★阿修羅♪ > 戦争b15 > 818.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国空母・遼寧は1隻で日本の“準空母”4隻に対抗できる―中国紙が見方
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/818.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 02 日 15:42:45: igsppGRN/E9PQ
 

中国空母・遼寧は1隻で日本の“準空母”4隻に対抗できる―中国紙が見方
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/427604/
2015年09月02日


中国紙・環球時報は31日、日本で27日に進水式が行われたヘリコプター搭載護衛艦の2番艦「かが」などが実質的には“準空母”だとして、中国の空母「遼寧」1隻で日本が持つ準空母4隻に対抗できるとの見方を示す記事を掲載した。

記事では日本が「かが」を含め2隻のいずも型、また、2隻のひゅうが型と、計4隻の“準空母”を持つことになると指摘。一方、中国の空母は遼寧1隻だ。中国のインターネット上ではこれらの戦力を比較し、「遼寧1隻で日本の準空母4隻に十分勝てる」との見方があるという。

ただこうした状況について専門家は、「厳密に言えば遼寧と日本の準空母とは違うものであり、比較することに大きな意味はない」と話す。「遼寧は主に艦載した戦闘機によって制空権を奪い取り、地上や海上の目標を攻撃するもの、日本の準空母は主に対潜水艦の機能と船隊の指揮、水陸両面作戦を担うものだ」と説明している。


(編集翻訳 恩田有紀)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月02日 17:24:12 : nJF6kGWndY

>遼寧1隻で日本の準空母4隻に十分勝てる

解説どおり、あほらしい比較

そもそも、そんな面倒なことをしなくても

日米安保が機能しなくなれば、

何発かミサイルを大都市に撃ち込んで、

「核ミサイルを落とされたくなければ無条件降伏しろ」

と脅せば簡単な話だ


2. 2015年9月02日 22:43:47 : E6JPsgC9TQ
艦載機の方がヘリコプターよりも強いのは常識。

3. 2015年9月03日 08:26:58 : jXbiWWJBCA
中国にとって危険な軍国主義の誘惑
下手をすれば、経済的成功の土台を破壊する恐れも
2015.9.2(水) Financial Times
(2015年9月1日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

中国、抗日戦勝70年の記念日を休日に
2009年の中国の国慶節(建国記念日)に北京で行われた軍事パレード〔AFPBB News〕
 9月3日に北京で行われる大規模な軍事パレードは過去に関する行事のはずだ。しかし、アジア太平洋地域の国々の多くは、必然的に、これを未来に関する不穏なメッセージととらえることになるだろう。

 中国政府は「日本の侵略戦争での勝利(抗日戦争勝利)」の70周年を記念するためにパレードの実施を決めた。

 だが、21世紀には、多くのアジア諸国が心配しているのは中国による侵略の可能性だ。

 中国はいくつかの近隣諸国と未解決の領有権問題を抱えている。ベトナム、インド、日本、そしてフィリピンは、中国がその軍事力を背景に問題の領域に侵入してくるとの不満を表明してきた。

 また中国は今年、南シナ海での「埋め立て」プロジェクトにも取り組んだ。滑走路や軍事施設を備えることになりそうな島をいくつか丸ごと作り出し、本土から何千マイルも離れた海域の領有権の主張を補強しようという試みだ。

 こうしたあからさまな軍国主義は、リスクの大きな進路だ。何か間違いが起これば、過去40年間の中国の目覚ましい経済的成功の土台となった国際秩序を破壊する恐れもある。

習近平国家主席の指揮下で攻撃的になるアプローチ

 1970年代後半以降、中国の歴代の指導者たちは、この国が経済の面で変化を遂げられるか否かはグローバル化次第であり、主要な貿易相手国との平和的な関係次第であることを理解していた。そのメッセージを伝えるために、「平和的台頭」とか「和諧世界(調和の取れた世界)」といったスローガンを繰り返し唱えていた。

 しかし、習近平国家主席の指揮下で、中国は「核心的利益」の一部と見なす領有権問題について、より攻撃的なアプローチを取る方向に傾いているように見える。このことは強さと弱さの両方を反映している。

 一方では、中国はいまや――いくつかの指標によれば――世界最大の経済大国だ。習近平氏と中国政府は、この国は以前よりも直接的に力を行使できるほど強くなったと感じているのかもしれない。実際、台湾や南シナ海を巡って中国と衝突するリスクを取るつもりは米国にはないと思うと公言する戦略家もこの国にはいる。

 しかし、軍国主義の誘惑は、中国が現在直面している経済的過渡期の困難さによっても強まるかもしれない。

 1年にわたって急上昇してきた株価はこの夏に突然終り、景気は減速しつつある。習近平氏の汚職撲滅キャンペーンには共産党のトップクラスの幹部も不満を抱いている。

 天津の産業施設で先日起きたひどい事故と大爆発は、現代の中国に広がっている不満の最大級の原因を2つ浮き彫りにしてみせた。1つは環境対策のひどさであり、もう1つは、裕福な権力者たちが規制をないがしろにしているという感覚だ。

 このような状況では、愛国的な軍事パレードはまさに、共産党とその指導者層への国民の支持を取りつける格好のイベントに見えるかもしれない。今回のパレードは、広く知られる1989年の学生運動弾圧の現場である天安門広場を通る。共産党はあの日からずっと、自らの正統性を2本の柱で支えてきた。1本目は力強い経済成長。2本目はナショナリズムで、習近平氏が言うところの「中華民族の偉大なる復興」だ。

 経済成長が鈍化する中で、明らかに、もっとナショナリズムに依存しようとする強い衝動が存在している。

ナショナリズムのカードを切るリスク

 しかし、ナショナリズムのカードを使えば新たなリスクが生じる。その証拠は、アジア太平洋地域で緊張が明らかに高まっていることに求められる。

 日本では安倍晋三首相が率いる政府が、自衛隊が外国で戦えるように平和主義憲法を改訂しようとする物議を醸すプロセスのさなかにある。米国海軍はつい先日、アジア太平洋地域に派遣する艦船を増やす計画を発表した。国防総省の高官は当てつけのように、「南シナ海での役割にぴったりの」艦船を選んだと強調してみせた。

 オーストラリアは今週、防衛費の増額と米国との軍事協力強化を発表した。インドはすでに世界第2位の武器輸入国であり、やはり米国に接近しつつある。そして今年の初夏にはフィリピンのベニグノ・アキノ大統領が、南シナ海での中国政府の振る舞いに対する世界の反応を、かつてのナチス・ドイツへの宥和政策になぞらえた。

 もちろん、中東各地の暴力的な混乱は言うまでもなく、ウクライナでの戦闘と比べても、アジア太平洋地域の状況は依然、うらやましいほど落ち着いている。

 だが、アジアの緊張は中東より低いものの、利害はより大きい。アジアにおける軍事的な緊張は、中国、米国、日本という世界3大経済国がかかわっているからだ。

 習氏と他の指導部は間違いなく、深刻な軍事衝突が中国にとって悲劇的なミスになることを知っているはずだ。本当のリスクは、中国が戦争を選ぶことではなく、中国の指導部が近隣諸国や米国の反応を読み誤り、領有権紛争や海上での予期せぬ軍事衝突が重大な国際問題に発展することだ。

 たとえ、そうした危機がすぐに鎮静化されたとしても、政治的な影響は中国と世界経済の双方に長期的なダメージを与える恐れがある。

中国の「平和的台頭」を維持できるか

 中国の成長モデルに関する危機が盛んに取り沙汰されているが、中国はこの先まだ何年も、ますます繁栄していく可能性が高い。

 その見通しを脅かす最大のリスクは、株式市場の暴落でもなければ、信用バブルでもない。それは近隣諸国との紛争によって中国の「平和的台頭」が妨げられる事態だ。中国の指導者たちは、3日に敬礼する際に、その危険を見失ってはならない。

By Gideon Rachman

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44686


4. 2015年9月04日 00:27:49 : hZFWkBcnoI
1くん

日本が中国と対立して尖閣あたりで戦闘になってアメリカが本当に中国に攻撃を仕掛けるとでも思っているのか。

まずそのめでたい頭を何とかしなさい。


5. 2015年9月04日 01:19:47 : N4qwxcBMP6
中国の弾道弾ミサイル1発で自衛隊の全攻撃力上回ってる。

世界一の格闘家もショットガンを持つ子供に勝てない理屈と同じだから、日中の戦力を比較するのは単なる軍事マニアであり、実戦になれば日本が負けることは必定。


6. 2015年9月04日 01:25:31 : 0cf8RXxZxI
>>01
ただのミサイル落とされた時点で日本は固まるよ。
わざわざ「核落とすぞ」なんていう、頭の悪い恫喝など不要。
あなたの信奉する安倍さまの天災的政治手腕のお陰で、
相手に塩を贈っている状態なのだから笑ってしまいますよねw
あ、
天災的 → 天才的
ですしたね。失礼しました。

この記事で面白いというか、少し気になったところは、

>日本の準空母は主に対潜水艦の機能と船隊の指揮、水陸両面作戦を担うものだ

うーん、日本近海の対潜のために、運用コストがかかる空母が必要なのか?
さほど深く考えた訳ではないけれど、不要・無駄だと思うなぁ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ