★阿修羅♪ > 戦争b16 > 164.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<速報>トルコ軍が領空侵犯したロシア軍のMig-29戦闘機を撃墜!ロシア側がロックオンなどの挑発
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/164.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 10 月 11 日 22:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

【速報】トルコ軍が領空侵犯したロシア軍のMig-29戦闘機を撃墜!ロシア側がロックオンなどの挑発
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8338.html
2015.10.11 21:51 真実を探すブログ



☆Russian jet 'shot down by Turkish forces after planes violated country's airspace on Syrian bombing run'
URL http://www.dailymail.co.uk/news/article-3267595/Russian-jet-shot-Turkish-forces-flew-country-s-airspace.html





☆Russian jet 'shot down by Turkish military after it violated its airspace'
URL http://www.mirror.co.uk/news/world-news/russian-jet-shot-down-turkish-6610679
引用:
The Turkish military has blasted a Russian jet out of the sky after it violated its airspace, according to unconfirmed reports.


Social media users said there was a large explosion in Huraytan, northern Syria. The Russian Embassy in London was not available for comment.


Last week Turkey said its jets had intercepted a Russian fighter in its airspace and the prime minister threatened to shoot down any plane that strayed in future.
:引用終了


ロシアは何度もトルコの領空を侵犯していたので、今回の撃墜は時間の問題だったと言えます。また、先日にトルコで発生したテロ事件も警戒レベルを引き上げる要因になったのでしょう。


明らかにロシア側に問題がありますが、ロシアもメンツなどがあるので、簡単に下がることは出来ないと思います。下手をすると、トルコとロシアの紛争に発展する恐れがあり、今後も続報には注意をしたいところです。
*テロが起きたばかりのトルコ領空を侵犯するとかロシアも調子乗り過ぎ。


トルコ爆弾テロで95人死亡、ロシアが対テロで協調呼びかけ


ロシア軍機がトルコ領空を侵犯、戦闘機が緊急発進



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年10月11日 22:28:59 : kXe4SWCDeQ
デイリー・メールにミラー、おまけにソースはソーシャルメディア
事が事だけにこれだけでは信じるのは難しいですね

2. 2015年10月11日 22:38:37 : aQq0UGoaxY
トルコ軍の領空とはここのことですね。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-eced.html

トルコも参戦するのですか。
F-16とSu-30のバトルを見てみたいものです。


3. 2015年10月11日 22:47:45 : CjtFX19Kf2
2015年10月11日15:34
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51970451.html

シリア上空でロシアの戦闘機がトルコの戦闘機に撃墜されたそうです。

どうやら。。。メディアが伝えない情報をソーシャル・メディアを介して発信されているようです。
詳しくは分かりませんが、トルコ領空に侵入したロシアの戦闘機をトルコ軍が撃墜したもようです。
日本以外の国では、他国が領空侵犯するとその飛行機を撃墜するのが当たり前となっています。日本だけがしないだけです。
それにしても、今後、ロシアはどのように反応するのでしょうか?ロシアとトルコの間でも緊張が高まっています。なんだか。。。あちこちで火花が散り始めています。


http://beforeitsnews.com/alternative/2015/10/urgent-reports-of-russian-jet-shot-down-by-turkey-ww3-imminent-3226866.html
(概要)
10月10日付け

デイリーエクスプレス紙によれば、(ソーシャル・メディアを介した情報として)、シリア北部の上空を飛行中のロシアの戦闘機がトルコ軍によって撃墜されたとのことです。
トルコとロシアの緊張が高まっている中でNATOがトルコとシリア国境沿いに軍隊を派遣しようとしています。
この情報が正しいなら、今後、想像を絶するような出来事が起こるかもしれません。

目撃者の証言では、シリア北部のHuraytanの上空で3機の戦闘機がホバリング中に大爆発が起きました。
あるジャーナリストは、ツイッターで、3機のトルコ軍用機がロシアの軍用機(Mig−29)から謎の自動追尾されたために反撃したと伝えています。

デイリーエクスプレス紙はトルコ政府とロシア政府に対し、この件に関して情報の確認をしようとしましたが、どちらの政府も応答はありませんでした。
ロシアの爆撃機がトルコの領空内に侵入したことで両国の緊張が益々高まっているときに、このようなことが起きました。
ロシアのMig−29ツインエンジン戦闘機がレーダーでトルコの軍用機を追尾したためにF-16戦闘機が ロシアの戦闘機にスクランブルをかけました。その後、トルコの戦闘機はソ連時代の軍用機をシリア領空へとエスコートしました。


URGENT!! Reports of RUSSIAN JET SHOT DOWN BY TURKEY - WW3 IMMINENT?
https://www.youtube.com/watch?v=GYtDFsI2fgI

WW3 UPDATE: Reports Of Turkey Shooting Down Russian Jet Continue To Surface
https://www.youtube.com/watch?v=GcUjJl2BRYU


4. 2015年10月11日 22:51:16 : CjtFX19Kf2
【シリア情勢】トルコ空軍のF-16戦闘機、ロシア軍のMiG-29戦闘機を撃墜
http://funsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1444565107/
2015/10/11 21:05:07.92

トルコ空軍のF-16戦闘機がロシア軍のMiG-29戦闘機を撃墜した可能性があると報じられました。
シリア北部付近で大きな爆発があったとされますが、
ロシア側は公式な声明を発表していません。

トルコ側によれば、正体不明のMiG-29戦闘機がトルコ空軍のF-16戦闘機をレーダーロックするなど、
およそ数分にわたって挑発行為を行ったといます。

http://i3.mirror.co.uk/incoming/article6610432.ece/ALTERNATES/s615b/Russian-Fighter-Jet.jpg

http://www.mirror.co.uk/news/world-news/russian-jet-shot-down-turkish-6610679


5. 2015年10月11日 23:27:54 : v1gbxz7HNs
なんでミグ29という古い戦闘機が。
スホーイの24,25,34の3種類が投入されていると聞いている。
いい加減、ソーシャルソースってのやめたら。
本当だった試しがない。

6. 2015年10月11日 23:30:24 : 4QkfHyZrP6
ロシアの情報サイトのスプートニクによれば今回の空爆に使用されているロシアの攻撃機はSu34、Su24M、Su25でMig−29は使用されていない。

となるとシリア空軍の所有するMig−29かもしれないな。

ウィキペディアのシリア軍の空軍を解説した項目にも旧式のMig−29を所有していることが載っている。

また、元記事の真実を探すブログコメント欄にもシリア軍の所有するものではないかという書き込みがある。

仮にロシア軍が持ち込んできたMig−29だとしても、今回イスラム国空爆に使われているロシア軍機には最新鋭電子戦用システム「クラスハ4」を持ち込んでいる。

スプートニクによればクラスハ4は、

「対電子戦用に使われる最新鋭の移動ステーション「クラスハ4」は、ブリャンスクで製造されているもので、偵察機や無人機、航空機搭載レーダーに対抗できる能力を持っている。これに先立ち月曜日、新聞「The Financial Times」は、シリアにおけるロシアの活動の積極さは、この国に飛行禁止ゾーンを設けようとする米国の計画実現を阻んだ、と報じた。」

ということであるので、ロシアの戦闘機とは考えにくいと思われる。


7. 2015年10月12日 00:08:00 : TSamQ3LJAw
Russian jetってのをロシア軍のジェット機としていいのかね。
本当ならトップニュースだと思うけど。
ロシアはいざ知らず欧米側が隠す必要はないし
逆に大々的に報道してもいいくらい。

もし仮に本当に打ち落とされたのなら
>>06 の言うようにシリアのものではないの


8. 2015年10月12日 00:23:51 : aCCp7ADCIg
Russian jet 'shot down by Turkish military after it violated its airspace'
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/russian-jet-shot-down-turkish-6610679


9. 2015年10月12日 00:56:37 : 4QkfHyZrP6
>>08のリンクの元記事にあたってみたらMig−29が撃墜されたとは書いてない。

あくまでロシアのジェットがF-16によって撃墜されたようだとしてあり、ソーシャルメディアによってシリア北部で大爆発が確認されたというものだ。
なぜMig−29が撃墜された話になっているのか非常に不可思議だね。

それと>>08の示したリンクの元記事に使われている写真に写っている戦闘機はMig−29ではなくSu−27(現33)である。

>>06でも書いたようにスプートニクの情報だが、今回の空爆でロシアはSu−33は使用していないし、>>08の示した元記事も伝聞を報じたもので確かなソースがあって報じているとは思えない。
情報が錯綜していると思う。


10. 2015年10月12日 06:05:39 : ijfE9VH5Ko
まあ事実上、トルコ政府による大本営発表の類だろうな
シリアにおけるロシアの空爆は、それほどの動揺をトルコ政府に与えていると

11. 2015年10月12日 11:13:38 : tx8ooQQ5G2
 続報がないと言うのが何とも怪しいW。
産経の記事みたいだなW

12. 2015年10月12日 11:15:32 : p4MXZ9ybBk
もし撃墜したのなら機体の残骸やパイロットの遺体の写真や動画が出てくるでしょが今のところありませんね、ロシア系の報道は信用できないが、ツイッターで色んな人物をフォローしててトルコ・イスラエル・アラビア語など多数の情報を集めて紹介してますが一切証拠映像はありません、従って誤報とは言い切れないがそのような事実はなかったと見てます。

確かにロシア機の領空侵犯の事実はあるようで、最初のSU−30が領空侵犯した時は警告を無視して侵入してきたので、駐トルコのロシア大使を呼び出して厳重に抗議したとあります。トルコはNATOの一員ですから交戦状態になったらロシアにとっても厄介です。


13. 2015年10月12日 11:32:39 : FSxgIQyWiU
「ロシアの戦闘機を撃墜する許可」を出した英国に、モスクワは説明を要求する(ゼロ・ヘッジ)
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

14. 2015年10月12日 12:20:06 : qB3lZnQKvA
ここの人たちは冷静でいいですね。他のサイトでは例によってネトウヨたちがロシアが嫌い・トルコは親日だからというだけで、何の疑いも無く鵜呑みにしてお祭り騒ぎしていますよw

15. 2015年10月12日 19:32:11 : HGHqzf6fgc
一日経過してその後のフォロワー情報は一切ないようだ。

ガセと認定してさしつかえあるまい。

ロシアによるイスラム国空爆開始以後、こういったデマゴギーは氾濫している。

あいも変わらずダブルスタンダードの権化ダイナモしぇんしぇーが必死になってロシア報道でロシアのネガキャン記事を投下しているが、米英仏、サウジ、カタール、トルコによる謀略アラブの春にあるはずもない自由と民主主義を見出すことをあきらめきれずダダをこねるガキみたいなことはやめたらいい。
見苦しい。


16. 2015年10月13日 04:04:33 : Y39wSRqLeI
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-eced.html

2015年10月11日 (日)
ロシアのトルコ領空“侵犯”は、トルコが国境を“移動させた”せい

SyrianFreePress 2015年10月6日

覇権選択: トルコとNATOと、戦争への道

ロシア戦闘機の一機が、作戦行動中、実際僅かに国境を越えた可能性はある。しかし本当の理由whyアメリカ軍当局とトルコの上記“侵犯”の主張は、トルコが一方的にトルコ-シリア国境を5マイル南に“移動した”せいだ。

シリアの防空ミサイルが、シリア領空に迷い込んだトルコ戦闘機を撃墜した2012年6月以来、トルコは、シリア内5マイルの緩衝地帯を維持している。当時施行された改訂交戦規則のもとでは、トルコ空軍は、トルコ国境の5マイル以内に入るあらゆる標的を、敵と見なし、しかるべく行動することになっている。

もしシリアの交戦規則が、その北部国境を黒海にまで“移動”させれば、東トルコのあらゆる航空機はシリア領空侵犯になってしまうではないか? 誰もそのようなたわ言はうけいれないが、それが、このアメリカ-トルコのたわ言など決して受け入れてはならない理由だ。ロシア航空機はトルコが“新たに”決めた国境ではなく、正統な国境のみを尊重すべきなのだ…


地図は、下記のトルコのウェブサイトに掲載 http://www.aa.com.tr/tr/dunya/guvenli-bolgenin-cercevesi-netlesiyor/110451

ロシアのトルコ領空“侵犯”は、トルコが国境を“移動した”せい


17. 2015年10月13日 04:06:14 : jpr15xFeDo
シリアのロシア航空機が“トルコ領空を侵犯”と通信社は現在伝えている。しかし、より早い時期の報道は、この主張は間違っている可能性があり、アメリカが、トルコに、こうしたプロパガンダをするよう強要したのだ。

ロイター (2015年10月5日 月曜 午前7:54 BST): ロシア戦闘機が領空侵犯したとトルコ

土曜日、ロシア戦闘機一機が、シリア国境近くでトルコ領空を侵犯し、トルコ空軍が、二機のF-16戦闘機が迎撃するために緊急発進させた、と月曜日に外務省は述べた。電子メールの声明によれば、外務省は、侵犯に抗議するため、ロシア大使を召喚した。トルコは、ロシアに、そのような侵犯を繰り返すことを避けるよう強く求め、さもなくば“何か望ましからぬ出来事が起きた場合は、ロシアの責任になると主張した。”

AFP (午前10:20 - 2015年10月5日): トルコ、領空を侵犯したロシアのジェット機を‘迎撃’

月曜日 トルコのF-16戦闘機が週末、シリア国境近くのトルコ領空を侵犯したロシア航空機を迎撃し、航空機を引き返させたと、トルコは主張。

McClatchyは、これら領空侵犯を、ロイターとAFPがトルコの主張を報じるより数時間前に、長い記事でこのように報じている。

イスタンブール - 日曜日、シリアでの爆撃航程にあった一機のロシア航空機が、トルコ国境内5マイルに侵入し、トルコ領空に入った可能性がある、とトルコとアメリカの当局は述べた。

金曜日早々、トルコ国境上にあるシリアの村、アル・ヤムディッヤを爆撃する際、ロシア航空機を、トルコのレーダーが自動追尾したと、あるトルコ治安部隊幹部が述べた。彼はトルコ領空に入れば、トルコ戦闘機が攻撃していただろうと述べた。しかし、アメリカ軍当局者は、出来事は、すんでのところで武力衝突を引き起こすところだったと示唆した。報道を読むかぎりでは、ロシア航空機が、トルコ領空を5マイル侵犯し、トルコ戦闘機が緊急発進したが、ロシア航空機は、トルコ戦闘機が対応できる前に、シリア領空に戻ったと彼は述べている。トルコ治安部隊幹部は、この件は確認できていないと述べた。


18. 2015年10月13日 04:07:44 : g8Iw3mlOSo
だから、最初に領空侵犯と戦闘機の緊急発進の主張をしたのは、トルコではなく、アメリカだった。トルコの情報筋は、これを確認していない。

ロシア航空機が“トルコ国境内、5マイルを飛行し、トルコ領空に侵入した可能性がある”というが、それがどうして本当の領空侵犯になり得るだろう。ロシア戦闘機はシリア領空を飛行していたのだ。彼らが“国境を越えたかもしれない”というのは、地球は“平らかもしれない”と言っているのに等しい。そうかも知れないが、本当だろうか?

事実は、ロシア機が国境のすぐ近くを飛行し、トルコが支援している反シリア政府戦士の拠点を爆撃したのだ。彼らには、そうするだけの十分な理由がある。

北部ラタキア州の山岳地帯の町は、人々や貨物をトルコとシリア間の密輸の主要経路で、アメリカが率いる欧米と中東諸国のシリアの友集団によって、シリア反政府派に出荷されている兵器の主要搬入地点として機能していると報じられている。


19. 2015年10月13日 04:09:34 : nXU6RiYjM2
ロシア戦闘機の一機が、作戦行動中、実際に国境を僅かに越えたこえた可能性はある。しかし一体なぜアメリカ軍当局とトルコが、上記“侵犯”を主張しているかという本当の理由は、トルコがトルコ-シリア国境を一方的に、5マイル南に“移動した”せいなのだ

シリアの防空ミサイルが、シリア領空に迷い込んだトルコ戦闘機を撃墜した2012年6月以来、トルコは、シリア内5マイルの緩衝地帯を維持している。当時施行された改訂交戦規則のもとでは、トルコ空軍は、トルコ国境の5マイル以内に入るあらゆる標的を、敵と見なし、しかるべく行動することになっている。

もしシリアの交戦規則が、その北部国境を黒海にまで“移動”させれば、東トルコのあらゆる航空機はシリア領空侵犯になってしまうではないか? 誰もそのようなたわ言はうけいれないが、それが、このアメリカ-トルコのたわ言など決して受け入れてはならない理由だ。ロシア航空機はトルコが“新たに”決めた国境ではなく、正統な国境のみを尊重すべきなのだ。

そのような飛行機が、緊急事態や、他の突発的な情況のため、時にトルコ側にわずかばかり入り込んだからといって、NATO-ロシア戦争を始める十分な理由になるわけでもない。アメリカ、フランス、イギリスとヨルダンが、ISIS爆撃を装って、年中シリア領空域を侵犯していることを指摘しなければならないのだろうか? トルコが、イラク政府の許可無しに北イラクのPKKを爆撃していることを? イスラエルが、年中レバノン領空を侵犯しているのはどうだろう?

しかし、これは実際、一体何がねらいなのだろう? ドイツ、オランダとアメリカが、トルコと、その北シリアのイスラム教主義突撃隊を守るため、トルコに、パトリオット地対空防衛システムを置いていた。このシステムは、撤去すると発表されているか、既に、撤去されている。こうした今の領空侵犯の主張は、こうしたシステムを、トルコに戻させようという企みなのだろうか? 一体どのような本当の狙いのために?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b16掲示板  
次へ