★阿修羅♪ > 戦争b15 > 401.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ティクリートで略奪横行=対「イスラム国」作戦に支障−イラク 時事通信
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/401.html
投稿者 ダイナモ 日時 2015 年 4 月 06 日 21:35:11: mY9T/8MdR98ug
 

【カイロ時事】イラク政府が過激派組織「イスラム国」からの奪還を宣言した北部ティクリートで、イラク軍に協力したイスラム教シーア派民兵の一部が略奪行為を繰り広げ、「恐怖支配からの解放」とはほど遠い状況となっている。今後の奪還作戦に支障が出るのは必至の情勢だ。

 イラク軍は3月31日、行政庁舎のあるティクリート中心部を制圧した。報道によれば、シーア派民兵の一部はその後、庁舎や周辺の家屋から備品などを持ち出す一方、同組織の戦闘員とみられる遺体を市中で引きずり回すなどし、統制が取れない状況に陥った。

 ティクリートは2003年のイラク戦争で打倒されるまで独裁体制を敷いたスンニ派の故フセイン元大統領の出身地。住民もスンニ派が多く、独裁下で締め付けられていたシーア派の怒りは根強く、民兵らは報復感情から略奪行為に及んだとみられる。


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015040600641  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月07日 00:44:51 : jXbiWWJBCA


2015年4月6日 橘玲
「民主化」が独裁よりよいとは限らない。チュニジアテロが浮き彫りにした現実[橘玲の日々刻々]

?チュニジアの首都チュニスの博物館をイスラーム過激派の武装集団が襲撃し、日本人3名を含む20人以上が殺害されました。被害者の多くは地中海クルーズでチュニスに立ち寄り、現地ツアーで博物館を訪れていたといいます。

?豪華客船で地中海の旅を楽しむのは安全で快適な旅をしたい旅行者で、彼らには危険な地域に行くという意識はなかったでしょう。富裕な外国人観光客がテロの標的になったのは衝撃的で、この事件でチュニジアの観光業が大打撃を被るのは避けられません。

[参考記事]
●テロ事件は、チュニジアの観光業に大打撃か??-10年前、バリ島テロ直後を振り返る-

?エジプトでも今年2月、自爆テロで韓国人観光客3人と観光バスの運転手が死亡しています。イスラーム原理主義者のテロ組織はシナイ半島の「イスラム国」化を目指しているとされ、エジプト在住の外国人に対し、国外に退去しなければ攻撃対象になると警告していました。

?外国人観光客に対するテロが卑劣なのは、きわめて“効果的”だからです。外交官やビジネスマンとちがい、楽しむために旅行するひとたちは生命を危険に晒そうなどとは思いません。この事件を受けて自民党の政治家が「行ったらいかんと言われる所は行かんことだ」と発言しましたが、これこそがまさにテロリストの狙いです。

?観光業が壊滅し、それで生計を立てていたひとたちが貧困化すれば、社会はより不安定になります。観光客を呼び寄せるには軍や警察が観光地を警備し、ホテルやレストランにも警備員を配置しなければなりませんから、大きなコストがかかります。それによって政府の財政が苦しくなれば、貧困層の不満はさらに高まり、テロ集団はそれを利用して組織を拡大していくのです。

?チュニジアでは2010年末、一人の青年の焼身自殺を機に国内全土に反政府デモが広がり、長期独裁政権が転覆して大統領が国外に逃亡しました。このジャスミン革命がエジプトの民主革命、リビアのカダフィ政権崩壊、シリアでの内戦勃発などの大きな政治的動乱を引き起こしました。これが「アラブの春」ですが、それから5年も経たないうちに熱狂は幻滅へと変わります。ほとんどの国で「民主化」が実現しないばかりか、独裁時代よりも状況ははるかに悪化しているからです。

?そのなかでも、国内に複雑な民族・宗教対立を抱えていないチュニジアは「民主化の優等生」と見なされてきました。野党指導者の暗殺による政治の混迷を乗り越え、憲法を制定し民主選挙を実施するところまで漕ぎ着けましたが、今回の事件はこうした努力を台なしにしかねません。

?リベラルデモクラシーが、人類の歴史上もっとも自由で平等な、ゆたかな社会をつくったことは間違いありません。しかしそれと同時に、「理想の政治制度」が劇薬にもなるという苦い現実も認めざるを得ません。アメリカが大規模な兵力と財力を投じたイラクとアフガニスタンで「民主化」の実験が無残な失敗に終わったように、民族的一体感がないところでは、民主選挙が国内の権力闘争を泥沼化させてしまうのです。

?欧米の政治家や知識人は、リベラルも保守派も、独裁こそが諸悪の根源だと批判してきました。そしていま、自らの崇高な理念が惨憺たる結果を招いたのを目の当たりにして、過去の失敗を取り繕い、「面倒な国々」から手を引こうと四苦八苦しているようです。


チュニスの観光地スーク(市場)の入口にあるフランス門 (Photo:cAlt Invest Com)
参考:ポール・コリアー『民主主義がアフリカ経済を殺す』
『週刊プレイボーイ』2015年3月30日発売号に掲載


作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(以上ダイヤモンド社)など。中国人の考え方、歴史問題、経済問題など「中国という大問題」に切り込んだ最新刊 『橘玲の中国私論』が発売中。
●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)にて
橘玲『世の中の仕組みと人生のデザイン』を配信開始!(20日間無料体験中)

作家・橘玲のメルマガをご紹介。
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。詳しくはこちら! 最新書籍『橘玲の中国私論』発売中!
「世の中の仕組みと人生のデザイン」
●隔週木曜日配信?●月額?864円(税込)?●20日間無料体験中!
1
2
「民主化」が独裁よりよいとは限らない。 チュニジアテロが浮き彫りにした現実 [橘玲の日々刻々][2015.04.06]
日本とドイツの「戦争責任問題」はどこが違うのか? [橘玲の日々刻々][2015.03.31]
「補助金」という“会社の生活保護”にこそメスをいれるべき [橘玲の日々刻々][2015.03.24]
なぜ中国には「親日派」がいないのか? [橘玲の日々刻々] 中国が反日である理由とその解決法[2015.03.17]
「親の経済力の差が教育格差を生む」は本当か? [橘玲の日々刻々][2015.03.16]
≫関連記事一覧を見る
http://diamond.jp/articles/-/69696


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ