★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 197.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
水素原子の電子は、5次元で自転しながら公転する高次元球とモデル化できる
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/197.html
投稿者 エーテル空間 日時 2017 年 2 月 26 日 13:32:33: 8pG7ohkaiAuIc g0eBW4Nlg4uL84rU
 

 水素原子の電子の構造がわかりました。動径が実1次元虚2次元の球面を自転し、さらに実3次元で公転しているモデルのようです。そう考えれば、電磁気学的な条件と量子力学的な条件を同時に満たすと思います。「高次元球面の実3次元出現点」という概念を用いれば、シュレディンガー方程式の意味を物理的に理解可能です。読者諸兄の数学的物理的なご批判をお願いします。
http://e4rotation.firebird.jp/10-1.html

 なお、図は相対性理論の基礎となるローレンツ変換を別解釈したものです。複素平面における座標系の回転を仮定し、回転後の座標系の光を回転前の座標系で測定することにします。驚いたことに、座標系の並進からアインシュタインが導いたローレンツ因子を比較にならないほど簡単に導けます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月28日 08:29:42 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[246]
私達は、一般的に、3次元の中で生きていると『錯覚』していますよね?

でも、もし、太陽系のそれぞれの惑星の位置(座標)が、私達の日常に対して、影響を、少なからず、与えているとしたら、あなたは、どの様に『考えますか?』

惑星の配置 =『時間の変化』(つまり、4次元です)。

S.C.


2. 2017年3月01日 07:47:02 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[7]
XYZ座標 0を基点としてもう一つの座標−座標を付け加えると。

万物の基点はゼロ、でマイナス空間とプラス空間に分離、人が見てる物は
ブラス空間側、電子は−座標とプラス座標を行ったり来たり。
物質の考えはお金の考えに似ている、つまり借金と言うマイナス世界が有って
目に見え使えるお金がる様な物かも。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ