★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198 > 781.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相の「私たちの子や孫に謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」のピンボケと反省のなさ。
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/781.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 29 日 14:50:30: igsppGRN/E9PQ
 

安倍首相の「私たちの子や孫に謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」のピンボケと反省のなさ。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/ef911a271f57667645c9c0e96c7fc988
2015年12月29日 Everyone says I love you !



 2015年8月14日に発表された、安倍首相のいわゆる戦後70年談話は、戦前の日本軍の加害行為について、すべて主語を日本ではなくて、被害者の人々や国々にするという言い訳に満ちたものでした。


 たとえば、


「戦後七十年にあたり、国内外に斃(たお)れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。」


という具合です。


 国内外で斃れた人は勝手に斃れ、亡くなったのではありません、日本が始めた戦争のせいで、日本軍に殺されたのですが、安倍首相は終始一貫して犠牲者が雪崩で勝手に死んだかのような扱いで、他人事でした。


 しかも、安倍首相は、我が国が痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました、だとか


「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。」


と言うだけで、安倍首相自身は痛切に反省するとも、お詫びするとも言わなかったのです。徹頭徹尾、他人事です。


最悪だった安倍首相の戦後70年談話。憲法黙殺。植民地支配・侵略したとも詫びるとも言わず、他人事。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/90d7175dbddae46b62efcc23fb4fe767



 そんな彼は戦後70年談話でもこうはっきり言いました。


「日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。


 あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」


 私は驚いて


「戦争や侵略や植民地支配は国がしたことだから、今の我々国民が個人として関わっていなくても、国として相手国や国民に謝るのですよ。


 自分が戦争に行ったから謝るんじゃないですよ。」


と批判しました。


日本の戦争責任。日本はアジア諸国を侵略し、植民地支配した。未来への責任は今の私たちが担っている。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/41a72d02df786eb114ee5bdc69eb9458



 いずれにしても歴史に残る、「慰安婦」問題に関する今回の日韓「最終」合意で、安倍首相は、2015年12月28日、朴槿恵大統領と電話で会談し、その後、官邸で記者団にこう語りました。以下全文。


「先ほど朴槿恵大統領と電話で会談を行い、合意を確認致しました。今年は戦後70年の年にあたります。8月の首相談話で申し上げてきた通り、われわれは歴代の内閣が表明してきた通り、反省とお詫びの気持ちを表明してきた。その思いに今後も揺るぎありません。


 その上で、私たちの子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない。今回、その決意を実行に移すための合意でした。この問題を次の世代に決して引き継がせてはならない。最終的、不可逆的な解決を70年目の節目にすることができた。今を生きる世代の責任を果たすことができたと考えています。


 今後、日韓は新しい時代を迎えます。日韓両国が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけにしたいと思います。」


 朴大統領との電話では謝罪したらしいのに、ほら、ここでも人前では自分の言葉では謝らない。「反省とお詫びの気持ちを表明する」と言えばいいのに、わざわざ、


「われわれは歴代の内閣が表明してきた通り、反省とお詫びの気持ちを表明してきた。その思いに今後も揺るぎありません。」


という言い方を慎重にするのです。本当に卑怯です。



 そして、ここでもまた言っています。


「私たちの子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない。


 今回、その決意を実行に移すための合意でした。この問題を次の世代に決して引き継がせてはならない。


 最終的、不可逆的な解決を70年目の節目にすることができた。今を生きる世代の責任を果たすことができたと考えています。」


和解は最終的な解決を意味しますから、「最終的」、「不可逆的な解決」という言葉にこだわったのはいいのです。
 
 しかし、日本という国が朝鮮などに対する植民地支配と、中国などに対する侵略という加害責任を、国として謝り続けることはこれからも必要です。

 国として謝らなければならないことは、個人としての国民に罪があるとか宿命が負わされるというのとは違いますよ。この国家主義者にとっては、頭の中で国家と国民がどうしても一体になってしまって、国と個人を分けて考えられていないのです。


国家は個人の損害賠償請求権を放棄できない。日韓「従軍慰安婦」問題、解決間近か。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/7e2fd0c463b579a98e0b8325b48c584f



 それは、日本「国」が植民地支配と侵略を反省し、真摯に詫び続けること。
 
 それは、日本という国の不戦の誓い、二度と同じ過ちをしないという宣言でもあるのです。

 その不戦の誓い、宣言の最たるものが戦争放棄をうたった憲法第9条。

 憲法9条を破棄しようとしていることと、日本の後の世代がもう謝らないといってしまうこととは、実は同一線上にあるのです。


関連記事


「従軍慰安婦」=戦時性奴隷 ここまで計20本
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/c/0e56717e4f74be2ccc5a941f2ed3e99f



日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784)
吉見義明
岩波書店
元日本軍「慰安婦」だった金学順さんが日本政府に謝罪と賠償を求めて名乗り出てから20年―「強制」ではなく「自由意志」だったとする声がいまだに多く聞 かれるのはなぜだろうか。「慰安婦」制度が軍によってつくられたことを、様々な史料を用いながら説明するとともに、被害者の名誉と尊厳の回復の必要性を訴える。



「慰安婦」・強制・性奴隷: あなたの疑問に答えます (Fight for Justice・ブックレット)
吉見 義明 (編集), 林 博史 (編集), 金 富子 (編集, 原著), 西野 瑠美子 (編集)
御茶の水書房
『朝日新聞』の誤報で日本軍「慰安婦」問題がねつ造されたの? 日本軍「慰安婦」は「公娼」だったの? 軍慰安所はどこの国にもあったの?23の問いについて、根拠を示しながら、明確に、わかりやすく解説します。「慰安婦」問題webサイトから生まれた決定版。歴史のねつ造にノー。緊急出版。



「慰安婦」問題 すべての疑問に答えます。
アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam) (著)
合同出版
「慰安婦」問題ってなに? 軍は関与していなかったの? 強制連行はあったの? 証拠はあるの?
豊富な資料や証言をもとに、「慰安婦」問題を正しく読み解く。中学生から読める必携ガイドブック。



「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈1〉日本・台湾・朝鮮編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
金 富子 (編集, 原著), 宋 連玉 (編集, 原著), VAWW‐NET Japan (編集)
緑風出版
本巻では、日本軍・国家システムおよび台湾・朝鮮の植民地支配との関係における「慰安婦」制度の加害構造を明らかにし、日本、台湾、朝鮮での個別のケースにおける加害の責任を検証する。被害の実態を中心に取り上げられてきた「慰安婦」問題を、加害の構造・実態に焦点をあてこれまでにない試みで分析する。



国家間の懸案が解決するのは喜ばしいのですが、一方で国家主義に走る日韓両政府。


なんのための、誰のための「最終」解決なのか。


「元慰安婦」の方々や、彼女たちを支えてきた市民たちが、韓国政府によって押しつぶされないかが本当に心配です。


【日韓外相会談】
安倍首相発言全文 「『次世代に謝罪する宿命を背負わせない』決意を実行」
http://www.sankei.com/world/news/151228/wor1512280041-n1.html
2015.12.28 19:47 産経新聞



慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)


 安倍晋三首相は28日、日韓外相会談で慰安婦問題の解決に合意したことを受けて、朴槿恵大統領と電話で会談した。その後、官邸で記者団に語った発言の全文は次の通り。



 先ほど朴槿恵大統領と電話で会談を行い、合意を確認致しました。今年は戦後70年の年にあたります。8月の首相談話で申し上げてきた通り、われわれは歴代の内閣が表明してきた通り、反省とお詫びの気持ちを表明してきた。その思いに今後も揺るぎありません。


 その上で、私たちの子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない。今回、その決意を実行に移すための合意でした。この問題を次の世代に決して引き継がせてはならない。最終的、不可逆的な解決を70年目の節目にすることができた。今を生きる世代の責任を果たすことができたと考えています。


 今後、日韓は新しい時代を迎えます。日韓両国が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけにしたいと思います。




【「慰安婦」日韓合意】首脳が電話会談 安倍首相「未来志向の新時代確信」 朴大統領「首相のおわび伝える」
http://www.sankei.com/politics/news/151229/plt1512290003-n1.html
2015.12.29 00:21産経新聞


 安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領との電話首脳会談の要旨は次の通り。


 【慰安婦問題】


 首相 合意を評価したい。元慰安婦の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみを思うと心が痛む。日本国の首相として心からおわびと反省の気持ちを表明する。日韓の請求権の問題は、1965年の協定で最終的かつ完全に解決済みとの立場に変わりはない。今回の合意をわれわれ首脳が責任を持って実施することを確認したい。


 朴氏 最終合意がなされてよかった。日韓(国交正常化)50周年の今年中に合意できたことに大きな意味がある。首相によるおわびと反省の表明は、元慰安婦にしっかりと伝わるようにしたい。被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす事業が実施されれば、この問題が再び議論されることはない。日韓関係を安定的に発展させる歴史的契機にしたい。合意をわれわれで責任を持って対応していきたい。


【日韓関係】


 首相 日韓関係が未来志向の新時代に入ることを確信する。安全保障などさまざまな分野の協力を強化し、関係を前へ進めたい。わが国としては安保協力を重視している。具体的に進めたい。来年はわが国が日中韓首脳会談の議長国であり、大統領の来日を心待ちにしている。


 朴氏 来年からは、より未来志向の関係としたい。安保協力強化も重要性を共有する。北朝鮮の核問題をはじめ緊密な協力を今後も続けたい。訪日招請に感謝する。しっかりと検討したい。



「屈辱的」「政府に従う」 日韓合意、評価割れる韓国
http://digital.asahi.com/articles/ASHDX61V9HDXUHBI01S.html?rm=591
ソウル=武田肇 2015年12月28日23時08分



韓国・朴槿恵大統領(右)を表敬訪問し、握手する岸田文雄外相=28日午後4時28分、ソウルの大統領府、代表撮影




 日韓両政府の合意について、韓国側では元慰安婦の支援団体などから反発の声が上がった。


・慰安婦問題めぐり日韓合意 「最終的かつ不可逆的解決」
 http://www.asahi.com/articles/ASHDX51J5HDXUHBI00X.html
・安倍首相「おわびと反省の気持ち表明」 朴大統領と電話
 http://www.asahi.com/articles/ASHDX6FXZHDXUTFK01F.html
 ・
 日韓外相会談が行われたソウルの韓国外交省で28日午後、「法的責任に背を向けた安倍政権糾弾」といったプラカードを掲げた市民団体のメンバーら約50人が「会談中止」を求めて集まった。


 元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)は会談終了後、「屈辱的だ」と反発する声明を発表し、「慰安婦は日本政府が主導した犯罪であり、不法という点が明らかになっていない」と批判。安倍首相による直接の謝罪もなかったとして「真心がこもった謝罪と受け入れるのは難しい」とした。さらに真相究明や歴史教育などの「再発防止措置」の言及もないと指摘、韓国政府が受け入れたことは「衝撃だ」とした。


 一方、韓国のYTNテレビは「政府が年内に解決しようとしてくれたのだから、努力してくれた人たちのことを考えて、政府が決めたことに従いたい」という元慰安婦の女性のインタビューを放送した。


 一方、日韓関係の悪化をめぐっては、経済界から「政治と経済の分離」を主張する意見があった。韓国の経済団体・全国経済人連合会は「両国政府が慰安婦問題で和解の合意を得たことを歓迎する」という声明文を発表。「国交正常化50周年を迎える特別な年に問題解決の合意がなされたことで、両国が新たな希望の百年を進むことを期待する」とした。


 ログイン前の続き韓国の通信社、聯合ニュースは合意について「韓日首脳の勝負の一手 政治的負担でも決断」と題した記事を配信。今回の妥結は、「慰安婦問題での食い違いを放っておいてはいけないということで両国の合意が形成された結果」と指摘した上で「安倍政権も日本国内の保守的な右翼勢力から攻撃を受ける可能性がある」との見方を示した。


 朴槿恵(パククネ)大統領は国民向けの談話を発表。「日本の歴史的な過ち」について韓日関係の改善と大局的見地から臨んだとし、「今回の合意について、被害者の方々と国民の皆さんもまた理解をしてくださるよう願います」とした。


 韓国で長年、慰安婦問題を研究してきた大学教授の一人は「今回、韓国政府が被害者の意見をどれだけ反映して妥結したのか明らかではない。日本政府の要求を韓国政府が一括して受け入れたようにも感じる」と指摘。今後、元慰安婦一人ひとりへの説明が不可欠だとの見方を示した。(ソウル=武田肇)



韓国、世論説得が課題 慰安婦問題の日韓合意
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H5T_Y5A221C1EA2000/
2015/12/28 21:23 (2015/12/28 23:58更新) 日本経済新聞


 【ソウル=小倉健太郎】韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)ら旧日本軍の元従軍慰安婦らを支援する6つの市民団体は28日、日韓合意を「被害者と国民の思いを裏切るものだ」と批判する見解を発表した。合意が慰安婦問題の不法性に触れていないと指摘し、今後も日本政府が法的責任を果たすよう求めていくとした。


 ソウルの日本大使館前にある慰安婦を象徴する少女像問題で韓国政府が解決へ努力するとした点にも「屈辱的だ」と強く反発。日本の要求を受け入れて妥結させたとして「恥ずかしく、失望させるものだ」と自国政府を酷評した。


 共同発表には強硬姿勢で知られる挺対協のほか、元慰安婦が共同生活する支援施設「ナヌムの家」などが加わった。


 元慰安婦からも不満が漏れる。韓国の聯合ニュースは「お金ではなく名誉回復が必要だ」として法的賠償にならなかったのを批判する声を紹介した。一方で「満足はできないが政府も苦労したので政府に従う」と話す元慰安婦のユ・ヒナムさんのように一定の理解を示した人もいる。


 韓国政府はこれまで、日本の対応を評価した後に世論の強い反発を受けて姿勢を変えたことがある。慰安婦問題で日本に強硬姿勢をとってきたのも世論を気にした面が大きい。朴槿恵(パク・クネ)大統領が28日にわざわざ国民向けにメッセージを出して理解を呼びかけたのも同じ文脈だ。


 日韓合意を本当の最終的な解決につなげるには、日韓双方の努力が欠かせない。韓国にとっては、合意内容を丁寧に説明することで元慰安婦や支援団体を納得させられるかどうかが大きな課題となる。



取り返しのつかない最終合意...国際社会で「慰安婦」取り上げられないことに
http://japan.hani.co.kr/arti/international/22907.html
登録 : 2015.12.29 00:14修正 : 2015.12.29 00:16 ハンギョレ


主な合意内容と争点


 日本軍慰安婦問題に対する観点は、大きく分けて二つだ。一方は、この問題を女性の人権を悽惨に蹂躙された国の犯罪として捉えるのに対し、他方は、韓日両国が急いで解決しなければなら外交的課題とみなす。前者を原則論、後者を現実論とも言える。


日本、結局法的責任を回避 


「日本政府の責任を痛感」 
「道義的」という言葉を取り除き、曖昧な取り繕い 
「慰安婦に対する軍の関与」は再確認 


被害者の名誉回復・賠償問題 


日本政府の予算で10億円を拠出 
「賠償ではない」と線を引く



 最初の観点、つまり原則論に立つ場合、28日の韓日外交長官会談を通じて公開された両国の合意内容は、少なからず残念な内容と言わざるを得ない。これまで慰安婦問題の解決のために努力してきた韓日の市民運動団体は、昨年6月に東京で開かれた第12回アジア連帯会議で慰安婦問題解決のための提言を発表した。当時彼らは日本軍慰安婦制度が当時様々な(日本の)国内法・国際法に違反する重大な人権侵害であったことを認めて、これを覆せない形で謝罪し、その証拠として被害者に賠償することを求めた。この提言の核心は、慰安婦制度が日本の「国家犯罪」であるため、日本がこれに対する「法的責任」を明確に認めなければならないという内容だった。


 しかし、岸田文雄外相は28日、共同記者会見で、「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と発言するのにとどまった。これは、日本政府が1993年に河野談話と1995年のアジア女性基金で明らかにした慰安婦問題に対する認識とあまり変わらないものだ。岸田外相もこれに対して、「申し上げた内容以上でも以下でもない。当然歴代内閣の立場に従ったもの」として、これを再確認した。日本政府は、慰安婦被害ハルモニ(お婆さん)たちと運動団体の切実な要請にもかかわらず、慰安婦制度が日本の国家犯罪であるという事実を認めないまま、外交的にこの問題を最終的かつ不可逆的に解決することに成功したことになる。


 進展が見られたとしたら、1995年のアジア女性基金が発足した後、歴代の日本の首相が慰安婦被害ハルモニたちに送ったお詫びの手紙に盛り込まれた「我が国(日本)としては、道義的な責任を痛感し」という部分から「道義的」という3文字を取り除いたことだ。これは、日本が認めたのが「法的責任」なのか、それとも「道義的な責任」なのかを曖昧に処理し、外交的合意を導き出すために、韓日外交当局が知恵を絞った結果と分析される。結局、20年もの間、慰安婦被害者ハルモニたちと韓日の支援団体は、「道義的」というたった3文字を取り除くために闘争してきたのか、という厳しい批判が予想される。


 しかし、現実の外交的な観点に立つ場合、評価は複雑にならざるを得ない。最も重要なのは、国内外で歴史修正主義者と批判されてきた安倍晋三首相から、日本政府がこれまで拒否してきた慰安婦問題解決のための追加措置を引きだしたという点にある。さらに、日本政府は「政府予算」として韓国政府が設立した財団に10億円の予算を支給するという計画も明らかにした。アジア女性基金が失敗したのは、慰安婦被害女性1人当たり200万円ずつ支給された「償い金」が、日本国民の募金によるものだったからだ。


 しかし、今度は韓国政府が設立した財団に日本政府が政府予算でこの資金を提供することになった。見方によっては、この資金を、日本政府が慰安婦制度を作り、運営したことに対する謝罪の証拠として解釈する余地ができたのだ。これは、アジア女性基金の失敗事例からすると、明らかな進展といえる。ところが、その代償として、韓国政府は韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)などが反発している日本大使館前の平和碑(少女像)の撤去のために、関連団体と協議しなければなら負担も負うことになった。


 韓日両国が「この問題は、最終的かつ不可逆的に解決された」と結論を出しただけに、今後、韓国政府が日本政府に対して慰安婦問題を改めて取り上げることは困難になった。 1995年のアジア女性基金で慰安婦問題が一応取り繕われてから、2011年8月、憲法裁判所の決定によってこの問題が韓日関係全般を揺るがす外交懸案に浮上して以来、4年ぶりのことだ。


 しかし、今後、挺対協などの激しい反発が予想されており、韓日両国が合意したように、この問題が本当に最終的に解決できるかは不透明だ。結果によっては、今回の合意は、「歴史的かつ画期的な成果」(岸田外相)ではなく、“歴史的かつ画期的な外交惨事”として記憶される可能性もある。


東京/キル・ユンヒョン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月29日 14:59:33 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[164]
「私たちの子や孫に謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」
なら「『私』とやらの謝罪」で『完結』させろ。
ちゃんとやるなら一緒に謝ってやるからそれで『私たち』にしてやろうじゃねえか。
まったく手間のかかる御子ちゃま宰相だ。

さあ、見ててやるからやってご覧。そっくり返って「わーるかったなっ!」ってのは謝ってる内にぁ入らねーんだぜ。
「許してくんねーからオマエラの方が悪いっ!ムキーッ」なんてのは其れ以前だ。
さあ。やれるのかやれねーのか? やってみせろ。 話はそれからだろう。
さもなきゃ手伝ってもやらねーぜ。

どうだ。ホンネは「私が謝罪したくない」なんだろ?
だから何時迄経ってもウンコタレ(リアル)のクソガキなんだよ。
成人式やり直して来いや。被選挙権剥奪だ


2. 2015年12月29日 15:16:03 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[100]
「謝罪し続ける宿命」なんてのは、はなから無い。
謝罪しなければならんことをやったのか? ん?
逆だろが、朝鮮半島の近代化につくした日本。恩を仇で返す朝鮮人。



[32初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため、この人のコメントは内容にかかわらずすべて初期非表示

3. 2015年12月29日 16:01:58 : FcwNS8Q2Bc : HRf7ayOwTTk[8]
「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」

 なーんという言葉で国民に媚びるなヨ。
日本が仕掛けた戦争で迷惑をかけた事実は永久に消えないんだ。
関係ない世代になったのだからこれからはやりたい放題にやるぜ。
というのが安倍晋三の本音だ。


4. 2015年12月29日 17:01:57 : nLW51wyXyc : MWKK7yce9yw[10]
それより、頼むから、私たちの子や孫を戦に狩出す画策はしないでくれ、

あんたに子や孫はいないんだから。


5. 2015年12月29日 17:16:18 : NLb6JYnilo : jyM23wfI_J8[16]

   最後の世界戦争の敗戦国として、戦争犯罪の加害国の立場に立つ日本は、戦争被害国の記憶が残る限り謝りつづける覚悟が必要だ。
  
   過去の戦争犯罪の責任そのものは、その当事者そのものが負うしかないわけだが、被害者や犠牲者への謝罪や償い、戦争の総括など過去の歴史の清算を行う責任は、過去を受け継いだ現在の日本国民全体が負い続けねばならない。

   日本の場合、東京裁判とは別に日本自身で戦争を総括することをせず、またその責任を明らかにすることを回避してきているのだが、いつまでも歴史の清算を長引かせてうやむやに済ませることは出来ない。

                   


6. 2015年12月29日 17:56:54 : EmpzeTBIfY : _4LsdWziMeE[4]
親の因果が子に報うのは当然の事だ。
そして今、馬鹿親達が安倍をのさばらしてる報いを、子や孫が受けることになる。

7. 2015年12月29日 18:17:52 : jlHmHcptYU : vI3c8Z0xxcU[1]
謝罪し続けないことと過去の正当化を混同してますがな

8. jk[580] goqCiw 2015年12月29日 19:06:55 : tceVB0iwr6 : FXeuvvWT7ac[15]
「過去には韓国はキ−センの国、強制なんてある訳ない」と言い張ってた安倍総理。
それが、今回は心からお詫びと反省をするという。

それも、自らの本心による反省ならまだしも、アメリカの圧力によるものだという。

政治家としての信念も矜持もない政治家安倍総理。ネトウヨにまで軽蔑されるのは当然でしょう。


9. 2015年12月29日 19:49:52 : 6QY4oTsK4A : SMpWxdo72r4[2]
国民には責任無いだろ。当時も現在も。
全て政府の責任だろ。当時も現在も。
問題を摩り替えるなよ安倍。
本当に責任感じているなら、鳩山のように韓国に行って土下座しろ!!

10. 2015年12月30日 09:17:49 : gha4wQHsWY : GtXYfrVLY6Y[68]

河野談話の「見直す」などと言い、

    朝日新聞「慰安婦、国の関与なし」などと言う
    詐欺レトイック安倍なんとか。

    このたび「すいません」と言い、15億出して、これでおわり?
     虫がよすぎ〜唖然!(右も左も〜)


     、


11. 2015年12月30日 20:01:02 : EPyhz3hOXs : TWtU@72@qbE[11]
>01さん
>成人式やり直して来いや。被選挙権剥奪
選挙権もな!

08さんの言われるように誰が見てもアメリカに言わされたとしか見えない。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK198掲示板  
次へ