★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 908.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大阪ダブル選を他山の石として参院選戦術構築ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/908.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 23 日 15:55:10: igsppGRN/E9PQ
 

大阪ダブル選を他山の石として参院選戦術構築ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sntqqe
23rd Nov 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks


大阪のダブル選で大阪維新の会候補が勝利した。

日本の既得権勢力の既得権を維持するための勢いは止まらない。

橋下維新を膨張させてきた原動力はメディア広報である。

メディアの候補がなければ、大阪維新を知る者は誰もいなかったはずである。

人為的に創作された政治勢力が橋下維新である。

メディアは人為的なこの創作物を組成するに際して、

「第三極」

という言葉を用いた。

その目的は、既得権勢力に対抗する政治勢力の一本化を阻止することにある。

1993年に55年体制が崩壊した。

自民中心の政治権力、そして、万年野党の社会党を軸とする野党勢力による

国会勢力図式が1955年に成立し、1993年まで38年間持続した。

しかし、1993年にこの図式が破壊された。

破壊した中心人物が小沢一郎氏であった。

爾来、小沢一郎氏は既得権勢力から、最重要警戒人物としてマークされ続けた。

小沢氏を攻撃するためのマスメディア連絡会である「三宝会」が組織されたのは1996年のことだ。

この「三宝会」メンバーが、いまなお、小沢氏攻撃の先頭に立ち続けている。

しかし、小沢一郎氏は、この小沢氏攻撃謀略をはねのけて、2009年の政権交代を成就させた。

既得権勢力は、目的のためには手段を選ばぬ、暴虐の限りを尽くしたが、

小沢−鳩山主導での政権交代成就を阻止することに失敗したのである。

しかしながら、既得権勢力はこの「改革勢力」に対する攻撃の手を緩めなかった。

ありとあらゆる謀略、暴虐の限りを尽くして、小鳩政権を破壊し、

2012年に旧制復古政権である第二次安倍晋三政権を樹立した。

それから、3年の時間が経過するのである。

このなかで、既得権勢力は、反体制の勢力が一本化することを阻止するために、

「偽装CHANGE」勢力

を人為的に創出した。

「CHANGE=改革」を偽装する勢力である。

この勢力は、裏側で、既得権勢力とつながっている。

主権者を欺く、「改革」の装いを纏う、既得権益の側に立つ勢力である。

この「偽装CHANGE」勢力として、最初に立ち上げられたのが「みんな」であった。

しかし、「みんな」の勢いは弱く、既得権籍勢力は、

「みんな」から「橋下維新」に「偽装CHANGE」の中心を移し替えた。

この過程で、「石原新党」もこの勢力に組み込んだのである。

原発を推進し、集団的自衛権行使を容認し、TPP参加を推進する勢力。

辺野古基地建設を推進し、格差拡大を推進する勢力。

これが既得権勢力である。

既得権勢力とは、

米国を頂点にした、官僚機構、大資本、利権政治屋、マスメディア

によって構成される利権複合体のことだ。

悪のピラミッドである。

2012年から2015年までの3年間に、悪のピラミッドは、日本を旧政に引きずり戻した。

悪のピラミッドに立ち向かう、主権者の勢力は、

これから実施される2回の参院選、1回の衆院総選挙に三連勝しなければならない。

この国政選挙三連戦に三連勝することによって、日本政治を再刷新できるのだ。

悪のピラミッドは、選挙の際に、安倍暴政に立ち向かう主権者の投票が分散することを目指す。

その一角として利用価値が大きいのが橋下維新なのだ。

民主や維新の中核を占有する自公補完勢力も、悪のピラミッドにとって、貴重な存在である。

安倍暴政を打破するには、敵方のこの戦術を見破り、それに対抗する戦術を打ち出さなければならない。

その手法は、

政策を軸に自公に対峙する候補者を一人に絞り込むことだ。

主権者が主導して候補者を一人に絞る。

そして、この候補者に、理念を共有する主権者が投票を集中させる。

これがオールジャパン候補の選定とオールジャパンでの選挙支援である。

橋下維新になど、関心を注ぐひまはない。

勝利の方程式を確定して、ひたすら目標に向かって行動することだけが重要である。

大阪の選挙を通じて得られる教訓は、

「勝てる候補者の擁立」

が極めて重要であることだ。

自公政権の基盤は脆弱であるが、それでも、総選挙の際に、自公に投票した主権者は24.7%存在する。

自民単独では17.4%だ。

6人に1人、4人に1人だから、安倍政権の支持基盤は極めて脆弱であると言える。

しかし、少なくとも、この支持を集めることができなければ、政権の奪取はできない。

2009年8月の総選挙で、鳩山民主党は得た票は、主権者全体の29.1%だった。

安倍自民の17.4%の2倍近い得票率だった。

29.1%の得票は無理でも、自公の27.4%の得票を確保しなければ、政権奪取はできない。

この得票を確保するには、候補者を厳選する必要があるのだ。

自公以外の野党勢力の結集を呼びかける動きがあるが、現実的な戦術にはなり得ないだろう。

なぜなら、この「野党」のなかに、「自公補完勢力」が混在しているからだ。

このことは、すでに

「戦争法」

の制定過程で明らかになっている。

次世代、元気、改革の各勢力は安倍自民の戦争法制定に協力したのである。

大阪維新も賛成であると考えられる。

さらに、民主、維新の中枢は、自公補完勢力で占有されている。

彼らは、

原発稼働、集団的自衛権、TPP、辺野古基地、格差拡大

に基本的に賛成の勢力である。

したがって、野党が結集しても、自公に対峙する政治勢力にはならない可能性が高い。

したがって、野党をひとつに束ねること

ではなく、

自公の政策に対峙する勢力を束ねること

が重要になる。

この政治勢力が、数の上で激減してしまっていることが問題だと思われるかも知れないが、

重要なのは、この考えに賛同する主権者が多数存在するのかどうかなのだ。

原発稼働、戦争法、TPP、辺野古基地、格差拡大

に反対する主権者の層は極めて厚い。

主権者全体の25%を超えていることは疑いようがない。

過半数を占有するのかどうかは、調べてみないと分からないが、分厚い支持層が存在する。

したがって、この政策を明示する候補者を、1選挙区に1人のかたちで、絞り込むことが重要である。

これをやり抜けば、勝利の道筋が必ず見えるはずだ。

多数ある野党から、自公と類似した候補者が擁立される場合には、

この候補者が自公票を食い荒らすことになる。

これは、主権者側の候補者が当選するのに、きわめて好都合な状況なのだ。

その際、きわめて重要なことがある。

それは、候補者を厳選することだ。

小選挙区制度の選挙では、「風」の力で、力量のない候補者が当選してしまうことが批判される。

しかし、上記、基本政策を明示する主権者側の候補であっても、

それだけで当選を勝ち取ることは困難である。

この候補者が選挙を勝ち抜くには、候補者自身に、

人びとの投票を引き付ける、「力」が備わっていることが必要である。

大阪ダブル選は、この点で十分な選挙にはならなかった。

敵方の支持基盤が脆弱であるとはいえ、これを打ち負かすには、

こちら側の力量が、十分に高いことが必要不可欠なのだ。

力量があり、人望があり、そして、信用を置ける、優れた人物を、

選別して擁立する作業を急がねばならない。

明確な戦略、戦術を描き、確実に実行するならば、必ず、勝利の方程式を描くことができるはずだ。

大阪の教訓を他山の石として、2016年参院選に向けて、候補者確定を急がねばならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月23日 16:09:02 : YxpFguEt7k
「大阪の教訓を他山の石として、2016年参院選に向けて、候補者確定を急がねばならない。」

お願いします。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2015年11月23日 16:30:39 : b5JdkWvGxs
小沢は日本を中国に乗っ取らせようとしている国際金融資本の手先だからね

2009年から2012年まで小沢と民主党が仕掛けていた異常なまでの円高によって日本の株価は低迷を余儀なくされていたが、これは安倍政権になってから是正されてやっと株価も上昇するようになり、日本は最悪期を脱した。

民主党政権が存在していなかったら異常な円高はなかったわけで、リーマン・ショックによる株価の落ち込みも早期に回復し、日本の景気も早い段階で立ち直っていたはずだ。

しかし、この小沢と民主党政権の地獄の3年間で日本の雇用は大幅に失われ、活力も失われ、株価も回復せず、景気も落ち込んだままだった。

小沢と民主党のせいで、中国や韓国に技術も国富も毟り取られ、国内の重要機関も乗っ取られ、日本という国の対外的な信頼も地位も失われ、日本は崩壊寸前となってしまっていた。

小沢と民主党の「円高放置政策」が日本経済を駄目にした元凶だったのだが、売国政党である民主党がこの失策を日本国民に謝罪したことは一切ない。


日本の本来の国力以上に、円は強くなりすぎていた

ところで、円高については本来であれば1990年代のバブル崩壊時に是正されて然るべきだったが、そうならなかった。日本はバブル崩壊して国の実力が落ちたのだから、本来は円安になるべきだったのである。

にも関わらず、円だけはずっと円高を志向しており、日本の本来の国力以上に円は強くなりすぎていた。

だから、日本の輸出企業は海外で価格競争力を喪失し、中国や韓国に工場を作るしかなくなり、そのせいで雇用ばかりか技術も盗まれて、日本企業が一気に衰退するきっかけとなった。

中国・韓国の台頭は、日本企業の技術が盗み放題だった1990年代から2000年代に起きていた。

当時の日本企業は、国内に設備投資すれば円高で価格競争力に負け、国外に設備投資すれば技術を盗まれて価格競争力に負けるという状況に陥っていたのだ。

そのせいで日本の衰退は止まらなかったが、にも関わらず円高は加速していった。

円高で日本が苦しんでいると知った小沢と民主党政権は、日本破壊を成し遂げようとでも思ったのか、アクセルを踏んで円高に向かわせたのだった。

小沢と民主党はマスコミでも円高誘導を行い、お抱えのジャーナリストには「円は50円になる」「円は10円になる」「円高で日本は復活する」と叫ばせて、日本の経営者を絶望させることさえもしていた。

日本の銀行や保険会社や郵政が、馬鹿のひとつ覚えのように日本国債を買い支えたので、それも円の下落を防いで円高を促す原因にもなった。

安倍政権によってやっと金融緩和が行われて円安になっていったが、これがなければ日本企業は完全に息の根を止められていたことになる。日本は間一髪で助かった。


3. 2015年11月23日 16:40:00 : MZZjG3m6Ec
同じコピペを何度も張っているだけだね こいつ

4. 2015年11月23日 17:14:44 : b5JdkWvGxs
小沢信者も同じ嘘を何万回も繰り返してるだけだろ

5. 2015年11月23日 18:36:26 : tHIVKuZsdo
>>4

>>3は「嘘を繰り返してるだけだね」などとは一言も云っていない。
こんな短い一行なのに信じ難い読み違えのレスを>>4氏は返した。
それはこうだ。

    「同じ嘘を何万回も繰り返してるだけだろ」

何と同じなのだろう。そう。>>4氏自身、>>4氏の繰返す全ての書込み自体がその結論である事を、
こんな短い一行で信じ難い白状をもっての自爆をしてしまった訳だ。

短慮とは斯う云うもの。

今我々が頂いてしまっている不幸な政府不幸な宰相の形がまさにこれなのだ。
須らくに戒めたい。


6. 佐助 2015年11月23日 19:26:09 : YZ1JBFFO77mpI : B7E8ljgaGg
鳩山政権でCO2の発生を75%減らすビジョンを提案された。これは次期産業革命に早期シフトし成功させることだった。と同時に、世界の技術革新をリードし、全産業を活性化させることができたのです。又、次期産業革命に早期シフト企業は、大不況下でビジネスを飛躍可能だった。

しかし自民党・公明党勢力と一部の民主党勢力が既得権益に危機感を感じたグループに潰されすべて闇の中に消えた。そのため貿易の縮小はさけられないので、輸出依存では大倒産と人員整理が避けられません。

これは政治が次期産業革命の遅延に成功し信用恐慌の早期脱出のためのマニフェストの実行が遅れたのです、そのために地方銀行の取り付け騒ぎや倒産が避けられなくなる。そして、2017年までに、予告どおり全国の銀行のモラトリアムが世界中で発生する。

しかも金持ちだけ救済、貧乏人は自己責任のツケにし弱者に耐乏を押し付け格差を拡大させたので世界恐慌は2008年から2017年に先送りされています。だから野党連合が一人に絞れば50%以上を占めてる浮動票が、3対1から1対3に反転するための地スベリ的に当落する選挙区が発生する。ただし「おらが国(故郷)さの名誉」の元首相や首相候補の地域は除く。

これは国会というコップの中の枠組みに、固定概念を閉じ込めらているために、既成政党と、現在の議会制度を否定が発生する、そのために野党が一人に絞ると漁夫の利は拡大される。そのため大阪維新と組む党以外の政党が結束し、「一寸先はヤミ」となる。

マスコミは、コップの中の嵐とコップそのものを破壊せよ!という叫びに引きつけられるために、茶番劇(国民には見える馬鹿げたドタバタ芝居)を、正確に報道することも予測することもできなくなる。


7. 2015年11月23日 20:00:01 : YxpFguEt7k
コチラも必聴

水野誠一氏
「浜岡原発には、防潮壁というべき、防潮堤ではないんです、ただただ丈が高い、22mあるという壁があるだけで、そんなものを造って、絶対に津波に耐えるはずがないと。3000億近いカネを投下してると思うのですが」

小出裕章氏
「菅さんが、浜岡に防潮壁をつくることを提案したのです。」
http://www.rafjp.org/podcast/media/150-2015-11-20.mp3

色々、総括しないとダメですね。
科学の粋を集めたような施設で、チョー非科学的なことが行なわれていると。それを見た外国人は、日本人の頭の悪さに腰を抜かすことでしょう。

恥ずかしく、ムダ遣いが多いこの社会を変えましょう。


8. 2015年11月23日 20:05:24 : YxpFguEt7k
山吹八葉氏
「今日の朝日新聞に小沢一郎氏と二人三脚で政権交代を成し遂げた連合の高木剛元会長のインタビューが掲載されている。小沢氏と協力した結果「集会をやると非常に集まりがよかった。労組が動員をかけても千人集めるのもしんどかったが、いつも会場がぱんぱんになった。こっちも張り合いがあるわね」と証言」
https://twitter.com/hachiyou12/status/668745430319022082

なるほどねぇ…


9. 2015年11月23日 20:36:05 : q8qtHx991g
>>01
他人に頼るなよw
お前は何が出来るんだ?
お前は何をするつもりなんだ?
お前は身を切る覚悟あるのか?

こういう他力本願なやつが最終的に独裁者を選んじゃうんだよなぁ


しかし植草も言うことだけはかっこつけてるけど実際に何かやってんの?
人は各々持ち場で自分の出来ることをするしかないことは分っているけどここまで大言を吐くからには勿論何かやってんだろ?w
まさか口だけ番長じゃないよな?w
まあ大抵のやつは言行一致しないのが常だから過分に責めはしないけどwww


10. 2015年11月24日 00:11:51 : YxpFguEt7k
9氏、私には応援と投票、情報の収集と分析、正確な情報の拡散と間違った情報の訂正、それと書籍の購入ができます。図書館で借りるのも多いですが、植草氏の著書はすべて購入しております。
ちなみに投票については、一度たりとも棄権したことがありません。

9氏は何が出来ますか?


11. 2015年11月24日 00:20:23 : YxpFguEt7k
江田けんじ氏
「大阪都構想実現のために安倍官邸と手を組んでいかないといけなくなる。どうぞ与党の方に行ってください。大阪側から『偽物』と誹謗(ひぼう)中傷を受けたが、野党勢力結集という公約を違えた方が『偽物』だ」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015112300325

さすが、元・結いの党ですね。


12. 2015年11月24日 01:01:24 : 0rRLuwMJPQ
これからの参院選、衆院選の安倍打倒の植草氏の戦術にはまったく賛成だが、それは選挙が正しく行われることが大前提になる。
問題は、民主党代表選に始まり都知事選でも指摘されてる開票操作による不正選挙システムの大疑惑だ。この問題を放置してはどんな戦略も結果は見えている。

13. 2015年11月24日 05:36:38 : IGNoLKTk72
>>2
小沢さんは円高放置政策は愚策と見て、2010年の代表選でインタゲ導入、日銀法改正
金融緩和といった、安倍さんよりもよっぽどドラスティックなインフレ、円安政策を
掲げて選挙戦に臨んでたんだよ。あの時点でデフレこそ悪!インフレしないと日本は終わる!と
大きな声で主張してたのは小沢さんだけだった。

2012年の総選挙の時ですら、民主党+野党、大マスコミの面々はハイパーインフレ!
ハイパーインフレ!で思考停止。未だにハイパーインフレの兆候は皆無だけど
当時のハイパーインフレ大合唱選挙でぼろ負けした総括は無し。だから馬鹿がはびこったまま。
脳無し政治家、マスコミはハイパーインフレで思考停止してたけど、2年前から
小沢さんは円高デフレに危機感を持っており、安倍さんよりも経済政策の見識は
遥かに上。

既存マスコミ、政治家はみんな無視したけど、海外の記者はいち早く
「日本にもインフレ政策の重要性を認識してる政治家はいる!」と報道していた。
これに賛同した政治家はみな小沢さんと民主党を出ていってしまったから、残ったのは
経済音痴のハイパーインフレ政治家だけで民主党大敗。
結果、自民党、安倍さんが不完全ながらも小沢さんのデフレ脱却政策を実施。
世界中から「日本、やるじゃないか!」と称賛され株高も引き当てる始末。
小沢さんが管さんに代表選を勝ってたら、、、、ま、言っても虚しいだけですが。


ロイター デフレ克服最優先、日銀法改正やインフレターゲットも視野=小沢氏
http://jp.reuters.com/article/2010/09/14/idJPJAPAN-17222120100914

「景気対策とデフレ克服に最優先で取り組まなければならない」とし、「日銀法改正など制度改革やインフレターゲット政策も視野に入れ、金融政策と財政政策の両面からあらゆる手段を尽くす」と述べた。

 小沢氏は「いま政治を変えなければもう間に合わない」との切実な思いが立候補に駆り立てたと指摘


14. 2015年11月24日 10:48:13 : WzFlUn53lM
12>さんに全く同意。今回の大阪同時選挙も8時ちょうどにNHKの大河ドラマの上に速報として当選確実を出していた、8時は開票もしていないし、投票所の締め切り時間でもある。出口調査という事だがそれが100%確実と言う保証はない、それで速報を出すという事は結果はもう決まっているとしか思えない。これは不正だとピンときた。既成事実を作っておいて来年の参院選も不正をされることは大いにある、まずこの不正を無くさなければ民意は無い。

15. 2015年11月24日 16:10:19 : MvF3vAMIAI
植草さんの的確に急所を衝いている論旨に賛成です。それ以外に自公政権と翼賛野党「民主党や維新系の「戦争法案」などの支持議員で隠れ自民党的要素の議員たち。」勢力を倒す方法は無いと思います。

16. 2015年11月24日 19:43:41 : FoozYI3PZF
少し全体的な意見と反対となるかもしれませんが、私は今回の植草氏の行動は少し賛成出来かねる部分が多いです。

理由は幾つかありますので敢えて書きませんが、植草氏の仰られる事は正論ではあると思いますし、その理念にも大きく賛同致します。

しかし、結論だけを書くならば、普通に共産党の提案を担保する形で、生活の小沢案を後押しした方が私は良いと思います。

何故なら、勝つ為に必要な事は正論だけではなく、全体的な流れを見た上での協力が必要だと思うから。

国政選挙三連戦で三連勝という事は、来年負ける事を含んだ上での提案ならば、誤解を受けないようにそこをもう少し強調した方が良いと思います。

何故ならば、現在5野党と連携の協議中の市民団体、その中でも大きな力となったシールズは来年の参院選で解散と述べています。

これは来年の参院選こそが天王山であるという認識に他ならず、植草氏の戦略とは異なります。更にはこれまでの方針を大
転換して敢えて最低限協調出来る政策だけを提示して民主や維新と協議をしている共産党の提案とも異なりますし、その共産党の提案に賛意を示した生活とも少し方法論が違うように思えます。

しかし、植草氏の論を踏まえた上で言うならば、では政策は大事ではないのかとなるかと言えば、そんなに物事は単純ではありません。

政策が大事だからこそ敢えて細かな政策を脇に置くという事も十分に成り立つ論なのです。
私個人としましては、共産党の提案、それに生活の提案、これらを担保した上で植草氏の仰られる政策を実現する為の政権交代をいち早く目指して欲しいという考えです。

そうしますと、共産党の提案を前提として、植草氏主要政策を実現するとなりますが、であるならば、生活の案を取り入れて選挙用の届け出政党を作り、その届け出政党が主要政策を掲げ、民主や維新の党籍を残したまま、議員個人単位で参加出来る受け皿を作り選挙に臨むしか有りません。

その上で、共産党は党としてその届け出政党に選挙協力すれば良いのです。
ですので、植草氏はここでも書かれているように、小沢鳩山政権を認めているのですから、立ち位置としては生活の案を後押しすべきではないかと私は思います。

それならば、共産党の提案、生活の提案、更にはシールズやママの会や憲法学者の会、そして当人である植草氏のご主張も全てが活かされるのではないでしょうか。

このままいくと結果として単なる野党の分断にしかならない恐れもあり、来年以降は我々市民側の大きな力であったシールズなどもいなくなる可能性が高いのです。

更にはこの先も永遠とこれまで通りの選挙が行われるという確証など何処にもないのです。
憲法違反の政権がここまでやって置きながら、そうそう簡単に政権を明け渡す保証など何処にもないのです。

それにそもそもオールジャパンの立ち上げには、否定している民主党の議員も参加していましたし、飛び入りで共産党の議員も参加しており、更には憲法学者の小林教授や小沢一郎の後援してきた伊藤弁護士なども参加しているのです。

この状況で独自の方向性だけ示していたのでは、折角敷居を下げて協力に動いた共産党の案や生活の動きも無に帰してしまうかも知れません。

それでも確固たる信念の元に独自よ動きをされても良いのですが、果たしてそこまでの重責を担える程の勝つ為の戦略をお持ちなのでしょうか。

私は共産党、生活の党、それに野党協議に動かれている市民団体も連携をして、その流れの中での政策実現を模索した方が良い気がします。

都民


17. 2015年11月25日 11:42:18 : FoozYI3PZF
コメント長過ぎましたかね。
噛み砕いて言うと、植草氏の提案は以前の共産党の在り方と似ているという事です。
以前であれば野党が勝てない理由の筆頭理由として、共産党の独自候補の擁立がありました。要は野党票の分散に皆が頭を悩ませていたのですよね。

それが共産党の方針の大転換によって初めてこの最大の懸念事項が消えたのです。
票の分散ではなく集中しなければ勝てませんね。

その上で敷居を下げた共産党以上の政策を最初から打ち出したいのであれば、小沢案の届け出政党を後押しして、その届け出政党にそれら主要政策を掲げてもらうしかないのでは。

民主党や維新がそう簡単にお望みの政策を掲げる事など出来ないと考えますし、そうであれば外枠に個人単位で参加可能な受け皿を作りそれを国民政党として我々が後押しする。

これなら植草氏の論の整合性も取れますし、現在の動きの妨げにもなりません。
且つ、連携により勝てる可能性が飛躍的に伸び、更には政権交代後の主導権を民主よりから国民よりへ緩和も出来るのです。

今のままの論調では、幾ら政策こそがと唱えても、結果としてかつての共産党のように野党分断と捉えられてしまう可能性さえあると思います。

何しろ三連戦の三連勝を視野に於いている時点で来年の参院選での勝ちを目指す戦略とは言えないから。シールズは解散してその後に、国民感情の高まりをどう保つかまできちんと計算に入れているのでしょうかね。

都民


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ