★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197 > 523.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅元首相が安倍首相に敗訴したメルマガ名誉毀損訴訟の判決に対する、素朴で重大な疑問。
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/523.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 04 日 07:00:31: igsppGRN/E9PQ
 

菅元首相が安倍首相に敗訴したメルマガ名誉毀損訴訟の判決に対する、素朴で重大な疑問。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/3d39c59cd9678cb76f3beacefda28d44
2015年12月04日 Everyone says I love you !



 菅直人元首相が、福島原発事故への対応を巡り、安倍首相のメールマガジン記事で名誉を毀損されたとして、安倍首相本人を訴えていた裁判で、東京地裁は2015年12月3日、菅元首相全面敗訴の判決を言い渡しました。


 菅元首相もよりによって安倍首相に負けるくらいなら裁判起こすなよ、チッ!と思ったのですが(笑)、報道されている裁判と判決内容に疑問点があるので、それをメモとして書いておきたいと思います。


 もちろん、私は今の時点で、原告・被告双方の主張立証も見ていませんし、判決文さえ手元にないので、新聞報道を見る限りの論評に過ぎないということをあらかじめお断りしておきます。



元首相が原告、現首相が被告という前代未聞の裁判。




 さて、この裁判は2011年5月、安倍首相が自らのメールマガジンに当時の菅首相の原発事故への対応について、


「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」


「海水注入を止めたのは何と菅総理その人だったのです」


などと掲載した記事を巡り争われていたものです。



 菅元首相は


「実際には注入中断を指示していなかった上、吉田昌郎所長(当時)の判断で注入は続けられていたのに、安倍氏は嘘を書いて菅氏の名誉を傷つけた」


として安倍首相に1100万円の慰謝料などを求めていました。



 3日の判決で東京地裁の永谷裁判長は


「記事は海水注入が継続されていたことが判明する以前に発信されていた」


「注入を中断させかねない振る舞いが菅氏にあったこと、(実際には東電が決めた)海水注入を菅氏が決めたという虚偽の事実を海江田万里経済産業相(当時)ら側近が流したことなど記事は重要な部分で真実だった」


「記事は違法な人身攻撃ではなく、論評として適切だった」


として、菅元首相の訴えを全面的に退けたというのです。


 安倍首相は自身のフェイスブックでさっそく


「官邸における原発事故問題の本質を真正面から認めていただきました」


「海水注入は吉田(昌郎)元所長の英断であったという真実が確認されました」


と勝利宣言を出したというのですが。



 私の疑問点というのは、この事件は「重要な部分で真実だった」と言えるのかということです。


 だって、安倍首相は、福島原発事故をさらなる大事故にせずに済んだ海水注入について


「菅元首相の指示で中断した」


と書いちゃったのに、実際には、中断せず、注入は継続していたんですよ。


 これが最も重要な点ではないですか?



安倍首相がメルマガを出したのが2011年5月20日。翌21日の読売新聞も誤報。



しかし、一週間も経たない5月26日に東電が海水注入を継続したことを認め、海水注入は中断されていないことが判明している。


その際に、安倍氏が謝罪すればそれで済んだ話ではなのに、その後、4年も上のメルマガを削除しなかったのだという。




 もちろん、名誉毀損訴訟では、被告の表現の自由が問題となるだけに、被告の表現が真実でなくても、真実であると信じたことに相当の理由があった、つまり、それ相応の証拠があったということが立証できれば、被告の表現は許されることになっています。


 でも、今回の場合、裁判所から見ても


「記事は海水注入が継続されていたことが判明する以前に発信されていた」


んですよね。


 それだったら、菅元首相が海水注入を中断させたという確たる証拠がなかったというように論理を進めるべきなのに、注入が継続されていたことが判明する以前だったから、菅元首相が中断させたと書いてもかまわないという論理はおかしいと思います。



 判決後、記者会見した菅元首相は


「注入が中断していないと認めながら、『中断した』と書いた記事が真実だというのは、論理矛盾だ。判決には事実誤認があり承服できない」


として、控訴することを宣言したそうですが、東京高裁では逆転勝訴する可能性も十分あるのではないでしょうか。


 東京地裁判決は


「海水注入を菅氏が決めたという虚偽の事実を海江田万里経済産業相(当時)ら側近が流したことなど記事は重要な部分で真実だった」


というのですが、菅首相と原発推進の海江田氏が対立していたのは公然の秘密ですから、これもにわかに信じがたい話ですし、ここが安倍氏のメルマガの重要部分というのがそもそも認識としておかしいと思います。


 安倍首相が権勢をふるうご時世に、また安倍首相に一本取られた菅元首相の責任は重大です。


 控訴審では頑張ってほしいと思います。



菅直人「原発ゼロ」の決意―元総理が語る福島原発事故の真実
菅直人著
七つ森書館
事故は起きないことになっていた。あわや250キロ圏5000万人の避難、国家は存亡の危機に。地獄を見た後にたどり着いたのは、人間と放射性物質を生み出す原発は共存できないということだった。



東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)
菅直人 (著)
幻冬舎
あの時、日本の最高権力者は?
すべての国民が知りたい、国家消滅的危機の真実。
最高責任者の苦悩と覚悟を描いた歴史的証言。
戒厳令に近い強権発動――私は覚悟した。
前総理による衝撃の手記! !


今の安倍首相を裁判所が負けさせるというのは、これは相当勇気のいることですが、それにしても一審判決は強引な気がします。


【菅元首相敗訴】福島原発めぐる安倍首相メルマガ訴訟 「海水注入中断させかねぬ振る舞いあった」「記事は重要な部分で真実だった」
http://www.sankei.com/affairs/news/151203/afr1512030029-n1.html
2015.12.3 14:54 産経新聞



菅直人元首相


 東京電力福島第1原発事故の政府対応をめぐり、安倍晋三首相が発行したメールマガジンの記事で嘘を書かれ名誉を毀損(きそん)されたとして、菅直人元首相が安倍首相に謝罪記事の掲載や約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は「記事は菅氏の資質や政治責任を追及するもので、公益性があった」とし、菅氏の訴えを退けた。


 訴えによると、安倍氏は平成23年5月20日付の記事で「3月12日の海水注入は菅氏が決定したとされているが、実際には注入は菅氏の指示で中断されていた。しかし側近は『注入は菅氏の英断』とする嘘をメディアに流した」などと指摘。しかし菅氏は実際には注入中断を指示していなかった上、吉田昌郎所長(当時)の判断で注入は続けられていたのに、安倍氏は嘘を書いて菅氏の名誉を傷つけた、と主張していた。


 永谷裁判長は判決で「記事は海水注入が継続されていたことが判明する以前に発信されていた」「注入を中断させかねない振る舞いが菅氏にあったこと、(実際には東電が決めた)海水注入を菅氏が決めたという虚偽の事実を海江田万里経済産業相(当時)ら側近が流したことなど記事は重要な部分で真実だった」とし、「記事は違法な人身攻撃ではなく、論評として適切だった」と認定した。



安倍首相メルマガ訴訟、菅元首相の請求棄却 東京地裁
http://www.asahi.com/articles/ASHD345PGHD3UTIL012.html
2015年12月3日13時47分 朝日新聞


 民主党の菅直人元首相が、東京電力福島第一原発事故時の対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンの記述で名誉を傷つけられたとして、安倍首相に約1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は、「記事は重要な部分で真実だった」と認め、菅氏の請求を棄却した。


 判決は、原子炉を冷やすための海水注入について、「菅元首相には、東電に海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」と認定。安倍首相が野党当時の2011年5月20日付のメルマガで、「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」「菅総理は間違った判断と嘘(うそ)について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです」などと書いたことについて、賠償責任はないと判断した。


 菅元首相が13年7月、「海水注入の中止を指示していないうえ、実際に注入は中断していなかった。記事はすべて虚偽だ」と提訴していた。


安倍首相メルマガ「真実」 東京地裁、菅元首相の賠償請求棄却
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H7E_T01C15A2CR8000/
2015/12/3 21:29 日本経済新聞


 東京電力福島第1原子力発電所事故への対応をめぐり、安倍晋三首相のメールマガジンの記事で名誉を傷つけられたとして、菅直人元首相が安倍氏に慰謝料1100万円などを求めた訴訟で、東京地裁(永谷典雄裁判長)は3日、「記事の重要部分は真実」と認め、菅氏側の請求を棄却した。


 問題となったのは、菅氏が首相だった2011年5月20日配信のメルマガ。「唯一の英断と言われている『3月12日の海水注入の指示』はまったくのでっちあげ」として、「海水注入を止めたのは菅総理その人」「これをごまかしウソを側近がばらまいた」と記載した。


 永谷裁判長は判決理由で「菅氏に海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」と指摘。「海水注入の実施を決めたのは菅氏という虚偽の事実を側近が新聞やテレビに流したという記事も重要部分は真実」と認めた。


 判決後に記者会見した菅氏は「事実認定が誤っており、とても承服できない」と話し、控訴する方針を示した。


【菅元首相敗訴】「真実の勝利」 安倍首相が“勝利宣言”
http://www.sankei.com/politics/news/151203/plt1512030029-n1.html
2015.12.3 18:08 産経新聞


 「真実の勝利ではないかと思います」−。安倍晋三首相は3日、菅直人元首相から損害賠償などを求められた訴訟で、東京地裁が菅氏の訴えを退けたのを受け、自身のフェイスブックで“勝利宣言”した。


 安倍首相は自身が発行したメールマガジンの記事をめぐり、東京電力福島第1原発事故の政府対応で「海水注入を中断させかねない振る舞いが菅氏にあったことなど記事は重要な部分で真実だった」とした判決にふれ、「官邸における原発事故問題の本質を真正面から認めていただきました」と歓迎。「海水注入は吉田(昌郎)元所長の英断であったという真実が確認されました」とつづった。


 訴えでは、安倍氏は平成23年5月20日付の記事で「3月12日の海水注入は菅氏が決定したとされているが、実際には注入は菅氏の指示で中断されていた。しかし側近は『注入は菅氏の英断』とする嘘をメディアに流した」などと指摘。しかし菅氏は実際には注入中断を指示していなかった上、吉田所長(当時)の判断で注入は続けられていたのに、安倍氏は嘘を書いて菅氏の名誉を傷つけた、と主張していた。



【菅元首相敗訴】菅氏会見詳報 判決に不満ぶちまける「安倍さんは海水注入問題を根拠に不信任案を出そうとした」
http://www.sankei.com/affairs/news/151203/afr1512030047-n1.html
2015.12.3 20:25 産経新聞



安倍首相のメールマガジンをめぐる敗訴判決を受け、記者会見する菅元首相(左)=3日午後、国会


 安倍晋三首相のメールマガジンで東京電力福島第1原発事故の際に海水注入を止めさせたとうそを書かれ名誉を毀損(きそん)されたとして、民主党の菅直人元首相が安倍首相に謝罪掲載と損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は3日、菅氏の請求を棄却した。菅氏は同日夕、国会内で記者会見を開き、判決への不満をぶちまけた。詳報は以下の通り。



【冒頭発言】


 「この名誉毀損事件は、安倍さんが平成23年5月20日に出されたメルマガで、私が海水注入を中止するよう指示し、私が海水注入を中止させたと、こういう事実に基づい、ていくつかのことを言われております。しかし、この判決の中でも、海水注入は実は中止されていなかった、中断されていなかったということは裁判所も認めているわけであります。海水注入を中止したのは菅総理である、とメルマガには書いてあるわけですが、まったくの虚偽情報であり、このことは判決からも明確にいうことができます」


 「また、判決では、『(海水注入を)中断させかねない振る舞い』が原告である私にあったことを(メルマガは)批判しているんだ、と。そういう認定をされております。そして、このメルマガは妥当だ、という言い方になっておりますが、結果として中断はされていないということでありますから、『させかねない振る舞い』があったかなかったかということが争点ではなくて、中断がなされたかどうか、そして中断の指示を行ったかどうか、それが中心的事実認定だと思っております。私が中断を指示したことはありません」


「以上のように、重大な事実の認定において明らかに誤認があることがはっきりしておりますので、東京高裁に控訴したいと、このように考えております」


 −−請求が棄却されたことの感想を


 「大変残念ということが一つと、判決文を読んでみると、私が海水注入を中断したという一番の重要な点について、中断していないということを裁判所は認めながら、『中断した』と書いたものが真実だというのは、まったくの論理矛盾でとても納得することはできません」


 −−判決は、メルマガは総理だった原告の政治的責任を追及したものだ、との判断だが


 「名誉毀損の裁判ですから。政治家同士が政策やいろんな問題で批判しあうことについて争っているわけではありません。安倍さんが事実に基づいて批判をされるのは当然、自由ですし、私も野党時代、そういうことはずっとやってきました。ただ、それはあくまで、事実に基づいての批判でなければいけない。今回は『海水注入を止めたのは菅だ』『だからけしからん』『だから責任をとってやめろ』と、総理であった私に『即刻やめなさい』というところまで言い切っているわけです」


 「(5月)24日のメルマガには、いよいよ不信任案を提出する時期が迫っているという表現も入っています。ですから、安倍さんがこの問題を一つの根拠にして不信任案を出そうとしたということ。まあ、これは別に今回の裁判で争っているわけではありませんが。メルマガは今はもう削除されていますから、私のブログに添付されたものを見ていただければよく分かります」


「もう1点だけ付け加えますと、判決の中で、このメルマガが出された5月20日はいろんな事実関係がまだはっきりしていなかった、という指摘があります。5月26日に、海水注入は継続していたということを東電自身が認めて発表しているわけです。だから、その発表の前だから、というふうな言い方を(判決は)しているんだと思うんですが、しかし、私が提訴したのは、事故から2年目。そしてこのメルマガが削除をされたのが4年目。つまり、ほぼ4年間、ネット上には残っていたわけでありまして、そういう点で、発信のスタートが5月20日であったということと、事実関係がはっきりしたのが5月26日であったということ、そのことは決して、その後の開示を正当化するものではないと考えています」


 「しかも、こちらから削除と謝罪を要求した段階では、(安倍首相側は)削除には応じないという姿勢であったわけですから、『その時点では分からなかった』ということは言い訳として成立しないということができると思います」


 −−現職の首相を裁判で負けさせるわけにはいかない、というような裁判所の政治的配慮があった可能性はあると思うか


 「そこは分からないというしかありません。裁判官がどういうことを考えてこういう判決を書かれたかはですね。ただ、判決そのものは事実に対して明らかに誤認がある。なぜ明らかな誤認をしたかという、それに今ご質問のような背景が影響したかどうかというのは、それは分かりません」



関連記事
安倍首相がデマ拡散、菅直人に訴えられた名誉毀損裁判で不当判決! 抗議の意味を込め安倍の捏造歴を暴露する!(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/500.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月04日 07:05:35 : gfD1Hrc3gk : qHaI7T2wWVI
菅元首相「納得できない」と控訴へ 安倍首相訴えた請求棄却受け会見
産経新聞 12月3日(木)17時3分配信

 菅直人元首相は3日夕、安倍晋三首相に損害賠償などを求めた訴訟で請求が棄却されたことを受け、国会内で記者会見を開いた。菅氏は「とても納得することはできない」「判決文に論理矛盾がある」などと主張し、4日にも控訴する考えを示した。

 訴えによると、安倍首相は菅政権時代の平成23年5月、東京電力福島第1原発事故に絡み「菅総理が東京電力に海水注入を止めさせていながら『海水注入は菅総理の英断』とのウソを側近が新聞、テレビにばらまいたのです」との内容をメールマガジンに掲載。菅氏は、海水注入を止めさせたのは事実と異なり名誉を毀損(きそん)されたとして、謝罪掲載と損害賠償を求めていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000552-san-pol


2. 2015年12月04日 09:08:02 : jyDnMp1GsM : zwypXh_pHlA

官邸側では、注入の中断が55分間あったと認識していた。
中断させたと認識させる原因を作ったのは、管元首相の危惧からであった。
東電を信頼さえしていれば良かったのに、原子力の専門家ズラしたことが
危機管理の無さを露呈したのである。


3. 2015年12月04日 09:27:09 : RZ8kEMv6OQ : dyBMjXXOq2k
あのとき総理大臣が安倍だったら、いまごろアベノミクスなんてはしゃいでられなかったよね。でも、それで日本が滅んじゃった方がよかったのかも。

4. てんさい(い) 2015年12月05日 10:18:45 : KqrEdYmDwf7cM[386] : 0kUGInjLpY : VLecBnM2280
2年前の記事
菅直人元首相が安倍現首相を名誉棄損で提訴されたことに関しての懸念
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/540.html
投稿者 taked4700 日時 2013 年 7 月 16 日 22:21:31

現在の関連記事

安倍首相がデマ拡散、菅直人に訴えられた名誉毀損裁判で不当判決! 抗議の意味を込め安倍の捏造歴を暴露する!(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/500.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 03 日 17:30:30

福島第一原発事故海水注入中断の指示をめぐる騒動について
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/547.html
投稿者 taked4700 日時 2015 年 12 月 04 日 13:14:34:

菅元首相が安倍首相に敗訴したメルマガ名誉毀損訴訟の判決に対する、素朴で重大な疑問。
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/523.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 04 日 07:00:3

安倍首相メルマガ訴訟 菅元首相全面敗訴
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/548.html
投稿者 ドンゲン 日時 2015 年 12 月 04 日 13:27:33

菅直人元首相、安倍首相に全面敗訴 原発事故のメルマガは「真実だった」
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/537.html
投稿者 ドンゲン 日時 2015 年 12 月 04 日 09:30:0

「これは凄い。「公益性のあるデマ」という概念が日本に誕生。:外教氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/565.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 04 日 23:30:06

「>デマにも公益性があるとは笑止。この国の司法も地に堕ちた、政権が裏で手回した可能性も。:本間 龍氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/515.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 03 日 23:30:05:

<赤っ恥 安倍首相に全面敗訴> 菅直人が総理大臣だったという1000年に1度の災害
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/519.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2015 年 12 月 04 日 06:03:02


5. 2015年12月05日 14:36:50 : Q45IpfOmPM : JZOzuFEzN5s
安倍だったらどうするか。
もちろん東電の利益が最優先ということで炉の損傷を招く海水注入は中止。
爆発したら、報道管制を強い、自衛隊動員、警察出動、日本を戒厳令下に置く。
法律がなくてもそこは安倍だからそれに近い状態を作り出す。
そんなところだろう。

6. 2016年1月21日 17:02:56 : FzAOPtWgGY : NtZGxx9vawE[8]
キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

諫早湾が菅直人のおかげでさらに受難です。

2013-06-24 10:48:48
テーマ:時事 ニュース
http://ameblo.jp/calorstars/entry-11559436732.html 全文転載


【翻弄された諫早干拓〜開門期限あと半年】(3)開門にメリットなし - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130620/biz13062022070025-n1.htm 今堤防を解放したら干拓した農業用地はダメになり、さらに漁業にも深刻な影響がでる。菅直人元総理のテロは原発事故だけでなく農業にも爪痕を残す。

>潮受け堤防閉め切りによる海洋汚染で甚大な被害が出たとして有明海沿岸の漁業者らが起こした訴訟で福岡高裁(古賀寛裁判長)が5年間の常時開門を命じる判決を出したのは平成22年12月。その開門期限は12月21日午前0時に迫る。

> 東京ドーム143個がすっぽり収まる長崎県諫早市の干拓農地(670ヘクタール)。国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防閉め切りによって、湾内に造成された農地には見渡す限り畑が広がり、41の法人・個人がネギやキャベツなど40品目の野菜を栽培している。

この広大な農地が使い物にならなくなり、さらに開門による潮の変化で漁業にも多大な影響がでる。菅直人は福島の原発事故を誘発し、さらに諫早湾の農業、漁業に壊滅的な打撃を与えようとしている。末代までかたりついだほうがいい最悪の総理になる。

民主党にちょっとやらせてみたらとマスゴミにのせられた3年のツケは口蹄疫による九州の畜産への壊滅的な被害、デフレ不況での失業率の悪化、中国韓国による領海侵犯事件がおこるなど国防上の危険を増大させ、福島原発事故を混乱して早急に圧力弁を開けなければならない原発に首相みずからおりたち、現場の作業をとめ数時間にわたって罵倒しつづけるという愚かな行為で圧力上昇をとめることができない値にまで放置させ爆発事故にいたらせたなどいくらでも数えることができる。

この諫早湾の判決を受け入れたことも失策中の失策なのだけど、あまりに大規模な失策が多すぎてわすれていたものだ。

しかし、この菅直人の残した負の遺産だが、もうすでに判決が確定して開門命令を執行するしかない。

「ちょっとやらせてみよう」などという軽々しい気持ちで投票した有権者はこれですこしは懲りたんだろうか?

●教科書に書かれた菅直人首相の震災・原発事故責任-【電子ブック版】
http://books.rakuten.co.jp/rk/29dc113ee18e4500a93e4007eda410cc/?scid=af_pc_etc&sc2id=187701632  ★削除

 −−−

天木直人のメールマガジン ― 反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説
教科書に書かれた菅直人首相の震災・原発事故責任
読者マイページ(ログイン)
http://foomii.com/mobile/00001/2013040108220614868

 −−−

護国の魔窟
護国道
まっしぐら


腹切れ管!『菅直人元首相は震災処理の不手際で総辞職に追い込まれた』と教科書に書かれるw


2013-03-28 10:26:03
http://ameblo.jp/moody-night/entry-11499688003.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK197掲示板  
次へ