★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 464.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人口削減のあたらしいフェーズ76:免疫低下症状をしめすケムトレイル風邪 5 総括
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/464.html
投稿者 あのに 日時 2018 年 9 月 20 日 17:51:56: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


人口削減のあたらしいフェーズ76:免疫低下症状をしめすケムトレイル風邪 5 総括


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だれひとりとして、ケムトレイル風邪の存在を考えない、いまの現状をみる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、わたしのケムトレイル風邪の総括

今回、わたしのケムトレイル風邪を総括して、やはり、さいしょに免疫低下の風邪に気がつけるかどうかが、重要なのであろうと考えた。

さらに、わたしは、免疫低下サインに気がついて、即、対処しても、主症状だった波状熱の風邪の発病を止めるのはできなかった。でも、わたしの今回の風邪はほんらい1年半は治るにかかるところを、2週間ほどで対処できたのではないか、とはいまのところ考えている。9月20日現在完全に健康にもどっている。

まあ、微熱の波状熱が、1年半続いても多くの人は気にせず、仕事に出かけるのであろうが(笑)。

主症状が、もし心不全などを引き起こすようなタイプのマイコプラズマの場合、マクロファージの核内にひそんでしまうため、その後何回でも心不全などをひきおこし、あるとき逝ってしまうわけだ。故飯山一郎氏がそうであろう。

こういった主症状が、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、熱中症などは重篤な症状を引き起こす生物毒素、たとえば蛇毒などを産生する遺伝子操作された菌があり、ケムトレイルから撒かれるナノチューブに、これら複数の病原菌がしこまれていると仮定すると、いまの現状がよく理解できる。くわしくは、たとえば、

人口削減のあたらしいフェーズ54:心不全、心筋梗塞をおこすケムトレイル風邪 3
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/408.html

これには、蛇毒サラホトキシン、αーニューロトキシン、αーブンガロトキシンなどが使われていると考えてみた。蛇毒が使われるのは、かんたんに大量の毒サンプルが採れるからだ。生成遺伝子もよくわかっている。この毒には神経毒、血液毒など、さまざまあり、わたしが以前風呂場で血圧低下でたおれたのも、これかもしれない。むろん熱中症もこういった生物毒の調整ペプチドを生成するよう遺伝子組換えされたマイコプラズマだろう。

免疫低下の菌、おそらくマイコプラズマ・ファーメンタンスのエイズやエボラの遺伝子が組み込まれたものは、いまの最新バージョンでは、発病に気がつくのが、きわめてむずかしくなっている。風邪の指標となる体温は、微熱以下であり、せきなどの気管支症状もまるでない。ほんのすこしの鼻水があるだけであった。

したがって、体温記録は、まるで意味がない。まったく役にたたないのだ。主症状が出てきて、はじめて体温の異常が出てくる。むしろ、「鼻水記録」をとっていたほうが、はやめに免疫低下の風邪に気がつけるだろう。わたしには、さいわいなことに、みずむしの免疫低下のサインという指標がある。これが、いちばん早く免疫低下状態に気がつける。

免疫低下したあとで、さまざまな、ウイルス、菌が発症してくる。この2段階の発病メカニズで、最初期に免疫低下のマイコプラズマをたたくことを、今回8月の終わりのわたしの風邪でためしてみたのだ。だが、主症状の風邪までを止めることはできなかった。たぶん、主症状の風邪菌は、抗生物質の耐性菌処置をほどこしたものだったのだろう。

が、もしここで、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、熱中症などの重篤な主症状が現れた場合は、すぐ救急搬送をたのむ用意を、いつも用意していることが必要であろう。呼吸麻痺すら起きる可能性がある。そのときにはICUの設備がある病院への入院が必要だ。
わたしの場合、救急119やタクシー会社の電話番号は、いつでもかけられるようにしている。だが、初期対応ができていれば、免疫低下はここで止まるはずだから、主症状が、それほどひどいことにはならないだろうとは思う。

もし主症状が、菌症状でなく、ウイルス症状なら、医者でそれに合った抗ウイルス薬で対応してもらうことになる。ヘルペスや風疹の話を、いまよく聞くのは、ヘルペスや風疹さえも、ケムトレイルから撒かれているのだと思う。

この主症状の前には、免疫低下の風邪菌が濃厚に存在しており、かなり濃度の高いナノチューブが、ケムトレイルから撒かれているのだろう。われわれは、それと気がつかず、始終免疫低下の風邪にかかっているのだ。そして、いま、だれも自身の免疫低下状態を把握できていないのだ。鼻水日記を付けるべきではないか(笑)

免疫低下のあと、ウイルス性の症状なら、ヘルペスや風疹症状が出てくる。ナノチューブには、複数の菌、ウイルスが封じられているのだろう。豚コレラのウイルスさえ、ナノチューブに封じられている可能性が高い。多くの動物も免疫低下状態になっているのだろう。老猫もいま咳ばかりしている。マック症だろうか?
ケムトレイルから撒かれているもののなかに、赤血球があるらしい。これは、ナノチューブに入らない、大きい病原菌を入れるためだろう。これぐらい大きいと、肺経由ではなく、消化器系経由の病原菌ということになるのだろうか。あるいは、鼻腔内からか。

もし長時間屋外にいるなら、N95マスクで、これらの生物兵器ナノチューブを防ぐ必要があるであろう。なぜなら、ヘルペスや風疹のナノチューブによる濃厚な空気感染状態が、いまかくじつにあるだろうからだ。家にいる時すら、N95マスクが必要かもしれない(笑)寝るときもN95マスク着用と(笑)換気扇は止めるべきだろう(笑)

戦時中のように、ケムトレイル機がそらを飛んだら、警報サイレンが鳴ればいいのだが(笑)原爆が落ちてくるわけではないので、みな無関心だが、この生物兵器ナノチューブが、濃厚に落ちている。たぶん。
わたしは以前、夜間300ルーメンのライトで、雨滴よりも、はるかに微細なものを空気中に確認した。生物兵器かどうかまではわからなかったが、状況証拠としては、かぎりなく、まっくろではないか。

もし長引く微熱の風邪がいつまでも続いたら、医者はまったく、あてにならないだろう。医者は、免疫低下の風邪という仮説すらないからである。なぜなら、マニュアル本にのっていないからだ。


ガース・ニコルソンの対処法は、「人口削減のあたらしいフェーズ18」の2にある。ガース・ニコルソンの対処法を、シャロン・ブリッグズSharon Briggsが解説している記事が、レンズドットコムにある。グーグル、クロムで見ると自動翻訳される。
Mycoplasma Infecttion - From GWI To Chemtrail Illness - Extremely Important
http://rense.com/general3/chemill.htm

まえあげた馬野周二関連の紫霄閣のサイトは、いまはなくなっているようだ。だが、マッカルバニーの本「湾岸戦争は人類大虐殺の実験だった」という本は、入手できるだろう。これとは、べつに、馬野周二のサイトからだったと思うが、マッカルバニーの訳本の個人出版本をもわたしは持っている。

また、たしか馬野周二の訳だと思うが、ネスター・ウエブスターの「世界革命とイルミナティ」の本は、とてもよかった。読んだことがない人が大部分だろう。フランス革命について書かれた唯一の本であろう。
ウイリアム・ブラムリーはどうもユダヤ系らしく、ウエブスターを毛嫌いしているが、ネスター・ウエブスターは、もっと読まれるべき良書だと思う。ユースタス・マリンズもそうである。わたしは、ユースタス・マリンズの批判はするが、否定しているわけではない。その正反対である。

まえ書いたように、つぎのページはまとまっている。
人口削減のあたらしいフェーズ6:人口削減をイルミナティはマインドコントロール作戦で遂行する
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/125.html

ここでは、ゲームの達人さんには、ぬれぎぬをかけてしまってもうしわけなかったが、それ以外は、いまでもほとんどが正しいであろう。日本のブログ界の「闇のブログ同盟」は、検索ではぜったいに出てこないが、ここに書いたとおりだ。

またここに、ジョン・p・ホルドレンのエコサイエンスのPDFファイルのリンクがあり、いまでもあるか、たしかめていないが、いまでも人口削減の第1級の資料であろう。内容もむずかしく、詳細すぎ、おまけに1600ページもあり、ちょっと読めないが(笑)

また、不思議なことだが、みなが、信頼を寄せるらしいキッシンジャーとは、人口削減計画の中心にいた人物であり、UFO問題の作戦の中心人物である。20世紀の戦争の中核にいた人だ。ネットを見ていると、ネット工作員にみぎへならえで、希望の星かのように、みなもちあげているが、ロスチャイルドの大番頭にすぎない。


2、環境問題、地球温暖化問題、ドクターピアンカ(Eric Pianka )のネット反応チェック

先日、わたしの取り組み2 で、ドクターピアンカのことを書いたら、これらドクターピアンカに関連した日本語のページが、検索ページから、ごっそり消えてしまった。CIA工作員ウイルスマンが、これをしかけたと書いたことが、ずぼしだったのかもしれない。一時的に、はるかしたに下げられたのかな?

まあ、CIAブログ[タマちゃんの暇つぶし」にもウイルスマンはいま出てこないみたいだし、グーグル検索やユーチューブページは、いまわたしがアクセスしようとすると、接続の安全が保証できません、となる。ツイッターまでは、やらないのは、グーグル検索やユーチューブまでが、ウイルスマンの管轄だからだろう。

いままで、ドクターピアンカの記事はいくらでも見られたのに、いまは英文でしか読めないみたいだ。英文でも、Eric Pianka は、トップにでるはずなのが、2番目である。環境問題、地球温暖化問題は、いま、来年3月の東京カンファレンスがあるようで、トップにくるべきであろう。まえ、テキサス大学のドクターピアンカの授業を感動して聞いたという人の記事は、いま探してもどこにも出てこない。数日まえまで、ヤフートップから3番目くらいにあったのに、おかしい。さがせばあるのか。
来年3月の環境問題、地球温暖化問題の東京カンファレンスがあるらしいにもかかわらず、日本語のドクターピアンカの記事が、こんな調子で皆無では、もりあがらないだろうに(笑)。

まあ、犬HKやゴミ売り新聞、ニッケイが、おおいに盛り上げるのだろう。きょうも、地球温暖化防止に協力しましょう、と、どこかの天井スピーカーからうるさいくらい流れていた。ふつうの人は気にしないが、わたしは、この文言は気になるのは、CIA/電通のウソだからである。あらゆる場に、こういったウソ、でたらめが流れるのだ。
気にならないひとは、いい。ケムトレイルがあっても、気にならないひとは、いい。知らないことは、しあわせなのだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. あのに[172] gqCCzILJ 2018年9月21日 19:00:49 : O98pBl7UXw : Mql5xZni@0g[149] 報告
このなかで書いた、ケムトレイルにふくまれる赤血球は、ウイルスを入れるものではないか?病原ウイルスは、生きた細胞でしか、長く存在できないからである。ウイルスをナノファイバーに入れても、すぐ不活性化してしまうだろう。
2. 2018年9月21日 19:47:04 : 4s9hS364dU : LMZBRcfuf0k[2] 報告
違うって言ってもはじまらないんだろうね。じゃあ検証してみれば?ってことにもなるが、それも無理。
仮説は検証過程を経て真実だと語られるけど、それらはほぼ被験者と試験者側の意見の擦り合わせ、または勘違いと思い込みのマッチングに依るもの。あとはそこに市場原理がのっかって、かしこぶる詐欺師らにもっともらしく囁かれて流布されて行くだけ。物事はすべてそれを信じるか否かだけ。そこに生まれた個別の信念が個体別に影響してるってだけだ。セオリーなんて殆ど答えの刷り合わせでしかないよ。
物事に対して怖れ身をもって向き合えば、それは自分の場にふさわしくもないものが、望ましくない関係性のものとして取り込まれ、自分というフォルダに複製をつくるというだけ。
3. 2018年9月24日 18:49:13 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[486] 報告
>>1
>ケムトレイルにふくまれる赤血球は、ウイルスを入れるものではないか?
>病原ウイルスは、生きた細胞でしか、長く存在できないからである。
>ウイルスをナノファイバーに入れても、すぐ不活性化してしまうだろう。

細胞なのかウイルスなのか、こういった細かい事を曖昧にして通り過ぎてはいけませんね。
血液寒天培地で細菌を培養するイメージだけで、私は赤血球なら細菌培養に使ったのだろうと早合点していました。しかしこれは赤血球に感染させて培養しているわけではないと知り反省しています。散布には大量の病原体培養が必要で、可能ならば培地ごとそのまま粉砕して散布できる簡便性から、培養という側面を重視したのですが…。

まず、赤血球にはウイルスを入れた?とすると問題が生じます。
というのも、ウイルスは種類ごとに感染する(もぐりこむ)細胞の選択性が強いはずで、例えばインフルエンザウイルスは鼻腔や咽頭粘膜表面の上皮細胞、肝炎ウイルスは肝細胞、EBウイルスはリンパ球のB細胞が主な感染ターゲットです。赤血球(の前駆細胞)に感染するウイルスはパルボウイルスB19… ぐらいでしょうか。(調査不足ですみません)

ウイルスは細胞膜上にある糖鎖を頼りに感染する細胞に吸着し、侵入。そこで自己のDNA/RNAを放出し、細胞の核に合成・増殖させたのち、細胞膜上で元のウイルスの形になり、感染細胞から離脱するとともに次の細胞に感染するというのが共通したパターンのようです。これを繰り返しながら爆発的に増殖します。

もしエイズウイルスHIVを赤血球液に投入しても、赤血球には感染できないと思います。HIVはTリンパ球に選択的に感染する。つまりそれ以外の細胞には感染しないと考えられるので、HIV、あるいは他のウイルスを赤血球で包むことはできないことになります。

ならば、ケムの赤血球は、赤血球に感染できるパルボウイルスB19が包み込まれていたのか? 吸い込んだ感染赤血球からでも、このウイルスは上気道経由で感染できそうです。
頬が真っ赤になるりんご病として小児科疾患で有名ですが、すぐに治り命に関わるようなものではありません。妊婦が罹患すると流産したり、免疫不全の状態にあると持続感染し貧血となることがあります。では流産を目的に撒いたのか?となるのですが、りんご病の異常な流行は耳にしませんから、これは違うのだろうという気がします。


では、赤血球は細菌を封入したのか? どうやらこれも違うようです。
赤血球を用いて細菌を培養する方法ではチョコレート寒天培地を使います。これは赤血球を壊して、その内容物を必要とする細菌の培養に用いるものです。そもそもケムトレイルから撒かれたのは壊れた赤血球ではなかったはずなので、生の赤血球に感染して寄生する細菌を探さなければなりませんでした。これはバルトネラ菌ぐらいしか見つかりません。
結局、ケムの赤血球はウイルス、細菌とも、それを包む素材として使用されたものではないだろうという結論です。

やはり病原体を包む素材にはナノファイバーが用いられているとする、あのにさんの推測が正しいようです。ウイルスもそうなのです、きっと。

現在はウイルス培養細胞と、輸送用培地なるものが商品化され、病院や研究室ではそうした培養と輸送のために開発された専用素材を使うようです。輸送用培地は、-70℃で1年以上、室温下で48時間、ウイルス活性(病原性)を維持したまま保存可能とあります。
細菌の培養や輸送はもっと単純で、適切な寒天培地などで容易に行えます。

寒天とは植物繊維です。水分子との親和性が高く、それを容易に引き付けゲル状になります。植物由来であることが細菌培養に必須の条件ではありません。水分を保持する力が強い特徴が用いられる理由のひとつです。
ここでナノファイバーも繊維であることに気付きます。ナノとは言え1nmではなく1umより小さいという程度の呼称でしょう。外面を疎水性、内腔側を親水性となるような特性をもつ細い管=ナノファイバーさえ作れば、ウイルスorマイコプラズマ封入ナノファイバーの出来上がりとなります。外面を疎水性にする理由は、水分が外面に取り付いてナノファイバー同士がくっつくことを避けるためです。

目的の細菌を培養する際には、天然と人工の数ある寒天を適切に選択して用いれば、培養後細粒化してそのまま空から撒けるのではないでしょうか。
ウイルスの場合、培養細胞によって増やし、輸送用培地に移し、これは液体ですので上記ナノファイバーを加えその内腔に培地ごと吸収させ、冷凍保存でもしておいて空中散布できます。降下中に気温が上がり溶けて、ウイルスは活性を取り戻します。

赤血球をなぜ撒いたのかは謎のまま残ってしまいました。

4. あのに[178] gqCCzILJ 2018年9月25日 12:45:57 : O98pBl7UXw : Mql5xZni@0g[155] 報告
なるほど、そのとおりですね。赤血球にウイルスを入れたわけではないし、細菌もむりが生じるわけか?

撒布のメカニズムが、丁寧版さんのおかげで、かなりはっきりしてきましたね。
すごい推理です。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ