同日の記者会見で「これまでの国会審議で不安や懸念が示されている。(法案提出の)時期を述べるのは控えたい」と述べるにとどめた。【田中裕之】


テロ対策に「共謀罪」創設検討 自民幹事長が言及
http://www.asahi.com/articles/ASHCK3SDWHCKUTFK003.html
2015年11月17日15時35分 朝日新聞


 自民党の谷垣禎一幹事長は17日、パリの同時多発テロ事件を受けて、テロ撲滅のための資金源遮断などの対策として組織的犯罪処罰法の改正を検討する必要があるとの認識を示した。改正案には、重大な犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となる「共謀罪」の創設を含める見通しだ。


 この日の党役員連絡会で、高村正彦副総裁が「資金源対策を含む国際条約ができているのに、日本は国内法が整備されていないために批准できていない。しっかりやっていかなければいけない」と指摘。谷垣氏も会議後の記者会見で「来年の伊勢志摩サミットでテロ対策に向けて、いろいろ考えなければならない」と述べた。


 2000年に国連で国際組織犯罪防止条約が採択された。日本政府は03年から共謀罪を創設するため、組織的犯罪処罰法の改正など関連法案を国会に出してきたが、世論や野党の反発で計3回廃案になっている。


サミット控え警備強化=「共謀罪」求める声も—安倍政権
http://jp.wsj.com/articles/JJ10148055376981733448717000506700551064065
2015 年 11 月 17 日 20:34 JST 更新


 政府は、パリでの同時テロを受け、テロ対策を強化する考えだ。来年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、テロに関する情報収集体制の整備などを進める方針。自民党内からは、テロなどの謀議に加わっただけで実行に至らなくても処罰対象となる「共謀罪」の創設を求める声が上がっているが、曲折もありそうだ。


 安倍晋三首相は17日午後、首相官邸で開いた国家安全保障会議で「国際社会と連携しながら、テロの未然防止に全力を尽くしてほしい」と述べ、国内外での日本人の安全確保に万全を期すよう指示した。


 政府が9月にまとめた伊勢志摩サミットに関する警備体制の基本方針は、入国審査の厳格化や国内外での情報収集の増強が柱。これを踏まえ、岩城光英法相は17日の記者会見で、「全国の(入国管理局など)地方入国管理官署に対して、偽変造文書の鑑識強化など一層厳格な上陸審査の徹底を指示した」と述べ、水際対策に尽力する姿勢を強調した。


 また、テロリストなどに関する情報の収集・分析体制の構築にも取り組む。政府は、過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件を受けて、省庁横断的に情報収集に当たるため外務省に「国際テロ情報収集ユニット」の新設を決めており、整備を急ぐ。具体的には内閣情報調査室や警察庁などの情報部門の担当者を、中東地域などの在外公館に重点的に配置することを検討している。 


[時事通信社]



IWJさんより
【特集】マジありえない共謀罪
http://iwj.co.jp/wj/open/%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA


 特定秘密保護法が国民の「知る権利」を奪う法律だとすれば、「共謀罪」の創設は国民の「思想・信条の自由」を奪う法律に他ならない。憲法で保障された基本的人権を蔑ろにした、途方もない悪法である。


 12月11日未明、共同通信が「政府、共謀罪創設を検討」と速報を出し、産経新聞などがこれに続いた。同日午後の記者会見で、菅義偉官房長官はこの報道をいったんは否定したが、共同通信によると、政府関係者は来年の通常国会に共謀罪の上程を検討していると明かしたという。2020年に開かれる東京五輪のテロ対策を理由にしているが、過去に3度も国会提出されてきたことからも、五輪でのテロ対策がこじつけに過ぎないことは明白だ。


・共同通信(2013/12/11)政府、共謀罪創設を検討 組織犯罪処罰法改正で
http://www.47news.jp/news/2013/12/post_20131211004556.html

・時事通信(2013/12/11)共謀罪、通常国会は見送り=菅官房長官「提出予定ない」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013121100348

 「共謀罪」の創設は、2000年11月に国連総会で採択された「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」に批准するための措置であるとされている。現在177カ国が同条約に批准しているが、多くの国は新たに共謀罪を創設せずに批准している。日本は署名したものの、共謀罪の創設にこだわるあまり、いまだに批准ができていない。


 政府原案によると「共謀罪」とは、4年以上の懲役刑に該当する犯罪について、「共謀」することを罰するものである。「4年以上の懲役刑」に該当する犯罪は600種類以上にものぼり、これらに該当する犯罪の共謀をした者は、原則2年以下の懲役刑に処される。ただし、死刑、無期、10年以上の懲役に該当する犯罪に限っては、懲役5年以下の刑罰が下されることとなっている。


 「共謀罪」は、「未遂罪」や「予備罪」とは、まるで異なる。犯罪の実行に着手したが、結果的に遂げられなかったものが「未遂罪」、計画した殺人に使用する目的で凶器を購入することなどが「予備罪」。つまり、「未遂」以前の、そのまた「予備」以前の、「話し合って合意したとみなされる段階」で裁くことが「共謀罪」なのだ。


 「未遂罪」「予備罪」ですら、ごく一部の重大犯罪にのみ、例外的に設けられたものだ。具体的な犯罪の実行があり、被害があらわれて初めて処罰対象になるという「近代刑法の原則」から根本的に逸脱するからである。「共謀罪」が創設されるということは、刑法の原則、根幹が崩れることを意味し、日本が近代刑法を採用する近代的な法治国家であるとはいえなくなることをも意味する。日弁連は「共謀罪が成立しない犯罪はごく限られたものだけであると言っても過言ではない」と指摘している。


 懲役4年以上の犯罪には、窃盗、 収賄、傷害、詐欺、恐喝、有印私文書偽造などの犯罪も含まれる。傷害を例に挙げれば、


A「あの上司ムカつくよな、殴ってやりたい」


B「おう、いいね! おれも殴っちゃおうかな」


といった、居酒屋で交わす同僚との愚痴までもが「共謀罪」として成立しうる可能性がある。これだけ聞けば、あまりにも突飛な話で「マジありえない」と思うかもしれないが、解釈次第では、「マジありえない」ことが十分に起こりうる。それどころか、「密告」によって、言ってもいない言動が問題にされ、冤罪に陥れられる可能性も格段に高まる。誰の身にもふりかかりうるのである。


 共謀罪の創設は「テロ対策」が目的だというが、自民党・石破茂幹事長が、特定秘密保護法に反対する市民の声を「テロ行為」と同一視したことは、記憶に新しい。共謀罪の矛先がどこに向くかは、この石破発言が明瞭に示している。


 戦前の「治安維持法」では、「協議罪」が乱用されたという。 治安維持法とは、特定の思想を持った結社や、そうした組織への加入を処罰することを主な目的としたものだ。そこに、話し合いを処罰する「協議罪」を設けたことで、組織加入などの実行行為以前から取り締まりが可能となった。 この「協議罪」について、信濃毎日新聞は、「典型が全国で1600人近くが逮捕、拘留された1928(昭和3)年の3・15事件だ。逮捕された人の多くは、共産党や労働農民党などに入党していなかった」とその実態を紹介している。


・信濃毎日新聞 秘密保護法 共謀罪 心の中も取り締まる
http://www.shinmai.co.jp/news/20131124/KT131122ETI090015000.php

 「共謀段階」から裁くためには、いったい、どのような捜査が行われるのだろうか。「共謀しているかどうか」を判断するために、捜査機関は、捜査対象者の日常的な会話やメール内容を把握する必要がある。国家による国民の監視、盗聴などの懸念も拭えない。


 安倍政権は歴史に学ぼうとせず、近代刑法の原則を破壊し、戦前の「協議罪」を復活させてしまうのだろうか。秘密保護法のように世論の反対を押し切り、少数派の意見を尊重せず、自民・公明両与党が「数の暴力」で強行採決に持ち込めば、「共謀罪」も、簡単に可決・成立してしまうだろう。(取材、文・原佑介 文責・岩上安身)


■参考資料


・国連越境組織犯罪防止条約 (外務省HP )
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty156_7a.pdf(PDF)

・2005年 163回国会に提出された「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/g16305022.htm

・日本弁護士連合会 共謀罪の創設に反対する意見書
http://bit.ly/1jVwANw(PDF)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月18日 14:04:01 : C31aL3EEO2
また高村か?
このたわけメ

2. 2015年11月18日 15:08:31 : MGxxIzxYv2
高村は元統一凶会顧問弁護士ですもん。
▼自民党の高村正彦副総裁はかつて統一教会の顧問弁護士をつとめ、政治家に転じてからは高級車を提供されたこともある。
http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/890.html

3. 2015年11月18日 15:17:27 : Ns4lmygKjc


 どうしたんだ自民党。 いったいどうなるんだ自民党。
 


4. 2015年11月18日 15:24:29 : Q3qbpnbECo
自民党というかジャパンハンドラーズ絡みじゃないの?

勿論これだけののためにテロ起こしたわけじゃないが
テロ起案時から、計画の一部として位置づけられてたんじゃなかろうか


5. 2015年11月18日 15:55:56 : lTZLJ91ifw
 
 シリア・イラクが涼しくなる、天高く馬肥ゆる秋。
  
 空爆に適したこの季節に、こうなることは誰でも予見できた。
 
 安倍内閣は粛々と計画を実行しているだけだ。
 
 次の標的はオーストラリア、そして、英国、米国の首都だろう。
 
 
●有志連合の空爆初参加=米主導の「イスラム国」掃討強化へ―トルコ
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172540

●ロシア、シリアのISへ空爆 アサド大統領の要請受け
http://www.asahi.com/articles/ASH9Z5SW1H9ZUHBI021.html

●仏軍、シリア領内のISを初空爆
http://www.asahi.com/articles/ASH9W5JN5H9WUHBI00V.html
 
●オーストラリア軍、シリアで初の空爆 ISの輸送車破壊
http://www.afpbb.com/articles/-/3060425
 
●イギリスがシリアで初めて「イスラム国」空爆 イギリス人戦闘員2人を殺害
http://news.livedoor.com/article/detail/10562802/
 


6. 2015年11月18日 16:01:42 : v1gbxz7HNs
我が国では現在、国家テロが吹き荒れている。
世界と連帯し、テロを撲滅しなければならない。

7. 2015年11月18日 16:21:54 : MGxxIzxYv2
まぁ、国民の「人権」が大嫌いな安倍政府ですからねぇ。。
▼2013年7月4日 小沢一郎代表が憲法第97条[基本的人権の本質]が自民党草案で消えたと質問、安倍晋三首相はシドロモドロ
http://blogos.com/article/65571/

8. 2015年11月18日 16:24:48 : YaegIPKLG2
それってつまり、例の百田勉強会の参加者は全員逮捕、ってことしょうか。

9. ジョンマン 2015年11月18日 16:59:35 : 6nagECQfUT4Mc : M6WRxFCM2o

「長州→田布施→朝鮮人」一味の安倍晋三と高村正彦は悪の権化だぞ👍❗

安倍チョン三の胡麻擂り番頭・ダニ垣バイシクルは腰抜けだ👌❗



10. 2015年11月18日 18:39:18 : QES3YEvazs
日本で起きうるテロ行為はイスラム過激派の爆弾テロや銃撃戦ではなく、政府・財界・マスコミにまで浸透した中韓工作員らによる国益の流出だ。
SEALDsや共産党による安保法案レッテル貼りや原発再稼働反対闘争に見られる、結論の押し付け、議論封鎖、思考停止誘導がその典型例だろう。
沖縄の辺野古移設反対闘争も普天間基地の危険除去の本来目的を覆い隠している。
ゴネる事そのものが目的化している。

これが、日本に於けるソフトテロリズムだ。

法整備を行う事で対抗するのは防衛手段として当然だろう。


11. 2015年11月18日 19:40:20 : 7gwb9M2JXI
自民党は結局何がしたいんだよ

12. ジョンマン 2015年11月18日 19:56:27 : 6nagECQfUT4Mc : M6WRxFCM2o

>>10.QES3YEvazs は、脳足りんのネトウヨくん

なにをそんなに焦っているのかね?

日本が危機に陥る最大の原因は、安倍晋三の言動と、安倍自公売国・壊国政権の悪行だよ!



13. 2015年11月18日 20:20:25 : FfzzRIbxkp
TPPもしかり。日本がパリのテロにどの程度関係しているのか気になるところ。

貿易の基本に戻ると、日本は何を輸出するのか考えていたらわからなくなりました。三菱首相になってから、武器を輸出する法整備ばかり。
三菱、弥太郎残念なことです。軍隊も出す法整備してます。
三菱。そこまで、えげつない企業だったのかな。鉛筆捨てるか。銀行替えるか。

原子炉関係で、三菱と日立と東芝は国内でどのくらい争っていたのかな。
東芝はWHとの契約を高値掴みしていたと、毎日新聞に出てた。
軍人さんやら、天皇家の関係筋やらが創立した会社なだけに、火花散ってたか。
アメリカ様がいてくれるおかげで、国庫からお金ふんだんにとって米軍相手に儲けていたか。


14. 2015年11月18日 20:44:12 : utzy0Fa0nY
自民党は「自由」でも「民主」でもない。このことをはっきり認識すべき。
今のは不自由否民主党」ですよ。

行為を伴わないことでも罪に陥れられる。思想を罰することが平然と行なわれる。


15. 2015年11月19日 09:51:02 : rrhrFN6JLd
政府やシロアリにとって都合の悪い人は免罪でいつでも引っ張れる。親父が特高だけあるな高村。

16. 2015年11月19日 14:14:31 : qbZJa2IOaw
高村の顔!
大丈夫か?

だいぶやられてるようだ


17. 2015年11月19日 19:03:58 : IJjjrLkBu1
  共謀とは、共同謀議の意であり、共謀罪とは共同謀議をして国家転覆、つまり、既成の国家秩序を破壊するために謀議を図ることに対する罪、ということであろう。
  これは、近代においてはあり得ない法律である。
  つまり、近代日本は租税主義を採用しており、国民が血税を納め、その使途の優先順位については議会において立法化という形で決定する、国民代表議会制民主主義を採用している。
  この立法過程においては与党も野党も関係なく、喧々諤々の審議を終え、最終的な採決を以て法律とし、その法律の基本原則に沿った予算処理を、公僕である官僚を始めとする行政機構に、議会が命じるのである。
  彼ら公僕である行政機構が議会で決定された法律の原則に忠実な実務を行っているかを管理監督する立場の者が政権党であり、総理、閣僚である。政権党の役割は、行政機関の事務処理を主権者納税者に代わって管理監督する以上でも以下でも無く、国会審議段階においては、ただの代議士であり、与野党の別無く審議に加わり、立法に尽力しなければならないのである。
  こうして決めた法律に基づいて行われる政治が国の方針であるゆえ、国民主権である以上、どのような謀議をしようとも主権者として当然の態度であり、謀議した課題については地元議員や有識者と共に、国会に上げて法律の訂正、修正を求める、というのが国民主権主義の手続きである。
  この原則がある以上、国家転覆を自国民が図る、という前提は無い。会議をしようとも、デモをしようとも、主権者納税者として、現存の法律では租税主義国として機能不全である、改訂の必要がある、ということで、行動を起こすのは、主権者納税者としての権利というよりもむしろ義務である。
  これを、共同謀議として取り締まる権限は、少なくとも今の国民主権主義である以上は誰にも無いのである。
  事件が起きれば刑事事件として捜査の対象となるが、実際に事件性が無ければ警察当局は機動しない、それが現在の国民主権主義システムである。
  事件性も無いのに「事件を起こす可能性がある」というだけでは踏み込めないのはDVでもセクハラでも強盗事件でも同様である。
  もしこれを今の体制でやるとすれば「予防拘禁」として逆に警察当局が違法となるのである。治安維持法が予防拘禁を許したが、戦後の憲法になってからは国民主権であるゆえ、主権者国民によって国が維持されている以上、治安維持のために国民を取り締まる権限は、国内の如何なる機関にも無いのである。
  近代法に全く無知な与党であったことは真に驚愕する事態である。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ