★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197 > 736.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍政権が米国と敵対するシリア・アサド政権に25億円の援助約束の事実が発覚! しかも国民に情報を徹底秘匿(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/736.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 08 日 22:30:05: igsppGRN/E9PQ
 

              左・国際協力機構(JICA)公式サイト/右・衆議院議員 安倍晋三 公式サイトHPより


安倍政権が米国と敵対するシリア・アサド政権に25億円の援助約束の事実が発覚! しかも国民に情報を徹底秘匿
http://lite-ra.com/2015/12/post-1763.html
2015.12.08. リテラ


 シリア問題は解決の糸口が見えないどころか、ロシアとトルコの緊張関係が生じるなど、ますます混迷を深めているが、ここにきて安倍政権がとんでもない外交を行っていたことが判明した。なんと、シリアのアサド政権のために約25億円の拠出を約束していたことが発覚したのだ。

 この事実をスクープしたのは、本日8日付の西日本新聞。記事によると、同紙が国連開発計画(UNDP)の公式ウェブサイト上にシリアのアサド政権支配下にある火力発電所への事業計画書(英語)が掲載されていることを発見。そこには今年1〜3月にUNDPと日本が契約を結び、〈シリア第3の都市ホムス近郊のジャンダール火力発電所に、タービンの羽根や軸受けの予備を供給する内容が記載〉されていたこと、さらに〈日本政府が1825万ドル(約22億5千万円)、国際協力機構(JICA)が約199万ドル(約2億5千万円)を提供し、これが事業の全額である〉こと、この資金提供協定は今年1月に締結していることなどが書かれていたという。

 しかも、この資金提供は名目上は「緊急人道支援」となっているが、記事でも指摘されているように〈電力は軍需産業や軍事活動にも欠かせず、アサド政権の延命に利用される可能性もある〉。

 つまり、安倍政権がシリア問題の元凶ともいえる非人道的なアサド政権を助勢したということなのだ。これは、ISやその他イスラムの反政府組織の反発を招く行為というだけでなく、反アサド政権を表明しているアメリカやNATO諸国との共同歩調を破るものだ。

 しかも、この事業は明らかに、安倍政権が深く関与している。契約の時期から推測するに、邦人人質殺害事件の直接のきっかけとなった安倍首相が今年1月にカイロで行った演説──「地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に総額で2億ドル程度、支援をお約束します」と宣言した際の支援と関係していると思われる。

 またJICAといえば、安保法制懇座長代理として安倍首相を支え、集団的自衛権の行使容認を進めた政治学者・北岡伸一氏が今年10月、理事長に就任。前任で今回の契約時期に理事長を務めていた田中明彦氏も“タカ派御用学者”と呼ばれていた人物だ。JICAが安倍首相の“身内人事”であることを鑑みれば、この事業が安倍政権の意向が反映されたものであることは疑いようもない。

 さらに驚くべきは、今回の事業を日本政府は徹底して隠蔽して、進めようとしていたことだ。

 というのも、じつはUNDPのウェブサイトで発見したこの事業計画書について、11月16日に西日本新聞の記者が外務省に取材を行うと、外務省は「電力インフラ整備への資金提供は一切ない」と否定。しかし、取材を行った当日、なんとUNDPのウェブサイトからこの事業計画書が消えてしまったというのだ。

 しかも、JICA側も取材に対し、外務省と足並みを揃えて「シリア国内では事業を一切行っていない」と否定していたが、UNDP駐日代表事務所が「ウェブサイトから消した理由は言えないが、事業そのものは存続している」と明言すると、JICAと外務省は態度を一転。「機微な政治情勢や治安状況などに鑑み、シリアにおける緊急・人道的性格の事業の詳細については公表を控える」(JICA)、「人道支援として、火力発電所の復旧はシリアにいる一般の人たちに必要不可欠との観点から行っている」(外務省)と、当初の回答を一変させたという。

 言うまでもなく、このインフラ整備で費やされる約25億円は、日本の国民の血税から賄われている。にもかかわらず、今回の事業は〈日本外務省やJICA内で、日本の関与が明るみに出ないよう、扱いは「ゼロ・ビジビリティ(透明度ゼロ)」〉だったという。つまり、日本政府は徹底して情報を洩らさないよう隠蔽して、事を進めていたわけだ。

 いったいなんのために、事実を隠蔽してまで国際社会の反発を食らうような援助をやろうとしたのか。そこで、クローズアップされるのが、安倍政権下におけるODA(政府開発援助)に対する考え方の変化だ。

 実は積極的平和主義を掲げる安倍政権になって、国際援助の金額は異常に膨れ上がっている。

 たとえば、外務省が今年3月に発表したODA実績を見ても、安倍政権になって、それ以前より9%、円ベースでは実に33%も増加している。しかも、安倍政権はODA大綱を改定。“非軍事分野での他国軍への支援”を明記し、「国益の確保に貢献する」との表現も加えた。それにより、これまでの途上国の貧困や医療を援助するということから、安全保障上の利益、さらには日本の企業に利益をもたらすような援助を優先するというように、性格が変わってしまったのである。

「もともと、ODAの工事、事業の発注先は日本企業であることが多く、政官界と企業の癒着はずっと指摘されていたのですが、安倍政権になって、それがさらに露骨になった。血税を使って、経団連に入っているような大企業が受注できるような援助に金をばらまくという構図です。実際、安倍首相の海外訪問には必ずゼネコンや建設機械、インフラ系などの日本企業の幹部が同行していますからね。今回も、欧米の反アサドという外交方針に背いてまでやったわけですから、官邸に近い企業からの要請や政治家の介在など、政治的な裏があったとしか思えない」(元外務省担当記者)

 実際、今回のシリア・ジャンダール火力発電所も日本のODAによって建設されたものだ。西日本新聞の記事でも関係者が今回の事業について「日本の商社と発電施設メーカーがJICAに発電所整備を持ち掛け、JICAがUNDPに提案した」と証言している。言わば日本企業への利益還元のために行われている可能性が高いのだ。

 今のところ、西日本新聞以外はなぜかこの一件を一切報道していないが、メディアは安倍政権下の不透明な国際援助を徹底的に検証すべきだろう。

(野尻民夫)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月08日 22:42:19 : sfUYGTAXig : GfODdVDYuBE[20]
日本、アサド政権「支援」 シリアの電力整備に25億円、事業計画書がウェブから消える
2015年12月08日03時00分 (更新 12月08日 11時24分) 西日本新聞

 パリ同時多発テロを機に、欧米が軍事介入を強めるシリア。日本政府は民主党政権下の2011年5月、アサド政権への「新規の経済協力は見合わせる」と表明し、安倍政権も引き継いでいる。だが、実は今年1〜3月、国連開発計画(UNDP)の事業として、アサド政権の支配下にある火力発電所の補修・復旧のために約25億円を提供する契約を結んだ。

 西日本新聞は、UNDPの公式ウェブサイトに掲載された事業計画書(英語)を見つけた。そこには、シリア第3の都市ホムス近郊のジャンダール火力発電所に、タービンの羽根や軸受けの予備を供給する内容が記載されていた。

 事業主体はUNDPだが、日本政府が1825万ドル(約22億5千万円)、国際協力機構(JICA)が約199万ドル(約2億5千万円)を提供し、これが事業の全額であることが明記されていた。

 「緊急人道支援」が名目だが、電力は軍需産業や軍事活動にも欠かせず、アサド政権の延命に利用される可能性もある。日本政府の資金提供は、アサド政権打倒を掲げる同盟国の米国の立場とも相いれない。

 関係者の証言によると、日本外務省やJICA内で、この事業は日本の関与が明るみに出ないよう、扱いは「ゼロ・ビジビリティ(透明度ゼロ)」。11月16日、本紙記者の取材に外務省は「電力インフラ整備への資金提供は一切ない」と否定した。

 同じ日、UNDPのウェブサイトから、公開されていた事業計画書が突如、消えた。

=2015/12/08付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/211710


2. 2015年12月08日 22:48:55 : sfUYGTAXig : GfODdVDYuBE[21]
秘密裏の「人道支援」、シリアの電力整備 外務省「事業ない」一転
2015年12月08日 03時00分 更新記者:坂本信博、豊福幸子 西日本新聞

 消される前の国連開発計画(UNDP)の公式ウェブサイトには、「シリアの電力部門支援」と題し、日本政府の資金提供によるアサド政権支配地域での電力インフラ整備の事業計画書や、UNDPと日本側との協定書の写しが掲載されていた。

 それによると、今年1月にUNDPと国際協力機構(JICA)が資金提供協定を締結し、日本のメーカーにタービンなどの予備部品の製造を発注。12月中にも日本の工場からシリアへ発送される計画となっていた。

 第1弾のジャンダール火力発電所には合計約25億円を提供するが、計画ではその後も、同発電所に加えシリア内のアル・ザラ火力発電所、バニアス火力発電所の補修・復旧事業について「必要性を査定する」と記されていた。この三つの発電所は、主に1980年代から90年代に日本が政府開発援助(ODA)で建設・増設したものだ。

 補修・復旧事業は、日本の商社と発電施設メーカーがJICAに発電所整備を持ち掛け、JICAがUNDPに提案したと、関係者は証言する。

   ◇    ◇

 シリアをめぐっては、アサド政権が反政府デモへの弾圧を強めた2011年5月、民主党政権が「緊急・人道的性格の援助を除き、経済協力を見合わせる」と表明。安倍晋三首相も13年8月、外遊先のカタールで「アサド政権は道を譲るべきだ」と退陣を求めた。

 補修・復旧事業は、日本の商社と発電施設メーカーがJICAに発電所整備を持ち掛け、JICAがUNDPに提案したと、関係者は証言する。

   ◇    ◇

 シリアをめぐっては、アサド政権が反政府デモへの弾圧を強めた2011年5月、民主党政権が「緊急・人道的性格の援助を除き、経済協力を見合わせる」と表明。安倍晋三首相も13年8月、外遊先のカタールで「アサド政権は道を譲るべきだ」と退陣を求めた。

 本紙の11月16日の取材に、外務省国際協力局国別開発協力第3課の担当者は「シリア国内での支援は避難民への食料・医療提供などの直接支援だけで、電力インフラ整備の計画は一切ない」と説明。JICAも11月25日に「シリア国内では事業を一切行っていない」と口をそろえた。

 UNDPのサイトから、事業計画の情報が削除されたが、UNDP駐日代表事務所(東京)は本紙の取材に「ウェブサイトから消した理由は言えないが、事業そのものは存続している」と明言する。

 JICAはその後、「機微な政治情勢や治安状況などに鑑み、シリアにおける緊急・人道的性格の事業の詳細については公表を控える」と回答を変更。外務省も12月3日、「人道支援として、火力発電所の復旧はシリアにいる一般の人たちに必要不可欠との観点から行っている」と説明を一変させた。

   ◇    ◇

 電力は人々の生活に欠かせないインフラであり、困窮する人への人道支援という意味合いはある。一方で、食料や水、医療といった直接の人道支援とは異なり、電力インフラの補修・復旧はアサド政権の基盤を強化する結果ともなり得る。

 事実、計画が水面下で動きだしていた14年9月、アサド政権の強い影響下にある国営シリア・アラブ通信は、反政府勢力を「テロリスト」と呼び、アサド政権の電力大臣が「武装テログループが発電所や石油パイプラインを組織的な攻撃目標にしている」と述べたと報道。日本政府による発電所の補修は「全国の市民への電力供給を保障する」と歓迎した。

 日本国民が全く知らない中で日本政府とアサド政権の「接触」が進行している。


 ◆影響残すパイプは必要

 高橋和夫・放送大教授(中東研究)の話 米国や日本がアサド政権の退陣を求めるのは内政干渉で、国際法上問題がある。内戦から5年たってもアサド政権は倒れておらず、ロシアが肩入れした今となっては、もう倒れないだろう。米国も引っ込みがつかなくなっている中で、日本がアサド政権とパイプを持ち、影響力を残しておくことは悪くない。日本企業の営利目的の側面はあるが、国際援助はそういうものとも言える。電力支援の情報をオープンにできないことも、米国を刺激しないためには、ある程度理解できる。

 ◆送電先など条件付けて

 伊勢崎賢治・東京外国語大大学院教授(国際関係論)の話 シリアでの電力インフラ整備が人道支援に当たるかは、判断が難しい。市民生活や医療機関には電気が必要であり、人道支援とも言えるが、軍需産業や戦争にも電気は欠かせない。人道支援が目的なら、日本の資金で整備する発電所の送電先がどういう地域かを見極め、UNDPに資金提供する際には、病院や民間住宅に最優先で送電することなどの条件を付けるべきだ。単に予備部品を提供しておしまいにせずに、人道援助につなげる努力が必要だ。

 ◆紛争長引き政権延命も

 佐藤安信・東京大大学院教授(人間の安全保障)の話 日本の電力支援が、住民を虐殺しているアサド政権の基盤強化や延命につながり、結果として紛争を長引かせて、貧しい人や弱い人をさらに苦しめてしまう可能性は否定できない。電力が、武器を作るような大工場に流れるのは目に見えている。実際に人道支援に結びついているかどうかの検証が欠かせない。本当に人道支援と言うなら、外務省は税金の使い道について国民にきちんと情報を公開し、国会などのチェックを受けながら計画を進めるべきだ。


 ■シリア内戦混迷、難民増大

 内戦が続くシリアでは、アサド政権による武力攻撃で多数の民間人が死傷している。化学兵器の使用も問題となった。米国や英国、フランスなどはアサド政権の退陣を求め、日本も足並みをそろえている。

 シリアの反政府運動は、中東の民主化運動「アラブの春」の影響を受け、2011年3月から活発になった。これをアサド政権が武力で弾圧したため、子どもを含む死者が増加。国外へ逃れる難民が相次いだ。米英仏などは反政府勢力を支援している。

 これに対し、シリアと関係が深いロシアやイラン、中国、北朝鮮はアサド政権を支持している。

 シリアの一部では過激派組織「イスラム国」が台頭し、混迷が深まっている。米国を中心とした有志国連合は、14年9月からシリアのイスラム国拠点を空爆。ロシアも今年9月、イスラム国掃討を名目に空爆に踏み切った。

 関係国のアサド政権に対する立場の違いから、国際社会による内戦の解決には進展がなかったが、イスラム国のテロを背景に打開を模索する動きもある。11月にオーストリア・ウィーンで開かれた多国間外相級協議では、停戦・和平に向けた過程を協議。年内に政権と反政府勢力の直接対話を実現し、6カ月以内に「移行政権」を成立させる方針などで一致した。

http://qbiz.jp/article/76420/1/


3. 2015年12月08日 22:51:02 : 4eAUdJhKZ2 : rV_XW4nMCOQ[34]
武器援助 敵の側にも ぬかりなく

4. 2015年12月08日 23:18:47 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[9]
二股かけているならなかなか見所のある奴だがや。
知らなかったことにするが、それより国債宇宙ステーションに9000億円出して毎年400億の拠出金払って何してんだ。貧困子供対策は、たったの1億円だぞ。ちょっと筋が通らなさすぎる。

5. 2015年12月08日 23:43:09 : qR018y1gQY : EEVDiSmdOp4[23]
『独立行政法人<JICA>は、“特別会計"に貯め込んだ“酷税"を、旧財閥系大企業に流す為の“マネーロンダリングシステム"である。』

殆ど全ての“独立行政法人"は、各省庁の“省益=天下り先シロアリの巣"助成機関であり、日本国内の産業育成・助成機関では全くないのである。
その原資が「特別会計」にあり、情報開示は闇の中、国会の承認すらも要らない、<ヘドロ姦猟族>の好き勝手し放題!という、「民主主義国家」にあるまじき“帝国主義制度"ってことさ。


6. 2015年12月08日 23:48:55 : DNMLzL2xcA : qAyoHVeQfwc[1]
二股じゃなく全方位的にむしりとられてるんだろ。

7. 2015年12月08日 23:55:39 : 8cNXWXWsJY : G30YSd2zr6c[1]
わざと二股をかけているのならまだ良いのですが、やはり06さんのおっしゃる通り見境かばらまいているだけなのでしょうね。

8. 2015年12月08日 23:58:49 : 8cNXWXWsJY : G30YSd2zr6c[2]
07です。訂正です。
見境か→見境なく

9. 2015年12月09日 00:03:10 : LCyXjs4uuw : KFkafx4KJOI[3]
そうか! 安倍はプーチンのダチ、アサドに支援か!

オバマに言い付けてやろっと


10. 2015年12月09日 01:37:13 : vUJpFVa0fs : bXTDYXKecTY[1]
>>4さん >>6さん >>7さん >>9さん

ぜ〜んぶに同思考です。なかでも、4さんと9さんのコメントには特に同意。

世界からの支持も高いプーチンに駆け寄って愛想振りまいたアベちん。
「かっこいいプーチンどの〜、童はホモだちになりたいでちゅ〜」丸出しのアベちん。果てしなく、情けなや〜〜〜〜

世界を相手に天才的頭脳で隠れテロ支援国家を制圧するプーチンに惚れるのもいいけどさ。隷米ポチアベ政権の立場では、お門違いでもあるしさ〜♪

日本の血税や財産をご献上され続け、いよいよぶっ倒れる時期にきたので、感謝されるべきはずのオバカからは、毛嫌されてるじゃんよ。

プーチンから頭ナデナデもらっても、所詮、米ポチでは北方領土返還してくれんでしょ。世界強豪のプーチンの手のひらで踊らされるだけ。
アベちんが、至福と夢の外遊から日本に戻り、眼が覚めたあとは、恐怖のアメ・ハザルマフィアが待ってるし。

あー、情けなや、情けなや〜 
世界にも稀なオバカ国家日本のバカっぷりの最高峰。

結局、外交は、金なんていくらあっても関係ないってことじゃんね!バカたれ。


沖縄オナガ知事さんが、よほどプーチンや習やオバマと対等外交できる唯一の人だと思える。オナガさん、この際、総理になってよ。



11. 2015年12月09日 13:08:31 : qkoS7TLKfg : OR56M4jb4Bo[53]
面白い発見ですね!

隠し切れない事実っていつかは表に出るんですねぇ

安倍の悪事隠し!
アサドに支援が悪事かどうかは知らんが
安倍が隠してるってことは
「安倍は悪事だと思ってる!」ってことだろう

面白い!
オバマ君はどう思うだろうかねぇ?


12. 2015年12月09日 17:13:35 : 0my6Zcxf72 : 8Jc4gU8i7qU[28]
『イスラム国』『自由シリア・・』が米国・イスラエルの造り上げた勢力と解ったときのための姑息なアリバイ造りです!。

13. 歯磨き右近高山[30] jpWWgYKriUWL342CjlI= 2015年12月10日 00:08:15 : vodco2ny8k : GYBii6u1@zE[13]
私が頭を巡らした限りでは、日本に後世において高く評価された外交官なんて杉原千畝を除くと聖徳太子、足利義満、陸奥宗光くらいしかいないように思います。
秀吉は朝鮮侵略で4世紀以上も経た今も尚恨まれ、井伊直弼は拙速な條約締結に批判的人物を弾圧して翌1860年に桜田門外の変で暗殺、日露戦争はTheodore Roosveltが「勝った」ように見せかけてくれただけなのを隠蔽、第1次世界大戦では中国で一種の火事場泥棒(1915年:100周年)甘い考えで中国やアメリカとの戦争をした昭和10年代、冷戦に隠れてさ自分の頭で外交を考えてこなかったツケが来ている今日…。

おWhen they have ever learn?


14. 2015年12月10日 06:47:06 : 6WystWLgeY : B47Q0EkCeRw[4]
実際に資金が動いているかは別にしてODAによるシリアへの資金協力が存在することは関係者の間では周知の事実であるにもかかわらず、なぜ今これを話題にしたかの方が気になる。

15. 2015年12月10日 23:53:03 : Rn0T1j85ek : pW@S3SIXrGY[1]
安倍も一つくらいは良い事したな
これは人道支援だ、シリアの国民の為になる

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK197掲示板  
次へ