★阿修羅♪ > 戦争b15 > 142.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア外相「外国の地上部隊がシリア国内でイスラム国と戦うことは主権の侵害」と地上部隊の派遣は認めない姿勢を強調/NHK
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/142.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 2 月 13 日 20:50:31: jdZgmZ21Prm8E
 

シリア外相 軍事作戦強化けん制
2月10日 5時07分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150210/k10015344101000.html

 ヨルダンがイスラム過激派組織「イスラム国」に対する大規模な空爆に乗り出すなか、シリアの外相は「地上部隊の派遣は認めない」と述べ、アメリカ主導の有志連合が「イスラム国」の壊滅に向けて軍事作戦を一気に強化しようという動きをけん制しました。

 ヨルダンは、パイロット殺害の報復として「イスラム国」に対する大規模な空爆に乗り出し、また、UAE=アラブ首長国連邦もヨルダンに戦闘機部隊を展開するなど、アメリカ主導の有志連合は「イスラム国」の壊滅を目指して軍事作戦を一層強化する動きをみせています。
 こうしたなか、シリアのムアレム外相は9日、記者会見で「外国の地上部隊がシリア国内で『イスラム国』と戦うことは主権の侵害だ」と述べて、地上部隊の派遣は認めない姿勢を強調しました。
また、ムアレム外相は「イスラム国」によるヨルダン軍のパイロット殺害を非難したものの、大規模な空爆を始めたヨルダンには不快感を示しました。
 シリアとしては、「イスラム国」を壊滅させるにはアメリカ主導の有志連合による軍事行動が必要であることは理解しているものの、「イスラム国」に続いてアサド政権に軍事行動の矛先が向けられることを強く警戒しているものとみられます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年2月14日 07:23:15 : SKU8WU0MTo

>「イスラム国」に続いてアサド政権に軍事行動の矛先が向けられることを強く警戒しているものとみられます。

これは正しい見方だ。
もともと欧米はシリアのアサド政権を排除する目的でシリアの反政府武装勢力を支援していたので矛先がアサド政権に向かうと見るのは当然だろう。
アメリカはイスラム国の次はアサド政権の転覆を狙っているのだろう。イスラエルのために。


02. 2015年2月17日 23:49:32 : HpZAS462jQ
「主権侵害」に間違いない。加えれば空爆も主権侵害だ。いったい何の権利で他国の領土を空爆できるのだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ