★阿修羅♪ > 戦争b15 > 483.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イラン・アメリカ緊張(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/483.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 01 日 09:34:06: igsppGRN/E9PQ
 

イラン・アメリカ緊張
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4866045.html
2015年05月01日 NEVADAブログ


イランとアメリカは一触即発の状態になって来ており、ホルムズ海峡にはアメリカ船籍を護衛するために海軍が派遣されていますが、一部の情報では空母ルーズベルトがペルシャ湾に派遣されたとされています。

イランとアメリカは一時は仲良く交渉のテーブルについていましたが、今や一触即発状態にまでなっており、アメリカのケリー国務長官の面目は丸潰れとなっています。

初めからイランにしてやられると一部の情報筋は示唆していましたが、レームダック現象に陥っているオバマ大統領の外交成果をあげるために前のめりになってイランとの交渉のテーブルについたもので今後仮に小規模な軍事衝突が発生した場合、オバマ政権は対応に苦慮することになります。

更に原油価格からはホルムズ海峡において軍事衝突が発生しタンカーの運航が停止されるリスクを折り込み始めているとも言えます。

イランの軍艦がアメリカ船籍にしきりにちょっかいを出している今、軍事衝突が起こりましても何ら不思議ではありません。


イエメン情勢もイエメンは今や無政府状態になり、更にサウジのイエメン空爆に対して『サウジに死を』と唱えるゲリラ勢力もあるようで、今後サウジが攻撃対象になる可能性もあり、サウジの油田が破壊でもされたら世界はどうなるでしょうか?

そしてそのような状態になり一番利益を得る国はどこでしょうか?


ロシアとアメリカです。

ロシアは『ロシア制裁?どうぞ勝手にして下さい。
ところで、原油と天然ガスはどうするんです?』となれば、どこの国も黙るしかありません。

サウジの油田が破壊されイランの原油も輸出されなくなり、そしてロシア原油も手に入らなくなって世界はどうなるでしょうか?


しかしながら、ロシアと同盟を組んでいる中国には何ら問題なくロシア産原油は入ります。


また、危険なホルムズ海峡を通らない原油を調達するという目標がありながら日本はまたUAEの開発油田に手を出しています。


イランとアメリカがホルムズ海峡で紛争を起こさないように祈るしかありません。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月06日 21:51:15 : lx5u0s6sBc
さすがネバダ、単純そのもの。
イランとアメリカの関係は以前の方がずっと悪かった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ