★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197 > 807.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<参院選への動き>シールズなど5団体「市民連合」を結成へ!群馬でも勝手連市民団体が発足!12月10日民主党両院議員総会。
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/807.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 10 日 19:00:05: igsppGRN/E9PQ
 

【参院選への動き】シールズなど5団体「市民連合」を結成へ!群馬でも勝手連市民団体が発足!12月10日民主党両院議員総会。
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/9982
2015/12/10 健康になるためのブログ







http://mainichi.jp/senkyo/articles/20151210/ddm/005/010/051000c

学生団体「SEALDs(シールズ)」や憲法学者らで作る「立憲デモクラシーの会」など5団体が出席。団体側は、安保法廃止などを旗印にした新たな組織「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を年内に結成する考えを示した。


 石川、熊本選挙区(いずれも改選数1)などでは既に野党候補擁立の動きが出ており、立憲デモクラシーの会呼びかけ人の中野晃一上智大教授は意見交換会後、記者団に「安保法廃止を訴える候補者が出てくることを望み、後押ししたい」と語った。これに関連し、民主党の枝野幸男幹事長は9日の記者会見で「先行事例が北海道5区になる」と述べ、衆院北海道5区補選(来年4月24日投開票)での野党候補擁立に意欲を見せた。





民主党両院議員総会 2015年12月10日


以下ネットの反応。












シールズなど5団体が野党候補を応援するグループ「市民連合」を設立することが決まりました。民主党があまりにもグズだからシビレを切らしたのと情勢を見て市民候補を出すしかないと感じたのでしょうか。なんにせよ歓迎すべき動きです。ぜひ市民候補が出て国会に入って欲しいですね。


そして、群馬では別の団体が市民団体を立ち上げ、今後勉強会・ディスカッションなどを重ねていくようです。デモ活動も素晴らしいですが、こうした参院選に向けた具体的な活動が実際の選挙では生きてくるのかも知れません。こうした勝手連が起きる契機を作っている中心人物の座間宮ガレイ氏は各県に20人本気の人がいれば選挙は変わると言っています。


【辛口?リアル?】2016年参議院選挙の情勢分析「1都道府県で20人目覚めれば、大きな機運を作れる」by座間宮ガレイ
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/9617


そして、今朝行われた民主党の両院議員総会。相変わらずと言えばそれまでなんですが、今日の発言を聞く限りでは「今のままの民主党や国会内の統一会派」では参院選を戦えないという声が出ています。虚実あると思いますが、なかなか見ごたえがあったのでお暇な人はどうぞ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月10日 19:35:03 : Y6pRcn2Sxc : YGYR6kdcKR0[5]
参院選に向け安保法反対の声届け 統一候補擁立へ連携 「市民連合」近く設立
2015年12月10日 東京新聞

 安全保障関連法に反対する市民団体と野党の意見交換会が九日、国会内で開かれた。市民団体側は、来年夏の参院選の改選一人区などで非自民系統一候補の擁立を促し、支援する枠組みとして「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(仮称)」を、今月二十日をめどに設立すると表明した。

 これについて民主党の枝野幸男幹事長は終了後の記者会見で「幅広い市民に応援していただける候補を立てる動きを、さらに加速していきたい」と歓迎。共産党の山下芳生書記局長も「安保法廃止に向けた協働が、強固なものとして進むステップになった」と述べた。

 出席者によると、非自民系統一候補擁立は、石川、熊本両県など複数の一人区で具体的な動きがある。市民団体側は今後、各地域のグループとも連携していく方針。

 意見交換会には民主、共産、維新、社民の各党(生活の党は欠席)と、「立憲デモクラシーの会」「安全保障関連法に反対する学者の会」「安保関連法に反対するママの会」「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の各団体が出席した。 (宮尾幹成)

◆改憲の動き 立ち上がらねば 「市民の風」代表太田光征さん

 来年夏の参院選に向けて、市民団体が非自民系統一候補の擁立を模索している。第一次安倍政権の発足前の二〇〇六年五月から、同様の活動に取り組んできた市民団体「『平和への結集』をめざす市民の風」代表の太田光征さん(49)に経験を語ってもらった。 (高山晶一)

  ◇ 

 −「市民の風」は小泉政権末期に発足し、多くの学識者や弁護士らが参加した。結成の背景は。

 「当時、安倍政権の誕生が確実視され、平和主義を放棄する改憲の動きが現実になろうとしていた。〇七年参院選で与党が三分の二を占めれば、間違いなく改憲発議が行われると考え、市民が立ち上がらなければと思った」

 −具体的にどう取り組んだのか。

 「平和憲法を守ることを結集点の要にした統一候補を『平和共同候補』として擁立するよう、野党各党に申し入れた。〇九年衆院選では各党に野党連合政権を働き掛けた」

 −結果的に統一候補は広がらなかった。

 「結集点について世論の盛り上がりがないと、選挙協力をお願いしても政党は動いてくれない。『市民の風』も、その後は街頭で世論に訴える活動を中心に取り組んでいる」

 −来年の参院選に向けて、非自民系統一候補擁立の動きが活発化している。

 「戦争法(安全保障関連法)が成立し、追い詰められた状況の裏返しだ。選挙協力を実現するには、世論を盛り上げる必要がある。一票の格差も、大量の死票で国民主権を形骸化する小選挙区制も(民意を正確に反映しておらず)、国会の正統性を損ねている。その回復も、大義のある結集点になる」

<おおた・みつまさ> 1966年生まれ。広島大大学院生物圏科学研究科博士前期課程修了。翻訳業。憲法の平和主義を守る市民団体「『平和への結集』をめざす市民の風」に2006年5月の設立から参加。09年、代表に就任。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201512/CK2015121002000142.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK197掲示板  
次へ