★阿修羅♪ > 戦争b15 > 873.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イスラム国との戦闘にロシアが参戦!同時に米露で軍当局間の対話復活!シリアのアサド大統領「対テロリスト連合を作る準備がある
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/873.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 19 日 17:24:05: igsppGRN/E9PQ
 

イスラム国との戦闘にロシアが参戦!同時に米露で軍当局間の対話復活!シリアのアサド大統領「対テロリスト連合を作る準備がある」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8070.html
2015.09.19 17:00 真実を探すブログ









☆シリア情勢めぐり協議=軍当局間の対話復活−米ロ国防相
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2015091801052
引用: 
 【ワシントン時事】カーター米国防長官は18日、ロシアのショイグ国防相とシリア情勢について、電話で約50分間にわたり協議した。両氏は、シリアでの過激派組織「イスラム国」掃討に絡み、米ロ両軍間の意思疎通を図って不測の事態を回避する枠組みの構築に向け、議論を続けていく方針で一致した。
:引用終了


☆シリア・アサド大統領が「イスラム国」対抗へ結集呼びかけ
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2590103.html
引用: 
 シリアのアサド大統領は16日、ロシアメディアの取材に応じ、過激派組織「イスラム国」に対抗するため、欧米諸国や国内の反体制派に結集を呼びかけました。


 ロシアの国営テレビなど各メディアは、アサド大統領のインタビューを報じました。この中でアサド大統領は、当面「イスラム国」に対抗することがシリアにとって最優先だと強調した上で、国内の反体制派に結集するよう呼びかけました。またアサド大統領は、欧米やサウジアラビアなどと、対テロリスト連合を作る準備があると述べました。
:引用終了


☆ロシアがシリアに戦闘機4機配備、米当局者
URL http://www.afpbb.com/articles/-/3060801
引用:
【9月19日 AFP】ロシアがシリア国内の拠点に戦闘機4機を配備しており、米政府が警戒感を強めていると、米当局者が18日、AFPに語った。ロシアはこの数週間、シリアで軍事力を増強している。
:引用終了


☆対「イスラム国」闘争にロシア=イラン戦線
URL http://jp.sputniknews.com/politics/20150916/904793.html
引用:
プーチン大統領のシリア危機解決プランは「イスラム国」に対抗する、広範な反テロ戦線を組み、その中央にシリアとイラク両軍の軍人、およびクルド人を据えるというものだ。プランにはさらに、アサド大統領は政権に残り、国際協力を得て、新たな連立政府を立ち上げることも提案されている。
:引用終了


「イスラム国」めぐり、ロシアがアメリカに軍による対話提案


シリア・アサド大統領が「イスラム国」対抗へ結集呼びかけ


岸田外相「在外公館は警戒を」 イスラム国の攻撃呼びかけに対処


こうなると、アメリカも先にイスラム国を制圧するために地上軍を限定的に投入するかもしれませんね。ロシアやシリアは国際社会でのイスラム国に対する武力行使を要望しており、今回の戦力投入もその一環です。


何故か安保法案反対派でロシア好きな方が居ますが、プーチン大統領というのは戦争や軍事力の行使を即断即決することが出来る方となっています。あくまでもロシアの利益のために動いているので、日本としてはあまり良くない状況に巻き込まれる可能性も否定が出来ないです。


ただ、アメリカはシリアにロシアの戦力が増えることに嫌悪感を示しているため、この動きがどうなるかは不透明になっています。個人的にはアメリカやロシアだけでイスラム国を即座に殲滅してくれると有り難いのですが、安保法案が成立したということで日本にも話が来そうなのが気になるところです。
*イラク軍が弱すぎて、イスラム国があまり弱ってない・・・(^_^;)


イスラム国制圧下のイラク都市モスル(2)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月19日 19:12:45 : eYOBlOWYhI
米露間 茶番の動き 見え始め

2. 仁王像 2015年9月19日 20:48:05 : jdZgmZ21Prm8E : 4dj8sH3YYw
ロシア外相 アサド政権軸にISに対抗を
9月18日 8時39分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150918/k10010240001000.html

 内戦が続くシリア情勢を巡り、ロシアのラブロフ外相は「アサド大統領の退陣だけが、この地域をテロから救うという考えは空想だ」と述べ、あくまでもアサド政権を軸に、過激派組織IS=イスラミックステートに対抗するべきだという考えを示しました。

 ロシアのラブロフ外相は17日、シリア情勢について地元の記者団に対し、「アサド大統領の退陣だけが、この地域をテロの脅威から救うという考えは空想で、こうした空想に逃げ込んではならない」と述べ、アサド大統領の退陣を求めロシアに対しISに対抗する有志連合との協力を呼びかけるアメリカを批判しました。
そのうえで、「この地域を救うための協力の申し出を拒む権利など、誰にもない」と述べ、あくまでもアサド政権を軸にISに対抗するべきだという考えを示し、アメリカこそロシア側の考えに歩み寄るべきだと訴えました。
 シリア情勢を巡っては、ロシアがテロ対策に不可欠な軍事技術の支援だとして、アサド政権に武器などの供給を続けているのに対し、アメリカは、さらなる支援はシリアを不安定化させるだけだとして、ロシアに対しアサド政権への支援をやめるよう求めていて、両国の立場は大きく隔たっています。


3. 2015年9月19日 20:55:01 : J8MtcHXDKo
 【2015年9月4日】 ロシアは今回初めて、自国の軍事衛星が撮った映像をシリア軍に配給し始めた。シリア軍はISISなどの動きを正確に把握できるようになった。ISISはこれまで、米軍の軍事衛星が撮った映像をリアルタイムに入手し、シリア軍の動きを正確に把握して攻撃を回避・反撃してきた。これがISISの強さの秘訣の一つだった。ロシアが対抗的にシリア軍にリアルタイムな衛星画像を配給したことは、今後の戦況を転換しうる。-----田中宇

4. 2015年9月24日 12:42:14 : RTWWw8j8P6

ロシアとイスラエルは元々反ナチではテーブルの下で手を握ってきたことは周知の通り。イスラム過激派が嫌いなことはどちらも一致。
トルコはイスラム教で、ISがトルコの支援を受けていることも周知の事実、ロシアはシリアに出やすいだろう。
アメリカもブッシュのお陰でボロボロ、世界帝国としての面目は既に無い。
ロシアのプレゼンスは今後どんどん大きくなる中東ではプーチンの一人勝ちだな。


5. 晴れ間 2015年9月25日 21:25:19 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
ロシアがフランスに注文していたのに、経済制裁のために引き渡されず契約解除になった軍艦二隻は、エジプトが購入することに。地中海東岸をウロチョロする予定。
ただし、資金の一部はサウジが用立て。

エジプトは、対イスラム国(リビア)のために、今年初め大量の最新鋭戦闘機をフランスから購入済み。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ