★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 472.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「今後、アセンションは、加速化するだろう」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/472.html
投稿者 どう思われますか 日時 2018 年 10 月 01 日 11:14:03: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

(回答先: 記紀神話で遊ぼ・・7回目の終了です(その6の46)・「四道将軍・元伊勢巡歴・ホムチワケの白鳥の、相関関係」 投稿者 どう思われますか 日時 2018 年 10 月 01 日 11:10:43)

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人には、日本人の神が守護しているはずから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。


@ ところで、「今後、アセンションは、加速化するだろう」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 日月神示では、タイムスケジュールが明確にされていません。訳の分らない理想論や精神論ばかりです。これでは、読者としては納得できません。

 そこで、「シリウスの解釈」で考えてみたいと、思います。(解釈は解釈でしか有りませんが)。


A 過去のタイムスケジュールの総括。(あくまでもイメージ)。

 1930年、冥王星の発見。人類(あるいは日本人)の「意識」が、進化の方向性に向かう。

 1999年、ノストラダムス。人類(あるいは日本人)の「意識」が、進化のスイッチを押し、変換のエンジン起動、アイドリング調整開始。

 2013年、アセンションに向けての変換開始、スピード・アップ。転換のエンジン起動。

 2025年ごろ、反転開始の予定だが不明(人間には未来のことは分らないから断言できません)。


B 過去の検証作業。

 検証しようにも、精神的なものは実体が無いから、科学的に検証しようが無いです。

 ただ、地球環境でみると、2013年当時と今の地球環境の違いは、天気予報の『数十年に一度の大災害。命を守る行動』の言葉で表されているように思います。(さらに加速・過激化します)。


C 予言なんか、本当に当たるのか。

 「宝くじ」と同じで、なかなか当たりませんが、『当たる人には当たります』。(「一厘の仕組」では千人に一人が当たります)。

 当たらない人は、「シリウスの解釈」によると、(2037年か、2039年か、2041年か知りませんが)、地球に残るそうです。


D まあ、とにかく、『今後、アセンションが加速化する』と思って、備えておいても損はしません。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ