★阿修羅♪ > 戦争b16 > 468.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<アカン>ロシア軍がトルコの救援車列を空爆か!?7人死亡、10人が怪我!トルコの国境沿いに爆撃!
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/468.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 26 日 22:41:00: igsppGRN/E9PQ
 

【アカン】ロシア軍がトルコの救援車列を空爆か!?7人死亡、10人が怪我!トルコの国境沿いに爆撃!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8896.html
2015.11.26 21:00 真実を探すブログ



☆ロシア軍、トルコの救援車列を空爆か=トルコメディア
URL http://jp.reuters.com/article/2015/11/26/idJP00093300_20151126_00820151126
引用: 
トルコのアナドル通信社はきょう26日、ロシア軍がシリアとトルコ国境地帯で走っていた救援物資を運ぶ車列を空爆したと報じた。また、現地の過激派やトルコの人道団体IHH(人道支援基金)からも同様なニュースが伝われた。
同通信社によると、今回の空襲で7人が死亡したほか、10人が怪我したという。トルコ政府は、この車列が難民向けの救援物資を運んでいたと説明。ただ、現時点ではロシア軍が空襲した証拠をまだ掴んでいないという。
:引用終了


☆【映像】露軍、トルコ救援車を空襲 トルコメディアなど報じる
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00010000-storyfulv-int




現地の映像を見てみると、市街地の真横に爆弾を落としていることを確認することが出来ました。場所的にも非常に危険で、この空爆が民間人の安全を考慮していないことが分かります。


イスラム国の補給部隊と勘違いして空爆したのかもしれませんが、ちょっと怪しいと言えます。一連のロシア軍による集中攻撃で民間人にも多くの死傷者が出ていますし、武力介入で戦争を終わらせるのならば、直ぐに地上軍を使って集結させるべきです。
どうにも、ロシアもアメリカと同じように軍事産業を潤すためにグダグダとしているように感じられます。
*武力を使う時は電撃的に短期間で終わらせるのが理想的


なぜトルコはロシア機を?シリアの「同胞」巡り確執(15/11/26)


「ロシアは我々の親戚を攻撃」 トルコのエルドアン大統領が演説


記事コメント


いつまで、日本国は傍観者でいられるのかな


怖いねぇ
[ 2015/11/26 21:04 ] 名無し [ 編集 ]


もうすぐだな。聖書の予言ハルマゲドン第三次世界大戦まで
[ 2015/11/26 21:27 ] 名無し [ 編集 ]


いよいよNATOの問題解決能力が疑わしいものになってきた。NATO内部の指揮系統連絡網が酷く破綻しているのだ。
※西側正義感VS悪役戦争錬金術の手口は見え見えだ。
捏造犯行の疑いが素人目にもわかる。
即座にロシア断定〜 ロシアの犯行だ〜
急いで<鴻Vアをやっつけろーのショックドクトリンの危険誘導に入り込まないために、
NATOのイスラム国への共同攻撃態勢崩壊必至の重大問題発生に対しての、自らのコメントと、NATOの主要国リーダーが自らの責任でいかに問題解決をはかるのかを示さないといけない。
戦争は政治の延長である戦争論クラウゼヴィッツ=Bつまり無法状態の無制限の憎しみ感情に基づく殺し合いということではないのだ。
そもそも重大問題当事者トルコの発信というところから、たとえ遠く離れた日本国民であったとしても、疑うべきであろう。これがもし調査の結果ロシアの短絡的な報復である場合は当然ながら、戦争はしないとラブロフが語ったばかりであり、ロシアの威信の失墜は誰もが当然と見なすだろう。その前に、早急な断定に入らず、詳細克明な事実関係と真相究明に、NATO共同軍事行動の大失態の問題解明に時間と手間をかけるほうが、理性よりもただロシア憎し感情で暴走したがる勢力に押し切られないためには必要な態度だ。
今日のネットの常識西側諸国の自作自演マッチポンプ戦争錬金術¥、売の観点を意図的に無視するような誘導にも見えるが。
★いいかげんな断定から戦争を開始した前科が西側の戦争になかったとでも?
★→イラクには大量兵器があったのだろうか?
情報発信者の責任の全うが本物かどうかみんなで見極めようではないか。ロシアの糾弾はそのあとのほうが、もしロシアの犯行ならばかえって効果が上がるというものだ。
[ 2015/11/26 21:36 ] 名無し [ 編集 ]


「トルコの救援車列」て、何の救援?
[ 2015/11/26 21:46 ] 名無し [ 編集 ]


ちょっと前の「ロシアが民間の医療施設を誤爆」も嘘だったと検証されていた(そもそもそこに病院がなかった)から・・・
[ 2015/11/26 21:54 ] 名無し [ 編集 ]


トルコの救援車列って?市民って?
トルコの救援車列って?市民って?トルコ側シリア領内?模型つり下げた
飛行物体が?なに積んでたのですか?トルキスタン人ってトルコが反シリアで
盛んに支援していてトルコ系シリア人で以前は穏健派反アサド勢力と称して
いましたが、アルカイダ系とかISに武器物資を流す経路になって、それでも
トルコは事があると市民tがだとか穏健派だとか便利に使い回しています。3年前もここに反アサドの対空ミサイルを偽旗立てて。この動画の主体はその市民?トルキスタン人居住区なんですか?
つらつら考えるに管理者様は逆の狙いがあるのではと愚考しました。
面白いです。
[ 2015/11/26 22:20 ] 単純 [ 編集 ]


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月26日 22:56:07 : 3O8Mfl4weE
トルコは幼稚な攪乱工作は自分の首を絞めるだけだということを、いい加減に学ぶべきだ。

ロシアがスホーイ24を撃墜された腹いせに見え透いた復讐劇をやるわけがない。

もっと堅実的でトルコに痛手を食わせる確実な対策を講じているよ。


ロシア経済発展相:ガスパイプライン「トルコ・ストリーム」および「アクユ」原発両プロジェクトは凍結される可能性

http://jp.sputniknews.com/politics/20151126/1231768.html


2. 2015年11月26日 23:21:51 : v1gbxz7HNs
これは重大な問題をはらんでいることを理解してんのかどうか。

爆撃地点がトルコ領である場合 → トルコを空襲したことになる
爆撃地点がシリア領である場合 → 勝手に他国領土へ侵入している事になる

ちなみに空襲ではないね。
燃えている車の位置が乱れていない。
クレーターが無い。
ガレキや残骸が散らかっていない。
ただ一部の車が燃えているだけで、見たところ爆撃でなく放火だ。


3. 2015年11月26日 23:31:26 : jXbiWWJBCA
焦点:対ISで「不可欠な国」に、プーチン流政治の落とし穴

[ブリュッセル 24日 ロイター] - プーチン大統領は、シリアに介入することで、比較的孤立していた状態からロシアを脱却させることに成功。そして米国がさらなる関与に二の足を踏むなか、シリアやウクライナ情勢、過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いにおいて、同国を「不可欠な国」にしようとしている。

しかしこのような地政学的なポーカーゲームで、プーチン氏が勝ったままゲームをやめられるかは分からない。とりわけ、24日に発生したトルコ空軍によるロシア軍機撃墜のような予期せぬ事態が起きた場合はなおさらだ。

空爆などによるロシアのシリア介入は、アサド政権側を再び優位に立たせ、イスラム国に対する空爆作戦を行う米国主導の有志連合は劣勢を強いられていた。

しかし130人が犠牲となったパリ同時多発攻撃と乗客乗員224人全員が死亡したロシア旅客機墜落事件を受け、プーチン氏は狙いの的をイスラム国に移し、フランスに協力を申し出た。ロシア国防省は、シリア国内の標的に落とされる、「パリのために」と書かれた爆弾の写真を公開した。

「フランスは戦う意思はあっても能力を出し切れず、米国は能力があるのにやる気に欠けた状態のなか、ロシアにはISに対して大規模な武力行使を行う意思と能力がある」と、パリにある戦略研究財団でシニアリサーチフェローを務めるブルーノ・テルトレ氏は指摘する。

ウクライナ情勢をめぐる行動で西側諸国からのけ者扱いされていたプーチン氏だが、ハードパワーと外交力を組み合わせた「レアルポリティーク(現実政治)」のおかげで、同氏は今や国際舞台の場で人気者となっている。

だからと言って、クリミア併合などで受ける西側からの経済制裁をプーチン氏が免れるわけではない。トルコで先週末開催された20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した西側諸国の首脳らは、ロシアに対する経済制裁をさらに半年間延長し、来年7月までとすることで合意した。

シリアへの介入も成功を収める保証はない。軍事介入は意気揚々と始まっても、失敗に終わることが往々にしてある。英米はそれをイラクとアフガニスタンで学び、旧ソ連も1980年代にアフガニスタンで経験した。

1990年代後半に当時のオルブライト米国務長官が自国を「不可欠な国」と主張したが、その地位にロシアを押し上げたとプーチン氏は考えている。

だが、プーチン氏は背伸びし過ぎており、国内の武装勢力や中東産油国からもたらされる安全保障上の、そして経済上の危険を蓄積させていると、一部の専門家は指摘する。

他の大国との関係に影響しかねないのは、プーチン氏が「背後から刺された」と表現したトルコによるロシア軍機撃墜だけとは限らない。西側諸国の部隊が関与する「誤射」や多数の民間人が犠牲となるような攻撃も、プーチン氏の作戦をコースから外れさせる可能性を秘めている。

<優れた戦術家>

「地政学的に見て、プーチン氏は優れた戦術家だ。私は嫌いだが、好き嫌いは別にすれば『プーチン流政治』はかなりうまくいっている」と、かつて駐ロシア欧州連合(EU)大使を務めたマイケル・エマーソン氏は語った。

同氏によれば、プーチン氏がシリアで主導権を握ることで米国に不意打ちを食らわせたのはこれが2度目。プーチン氏は、軍事的敗北を喫する可能性からアサド政権を救い出し、自身をシリア問題のいかなる解決にも不可避のパートナーとさせた。

1度目は2013年8月、シリアが化学兵器を使用したことを受け、オバマ米大統領が「越えてはならない一線」を越えたとして空爆を検討していた際、プーチン大統領がオバマ大統領に外交的手段を取るよう説得したときだ。

空爆をしないという米国のこの決定は「外交的な大きな過ち」であり、同国の中東疲れを暗示していたと、デ・ホープ・スケッフェル元北大西洋条約機構(NATO)事務総長は指摘する。

ロシアの大国としての地位を取り戻そうとするなか、欧米の弱さを感じ取り、それを利用するというプーチン氏の生まれ持った才能は、同氏の精力的な外交政策の特徴の1つだと言える。

「彼(プーチン氏)は政治的機会だけでなく、権力にも驚くほど鼻が利く」と、シンクタンク「欧州外交評議会(ECFR)」のディレクター、マーク・レナード氏は指摘。「ウクライナで身動きできなくなり、そこから抜け出す方法を見つけられないでいた。ロシアは当初、アサド政権が窮地に陥っているのでシリアへの介入を強化したが、そこへパリで事件が起き、驚くべき方針転換をしてみせた」。

米主導の対イスラム国空爆作戦では小さな役割しか担っていないフランスのオランド大統領は、シリアでの同組織掃討のためロシアを含む1つの連合を形成するよう訴えている。同大統領は26日、ロシアを訪問し、プーチン大統領と協力に向け会談を行う。

パリ同時攻撃とロシア旅客機墜落事件が起きる以前は、ロシアによる空爆の約90%が、西側の支援するシリア反体制派に対するもので、残りのわずか10%がイスラム国に対するものだったとフランスは考えていたと、前述の戦略研究財団のテルトレ氏は述べた。だが先週、その比率はほぼ逆転したという。

西側が支援する、特に米国製の対戦車ミサイルTOWを手に入れた反体制派への攻撃をロシアは続けているが、少なくともその半分は現在、シリアのイスラム国拠点を標的にしていると、西側の他の専門家たちも指摘する。

報道によると、ロシアとフランスはイスラム国が資金源とする石油精製施設を攻撃した。

<下手な戦術家か>

プーチン氏がシリアで政策を転換し、4年にわたる内戦終結に向け交渉の余地をつくる可能性がある一方で、旧ソ連国境を越えての武力行使はロシアにとってリスクを高める結果となっている。

「プーチン氏は優れた戦術家ではない。イスラム教スンニ派を敵に回している。彼らは同氏に恨みを抱くだろう」と、ロシア専門家で米シンクタンク、ブルッキングス研究所所長のストローブ・タルボット氏は指摘。「国内ではすでに、イスラム過激派との問題を抱えていた。それがロシア旅客機墜落事件以降、国外でもISという問題に対処しなくてはならなくなった」

同氏によると、プーチン氏はシーア派が多数を占めるイランやレバノンのシーア派組織「ヒズボラ」と協調することで、西側による制裁でロシア経済が依存する石油の価格を引き下げているサウジアラビアなどスンニ派諸国を敵に回すリスクを負っているという。

欧州の外交官らは、たとえロシアや欧米諸国がイスラム国掃討で団結し、シリア問題の解決に共通の利益を抱くとしても、トルコやサウジ、そして恐らくイランはシリアで内戦が続くことに利益を見いだす可能性があるとみている。

「プーチン氏は、アサド政権を継続させるか、ISを壊滅させるかの選択に直面するという、自身が招いた状況で板挟みにあっている」とタルボット氏は指摘。「ISは勢力を拡大しているため、アサド政権退陣の先延ばしはロシアにとって大きな代償となっている」

ロシア国内では、1990年代のチェチェン紛争以来、モスクワや他の都市で攻撃を繰り返すカフカス地方のイスラム武装勢力が急速に台頭する可能性に直面していると、タルボット氏は付け加えた。

(Paul Taylor記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/26/insight-is-putin-idJPKBN0TF0ED20151126


4. 2015年11月26日 23:56:40 : aQq0UGoaxY
「真実を探す嘘ブログ」や工作員やNHKが喚いているので、ハザール連合が相当ダメージを受けているように見える。

シリア戦争の終わりが近いのではないだろうか。


5. 2015年11月27日 02:34:32 : Bx1OmwHtc6
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00010000-storyfulv-int
に引用したトルコの通信社自体現場がシリア国内だって言ってるよ。
ロイターも犬hkもわざと現場がどこか隠蔽してるんだよ。
これが日本語ニュースの恐ろしいところだ。
私たちは常にインチキを吹き込まれてるのですよW。

6. 2015年11月27日 07:02:48 : ZL7o43eS1o
だから、本質的な善悪は別にして、プーチンならスホイ撃墜くらいは読んでると思うんだよ
プーチンの強気の非難は、やはりカードを手にしたことの現れという風に見える訳
苦し紛れには見えない(打開策が見えない初期は手探りだったようにも見えた。防戦のほうにエネルギーを割かないわけにはいかなかった)
で、そこのことについては、まあいいだろうと
一歩踏み込めるからね

端的に言えばトルコがヘマした
それを取り返そうと躍起になってるエルドアンってのが今の状況だろうと素人目には見える

ただ、あくまで素人目だから
しかも、まだどう転ぶかわからない
相手は民間機も狙うやつらだからね(プーチンだって、そんなことくらいやるときはやるが)
必殺の「ちゃぶ台返し」ができるやつらだから


7. 2015年11月27日 08:04:01 : qEMjPzowyI
プーチンは全然怒ってないよ。

パリのテロも、エジプトの航空機墜落も、トルコの戦闘機撃墜もすべてロシアのシリアでの活動を正当化する方向に働いている。


8. 2015年11月27日 08:17:18 : M2zo74C25c
日本のメディアが伝えないことを、トルコのザマン紙を引用して指摘した。

http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/466.html#c1

トルコのNGO組織IHI(人道支援資金)に、トルコ政府(Turkish Disaster and Emergency Management Presidency  AFAD)が関わっていることは、そのホームページの記載から明らかだ。

>an aid campaign titled “Bread and blanket for Syria” was launched with the support of leading Turkish nongovernmental organizations, trade unions, representatives of different economic sectors, media companies, Turkish Disaster and Emergency Management Presidency (AFAD), Turkish Red Crescent and Turkish Diyanet Foundation.

http://www.ihh.org.tr/en/main/pages/suriye-calismalarimiz-kimler-yurutuyor/315

ロシアがドネツク州などに人道支援を行った時には、ウクライナ側の了解と検査を受けなければならなかった。

シリア反政府組織が支配する検問所で、シリア政府が検査することは可能なのか?


9. 2015年11月27日 13:51:47 : 0BG07lZWeI
どーせまたやらせだろ

10. 2015年11月27日 16:20:11 : jbcJQt5aLA
匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!

【日米露vs嘔支 通信】トルコが土下座(縛w


2015-11-27 15:30:00NEW !
テーマ:ブログ
http://ameblo.jp/tenkomoriwotisure/

[32初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため、この人のコメントは内容にかかわらずすべて削除

11. 2015年11月27日 20:51:05 : F5zcJIJ58Y
ロシアトゥデェー紙の記事。

攻撃された車列の当事者は、IHIではない。(当事者は特定されていない。)

単に目撃者であるならば、IHIは、攻撃された車列が運んでいたのは、人道支援物資だと、どのように確認できたのか?(少なくとも、そのような画像は公開されていない。ツイッター情報では、武器弾薬が見つかったとある。)

トルコの Cumhuriyet紙は、シリア政府関係筋の情報として、車列は武器を、テロリスト集団に輸送していたと報じている。

ロシアもシリアも、今の所、攻撃を認めていない。

>Mystery over who bombed Turkish convoy allegedly carrying weapons to militants in Syria

https://www.rt.com/news/323538-turkey-convoy-syria-attack/


12. 2015年11月27日 21:28:50 : R92LNiSUns
ところで米軍の空爆は民間人の安全を考慮しているの? 無人機ドローンの攻撃は人道的なの?

13. 2015年11月27日 22:38:43 : fpt8itpB5Q
正義はロシアにしかない
トルコ人=ウイグル人なので中国も援護せよ

14. 2015年11月28日 00:25:30 : qFBZAvwg0G

 プーチンに「ノーベル平和賞」を!!
 

15. 2015年11月28日 02:17:00 : no31X615y2
ロイターはうんこ臭いw


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b16掲示板  
次へ