★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 211.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
UFO問題を考える 44:グレイのアジェンダ、グレイの宗教のピラミッドとフェニックスとカタストロフィ
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/211.html
投稿者 あのに 日時 2017 年 3 月 27 日 13:01:56: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 

UFO問題を考える 44:グレイのアジェンダ、グレイの宗教のピラミッドとフェニックスとカタストロフィ

1、グレイという異星人の存在

グレイという異星人については、よく知られ、遭遇例も多く、アブダクション事例でもよく登場する。デーヴィッド・アイクの使う用語では、レプティリアンとグレイは区別されている。かれの根拠は、アフリカの呪術師クレド・ムトワの証言であろう。だが、ムトワの証言は伝承という伝聞証拠なのであろう。だから、かんたんにそうだというわけにいかない。また異星人という日本語の呼称もおかしく、まだエイリアンのほうがわかる。非人類的地球人はどうか(笑)わたしには、グレイ種をひとまとめにして考えたほうが分かりやすいと思う。

グレイピラミッドの頂点に君臨するのは、真っ白で背の高いグレイである。いわゆるドラコである。いろいろな遭遇事例では、ドラコとはきわめて威厳のある特別な種であるとされる。他の種とはぜんぜんちがうのだ。人間の意識を支配する力がきわめて強いので、まともな姿で目撃されることがない。
アイクの本で、目からひかりを放つ、とか、目からレーザー光線を放射するという例は、このドラコの例だろう。目を見ると幻惑されて、なにもかも見えなくなるらしい。

レプティリアンをさいしょに言いだしたのは、わたしの知るかぎりの例では、ダルシー地下基地のカステロである。かれは、セキュリティ保安員として、日常的にグレイたちとコミュニケーションをとって業務としての問題解決を担当していたらしい。かれは、異なるグレイ種を総称してレプティリアンと言っていた。皮膚から栄養摂取するから両生類、爬虫類といったところからだろうか。そのなかでも、ドラコは、頂点だといっている。かれは、ドラコとのみコミュニケーションをとっていたという。これで、グレイの指揮系統がまるで軍隊のようであり、ピラミッドのような組織構成であることがわかる。ダルシーについては、考えるべき内容がまだまだたくさんあり、いまだにひどい隠蔽工作が続いている。

・ドラコの策略である混乱作戦、いたぶり作戦・・・イルミナティの悪魔教儀式が凄惨をきわめるわけ

ドラコは、人間の意識を強力に支配するから、さまざまな目撃報告はかんたんに信じることはできない。ただ、うろこを持つ種の報告はある。これは、混乱させるためのドラコの策略だと思う。
同様に、人間型で、白くて長いローブを着て、青い目をした異星人の報告などもあるが、これも、奥の方には人間型異星人があると、われわれを混乱させるためのドラコの策略であろう。

ドラコは、無数のこういった異形のエイリアンを目撃報告させては、人間が混乱するのを、むしろ楽しんでいるようにみえる。目撃報告を分類すると百種類以上の異星人が存在することになる。しかし、それはドラコの策略であろう。

かれらは、人間世界の情報を細大もらさず、収集しているようだ。人間という種が、情報によって、どのように反応するかを、すべて知り尽くしているのだ。

このドラコの策略は、イルミナティの悪魔教儀式が、あまりにおどろおどろしいのにもあらわれていると思う。
これは、デーヴィッド・アイクの「竜であり蛇であるわれらが神々」Children of the Matrix 、あるいは「大いなる秘密」The Biggest Secret を読んでいると感じる。つまり、ドラコグレイから見たイルミナティとわれわれが見るイルミナティとは、なにかちがうのではないか、という疑問がある。

つまり、イルミナティの悪魔教儀式は、ドラコの策略によって過剰に過激に凄惨に、おどろおどろしくなっているようにみえる。つまり、イルミナティがルシファー(ドラコグレイ)の情報を欲しがるのを利用して、ドラコは、じらしているのではないか、と思うわけだ。つまり、イルミナティの悪魔教儀式が、あまりに過剰に過激に凄惨になっていったのは、ドラコの策略ではないか、と思う。

これは、ドラコグレイが、イルミナティを、まるで猫が捕らえたねずみをいたぶるように、もて遊んでいるのではないか、と思えるのだ。だが、代償もちゃんと与えている。世界を支配できるかねである。ユダヤの金融支配は、グレイの絶えざるイルミナティへの助言の成果なのではないか。この助言を求めるために、イルミナティの悪魔教儀式が、凄惨で残虐なものになり、ますます隠さねばならなくなり、ドラコグレイの思う壷になっていったのだ。

ほんとうに、ドラコの策略は、人間の欲望をうまく利用している。こういった策略をあみだす、ドラコのものすごい頭脳力には感心してしまうほどだ!

いまのところ最終的には、ドラコは、「異星人は存在しない」という、人間社会の常識を確立するようにみえる。
だが、そのために姿を絶対に隠すなど、それほど神経質になっていないようにもみえる。情報が漏れても、なんとでもできるという、なにか強烈な自信を感じる。そして現状は、たしかにそのように推移している。そして、「異星人は存在しない」というなかで、人類社会のIT化をすすめ、世界統一政府というファシズム専制国家をつくりだそうとしているようにみえる。

それに対抗するプレアデス人の手が、「クロップサークル」ではないか?と考えてきた。それはドラコグレイのピラミッドの刷り込みに対抗しているのか?ドラコグレイの 、IT化という人類社会の王手 NWOに、プレアデス人はあせっているかもしれない。急激なクロップサークルの複雑化をみれば、そんな気もする。

だが、ドラコは、イルミナティの隠蔽工作集団の全体をかくれて指揮して、人間社会の常識を、完全にコントロールできる自信が、ドラコにはあるのだろう。


2、グレイという異星人の存在、UFOの実在は、ほぼ証明されたも同然である

つぎのトルコの目撃事件では、UFOとグレイの両方がセットになって動画に記録された。これはたとえば、「UFO問題を考える 27」 に書いたが、ロジャー・レアー博士 Dr. Roger Leir が調査した、トルコUFOの動画の中に写ったグレイの姿がある。UFOとグレイの両方がセットになって、名の知れた専門家が調査した例である。

UFOとグレイが実在することが、この事件の動画、1つだけで確信できる。

日本の情報鎖国をするため、日本語Wikiでは、英語文献や英語版動画が探せないようロジャー・レアー博士の Dr. Roger Leirという英語名が、おそらくわざと消されている。いつものことだ。かれらは、情報鎖国をして、みながこの動画を探せないようにしているわけだ。わたしは抵抗するが、だれも抵抗しないようにみえる。
わたしが書いたからか、このところ トルコUFO、Turky UFO などと検索するとすぐ出てくるようになった。だが、もともと英語圏では、それほど情報隠蔽していたわけでなく、日本だけが、UFO隠蔽専門家ウイルスマン磯田重晴の指揮のもと、日本の情報鎖国をすすめていたのだ。
だがイルミナティのパイロットプラントである日本の状況では、だれもUFO問題を考えず、開店休業であったのだろう。    UFO問題を考える 20、27参照

Turky UFO Clearly Shows Aliens - Dr. Roger Leir
https://www.youtube.com/watch?v=IUEjeYn5Obg#t=3m36s
つぎのは、このUFOの形態が白から黒に変わって行く。同時に操縦席があらわれる。
https://www.youtube.com/watch?v=dGoSHfI3d5o

なお、こういったUFOの形態が消えたりあらわれたり、色が変わったり、視覚的な偽装は、どうやってやっているのかわからないが、ふつう目撃するUFOは、じっさいの姿ではなく、ちがう姿を見せている場合も多いと思われる。


3、グレイのアジェンダNWOは、グレイのピラミッド組織へ人類を組み込むこと

ただ、グレイはきわめて多くの種類が知られ、階級的であり、まるで軍隊のようだと言われる。あきらかに、どこかおそらく太陽系以外で征服された種族が、ピラミッド様の組織のなかに組み入れられて、地球に来ているという事態なのではないか。

ノルディックがグレイといっしょに目撃されるのは、征服されたプレアデス人の一部が、精子と卵子を盗られ、このグレイピラミッド組織に組み込まれているのかもしれない。
アイクの「竜であり蛇であるわれらが神々」Children of the Matrix には、アリゾナ・ワイルダーの証言に、火星におけるレプティリアンとノルディックの戦いについて訓練時に聞かされたとある。また、レプティリアンとノルディックの交配種がいるとの話もある。グレイといっしょに、わたしが言うプレアデス人が同時に活動していることはじゅうぶんありうる。だが、それは、グレイとプレアデス人が同盟していることにはならない。

その他の遭遇例でも、よく人間型異星人が登場して、頂点が人間型異星人であるとの風を装おうとしているように、わたしには思える。バシャールの例でも述べたが、ドラコグレイは、あらゆる陰謀をもくろんでいる。

4、グレイの宗教としてのピラミッドとフェニックス

古代文明では、ピラミッドが各所で作られていたのは、グレイのピラミッド組織の理解を人間の意識下に埋め込むためであっただろうか。ピラミッドの形態をまず、ひとの目に焼き付けるわけだ。ピラミッドの三角形を見た時、気がつかないほどかすかに、人間の意識下では、なにかが変わるように思う。これはマインドコントロールの刷り込みの第1歩ではないか?

エジプトのピラミッドとスフィンクスが、よく問題になるが、これは、原初の遺跡形態が、はっきりとはわからないから混乱しているのだろう。わたしの考えでは、これら原初の遺跡は、ヤンガードリアス期までさかのぼる。
スフィンクスは2つあり、その間を通って、ピラミッドの位置にあった原初のなにか、古代の神殿に到達する構造ではなかったのか。これが古代の神殿の定型であるからだ。
それらは、破壊されて、いわゆるピラミッド時代にすべてが作り直され、古代の神殿跡にグレイの象徴たる3つのピラミッドが整備されたのだ。

これを考えると、エジプトの原初の古代の神殿とは、太陽神の神殿であったのだろう。これらは、ヤンガードリアス彗星の激突で直接破壊されたのかもしれない。グレイにねらわれたわけだ。発掘報告の詳細に無知なので、自信はないが。

したがって、ピラミッドは、グレイの宗教の重要な要素だと考える。また、1%と99%を収入によって分断し、世界をピラミッド階級構造に変えるというイルミナティの政策は、グレイのアジェンダそのものなのである。

・ロンドン五輪のピラミッドとフェニックスの象徴

フェニックスは、グレイの宗教の要素であり、グレイとの同盟の痕跡ではないか、とわたしは考えて、いままで何回も書いてきた。 UFO問題を考える 9 参照

ロンドン五輪では、ピラミッド形の照明が会場を照らしていたことは、まえリンクしたロンドン五輪の動画でわかる。ピラミッド形とは、グレイ族社会が階級社会である原理、すなわち戦争文明であることを示す。戦争文明は、階級社会をつくりだすことはハザール文明のイルミナティにもよくあらわれている。
そして、フェニックス(不死鳥、火の鳥)が、世界を炎と焼き尽くし、(世界同時革命?)その中から新しい世界がうまれるようにする、というのが、グレイの宗教なのである。

イルミナティのNWOでは、世界を炎と焼き尽くす事件が、グレイから要求されていわけである。まえリンクした2012年のロンドン五輪の動画では、火の鳥の女性たちのダンスと五輪会場全体が炎につつまれるところまでが、フェニックスの儀式になり、こうしてイルミナティは、グレイに忠誠を誓ったのである。

そして、2014年のウクライナクーデターやシリアのCIA/モサド/ISISの戦争がはじまり、2012年のロンドン五輪のフェニックス(不死鳥、火の鳥)の、世界を炎と焼き尽くす宣言でのイルミナティ政策の本格的開始だったのだろう。2014年で開始したわけで、まだわれわれは入口にいるのだ。

5、すべては、グレイのアジェンダから流れ出る :世界を炎と焼き尽くす

この世界を炎として焼き尽くすことを、イルミナティがどのようにして行おうとしていることかは、いままで述べた戦争とパンデミックでわかる。一般には、人口削減とよばれているが、それは口実にすぎなく、戦争とパンデミックによる人類社会の崩壊なのである。人口を5億人にするのではなく、人類社会の崩壊という激変の最終結果が、人口5億人ていどになるという意味だろう。

もちろんイルミナティの家族たちは、この最終大激変の間、地球軌道上の衛星や地下基地D.U.M.B.Sや火星に避難するのだ。映画2012年は、この避難のようすを象徴的に描いたもので、真実のものといっていいのだろう。このカタストロフィが、未来に予定されているアングロサクソンミッションでいう、“地球物理学的できごと”が起こるときにこれを生き残る人々は、おそらくまたその半分になるでしょう、と。UFO問題を考える 5 参照 
なお、「さてはてメモ帳」のここの字は、おそらくウイルスマンの不正アクセスで透明化されているので、クリックして読む必要がある。この“地球物理学的できごと”を、まえ小惑星衝突ではないか、と書いたことがある。起こらなかってハズレたが、株価は下がった。磯田、カレイドはたぶんもうけただろう(笑)

いまある戦争は、もちろんアメリカの自作自演のCIA/モサド/ISISのテロであり、アメリカのイメージが落ちたため、トランプ大統領にせねばならなかったのだ。この戦争はデンバー空港の壁画にあったように、女性はイスラムのかぶりものをしているから、アラブの春として実施されたものだ。
中東が平和にもどりそうなので、イルミナティはあわてているようだ。また、あらたなアイデアでもって、戦争の火ダネをつくりだそうとするのだろう。マスメディアが、すべてウソをいうことが知られてきたので、さてこんどは、どんな戦争を捏造するかむずかしいところだ。

パンデミック疫病については、わたしはケムトレイルとへんな風邪の考察をして、気づかれない生物兵器の静かなる戦争であるとして、人口削減の36回のシリーズを投稿し、いちおうガース・ニコルソンの対処法も書いた。くわしくは、そちらをみてほしいが、過去パンデミックを起こしてきたのは、グレイエイリアンのしわざであったのである。

だが、これらには、生物兵器ばかりか放射能もワクチンもGMOも関係しているであろう。放射能もワクチンもGMOも、寄与はどれほどかわからない。生物兵器の寄与もどれほどか、わからない。GMOも、水道水の毒も寄与は、どれほどかわからない。これらのカクテルのようにしたときは、体調不良の原因をつきとめ、対処をはかることはきわめて困難になるだろう。

兵器としての水道水、兵器としての食糧GMO、兵器としてのケムトレイル大気、兵器としての原子力発電所・・・さらには兵器としての医学(ロックフェラー医学)など、われわれを狙うあらゆる兵器だらけの世界になってしまっていることに多くの人は深刻にならない。これはマインドコントロールで分画化され、全体像がみわたせなっているからだろう。われわれはクロスファイヤーのスナイパーたちに取り囲まれてしまって、いま四面楚歌状態なのだ。

こうして、すべてに毒をすこしづつ混ぜれば、べつに恐ろしい生物兵器をつかわなくても、気がつかれずにふつうの風邪ですら、パンデミックをおこすことができるかもしれない。こんな悪魔のようなアイデアは、グレイにしか思いつけないのではないか?グレイは、悪魔か?

これらは沈黙の兵器なのであり、ターゲットは削除すべき99%と言われる65億人のふつうの市民である。もちろんイルミナティの市民への宣戦布告は1954年にしたのだ。情報を漏らすという偽装でだ。「静かなる戦争の沈黙の兵器」に詳細はかいてある。あるいは、かっての投稿の 人口削減9 など参照。

そして、つぎは新型インフルエンザをおみまいする、とビル・ゲイツは不気味にも悪魔顔で宣言している(呆)ビル・ゲイツは、ついに悪魔にシェイプシフトか(笑)


6、グレイの9000年間におよぶ人間研究から来るパンデミック計画

パンデミックは、イルミナティのことだと誤解されているようだが、基本的にはグレイが、すすめるものなのは、過去のパンデミックであきらかだとわたしは考えている。

わたしは、かってスペイン風邪のことを調べたとき、グレイの関与を疑った。ちょうど、そのころブラムリーの「エデンの神々」を読んでいたからだ。
スペイン風邪は、アメリカ軍からひろがったといわれているが、数百名の兵士が、アブダクションされる情景が、ホイットリー・ストリーバーの本にはある。こういったアブダクションされた米軍兵士から、スペイン風邪がひろがった可能性があると考えたのだ。
スペイン風邪は、おそらくエイリアンテクノロジーの成果であっただろう。

だいたいが、太陽系にグレイが到着したとき、最初に問題になったのが、ウイルス、菌の、グレイに対する病原性であっただろう。かれらは、免疫系は人間とちがうにしても、この問題の解決には長期間かかったかもしれない。ヤンガードリアス彗星激突からパンデミックが始まったようにみえる紀元前1200年ころまで、9000年間ほど、人間社会には、そんなにパンデミックのカタストロフィがなかったようにみえる。

ところが、紀元前1200年ころは、東部地中海はパンデミックで壊滅し、モーゼのエジプト脱出、ソロモン王国が成立し、旧約聖書ができるなど激動の時代なのは、このころまでにグレイは免疫の問題を解決したからではないか。9000年間、かれらグレイは自身の免疫の問題ばかりか、人間の免疫の問題、あるいは人間の意識のコントロールや、さまざまな問題を研究して、あるていどめどがついたからではなかったか。

グレイが、人間を知り尽くして、完全にコントロール下におけるわけは、この9000年間の、731部隊のような人間研究があるからだろう。グレイは人間の意識をほぼ完全にコントロールできる域までたっするのを待ってから、人間社会に介入してきたのだ。介入とはいっても、不可視の介入なのだが。グレイは、恐ろしい用心深さだと思う。

・グレイの人間の免疫研究

この免疫研究の成果を人間に応用すれば、どのようにでもパンデミックを起こせるのだろう。グレイが、人間の免疫を破壊する方法を持っているらしい記述が、ホイットリー・ストリーバーの「宇宙からの啓示」p140にある。


十月にわたしは、あらゆる症状の風邪や流感にかかりやすくなるという、奇妙な病気にかかったからだ。そのために三カ月学校を休み、その間に子どもサークルの思い出がくり返し心に浮かぶようになったのだ。
わたしは単核細胞増加症からガンマグロブリン欠乏症まで、あらゆる検査を受けた。最後の検査など、その地方の民間病院にはどこも設備がなくて、軍のブルック綜合病院で受けなくてはならなかった。
免疫システムの欠陥が発見されたが、あらわれたときと同じようにわけがわからないまま消えていった。やがて学校に戻り、そのこと自体を忘れていった。


これは、1951年ストリーバーが6歳ころの話らしい。かれを3ヶ月ほど休学させ、そのあいだになにか集中的に、ことを運ぼうとグレイは計画したわけだ。このシークレットスクールの話は、本になっているが、何回も書くが英文はわたしは苦手で、とくにストリーバーは作家であり、かれの英文はむずかしいのだ。
かれが17歳ころにもあったと思い出している部分もあり、11年ものあいだ、グレイのシークレットスクールは続いていたのだ。ストリーバーの成長過程すべてをおおっているグレイの関与の目的はなんだったのだろう。

ストリーバーが、思い出したところによると、言語訓練もあった。グレイが英単語を言うと、ストリーバーの頭は、連想するイメージが、炎のようにもえさかる、と言っている。この人間を秘密裏に訓練するグレイのシークレットスクールの事件は、あまりUFO研究者以外では知られていない。ゲテモノ情報のETコンタクト話に、みな毒されているからだろう。いろいろもっとたくさん体験談はあっても、おそらく、多重人格という現象に隠されてしまって区画化され、催眠術でもなかなか出てこないのではないか。

シスコ・ウィーラーのいう多重人格のイルミナティのマインドコントロールも、グレイのシークレットスクールでの人間訓練も、興味深いテーマだが、あまり書く人がいない。

7、戦争と疫病の人口削減計画 :ジョージアガイドストーンとデンバー空港の壁画

さて、いま「気がつかれないパンデミック」を起こそうと、ケムトレイルでグレイとイルミナティがはかって実施しているのではないか、とわたしは考えて人口削減のシリーズをまとめてきた。ケムトレイル問題で生物兵器関連問題には、同様にエイリアンテクノロジーが、大きくからんでいるのではないか、と、以上の根拠で、わたしは考えてきた。

このようにして、戦争と疫病で、数十年かけて段階的に65億人を殺す計画なのだろうか。ジョージアガイドストーンの最上部の第1戒にあるとおり、地球人口を5億人にする人口削減が、2014年以降、ちゃくちゃくとすすんでいる。それは、イルミナティというより、グレイからの要請なのだろう。基本的には、かれらはパンデミックをつかうであろうか?その可能性を、わたしは人口削減のシリーズにまとめたわけだ。

これにみなが気がついて騒がないようにと、つぎつぎと目をうばう事件を計画的に配置して、それをつぎつぎ連発して出すという演出で、マスメディアをつかって、われわれをマインドコントロール下においているのであろう。

イスラム人口の、戦争による減少では、まえ朝堂院大覚氏が嘆いたように、アメリカ政府の虐殺はひどいものだったが、マスメディアは、アラブの春とよんで、隠蔽に隠蔽をかさねた。
この悪魔マスメディアにも「マスメディアの春」、「新聞テレビの春」「電通、創価、統一の春」がほしいところだ(笑)マスメディアに対する市民革命だ(笑)

こうして、デンバー空港の壁画にある情景のとおりの事態が、アラブの春では進行した。デンバー空港の壁画については、さてはてメモ帳とカレイドスコープくらいしかグーグル検索にあがってこないが、わたしはカレイドスコープの記事には疑義をもっているので、さてはてメモ帳のだけをリンクしておこう。

デンバー空港の壁画 Denver Airport Murals にある情景は、兵士が破壊する町は、まるでシリアさながらで、涙を流す女性はベールをかぶるからイスラム女性に見える。アラブの春という戦争を、平和にみちびくのは、ここでは少年の指導者が描かれているが、実際のところは、露プーチン大統領が中東の平和をみちびいたのであった。かれらのとんだ誤算であったわけだ(笑)
このバヴァリア服の少年は、露大統領プーチンか?(笑)

さてはてメモ帳
http://satehate.exblog.jp/16297474/
あるいは、
https://www.youtube.com/watch?v=3El-q-82tGU
https://www.youtube.com/watch?v=NM9KzlVo_TY

また、ソロスの難民爆弾はEUを壊滅させる。トランプ大統領がスウェーデンの難民の暴動を言った時、マスメディアは否定したが、あとからトランプ大統領が言ったとおりであることがわかり、マスメディアは、赤恥をかいた(笑)

したがって、EUから英国が離脱したのは、仕組まれたものだったようにみえる。けっして民衆、市民の、というより、英国イルミナティを、崩壊するEUからまもるためのイルミナティの政策に見える。

日本の壊滅は、日本の基幹企業である東芝日立三菱に、イルミナティが、もう不要とした原発企業を抱かせることで、日本沈没の事態にした。ウソメディアであるマスメディア新聞テレビは、この非常事態、日本の春?である、日本の壊滅の危機を、きちんと報道していないと感じている。ほんとうの「日本沈没の事態」がいま起こっていると思う。

この対策として、日本経済に火をつけ、株価上昇のための第二の朝鮮動乱が用意されているようにも思える。朝鮮半島の火ダネに点火して、極東が文字どおり戦火で延焼しつくすように、イルミナティはスケジュールを組んでいるのだろう。やっきとなっているのは、中東が失敗したからだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年4月10日 08:21:06 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[82]
隠された物。 何故隠すのか、それは知られてはいけないから、
人類の歴史は洪水でそれまでの文明が流され消え去った数十万年の歴史がある筈。
今の世界は人類を団結させない争う事に専念させる宗教と文明と政治。

https://www.youtube.com/watch?v=Yfz-903Od-0


2. 2017年4月25日 06:59:34 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[118]
重要

【衝撃】古代の高速道路!?1万2000年前のトルコ〜スコットランドを結ぶ巨大地下トンネルの謎がすごい

https://www.youtube.com/watch?v=Pldg2cNMSF0


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ