★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 372.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NWO世界について 14:シリア戦争とNWO新世界秩序
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/372.html
投稿者 あのに 日時 2018 年 3 月 28 日 13:57:58: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


NWO世界について 14:シリア戦争とNWO新世界秩序


1、シリア戦争の起源は英国シティ

よく知られているように、イルミナティ・ロスチャイルドにおいては、アメリカ南北戦争とうじのアルバート・パイクは、3つの世界大戦をとおして世界統一政府を樹立すべきだとした。この第3次世界大戦が、イスラム教圏から引き起こすことを言っていたわけであった。
イルミナティ・ロスチャイルドのNWO世界統一政府への道では、アラブの春、カラー革命という名のいちれんのイルミナティのクーデターによって、イランやウクライナなどを倒し、第3次世界大戦によって中東に大イスラエル帝国をつくりだし、ロシアを倒し、NWO世界統一政府を2013年までに作り出す予定であった。そして2012年が世界の終わりであったはずだ。だが、これらは、延期に次ぐ延期で、とくにシリア戦争は、ロシアの介入もあって不発になった。

なお、かってディスクロージャープロジェクトのなかで、キャロル・ロジンは、たしか1970年代のある会議で、すでにイラク戦争が話合われたと言っていたと記憶している。戦争が起こる20年まえから議論されていたのだ。
また、櫻井ジャーナルによれば、1991年のウォルフォウィッツ・ドクトリンでは、このイスラム教圏のアラブの春によるアメリカの覇権行動が決定されていた。それは、ソ連崩壊後のアメリカのイスラム教圏への侵略戦争の実行宣言であった。ポール・ウォルフォウィッツは、とうじ国防副長官であった。

アメリカ支配層がシリアで続ける侵略戦争の始まりは1991年だということを忘れてはならない
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801230000/
2018.01.23

ウェズリー・クラークWesly Clark は2001年当時つぎのように言っている。

リビア攻撃は2001年から計画されていた
https://www.youtube.com/watch?v=FdzgsPO_k0c

シリア戦争とは、こうして古くから、すでに決まった既定事項であった。英国シティでは、おそらくすでに1970年代はるか以前から、すでに起こすことが決められた戦争であった。
これは、日本についてもおそらく同様にいえ、明治維新という名の英国のクーデター、太平洋戦争という名の米国の侵略戦争と日本の植民地化は、すでに1868年以前数十年まえから、英国シティで詳細がロスチャイルドにより、決定ずみのアジェンダであっただろう。これをアメリカの陰謀と誤認させるのが、いわゆるオレンジ計画であろう。
日本の明治維新が、英国のクーデターということを徹底的に隠したように、シリア戦争は、アサド政府と反体制との対立から始まったとされた。だが、じっさいは内戦ではなく、サウジやカタール、トルコ、イスラエルなどが、米英仏NATO軍をバックにして起こした侵略戦争であり、リビア戦争と、ほとんど同じ構造である。中核は英国シティにあり、その奥のおそらくはスイスBISからイルミナティ・ロスチャイルドが指令するのであろう。日本の明治維新もこういった視点から見なければならないが、太田龍の著作があるのみだ。


2、シリア戦争とNWO新世界秩序の確立

このシリア戦争も、いちばん外側の皮はNATO軍であり、日本さえ米軍をとおして、シリア戦争に加担してきているわけであろう。つまり沖縄は、おそらくシリア戦争への中継基地であろうし、米軍がテロリストISISに送り込む物品は、トヨタの四輪駆動車が有名になったが、日本製の武器弾薬なども米国をつうじて、米国兵器企業の名でテロリストISISに流れているのかもしれないと想像する。また米英仏の特殊部隊は、テロリストISISと協力してシリア軍と戦っているのである。もちろん、マスメディアには、これらは出るわけない。

とうぜん欧米マスメディアは、シリア市民の首を切るテロリストISISと協力しているわけで、日本の新聞テレビ、ジャーナリストたちも、テロリストISIS側であることが、わたしがいつもいうように、ばかでないかぎりわかってしまったのである。なお、反体制派と呼ばれるテロリストは、諸派名前の異なるものがあるが、わたしはすべてテロリストISISという名前で統一している。クルドがやや問題があるが、市民から見た場合は、同じテロリストISISという名でじゅうぶんである。

かってシリアに入国して殺された幾人かの日本人は、テロリストISISのてびきでシリアに入国取材などをしていたのであった。反体制派は善人であると錯覚していたのであろうか?そのうち、反体制派がシリア政府を倒すから、勝ち馬にのれ、ということだったのか、わたしにはよくわからない思考である。なぜならば、陰謀を仕掛ける側につくことは、いつ利用されて殺されるかわからないからである。テロリストISIS側から入国取材するということは、あまりにリスクの大きいかけなのであったと思う。おそらくは、シリア戦争をじゅうぶん情報を収集せずに、入国取材したためなのであろうか。

イルミナティの実行部隊という意味なら、テロリストISISも、日本の新聞テレビ、ジャーナリストたちも、同じ、たち位置にある。いちおうダブルスタンダードというカバーのもとに活動をして、だまされるが、テロリストISISと基本的に同種類の存在である。
テロリストISISに問えば、かねのため、給料のためやっていると答えるだろう。日本の新聞テレビ、ジャーナリストたちも、同じように、かねのため、給料のためにやっていると答えるはずだ。

この欧米マスメディア、日本の新聞テレビ、ジャーナリストたちは、いつものようにイルミナティのため、ウソの「公式説明」をつくりだし、全世界をあざむこうとしたが、911から始まった世界の疑惑の目を、あざむくことはできず、ついにはマスメディアという存在や米軍という存在が、テロリストISISと同じであることを、みずから証明してしまったのである。

これは、国を守るはずの軍隊が、国は守るというより、利用される存在として、他国の一般市民を虐殺してきたことを意味する。まあ、つかいばしりの首相がいるなら、つかいばしりの軍隊もありうる。ここで、しっかり見ないといけないのは、一般市民を虐殺したり、略奪しほうだいなのは、イルミナティの本体なのである。

また、事実を報道するはずのマスメディアが、巨悪を隠し、イルミナティの偽旗作戦を事実であると広報し、ウソの「公式説明」をつくりだしてきたのである。マスメディア、軍隊、テロリストは一体不可分の実体であったのだ。これらを連結する指令は、イルミナティ秘密結社からくるからわからないのであった。いま、ディープ・ステートという言葉があるが、イルミナティ秘密結社の、ごくごく下部組織を言っているように思う。トカゲの尻尾きりの演出を見せられているように思う。演出者はキッシンジャーであろう。こんなのを見せるのは、いまNWO新世界秩序の確立のためである。

つまり、英国シティ、スイスBISから指令することで、世界秩序がつくられてきた。イルミナティによって、世界の国々は結びついていたのである。国連で結びついているというのは、ただの幻想である。国連は、たんなるイルミナティ御用機関にすぎないからだ。この全体の動きはキッシンジャーで見ることができる。かれは、イルミナティ・ロスチャイルドの番頭、最高位の執事だからである。

だが、シリア戦争は頓挫している。英国シティ/スイスBISのイルミナティ・ロスチャイルドにとっては、手痛い誤算だ。プーチン、習の存在はそれほど世界にとって大きい。いま、原油が中国元で取引されるようになって、ドル覇権は終わった。英国シティにとって使える手は、もう露オリンピック選手のドーピング問題とかロシア外交官の追放くらいしかなくなってしまった? なぜなら、こういうとき、いつも使う軍事力の恫喝が、露プーチンの新兵器披露によって、米国の兵器のポンコツさがあらわになり、全世界で笑いものになってしまったからである。いつもの軍事力の恫喝が効かないので、露外交官追放になった。

ちょっとまえ最新鋭ステルス機といわれるイスラエルのF35が、シリア軍の1960年代ものといわれるソ連製S-200にやられる事態があって、米兵器の性能に疑惑のまなざしがそそがれ、あろうことかサウジやNATO軍のトルコも露から、S-400を買うありさま。露は、なんならアメリカにも売ってあげますが、というしまつである(笑)
数日前もサウジや米英仏などに攻撃されるイエメンが、サウジの首都空港にミサイルを撃ったところ、着弾寸前までサウジは探知できず、米国製追撃パトリオットミサイルを撃ったところ、ブーメランで首都の街の人家を攻撃して死者が出るしまつであった。イランのミサイル技術もあなどれないレベルというより、パトリオットミサイルシステムのレーダー探知技術の不完全さに問題があるのであろう。アメリカは、もうまともな兵器開発が、できなくなっていることが、F35やパトリオットミサイル、未亡人製造機オスプレイなどにあらわれている。

Barrage of ballistic missiles target Saudi Arabia
https://www.youtube.com/watch?v=QEw9nyhF3YU

https://www.youtube.com/watch?v=GNNjq1WAlbQ

日本でも横田政府を守るため、追撃ミサイルを東京周辺に配置すれば、ブーメランで東京の街を襲うわけだ(笑)手を頭の上に組んで、すくんで、米追撃ミサイルからの避難訓練をする必要が都民にはでてきた(笑)

軍事予算が米国のたった十分の一のロシアが、いつのまにか米国をしのいだ強力な軍備を持ってしまったのだ。プーチンがいかにすぐれた技量をもつ政治家かがよくわかる。しかし、これは米国のABM条約からの脱退やロシア周辺国へのABM配備の増強が原因であったのである。


ここで、シリア戦争の終結と露プーチンの新兵器披露と中国元の世界基軸通貨参加が、同時におこっている。もちろん日本のさまざまなNWOの法整備、種子法廃止や水道法やTPPももりかけも同時であるのは、NWOにむけてである。あらゆるうごきが、いま加速しているのは、NWO新世界秩序の確立にある。

だが、米トランプ大統領が登場したことにより、米ではNWOが後退し、日本が、世界の先頭を走ってNWOに突入している。ジェイコブが言った2018年のNWO暗黒世界のたちあげは、世界にさきがけ、日本からはじまったのである。
 
 
 

3、シリア戦争 東グータの解放

さて、この世界秩序に呑み込まれようとしてたシリアの戦況が、かなり変わってきた。東グータの解放である。新聞テレビは、どうやら制圧という表現であるが、市民の視点からみてほしいものだ。解放である。

ここでもたえず、「東グータの解放」動画をユーチューブ当局が邪魔してくるのは、ウクライナ戦争のときもそうであった。かれらはCIA/NSAだからである。

市民がテロリストISISから解放されたのだ。インチキジャーナリストしかいない新聞テレビからでは、シリア戦争はまるで理解できないどころか、正反対の曲解なるゴミ知識を覚えこみ、刷り込まれ、狂人の仲間入り(笑)をすることになる。ばかな、ネトウヨ増殖中(笑)
新聞テレビとは、ウソの製造機であり、「公式説明」をみなの脳に植えつける機関であることの証拠のひとつが、この「東グータの解放」でも理解できる。
いつもいつもテレビのウソにみちた映像に慣れると、真なる感動とにせものとが区別できなくなる。このシリアの市民のこころからの喜びに共感できるかどうか、こころの健康の試験紙になるだろう(笑)。
わたしは、近年こんなに映像に感動したことがないほどのレベルであった。東グータからの避難者たちの遠望からのざわめきでさえも、なにか、こころよい。この雑踏がいかによろこびにみちているかが、よくわかる。なんでもないざわめきが、こんなに感動にみちているとは、想像すらできなかった。アレッポのときは、残念ながら見落としてしまった。今回この感動を共有できる人には、このよいプレゼントをしよう。

The First Moments Of The Liberation Of Ayn Tarma 23/03/2018
https://www.youtube.com/watch?v=ICXs7O65Q6E


https://twitter.com/trappedsoldier/status/977503095100866560
アメリカ人は恥ずべきだ。あなたたちの大統領も、国務省も、軍も、メディアも、国連大使もみな嘘をついてきた。見なさい! 東グータの住民は、シリア軍が到着すると大喜びしているではないか!
https://twitter.com/AWAKEALERT/status/977349074922778625


Raw footage, civilians escaping the East Ghouta
https://www.youtube.com/watch?v=IGvdtkKCoCU

こういう動画はやまのようにある。なぜ、日本のネット上にはないのだろう?

https://www.youtube.com/watch?v=UxrO92osLhY

https://www.youtube.com/watch?v=hJtOC-JmeVY

https://www.youtube.com/watch?v=85er1sAKPi8

https://www.youtube.com/watch?v=cNaaK52eKRE

https://www.youtube.com/watch?v=xf90CK65_RQ

https://www.youtube.com/watch?v=u1UU3c72Qwo

https://www.youtube.com/watch?v=Go-thUEiv0Y

https://www.youtube.com/watch?v=NSXEGwc2DGA

反対なのはテロリストISIS家族の移送であるが、暗い雰囲気である。このテロリストISIS家族の移送動画も簡単に探せる。読者への演習問題にしておこう。ホワイトヘルメットも登場するから背のマークで探せる。


こういったよろこびにみちたニュースがあるかと思えば、かなしいニュースもある。ロシアのショッピングセンターの火事である。あっという間に火がまわり、脱出できなかった13歳の女の子のニュースが、とてもかなしい。
https://jp.sputniknews.com/incidents/201803254713486/
露ケメロヴォのショッピングセンターで火災 少なくとも37人が死亡【写真・動画】

https://twitter.com/trappedsoldier/status/978214715137474560

シベリアのショッピングセンターの火事で市民64人が死亡。大勢の子どもが亡くなった。13歳の少女マリア・モロズはメッセージを発信、「私たちは燃えている。…愛している、みんな…たぶん、私からのさよならになりそう」。彼女は火傷が原因で死亡。RIP

Russia: CCTV captures panic as black smoke clogs Kemerovo mall
https://www.youtube.com/watch?v=gegEW2zOk74


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. あのに[104] gqCCzILJ 2018年3月29日 12:13:16 : O98pBl7UXw : Mql5xZni@0g[86]

つけたし

シリア戦争でもっとも話題になったはずの化学兵器について、東グータで製造施設が見つかっているのに、だれも言及しないので、探したら動画があったので、のせておく。

Jihadists' chemical weapons lab in East Ghouta seized, English subtitles
https://www.youtube.com/watch?v=JhIrtfS9kd0

Government Forces Discover Rebel Groups' Chemical Weapons Lab
https://www.youtube.com/watch?v=pb6l4q1jn3o

Syria: Militant chemical weapons factory destroyed in E.Ghouta claims Syrian Army
https://www.youtube.com/watch?v=spLo7XthLJE


いかに、新聞テレビが、でたらめばかり報道しているか、よくわかる。こんなこと、2011年ころからあたりまえのことだった。みな、なんどもあらゆることでだまされている。

シリア国民はバシャ−ル・アル=アサド大統領を支持する 2011年3月-11月のデモの様子。
https://www.youtube.com/watch?v=Tj0ji9EWdY8

シリア国民「BBCは嘘の報道を行っている」
https://www.youtube.com/watch?v=Q7MD9EQ6v4g


▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ