★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198 > 859.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「SEALDs」の限界は 今の日本のリベラルの限界(Wedge)
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/859.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 31 日 09:45:05: igsppGRN/E9PQ
 

            2015年夏、安保法制に反対する市民の反対運動が各地で起きた(Getty Images)


「SEALDs」の限界は 今の日本のリベラルの限界
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151231-00010000-wedge-pol
Wedge 12月31日(木)9時0分配信


 戦後70年の節目の年が終わろうとしている。2015年は、安倍政権の歴史認識と平和安全保障法制に国内外の注目が集まった。歴史認識問題は、8月の安倍総理談話が中韓など一部を除いて国外で歓迎され、国内でも大きな反発はみられず、一応の決着がついた。総理談話の線に沿って、韓国との間で長年の懸案だった慰安婦問題についても、進展があった。一方、平和安保法制は国際社会からは概ね歓迎されているが、国民の多くの理解を得られたとはいえないのが実情だ。

 平和安保法制への国民の理解が深まらなかったのは、野党の非建設的な批判が影響した。法案の審議が始まった当初、野党は攻め手を欠き、法案の中身よりも、重箱の隅をつつくような質問が相次いだ。ところが、衆院の憲法調査会で3人の憲法学者が同法案について「違憲」と意見表明すると、野党はこれに便乗し、「違憲な」法案の破棄を求めるようになった。加えて、戦後70年という節目に多くの国民が戦争の悲惨さや不戦の誓いを新たにする中、野党やリベラル系メディアがこれを「戦争法案」と呼び、国民の不安を煽った。

■かつてはあった建設的な議論が失われた日本

 特に民主党の対応は無責任だった。民主党政権時代でも、集団的自衛権の行使と集団安全保障への参加の拡大は検討されていた。にもかかわらず、岡田・枝野執行部は対案をとりまとめることを放棄し、代わりに「反対のための反対」という道を選んだ。民主党の中でも、長島昭久議員などから建設的な対案を求める声も上がったが、執行部にかき消された。結果として、民主党は支持を伸ばすこともなく、国民の信頼を失い、解党の一歩手前に自らを追い込んだ。

 維新の党は集団的自衛権の行使にも前向きだったため、安保法制に当たって自民党と協力できる余地もあった。だが、内部抗争を抱えた維新の党がまとめた対案は、集団的自衛権の行使を個別的自衛権の拡大で行うというものであり、また海上交通への脅威に対しては自衛権の発動は行わないという非現実的なものだった。集団的自衛権の行使を個別的自衛権の拡大とするのは、そもそも国連憲章違反になる。また、日本は貿易立国であり、第二次世界大戦の敗戦も通商破壊と海上封鎖によってもたらされたことを考えれば、海上交通の保護は最重要課題の1つだ。維新の党が現実的な対案を出せなかったため、結果として安保法制に関して公明党の影響力が増すことになった。

 有識者や市民団体、著名人も、法案の中身を理解しないまま、反対運動を繰り広げた。特に、SNSを利用し、全国でデモを繰り広げた学生団体「SEALDs」に注目が集まった。野党やリベラルな知識人は安保闘争の再現を狙ってか「SEALDs」を持ち上げたが、デモでは「安倍を叩き切る」など過激な主張も出てきたため、国民の共感を得ることに失敗した。「SEALDs」の限界はまた、今の日本の言論界におけるリベラルの限界を表している。

 かつて、日本では『中央公論』と『世界』を中心に、現実主義者と理想主義者が論陣を張る論壇が存在した。現実主義者は勢力均衡の観点から日米安保を肯定し、理想主義者は「一国平和主義」の立場から非武装中立を唱え、議論を戦わせてきた。前者の代表だった故高坂正堯教授は、非武装中立論が勢力均衡を無視している点を批判しながらも、理想主義者たちが日本国憲法の平和主義の理念を国際政治に取り入れようとする努力を評価した。国家が追求すべき価値を考慮しないなら、現実主義は現実追従主義になってしまう。どのような国家を目指すのかという視点を、かつての理想主義者たちは提供しようとしていたのだ。

 しかし、今日の日本には論壇は事実上存在せず、双方が交わることのない議論を繰り広げている。日本から論壇が消えた主な理由は、リベラルな知識人が現代の国際社会において日本が追求すべき国家像を提供できていないからだ。中国による現状変更や、イスラム国によるテロ、シリアの難民問題など、国際社会が直面する問題を解決するには、武力を否定し、対話を呼びかけるだけではだめなことは火を見るより明らかだ。リズムに乗って「戦争反対、憲法守れ」とただ叫ぶ「SEALDs」の姿は空虚に映り、彼らの思考停止を物語っていた。多くの国民は彼らの運動に理念がないことを見抜いていたのではないか。

 他方、現実主義者たちは日本の目指すべき価値を提示し、それを実践するようになった。実際、安倍首相とそのブレーンたちは、第一次政権では、民主主義や人権保護、法の支配という普遍的な価値を重視する「価値外交」を提唱し、第二次政権はそれをさらに発展させた「積極的平和主義」を国家安全保障戦略の哲学としている。

 積極的平和主義とは、一言で言えば一国平和主義の否定だ。戦後の日本では、長らく日本だけが平和であれば、国際社会の問題に関わるべきではないという考えが広がっていた。その背景には、戦争への深い反省という一面があったことも否定できない。しかし、日本の平和と繁栄は国際政治とは切り離すことはできない。積極的平和主義は、この事実を踏まえ、積極的に国際社会の問題に取り組み、それによって日本の安全と繁栄を確保することを目指している。

■安保法制は、積極的平和主義を実現するための手段

 積極的平和主義は、日本の戦後70年にわたる平和主義への絶対的な自信に裏づけられたものだ。この点は、戦後70年の総理談話に表現されている。総理談話に関しては、村山談話で使われた「お詫び」と「侵略」、「植民地支配」というキーワードが入るかどうかという点に注目が集まってしまったが、重要なのはより大局的な観点からのメッセージだった。70年談話は、日本がかつて国際秩序への挑戦者となり、国内外に多大な損害と苦痛を与えたことを深く反省し、国際社会に復帰した後は、国際システムの受益者となって安全と繁栄を享受する一方、不戦の誓いを実践してきたことを評価している。その上で、中露や北朝鮮などが国際システムに挑戦する動きを見せる中、これを守っていく決意が込められている。

 安保法制は、積極的平和主義を実現するための手段だ。従来の憲法解釈では、国際システムに対する挑戦に有効に対処できないため、安保法制が必要だったのだ。ただ、恣意的なパネルの使用など、政府による法案の説明に不適切なものがあり、安倍首相を含め政権側の言動におごりが見えたことも国民の支持が十分広がらなかった一因だろう。政権がおごるのは、野党やメディアの批判が的外れだったからでもある。

 国民の間に安保法制に関する理解が広がっていないからといって、国民がこれに反対しているわけではない。安保法制成立直後に各社が行った世論調査では、内閣支持率が不支持率を一時下回り、安保法制についても評価しないが過半数を超え、評価するは3割程度に留まった。ただし、評価しない理由は、議論が尽くされていないというものが7割ほどで、法案の中身よりも審議の進め方に対する不満が見て取れる。

 安保法制は3月に施行され、4月には南スーダンのPKOで駆けつけ警護が可能となる。日本の防衛に関しても、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)に沿って、作戦計画や運用に変更があるだろう。緊張が高まる南シナ海で、日米が共同作戦を行うこともあるかもしれない。自衛隊の任務が実際に変わる中、安保法制に関する国民の理解を再度丁寧に行う必要がある。

 安保法制は、決して戦後日本の安全保障の大転換などではない。日本人は、戦後を通じて憲法の平和主義の理念を維持しながらも、国際政治の現実の中で現実的な政策を積み重ねてきた。今回の法制は、特に冷戦後に日本が直面してきた課題に取り組むために必要最低限の措置を講じるものだ。

 「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が2014年5月に出した最終報告書では、集団的自衛権の全面行使と国際安全保障活動への全面参加が提言されていた。しかし、政府はこれを受け入れず、集団的自衛権の限定行使と、集団安全保障への部分参加とし、それを安保法制に反映させた。つまり、実際の安保法制の中身は、慎重な世論を背景に、かなり抑制的な中身となっている。言い換えれば、日本の平和主義の理念は十分に反映されているのだ。

 政府はこの点を丁寧に国民に説明する必要がある。一方、日本国民はもっと自らの平和主義に自信を持ち、国際社会における日本の役割を議論するべきだろう。

小谷哲男 (日本国際問題研究所 主任研究員)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 真相の道[501] kF6RioLMk7k 2015年12月31日 09:58:47 : viUfaRj73o : nXHVdTKWrMY[21]
>デモでは「安倍を叩き切る」など過激な主張も出てきたため、国民の共感を得ることに失敗した。「SEALDs」の限界はまた、今の日本の言論界におけるリベラルの限界を表している。


その通りでしょう。

国会前デモでは総理を「叩き斬ってやる」と喚く。
これがリベラルを代表する大学教授の発言なのだから、後は推して知るべし。

こういう異常な集団をまともな国民が相手にするわけもない。

安倍政権、与党の支持率が高いのも頷けます。
  
  

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

2. 2015年12月31日 10:03:21 : ytF1usKZBs : iWu1nPrLrsM[4]
真相の道の出勤です
彼がなぜ動員されているのかを考えましょう

3. 2015年12月31日 10:04:22 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[115]
Wedge…
三流ど右翼雑誌…

4. 2015年12月31日 10:09:09 : 76EGGbISak : @wBkCp3mPVo[42]
あかかぶ、あんたどっち側なんだ。コピペしすぎて、内容も読んでいないのか。バランスをとるつもりなら、無駄な投稿と言うよりコピペアップを少なくしろ。

5. 2015年12月31日 10:46:25 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[12]

「民主主義を取り戻す」と表紙に大きく謳った雑誌をみた

    カッコウだけの『AERA』だった

 この国に民主主義が成立したことなど一度もなかった

  それとも占領下の「ポツダム民主主義」のことか と

    冷笑的に眺めざるを得なかった 。。。

改めて調べると
  【大特集】民主主義を取り戻す ・〈政治〉株式会社化する日本の民主主義 
  選挙で選ばれた多数派の意見が通るだけでいいのか/
  日本の民主主義をアップデートする

 などと口先だけの脳天気きわまる文言が並んでいた

 自分の「アタマで考えない人間」ばかりのこの国には 

   リベラルもいなければ民主主義もない 

「リベラリズム」とはそんなに甘く簡単なものではない

  チョムスキーが「ソフィア・レクチャーズ」で語ったところによれば

《 アナキズムの伝統の中核を成す、左派リバタリアンの思想およびその活動こそが、 
  古典的リベラリズムの真の後継者と言えるでしょう。》


  シールズはリベラル風を粧った「新しいMinsei」にすぎません 。。。

  


6. 2015年12月31日 11:08:26 : JhCfWuhPgw : wRFQkWHFGNU[1]
まともな国民はシールズに同調しなくても反安倍ですw

7. 2015年12月31日 11:31:30 : rtZpTOYrRk : Isa8RR1XmM4[1]
赤かぶさんのお仕事は、左右に関係なく、この板に話題を提供することです。
私の知る限り多分ね。
私たちが普段見てない、いろいろなメディアの記事をあげてくださってるんですよ。
だから、あんたはどっちの味方なんだ、右なのか左なのか?というような非難は当たらないでしょう。
人はどうしても自分の好む媒体しか見ないものです。
あんなもん、おかしいよ!バカじゃね?と思うようなメディアでも一定の読者がいて案外、知人とか、近所の人とか、身近な人が読んでたりする。そんなものですわ。
だから他の人がどんな情報をインプットしているのか、知っておいたほうがいい。
赤かぶさん、いつもありがとう!

8. 2015年12月31日 11:43:19 : Q8JIZL5lLM : w3WBbpSe14s[5]
版元が葛西敬之マンセーであることがWEDGEの限界

9. 2015年12月31日 11:46:08 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[175]
何処かに拾うべき掘り下げた論が埋まってて、読み進めて行けば何とか一つぐらいそいつを拾い上げる事が出来るのでないかな…と、
耐えに耐えて最後迄付き合いましたが、
結論として「目ン玉節穴両耳風穴な論評」でした。
御愁傷様な事です。

来年こそは高感度の耳と目を獲得為され、状況に敏な五感を養われる事を御祈り致します。
地上から安倍晋三の消え失せた良き一年になりますように。良いお年を…


10. 2015年12月31日 13:45:34 : qLSksenOxg : MD47sJjhbj0[29]
”日韓合意騒動”でSEALDsに『大規模な内乱が発生して』奥田愛基が失脚寸前。五寸釘ほなみに完全論破された模様


慰安婦問題をきっかけにSEALDsで内乱 代表の奥田愛基が下っ端メンバーほなみに言い負かされTwitterアカウント削除か

beチェック
1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2015/12/31(木) 10:08:08.79 ID:CAP_USER.net

2015年12月31日

学生団体SEALDsで代表を務める奥田愛基(おくだあき)氏が、下位メンバーである「ほなみ」さんとTwitter上で口論を繰り広げ、最終的に奥田愛基氏がTwitterを退会してアカウントを消してしまうという事件が起きた。

数万人ものフォロワーを抱えていた奥田愛基氏のアカウント「@aki21st」は現在、完全に消滅してしまっている。
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/12/sealds_honami-1.png

どれだけのバッシングを受けても自らの信念を曲げず、活動を続けていた奥田愛基氏に一体何があったのか。調査を進めたところ、この事件の前にSEALDs内部で反乱が起きていたことが分かった。

代表に噛み付いたのはSEALDsメンバーの「ほなみ」さんだ。お笑い芸人の笑い飯が政治的な発言をしたことを機に、笑い飯が面白いかどうかで奥田愛基氏とずっと口論していた。
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/12/sealds_honami-2.png

関連スレ
【話題】笑い飯・哲夫が慰安婦問題で持論 李信恵とSEALDsとしばき隊が激怒 [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1451382235/

ほなみの主張は「笑い飯は全く面白くないので芸人をやめるべき」と感情的に訴えるもので、その背景には笑い飯の右寄りな政治スタンスが気に食わなかったという事情が透けて見えた。これに対して、奥田愛基氏は「笑い飯は面白い。政治とお笑いは別なので分けて考えるべき」と反論。実は奥田愛基氏は過去に笑い飯を絶賛しており、天才とまで評していた。それだけに絶対にほなみの主張を認めたくなかったのだろう。

ほなみは奥田愛基氏のツイート(退会したので削除済)を引用し、ずっと反論を続ける。
http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/12/sealds_honami-3.png

SEALDsに所属しておきながら代表に歯向かうとはかなり勇気ある女性だ。互いのツイートを読み解いていくと、ほなみのほうが口が達者で、奥田愛基氏は言い負かされているのが明らかであり、周囲からは「偏差値28では北大生に勝てないよね」などというヤジも飛んだ。

そして、怒り狂った奥田愛基氏は「ほなみはSEALDsじゃない!」とまで言い切り、絶縁を宣言したのであった。この内乱はSEALDs内部にも少なからず波紋を広げ、時間の経過とともに大規模な議論を巻き起こすことになる。そしてしばらく経ってから奥田愛基氏がTwitterを退会して逃走してしまったというわけだ(※一部では、ヘイトや差別を禁じるTwitterの新しい利用規約に反したため、強制退会になったという説もあり)。
もしかすると、ほなみは次期SEALDsを率いる逸材なのかもしれない。あるいは離反して新団体をつくる可能性も高い。

ネット上では現代のジャンヌ・ダルクとまで言われ始めた。まだまだ歴史が浅いSEALDsは今、未来に向かって大きな転換期を迎えようとしている。

http://netgeek.biz/archives/62967

9: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:11:24.21 ID:dgZdP6vg.net

五寸釘ほなみって、北大生なん?


312: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 11:04:55.31 ID:q4i34L5k.net

>>9
何々?
北(朝鮮人民)大(学校)生?

45: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:18:11.18 ID:NnPclbHM.net

>もしかすると、ほなみは次期SEALDsを率いる逸材なのかもしれない。
>あるいは離反して新団体をつくる可能性も高い。

なんかプロレス戦国時代みたいになってきたなw


81: ぴらに庵 ◆/oBAKA4wpQ @\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:26:45.60 ID:MBeaCSDQ.net

>>45
学生運動にはよくあったこと(過去形)


46: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:18:15.73 ID:LhLFLn1/.net

五寸釘の親が共産党だから、民青を挟んだ偏差値28号より党内立場が上なのかな?


63: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:20:58.93 ID:O3xqq5pN.net

>>49
偏差値28率いるSEALDs(笑い飯は面白い派) vs. ほなみ率いるSEALDs(笑い飯はつまらない派)

なんだろコレ・・・w

51: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:18:45.23 ID:WbtRgdmL.net

>笑い飯が面白いかどうかで奥田愛基氏とずっと口論していた。

斜め上どころじゃねーなw

61: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:20:53.08 ID:NnPclbHM.net

とりあえずほなみの言ってることはよく分からないな

1 名前: ミッドナイトエクスプレス(庭)@\(^o^)/[] 投稿日:2015/12/31(木) 08:29:06.11 ID:0psOYOZ10 (PC) ?PLT(12000) ポイント特典
ソース
http://ww.twitter.com/aki21st/(削除済)

ほなみ「笑い飯発言許せん!つまらんクズ!芸人やめろアホ!」

奥田「笑い飯面白い!発言と芸は分けて考えなきゃ」

ほなみ「笑い飯はつまらん!ついでで言っただけ!分けて考えてないのはお前」

奥田「この人実はSEALDsじゃありましぇーん!保守速報の炎上真に受けるアホ」

ほなみ「シールズなんて名乗ったことないが」

Honami@rock_west_
どっちもどっちって言ってるのと変わらんな〜。カウンターのときなんて余計な言葉たくさんあるもんね。
余計だから言うなとはならんよね。誤解されるから言うなともならんよね。

Honami@rock_west_
どっちもどっちと言ってるのと対して変わらないよ〜。『余計な事=悪口、問題点じゃないこと言うな。
それでは勝てない。』と『悪口言うな、言葉遣い気をつけろ。それでは差別なくならない』


奥田くんアカ削除

完全勝利宣言

Honami;@rock_west_
Twitter上で自分にとって+となったやりとりは珍しい。


66: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:22:27.92 ID:LhLFLn1/.net

>>61
最後www
自覚有りでバカやってたのか


72: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:24:19.94 ID:QehCJQfN.net

>>61
どっちも同レベルってことは分かるなw


65: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:21:26.47 ID:VHIV7PtH.net

シールズってな、進歩的なポーズやけど朝鮮人やから腐れ儒教の身分制カーストから
(発想が)脱しきれないのがオモろいやろ? 


69: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:24:04.20 ID:YPvC7dl4.net

中核派 X 革マル派 か?
いいね。どんどんやって、平和愛する若者ではないことを一般人に理解してもらわんとね。


74: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:24:43.20 ID:Zg9oDubF.net

もともと奥田ってダメダメだったじゃん
アホを代表にしちゃったのかアホしか居ないのかww


83: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:26:48.74 ID:v4Y1/aMY.net

政治に向いてないよね
自分以外の意見を容認出来ない連中は政治を語っちゃダメよ


85: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:27:02.61 ID:rJfPkRlI.net

ワロスワロス
てかSEALDsと慰安婦問題って
本来関係なくね?


124: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:32:53.70 ID:NnPclbHM.net

>>85
最初は安倍政権の安保法強行採決に疑問を持った一般学生が
自発的に立ち上げた組織って触れ込みだったのにね
どんどん馬脚をあらわしてますなw

94: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:28:55.58 ID:Eti2eES4.net

しかし話し合いで何とかなるんじゃないのかよ
物別れじゃねえかよ!愛機くん!

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1451524088/



[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文

11. 2015年12月31日 14:15:51 : HshCuSsEKG : WvyN1PBMs0Q[17]
01>おい統一教会の底辺バイト君よ、なんで自民党は痴漢の犯罪者高木を大臣にする

わけ?安倍の任命責任はどうした?痴漢が大臣なんて聞いたことないぞ?


答えてみろよ。偽日本人よ。

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

12. 2015年12月31日 15:40:42 : vOTN69L7AA : SYsgPojkeFE[28]
戦前の体制を否定できなければいくら民主主義だのいってもむなしいばかりだ。
安部の腹のうちを知らないふりをして平和主義だのいくら語っても意味がない。
国際社会というものを相変わらずワンサイドでしか解釈しない口先現実主義、これがwedgeの限界。

13. 2015年12月31日 22:57:46 : HlVy1N1gcA : soVCVijuZlI[3]
投稿内容は読んでないが

所謂、リベラルと言われる政治勢力は表向き綺麗事を言ってるから、非合法な手段、反社会的な勢力の力を使って政敵を恫喝する事が出来ないし、常識があるから、常軌を逸した(安倍政権の)ような行動をとれない、そういった意味でリベラルの限界はおのずと大きくなる。

私は政治は結果だと言って、非合法な手段を正当化するような政治が正しいとは到底思えない。


14. 2016年1月01日 13:44:00 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[179]
>有識者や市民団体、著名人も、法案の中身を理解しないまま、反対運動を繰り広げた。特に、SNSを利用し、全国でデモを繰り広げた学生団体「SEALDs」に注目が集まった。野党やリベラルな知識人は安保闘争の再現を狙ってか「SEALDs」を持ち上げたが、デモでは「安倍を叩き切る」など過激な主張も出てきたため、国民の共感を得ることに失敗した。「SEALDs」の限界はまた、今の日本の言論界におけるリベラルの限界を表している。

「安倍を叩き切る」とか言ったのは、SEALDsではなく、全共闘世代に属する何処かの大学の先生だったはずだ。それをまるでSEALDsが言ったかのような微妙な書き方をして誤魔化しているこのWedgeの論者はずるいな。

私は二回ほど、彼等の主催するデモに参加しただけだが、実際のSEALDsは以下で内田樹氏が語っているような人たちのように見えた。近頃の若者がそうであるように、SEALDsも保守的な人々だ。少し長いが以下に引用する。

あるインタビューから (内田樹の研究室)
http://blog.tatsuru.com/2015/12/06_1134.php
(以下後半部を引用)

SEALDsの活動の際立った特性はそれが現代日本の政治状況における例外的な「保守」の運動だということです。彼らの主張は「憲法を護れ」「戦争反対」「議会制民主主義を守れ」ということです。国民主権、立憲デモクラシー、三権分立の「現状」を護ることを若者たちが叫んでいる。
老人たちのつくる政権はあとさき考えずに暴走し、若者たちが「少し落ち着け」と彼らに冷水を浴びせている。まるで反対です。こんな不思議な構図を私たちはかつて見たことがない。だから、今起きていることをよく理解できないのです。

この夏に国会内外で起きたのは、国会内では年寄りの過激派たちが殴り合い、国会外では保守的な若者たちが「冷静に」と呼びかけたという私たちがかつて見たことのない光景でした。あれを60年安保になぞらえるのは不適切だと私は思います。日本人は「あんな光景」をかつて見たことないのですから。
それに気がつかないと今何が起きているのかがわからなくなる。今の日本の政治状況の対立図式はひとことで言えば「暴走/停止」なのです。

この保守的な護憲運動の特徴は、支持者のウィングを拡げるために「安保法制反対」という「ワン・イシュー」に限定したことです。通常の市民運動はそこから原理的に同一の政策をどんどん綱領に取り込みます。原発問題、沖縄基地問題、人権問題、移民問題、LGBT問題へとどんどん横に拡げて、網羅的な政策リストを作ろうとする。けれども、そうやって政策の幅を拡げることで、市民運動への参加者のハードルはむしろ上がってしまう。

「学者の会」に対しでも、安保法案反対という以外の政策についても会としての統一見解を語るべきだという人がいました。他の政策について意見の違う会員を「除名しろ」という意見を述べた会員もいました。彼らはそうやって政策の整合性や精密性を追求すればするほど仲間が減って行くということはあまり気にならないらしい。
SEALDsはその点ではむしろ「大人」だったという気がします。彼らは政治目標を法案反対一点に絞って政策集団としての綱領的な純粋性や整合性をめざさなかった。だから、あれだけ多くの賛同者を惹きつけることができたのだと思います。
彼らは法案に反対しているだけで「よく戦わないもの」を罵倒したり、冷笑したりすることがなかった。できる範囲のことだけでいいから自分たちの運動を支援して欲しいとていねいに、実に礼儀正しく市民たちに訴えた。世間の耳目を集める政治運動がこれほど謙虚であった例を私は過去に知りません。それだけ彼らの危機感が強かったということだと私は思います。文字通り「猫の手も借りたい」くらいに彼らはせっぱ詰まっていた。だから、「これこれの条件を満たさないような人からの支援は要らない」というような欲張ったことを言わなかった。その例外的な礼儀正しさに、彼らがほんとうに肌に粟を生じるほどに安倍政権の暴走を恐怖していることが私には伝わってきました。

−年があけて二〇一六年は夏に参院選があり、ここでまた国民の次の判断が求められます。改悪戦争法の破棄、集団的自衛権容認の閣議取り消しをもとめる一点集中の政府実現のために野党共闘が呼びかけられています。また、戦争法廃止、憲法九条守れの二〇〇〇万人署名が総がかり運動としてすすめられています。いま大事なことはどういうことでしょうか

「保守と革新」という対立軸がいつのまにか逆転していることに気づかなければ、何をすべきかは見えてこないと思います。市民生活を守るために、私たちがまず言わなければならないのは「落ち着け」ということです。「止まれ」と言うことです。議論なんかしている暇はない、全権を官邸に委ねてお前たちは黙ってついてくればいいんだという前のめりの政治家たちに対して「少し落ち着きなさい。ゆっくり時間をかけて議論して、ていねいに合意形成をはかりましょう」と告げることだと思います。暴走する政治家たちの決まり文句はいつでも「一刻の遅れも許されない」「バスに乗り遅れるな」ですけれど、これまでの経緯を振り返れば、それが「嘘」だということははっきりしています。決定に要した時間と政策の適切性の間には何の関係もありません。

逆説的ですが、今の市民運動に求められるのは「急激には変化しないこと」です。国のかたちの根本部分は浮き足立って変えてはならない。そのための惰性的な力として市民運動は存在します。それは市民運動のベースが生身の身体であり、生身の身体は急激な変化を望まないからです。
痛み、傷つき、飢え、渇き、病む、脆い生身の身体をベースにしている運動は独特の時間を刻んで進みます。その「人間的な時間」の上に展開される市民運動がいま一番必要とされているものだと私は思います。
まずは来夏の参院選で政権の暴走を止めるために、「立ち止まって、ゆっくり考える」というただ一つの政治目標の下にできるだけ多くの国民を結集させることが最優先だと思います。 

(引用終了)

「保守派」というのは本来、「国民多数のための国益を守る」人たちのこと。そのために「慎重になる」ということでもある。だから保守派はやたらと急激な変化は望まない。現在、保守的でないのは明らかに政権を取っている大人たちの方だろう。そもそも、党内からそうした保守派を一掃し論者の言う「建設的な議論」をしなくなったのは自民党自身ではないか?国民の声にしても、これまでの公聴会もやらせだったり、間に合わないほど急な日程でやらせたり、反対の声が出た場合は聞こうともしなかった。そんな政党がもはや「良識ある保守」でないのは明らかだ。それを差し置いてSEALDsや、他の野党を極論的な「過激派」のように言って見せる、この記事のアクロバットぶりには呆れてものもの言えない。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK198掲示板  
次へ