★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198 > 615.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党の歴史検証本部立ち上げを批判した東京新聞の社説−(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/615.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 25 日 17:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

自民党の歴史検証本部立ち上げを批判した東京新聞の社説−(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1so3cbk
24th Dec 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks


ついに自民党が「歴史を学び未来を考える本部」の初会合を開いたらしい。

 12月23日の各紙が報じていた。

 これは稲田朋美政調会長の肝いりで出来たものだ。

 その目的が、東京裁判、南京事件、慰安婦問題などについての見直しであることは明らかだ。

 その事だけでも腹が立つのに、あの谷垣幹事長が本部長を引き受け、その重要性を強調している。

 タカ派稲田の色を薄めるために、ハト派の谷垣が使われたのだ。

 谷垣幹事長は、どこまで自らを貶めれば気が済むのだろうか。

 そう思っていたら、12月24日の東京新聞が社説で次のように批判していた。

 「・・・全国民の代表者として国会にすでに議席を有する者が、

今さら一堂に会して歴史の何を学ぶというのか。

まさか、学ばずして国会の場に出て来てしまった、ということではあるまい・・・」

 これ以上的確で、辛辣な批判はない。

 あまりにも未熟な者たちが、あまりにも簡単に国会議員になり過ぎている。

 国会議員の数が多すぎるからこんな事になってしまうのである。


           ◇

自民の歴史検証 誤った発信は慎まねば
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015122402000134.html
2015年12月24日 東京新聞社説

 歴史に学ぶことは大切だ。事実関係を検証する意義も認める。しかし、根底に歴史修正主義があるとしたら見過ごすわけにはいかない。国内外への誤った発信は厳に慎むのが政権与党の責任だ。

 自民党の「歴史を学び未来を考える本部」が初会合を開いた。日清戦争以降の歴史を検証するために設置した安倍晋三総裁(首相)直属の機関である。年明けから月一、二回程度、講師を招いて会合を開くという。

 本部設置を主導した本部長代理の稲田朋美政調会長は「敗戦で何が変わり、占領政策で何を得て何を失ったのかを、しっかりと学ぶ必要がある」と初会合で語った。

 現行憲法の制定過程や極東国際軍事裁判(東京裁判)、米国中心の連合国による占領政策などについても、否定的な立場から検証する狙いがあるのかもしれない。

 本部長には「ハト派」とされる谷垣禎一幹事長が就いた。「タカ派」色が心配だとしたら、自民党らしい知恵なのだろう。谷垣氏は「謙虚に歴史を勉強していく場にしよう」と述べた。

 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という。歴史に学び、主権者である国民のための政治に役立てることは当然ではある。

 しかし、全国民の代表として国会にすでに議席を有する者が、今さら一堂に会して歴史の何を学ぶというのか。まさか、学ばずして国会の場に出てきてしまった、ということではあるまい。

 今回の本部設置には、歴史を学ぶというよりも、日本が歩んできた戦後の歴史を否定しようとする意図が見え隠れもする。

 さかのぼれば、南京事件では犠牲者数、慰安婦問題では強制性をめぐって、それぞれ中国、韓国との間で認識に違いがある。

 事実は何かを追究する必要があるとしても、それは研究者の仕事であり、政治家の仕事ではない。

 歴史認識は国や立場によって違うのは当然ではある。しかし、自らの正当性を一方的に強調するだけでは双方の溝は深まるだけだ。相互理解の深化こそが、政治の役割ではないのか。

 歴史を学ぶための場がもし、議員が独善的な歴史観を声高に叫ぶ舞台と化せば、国際社会の誤解を招くだろう。

 英国の歴史家で政治学者でもあるE・H・カーは「歴史とは現在と過去との間の尽きることのない対話である」と言った。対話に喧騒(けんそう)は似合わない。一人ひとりが静かに向き合うのがいいのである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月25日 18:44:33 : ISJBTckmRk : UeYF2_buLmA[6]
慰安婦、南京…自民の「歴史を学び未来を考える本部」初会合 歴史検証、テーマ選定へ意見交換
2015.12.22 09:58 産経新聞

 自民党は22日午前、日清戦争以降の歴史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」の初会合を党本部で開いた。議論の対象とするテーマをめぐり、有識者と意見交換。安倍晋三首相(党総裁)直属の組織で、谷垣禎一幹事長が本部長を務める。

 本部設置を主導した稲田朋美政調会長らは、東京裁判も議題にする方向。慰安婦問題や南京事件などの歴史認識問題も取り扱いたい考えだ。

 アドバイザーには、首相の戦後70年談話に関する有識者懇談会のメンバーだった山内昌之明治大特任教授らが選ばれている。

http://www.sankei.com/politics/news/151222/plt1512220011-n1.html


2. 2015年12月25日 18:47:49 : ISJBTckmRk : UeYF2_buLmA[7]
歴史検証組織 改憲への動きを危ぶむ
12月24日 信濃毎日新聞社説

 安倍晋三首相が悲願とする憲法改定の機運を盛り上げる狙いなのではないか。

 自民党が設けた「歴史を学び未来を考える本部」である。日清戦争以降の歴史を検証するとし、おととい初会合を開いた。

 検証といっても、勉強会の形を取っている。初回は今後の進め方を確認した。テーマごとに招く講師は、思想的な中立性を重視して選ぶという。

 本部設置を主導したのは首相側近の稲田朋美政調会長だ。今年6月に憲法の制定過程や、連合国軍総司令部(GHQ)による日本の占領政策を検証する党内組織の立ち上げを表明した。

 稲田氏は首相同様、日本の戦争犯罪を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)に否定的だ。独自の検証に意欲を燃やす。

 党内では内外であつれきを生むとの懸念もあったようだ。歴史修正の試みと見られることを避けるため、稲田氏をトップにすることを見送り、谷垣禎一幹事長を本部長に据えた。

 戦後だけにとどめず、日清戦争以降と検証期間を広く取ったのもその一環とみられる。

 いくら中立的な姿勢をアピールしても、そう受け止められるかどうかは疑わしい。

 稲田氏は初会合で「日清と日露の両戦争、占領下での激動の時代があり、その上にわが党が立っている。歴史の客観的事実を学びたい」と語った。が、占領政策を検証のまな板に載せる姿勢が変わることはあるまい。

 首相は「戦後レジーム(体制)からの脱却」を目指し、教育や安全保障政策などで国家重視の政策を推し進めている。本部は首相直属だ。改憲をはじめ、首相がこだわる政策を後押しする組織に変化することも否定できない。

 現在の憲法はGHQの影響下で制定された。日本の研究者らの意見も反映されているが、首相をはじめ、自民党内では「米国による押し付け憲法」との考え方が強い。占領政策は改憲問題と密接につながっているのだ。

 来年は参院選がある。衆参両院で改憲発議に必要な3分の2以上の勢力確保を目指し、同日選になることも考えられる。

 改憲に対して国民の理解が広まらない中、新しい組織が旗振り役を担うことになるかもしれない。安保法制の強行成立で、憲法に裏打ちされた平和主義の根幹が揺らいでいる。さらに掘り崩されぬよう、自民の歴史検証の動きを厳しく見ていく必要がある。

http://www.shinmai.co.jp/news/20151224/KT151222ETI090011000.php


3. 2015年12月25日 18:58:12 : tdImyvaJR6 : bVY6C41WrX4[1]
実に見事な文章だ
新聞記事はこのように明快にして格調を保ったものでありたい

どこぞの装飾過剰、やたら時代がかった言い回しの似非戦記みたいな文体、それでいて嘲笑やあてこすりが多い陰湿な文章の記事が良く見かけられる某紙は見習うべき


4. 2015年12月25日 19:12:28 : un4wIQrzVE : mdGTTqVK7Gc[1]
韓国が自民党の歴史検証にクギ「修正主義なら周辺国の反発招く」=韓国ネットは冷めた声「韓国も修正してるでしょ」「日本が反発を心配するとでも?」
2015年12月25日(金) 7時40分 レコードチャイナ

2015年12月24日、韓国・マネートゥデイによると、自民党が着手した近現代の歴史検証作業について、韓国政府が「こうした検証機構に歴史修正主義の流れがあってはならない」と忠告した。

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官はこの日の会見で、「もしそのような(歴史修正主義の)方向に進むとすれば、韓国をはじめ周辺国や国際社会の反発があるだろう」とし、「日本政府の動向をわれわれも鋭意注視している」と述べた。

自民党は22日、日清戦争以降の歴史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」の初会合を開いた。本部は安倍晋三首相直属の組織で、谷垣禎一幹事長が本部長を務める。

この報道に、韓国のネットユーザーは冷めたコメントを数多く寄せている。

「じゃあ韓国はどうなんだ?韓国も修正してるじゃないか。いったい誰が誰に向かってそんなことを…どう考えてもおかしい」
「独裁政治を韓国の歴史だと錯覚してるようなアマチュアが何を偉そうに。日本に文句を言う前に、自分たちからちゃんとして」

「もうムカつくからやめてくれ。まずは軍艦島(端島)の世界遺産登録に同意した人物から更迭すべきだ」
「日本が反発を心配するとでも思ってる?とんでもないね。日本には反発くらいさらっと無視できる政治力がある。なぜって?韓国にはものすごくたくさんの親日政治家がいるからだ」

「韓国は親日の子孫を熱烈に支持し、大統領にまでしてしまったくらいだ。僕が日本人でも韓国を無視するだろうな」
「朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍首相がお手てつないでせっせっせ、と歴史を変えようとしている」

「ただ、日本がそうしないでくれるといいなあ、と祈ってるだけ」
「日本政府にせっせと書類を送っても、何の意味もないから紙の無駄だよ。もう少し積極的に外交対応をしないとね」(翻訳・編集/吉金)

http://www.recordchina.co.jp/a125814.html


5. 2015年12月25日 21:49:15 : hKOkXZjKTQ : kprEwfMLhCg[20]
歴史なんか見直して何がしたいんだ?

6. 2015年12月25日 22:07:37 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[134]
教条は歴史ではない
教条と教条がぶつかり合うのを見る時、それは限り無く低レベルだ。
それは決して他人事ではなく、全く此方もだ。 不毛な消耗戦とも云う。

教条は学問ではない。
反知主義が此処でも垣間見える。


7. 2015年12月26日 17:29:35 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[89]
太平洋戦争の連合国的、戦後「史観」をひつくり返し逆転し「皇国史観」に拠りて立つ〈日本の自存自衛とアジア解放の偉大な聖戦だつた。」論に塗り替えるために「歴史戦」と称してタカ派が始めた策動の一環でしょう。稲田朋美や桜井よしこ。など「好戦的タカ派女子」が主張していました。

8. 2015年12月26日 17:33:31 : 0my6Zcxf72 : 8Jc4gU8i7qU[81]
「放送法遵守を求める視聴者の会」「日本会議」「自民党」の金持ち会員の皆さん

早速、「ニューヨーク・タイムズ」か「ワシントン・ポスト」にポツダム宣言不受諾・東京裁判無効・講和条約廃棄の全面広告を載せましょう!。

アンタらに、そんな度胸・覚悟あるのかネ?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK198掲示板  
次へ