★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 110.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
GLA(高橋佳子)の災害支援の実態(鈴木悠紀子氏「命・生活・人生・魂を守る災害支援―GLAの取り組み」 )
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/110.html
投稿者 豚饅頭 日時 2016 年 8 月 17 日 13:41:30: IdDUFbR1zck8w k9jpXJOq
 

 宗教者災害支援連絡会(宗援連)主催の宗教者災害支援連絡会第25回情報交換会が開催され、その中でGLAの広報担当の鈴木氏から東日本大震災におけるGLAの活動状況の報告があった。
 ここでは、発表された内容のいくつかをピックアップし、実際にGLAにおいて災害支援の在り様とはいかなるものかについて記してみる。当日(2016年1月30日(土)15:30-19:00)は、東京大学仏教青年会を会場として沢山の参加者が集まった。
そして、具体的な活動を記録した映像は、教祖(高橋佳子氏)に密着取材しているようなもので、被災者との距離が非常に近いものだった。これまで、宗教団体のトップが直接的に出てくるような映像を見たことがなかったのでとても強い印象を残した。

以下は、その時の議事録の一部抜粋です。

 https://sites.google.com/site/syuenrenindex/home/report/meeting/20160130suzuki

○GLAの災害支援の基本的な考え方

高橋佳子先生が率先して菩提心を実践され、共同体あげて最善を尽くすフロントに立たれている。
災害支援の基本的な方針として、「命・生活・人生・魂を守る」。
会員を支援し、会員を拠点として周辺に物心両面で支援している。
人間を魂としてとらえ、「試練は呼びかけ」という事態への向かい方を大切にし、会員に浸透している。この生き方が自助という観点からも大きかった。

○震災発生直後の支援

震災発生直後に対策本部を立ち上げる。
高橋先生は被災地の皆様の悲痛の叫びを感じ、国難と受けとめられた。情報を集め、何が必要か判断して会員へ呼びかけた。迅速な支援へ。
会員の安否確認、東北へのお手紙、緊急支援物資を積んで12日に現地へ。
翌日には全国を回線でつないでのテレビ会議。「言葉にできない悲しみ、大災難と感じている」
多くの魂の冥福祈り、黙祷。未曽有の大災害に際して、大切にしていく4つの指針(命・生活・人生・魂を守る)を示された。被災地の会員の皆様は「試練は呼びかけ」と生きている。その命の絆を守ることを会員へ呼びかける。
既存の情報網、フェイスブック、ツイッターを駆使して現状把握。
全国への支援を呼びかけ、近畿、中京、東京、北海道、九州、中国四国、北陸から60台、100トン以上の支援物資が届けられた。
医療、法律相談なども行った。
物資は避難所などへ不足物資を確認して届けた。
全国青年がボランティアで家屋清掃やがれき撤去などにも活躍。
青年が被災地に赴くにあたっての3か条
・すべての想いと行いは自らの発意を基とする。
・大きな目と耳を生きる。その人の想い・場に流れる気を察知する。必要をされていることを自分から探す。
・よくはたらく身体を生きる。爽やかで元気な挨拶と和顔愛語。
9月まで活動を続けた。今でも石巻の支援先へ訪問している。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ