★阿修羅♪ > 戦争b16 > 886.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝鮮半島での米戦略兵器配備、アジア太平洋地域を核拡散の瀬戸際に追いやる:S−400の中国配備で変わる軍事バランス
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/886.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 1 月 29 日 01:48:26: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 

朝鮮半島での米戦略兵器配備、アジア太平洋地域を核拡散の瀬戸際に追いやる[スプートニク日本語]
2016年01月28日 21:58(アップデート 2016年01月28日 22:18)
タチヤナ フロニ

ロシアの高射砲ミサイルS−400の供給で朝鮮半島、日本ないし台湾に配備の米戦略兵器の効果は著しく低下する恐れがある。

米国防総省が朝鮮半島付近での戦略兵器配備領域を積極的に拡大しようとしているのは、北朝鮮を脅かすというよりも、かなりの部分、アジア太平洋地域における中国の高まる軍事力を抑止するために仕向けられている。

ロシア人軍事専門家のウラジーミル・エヴセーエフ氏は、ロシアの高射砲ミサイルS−400はかなり本格的な可能性を有しており、その購入は、米国の活発化した行動に対する中国からの報復ではないかとの見方を表し、次のように語っている。

「ロシアのS−400の射程距離は名前にあるごとく400キロだ。早期発見レーダーは最高600キロ離れた標的まで網羅することができる。S−400が電子戦のシステムに対抗できることは先日、シリアでも十分に示された。トルコはシリアとの国境付近に電子戦システムを配備しようとしたが、S−400を前には無力であることが証明されたからだ。このためS−400が中国領内に配備されてしまえば、空中の標的迎撃の可能性が拡大されることになる。」

S−400は最新の、そして将来作られる全ての航空宇宙攻撃手段の攻撃を目的としたもの。だがエヴセーエフ氏は、ロシアは中国に対し、これよりもっといいものを提供しうるとして、次のように語っている。

「S−400に加えてアンテイ2500も購入したほうが中国にとっては合目的的だろう。秒速2キロの速さで飛ぶ弾頭を迎撃する能力をもつS−300やS−400とは異なり、アンテイ2500は秒速4キロで飛んでくる弾頭を迎撃することができる。」

エヴセーエフ氏は、米国によって朝鮮半島で開始された戦略兵器の配備はアジア太平洋地域を核拡散の瀬戸際においやるとの見方を示し、さらに次のように語っている。

「このプロセスはコントロールを逸してしまうかもしれない。北朝鮮がもし本当に熱核爆弾を製造するとなれば、日本も、続いて韓国も核保有に踏み切ることが予想される。これに続くことが予想されるのは、韓国も含めた地域全体の各国のミサイルポテンシャルの拡大だ。こうなってしまえば、米韓合同演習の規模のおかげでただでさえ爆発寸前の状況はさらに緊張化する。」

こうした憂慮すべき傾向が理由でロシアは自国の、つまりこの場合、極東の安全保障レベルを引き上げるための方策を採らざるを得なくなっている。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160128/1507670.html

===============================================================================================================
中国人専門家、アジアのパワーはアンバランスとする米レポートは客観性を欠く[スプートニク日本語]
2016年01月22日 22:49

19日、米戦略国際問題研究所(CSIS)が、アジアにおいて変化し続けるパワーバランスが米国の国益にかなっていないとのレポートを発表したことについて、ラジオ「スプートニク」は中国国際調査研究所、南太平洋調査センターのチェン・シシュン所長にインタビューを行なった。

以下、コメントをご紹介したい。

「私は、『アジア太平洋地域のパワーがアンバランスになれば米国の国益にはかなわない』とするレポート作成者のアプローチには同意しない。地域のいかなる状況発展もその安定と発展に貢献するものでなければならず、米国などどこかの特定の国の国益に答えねばならないものではないからだ。

全体としてアジア太平洋地域の状況は現在、良好だ。これは特に中国の外交政策努力によるものだ。中国の国力の伸張はすなわち平和の力の伸長だが、これが発展することで世界全体の発展に寄与している。こうしたなかで中国は米国に対し、アジアインフラ投資銀行ないしシルクロード経済ベルトのイニシアチブへの参加を許している。中国のスローガンは「共に勝ちとり、より多く勝ち取ろう」であり、言い換えればアジア太平洋地域の変化はアジアの諸民族の利益に叶うというものだ。これに加え、アジア地域は世界の経済発展の機動力という独自の役割も抱えている。中国を初めとするアジアのいくつかの国が経済交代の圧力を蒙っているにもかかわらず、全体としては安定と発展の傾向がキープされており、こうした傾向は米国にも必ずや利益となるものだ。私はまた、米国がアジア太平洋地域の発展に建設的役割を演ずることを期待している。これは現時点ではなされておらず、米国は依然としてこの地域での軍事演習を行なっている。南シナ海に最小限度の安定が確立されたとたん、米国はそこで事件を煽動している。軍艦を覇権し、日本、フィリピンに対中関係を白黒つけさせようとしている。こうした行為は地域の安定に貢献しない。今回のレポートは、地域情勢が特定の国の利益に叶うかどうかを問うのではなく、アジア太平洋地域に対する客観的な評価を出せたはずのものだ。

アジア太平洋地域における米国の軍事プレゼンスの強化に関しては、私は地域諸国はそのプレゼンスを歓迎しており、中国もこれに反対はしていない。だが、いかなるプレゼンスも平和と安定に寄与するものでなければならない点は強調したい。米国のプレゼンスが破壊的な役割を持つものであれば、万人がこれに異議を唱えるだろう。

米国が建設的役割を担うよう期待したい。軍事力の強化が安定を損なうものであっては決してならない。アジア太平洋地域の現状は非常に安定しており、軍事力の強化の必要性はないと私は思う。」

http://jp.sputniknews.com/politics/20160122/1476110.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月29日 10:46:30 : tGANQw14Ww : xzxbjMSSZGc[4]
アメリカはある程度強い国、それに核保有国を攻撃したことはない。
だから核が拡散するということもある。

中国、ソ連と対立しているときでも中ロには直接には決して戦闘をやらなかった。ベトナムでは大量の兵器兵員を投入したが、中ソから物資の補給を受けていた当時の北ベトナムは屈しなかった。


2. 2016年1月29日 19:06:27 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[308]
日本も欧米と同等以上に達していた核兵器開発を途中でやめず無人島にでも落として見せておけば広島、長崎の悲劇を回避する抑止力になったハズで何でやめたんだよということだがコノ日本のケースを最も学習したのが今の北朝鮮ではないのか、ったく。

3. 2016年1月29日 19:55:07 : aQq0UGoaxY : pNHEWTkf6T8[64]
米空軍を痛い目に合わせたソ連のS-75ミサイルが威力を発揮したので、北ベトナムの戦車部隊は南下でき、米軍を追い払うことができた。

ロシアの最新型のミサイル部隊を相手にするのは、嫌だろうね。


4. 2016年1月29日 21:28:37 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[392]
数年前にS400は露朝国境に配備されていて、既に半島南部まで射程範囲に入っている。

>>2
おかしいと思わないか。
広島では数機のB29の接近は探知されていたが、偵察だろうと判断し迎撃しなかった。

これはわからんでもない。しかし数日後、

同じように数機のB29の接近が探知されたが、同様に偵察だろうと判断し迎撃しなかった。
しかも長崎まで標的を西へ順繰りに探して飛んでいるんだぜ。

ありえない判断であって、原爆攻撃は日米の合意で実行されたのではないのか。


5. 2016年1月30日 12:03:20 : veNbdN9EsU : Zpuqq8DFJuo[3]
これでアメリカは露中に侵入できなくなった。
勿論自衛隊は論外W。
こちらのミサイルも撃墜できる
他方向こうはミサイル満載ってことだW。
軍事バランスが変わったんだ。
記念すべき日だ。
アーミテージに泣付いて来いクズウヨども。
人非人を集めた日本会議のアメリカまきこみ戦略も破綻する。
天の裁きだWWWW。

6. 2016年1月30日 15:12:19 : yAhvEllcfs : q2pfruhpQ4U[20]
>>2
>日本も欧米と同等以上に達していた核兵器開発を
同等でもなんでもない。
路線から間違っていたので、戦時中に完成させるのは不可能だったんだよ。
IF物の漫画の読みすぎ。

7. 2016年1月31日 23:54:25 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[324]
>>4

出されなかった出撃命令とかいう題でNHK特集でもあったので今や結構知られていると思うが番組では迎撃体制で待機中の元パイロットの人も悔しがってた。
 海軍の作戦も真珠湾、ミッドウェー、レイテと勝ちを詰めない、勝てるチャンスを放棄するみたいな肝心なところで妙な海戦やってるのはよく出てくる話だね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b16掲示板  
次へ