★阿修羅♪ > 戦争b15 > 773.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
最先端技術でイスラエルの戦争犯罪が明らかに  アムネスティ・インターナショナル 国際事務局
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/773.html
投稿者 ダイナモ 日時 2015 年 8 月 12 日 14:36:09: mY9T/8MdR98ug
 

2015年7月30日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ自治政府
トピック:地域紛争

アムネスティとフォレンシック・アーキテクチャー(科学捜査構築プロジェクト)は7月29日に発表した共同報告書の中で、イスラエル軍が自軍兵士を捕虜にとられたことに対して行った報復攻撃が戦争犯罪であることを示す、新たな証拠を明らかにした。

新証拠にはマルチメディアから得た膨大な量の資料を詳細に分析した結果などが含まれており、民間人の殺害を目的としてラファを空と陸から攻撃し、少なくとも135名の民間人を殺害したイスラエルの行為が、「人道に対する罪」にも相当しうることを示唆している。

共同報告書は、昨年のイスラエル・ガザ紛争中の2014年8月1日、イスラエルがラファで行った攻撃についての調査結果である。この調査は、ゴールドスミス・カレッジに本拠を置く調査チーム、フォレンシック・アーキテクチャーによって開発された最先端の調査技術と分析力を最大限応用している。

軍事などの専門家が、収集された膨大な証拠の一つひとつを時系列に並べたうえで、8月1日以降に起きた一連の事実を詳細に追った。8月1日は、ハダル・ゴルディン中尉が捕まったことを受けて、イスラエル軍が後に物議をかもした秘密の「ハンニバル指令」と呼ばれる作戦を実行した日だった。「ハンニバル指令」の下では軍は、捕らえられた兵士やその周辺の民間人への危険に配慮せずに集中砲火で攻撃することができる。報告書には、その結果、軍の指令が民間人への違法な攻撃命令となったことが詳述されている。


集中砲火

イスラエル軍のゴルディン中尉が捕まったのは、8月1日だった。後にこの日はラファの「暗黒の金曜日」として知られるようになった。その前には停戦が宣言され、安全だと信じた多くの民間人が帰宅していた。
8月1日に大規模で長時間にわたる砲撃が警告もなく始まった時、通りには大勢の人がおり、多くの人が標的になった。特に車に乗っていた人たちが狙われた。

目撃者の話によると、F-16ジェット戦闘機や無人機、ヘリコプター、大砲からの猛烈な砲火が街に降り注ぎ、歩行者やドライバー、負傷者を収容する救急車などに命中して、人びとは大混乱に陥り、阿鼻叫喚の地獄と化した。


最先端の科学捜査分析

今回の調査では、ラファでの殺りくを目撃した人たちの証言を、多数の場所で撮られた写真やビデオおよびアムネスティが得た最新の高解像度衛星画像などと突き合わした。

分析で明らかになったことは、イスラエル軍のラファ攻撃は、ゴルディン中尉がいる可能性がある複数の場所を目標としており、民間人に対する危険を顧慮せず、彼を殺そうとさえしたということだった。
「フォレンシック・アーキテクチャーは、最新の建築技術とメディア技術を組み合わせて、紛争中の攻撃でできた建物の傷跡情報をもとに、複雑な事件を再現している。ソーシャルメディアにアップロードされた画像やビデオ、証言などさまざまな断片情報を、建築モデルを使って結びつけ、当時の状況を仮想で再現することができる」とフォレンシック・アーキテクチャー事務局長のエヤル・ワイツマンさんはいう。


病院と医療従事者への攻撃

衛星画像や写真を分析すると、ラファでの攻撃で、国際法に違反して繰り返し病院と救急車が攻撃されたことを示す弾痕や損傷を見ることができる。

ある医師は当該地域での攻撃が激しくなってから、パニックになった患者たちがどうやって病院から脱出したのかを説明してくれた。ベッドに乗せられたまま運ばれた患者もいれば、点滴の管を付けたままの患者もたくさんいた。ギブスをしたある若者は地をはって逃げた。

負傷した老人と女性、子どもの3人を乗せた救急車に無人機からのミサイルが命中して燃え上がり、医療従事者を含む同乗者全員が焼き殺された。現場に着いた救急医療士のジャベル・ダラビさんによると、「(黒焦げになった遺体は)ひどく焼けていて手足がなかった」という。さらに痛ましいことに、救急車内の犠牲者の中に、ボランティアで医療補助をしたダラビさんの息子もいた。


不処罰の悪循環を断つ

今回の調査で、紛争中の戦争犯罪など国際人道法に対する重大な違反行為があったことを示す動かぬ証拠を得られた。この結果を受けて、あらためてこの紛争に対する独立した実効性のある調査を要求する。

被害者とその家族には真実を明らかにする権利、補償を受ける権利がある。そして、戦争犯罪を命じた、もしくは実行したと疑われる者たちは、訴追されるべきである。

アムネスティ国際ニュース
2015年7月29日


http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0730_5492.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ダイナモ 2015年8月12日 17:06:36 : mY9T/8MdR98ug : Kr2S1L17Og
ストーリー:地獄の「ハンニバル」 ガザ南部、イスラエル兵士奪還作戦の現場

毎日新聞 2014年09月28日 東京朝刊

 夜通しの作戦会議を終え、ようやく仮眠に入ったところだったという。8月1日午前9時、ガザとの境界にほど近いイスラエル南部方面司令部。副司令官の声で目覚めたイスラエル軍ギバティ旅団のオフェル・ビンター司令官は作戦室に戻った。無線連絡が入る。「緑、見えず」。緑は軍服の色。「兵士の行方不明」を意味する暗号だった。

 イスラエルと、パレスチナ自治区ガザ地区を拠点とするイスラム原理主義組織ハマスとの戦闘は、この日午前8時に72時間の人道的停戦に入っていた。それからわずか1時間後の「変事」だった。

 イスラエル軍によると、「緑」の連絡がもたらされる直前、南部方面司令部から西に数キロ、エジプト国境に近いガザ南部ラファにいたハダル・ゴルディン少尉(23)ら3人は、近くの建物に不審な人影を見た。交戦となり2人が死亡、少尉は行方不明となった。ハマスの攻撃用トンネルに連れ込まれた可能性が高かった。

 「ハンニバル」

 ビンター司令官は午前9時36分、無線に向かって叫んだという。ローマ帝国と死闘を繰り広げたカルタゴの猛将の名前は、誘拐された兵士の奪還作戦のコードネームだった。司令官は誘拐犯の逃走を阻止するため現場付近の半径3キロを緊急封鎖し、陸海空軍による総攻撃を命じた。

 ラファの人々はこの朝、7月8日に戦闘が本格化して以降、久しぶりに平穏な日常を迎えていた。警察官のサレム・アルマフムンさん(47)の三男(8)と四男(7)は自宅前にいた。間もなくごう音とともに戦車が現れ、砲撃を始めた。街は破壊され兄弟は死亡した。道端には遺体が積み上げられた。「死んだのは女性や子供ばかりだった」。兄弟のいとこ、アビド・アルマフムンさん(20)が嘆いた。

 2日夜まで続いた戦闘で、撃ち込まれた砲弾は1000発以上、空爆でも1トン爆弾などが100カ所以上に投下された。対ハマス戦としては過去最大規模の猛攻で、2日間で死亡したパレスチナ人は市民団体によると190人に達した。イスラエル軍内部でも極秘事項とされてきた「ハンニバル指令」。その冷徹な作戦が展開されたのがラファだった。

 ハンニバル指令が認める兵器は本来、軽火器に限られている。だが00年に起きた事件では、軍は兵士3人が連れ込まれたと見られるヒズボラの車両をヘリで爆撃している。ヒズボラは4年後、兵士の遺体を返還した。どちらの攻撃で死亡したかは不明で、救出作戦はいつの間にか捕らえられた友軍兵士の殺害をも許容する特殊作戦へと変容していた。

 テルアビブ大学のアサ・カシェル教授(哲学)を、テルアビブ市内にある自宅に訪ねた。イスラエル軍が94年に策定した軍倫理規定の執筆者で、ハンニバル指令の解釈変更に警鐘を鳴らしてきた人物でもある。教授によると、軍内部では、誘拐を安全保障上の問題と捉える傾向が徐々に強まったという。流れを決定的にしたのは06年6月に起きたハマスによるイスラエル兵士(当時19歳)の誘拐だった。5年余の交渉の末、政府はパレスチナ人服役囚1000人余りの釈放と引き換えに兵士を取り戻した。「1人の誘拐を許せばテロリスト1000人が釈放される」。軍幹部はそう受け止めた。

 「兵士誘拐は戦略的重要性を抱える問題とみなされるようになった。しかしそれは誤りです」。カシェル教授は指摘する。誘拐を安全保障上のリスクとして過大に捉えるあまり、兵士の命を奪うほどの猛攻を仕掛けたり、それに伴う多数の民間人被害を正当化したりするような判断を生み出したという。


http://mainichi.jp/shimen/news/20140928ddm010030027000c.html

(一部抜粋)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ