★阿修羅♪ > 戦争b15 > 113.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「イスラム国」は目的でなく手段(ロシアの声)
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/113.html
投稿者 BIBLE 日時 2015 年 2 月 09 日 22:16:33: gPncwJpX.2Dv2
 

「イスラム国」は目的でなく手段
http://japanese.ruvr.ru/2015_02_09/282774502/


過激派「イスラム国」がイラクとシリアに広げる勢力範囲は英国領土に匹敵する。戦いは牛の歩みである。米国を筆頭とする有志連合による空爆も効果にとぼしい。専門家も「イスラム国」の設立理念の遂行が巧妙なことに舌を巻いている。


2014年、「イスラム国」はイラク、シリアへの大規模な進軍を開始、「カリフ帝国」の建設を宣言した。「イスラム国」はグローバルなイシューとなった。しかし、宗教的な情熱ひとつで、これだけの強大な軍事組織が出来るものだろうか。否、ここには、強い力をもつ複数の国家の加担があったのだ、と戦略研究所のウラジーミル・イワネンコ氏は語る。

「ガーディアン紙やロイター通信など権威あるメディアによれば、そこには米国、英国、イスラエルの特務機関の加担があった。それから、そもそも「イスラム国」がアル・カイダの支部を基礎に発足したことを思えば、一部アラブ国家の加担もあったことだろう。いま米国とイランの対立が激しい。イランの立場が至る所で弱まっている。イラクでも、シリアでも。そのことも、米国とイランの対立と無縁ではあるまい。「イスラム国」は至る所で特異な活動を展開している」

「イスラム国」は2006年、イラクで誕生した。軍事科学アカデミーのウラジーミル・プロフヴァチロフ氏によれば、「意味深なことに、まさにこの2006年という年に、米国の「中東再編」が活発化したのだ」。

「2006年、「新中東地図」なるものが公表された。軍事戦略や地政学の専門家として著名なラルフ・ピータース氏の手になるものだ。添付論文「血塗られた国境」とともに、米誌「アームド・フォース」に掲載された。彼によれば、現在の国境は恣意的に引かれたもので、公正を欠いている、だから公正になるように、地図を塗り替えなければならない。こう彼は主張し、その地図を実作してみせた。見ると、イラクはスンニ派地域とシーア派地域で分断されている。サウジアラビアも分断されている。自由クルディスタンなる国がある。地図が公表された後日、当時のコンドリーサ・ライス国務長官は、この考えはワシントンの気に入った、と述べている」

この壮大な計画を実現するためには、中東に揺さぶりをかけるための道具立てが必要だった。第一の道具が「アラブの春」。第二が「イスラム国」だった。ウラジーミル・イワネンコ氏は言う。「あれほど強大な組織が「自然に」生じることはない」。

「自らの創設者の利益を守り、推進していくために必要とされているのだろう軍事的・テロリスティックな方法論が策定されつつある。しかし、それらはほぼ全て破壊され、こうした組織はしばしば、銃口を自らの創設者の方に向けるものだ。「イスラム国」も同じだ。彼らはいま、アラビア半島に勢力を拡大しようとしている。しかしそれでもやはり、こうした組織は完全に統制を欠くまでには壊れないのである。創設者との何らかの接点は残るのである。彼らに対して行われる中途半端な方策は、こうしたことから来るのである」

「イスラム国」のケースでは、全てのことが、創設者の描いたシナリオに反する方へ進展している。「イスラム国」は、欧米を筆頭とする非イスラム世界の全体と戦争する、と息巻いていた。オバマ大統領は口を酸くして、「イスラム国」は世界の脅威ナンバー1であり、米国こそが彼らの敵ナンバー1である、と語ってきた。ただし、実際に戦闘を行っているのは、大半がシリア軍およびイラクのクルド人たちであり、オバマを総大将とする有志連合軍は二列目を占めるに過ぎない。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/2015_02_09/282774502/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年2月09日 22:51:52 : jXbiWWJBCA

ロシア派がウクライナでコントロールを失って暴走したようなものだ


02. 2015年2月10日 05:16:33 : FUDYauhoEc

暴走していないだろう(笑)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ