★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 537.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の8)・日月神示の研究・「意識を反転して、故郷の高天原へ、帰ろう」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/537.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 1 月 07 日 09:54:11: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずだから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「意識を反転して、故郷の高天原へ、帰ろう」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 実は、私たちは、今は、青人草(人間)の姿をしていますが、元々は、高天原に住む「神々様」の一員だったのです。(本当ですよ)。

  (★「シリウスの解釈」によると、高天原とは、人間に覚醒が起きた時に、新しい次元を送り出していくための最初の位置のような出発原点のようなイメージらしい、そうです)。

 そこで、今回は、前回の「位置を変換してアセンションに旅立つ」の続編として、高天原に帰るための「復帰動作回路」と「インターロック回路」について、考えてみたいと、思います。

 ★ 科学知識は大事ですよ。科学も知識も「知恵」に含まれる「観念的競合」かも、知れません。(意味不明)。


A 初めに、今回の記事の、まとめから。

 今回は、色々と難しい記事を書きますが、初めに、簡単にまとめると、『いつでも転換できるように、一切の執着を捨てて、意識を中立に戻しておきなさい。』と言う事です。

 そうしないと、ショックを受けたり、場合によって、うまく接続できない可能性が有ると言う事です。


B 日月神示ほかの参考文献等その他。

 「日月神示」には、『釦(ボタン)一つで でんぐり返ると申してあること、未だ判らんのか。』(黄金・18)。

 「シリウスの解釈」では、ある研究者は、『交替化は必然的に起こるものではなく、人間の意識の方向性が重要である。すなわち、意識を精神化に「変換」した後に、その意識を反転させて、肉体の削除を行い「半霊半物質」(つまり幽霊)になり、ヒトに転換する、のでは、なかろうか、と思っている』、と言うコメントが有るらしい、そうです。

 「バシャール等ほかの文献」は、今回は「国内問題」です。「外国の神」には頼りません。パス。


C 変換の仕組みと、転換の仕組みの、メカニズムを、研究してみよう。

ア) 始めに、物質化とか物理法則とか言っていますが、真実において、この世は、意識・想念で出来ているから、物質世界では無く、「観念」の世界だという意見が有るそうです。


イ) 変換と転換の「限時動作回路」と「インターロック回路」を、自動車の運転に例える。

 例えとして、『自動車を運転して、前進から後進(バック)に切り替える動作』、を考えてみます。(ここでいう自動車を人間(人体)に、運転者をヒト(霊魂)だと、想像して下さい)。
  (それから、限時動作回路・インターロック回路は電気学の理論ですが、電気は難しいので、分かりやすい自動車に例えますので、少しの違和感が有ります)。

 ★ ここで、今の前進走行をプレアデス(物質化)の方向に働く力と考え、減速する行為は変換(つまり反対に働く力)であり、後進(バック)に切り替えることを転換(反転)と考えて下さい。


ウ) 始めに、車が前進ギアに入って前方に走行していますが、バックするためにはブレーキを掛けて停車させた後に、ギアをバックに入れなければ成りません。

 この、今の前進走行が人間生活ですが、ブレーキを掛けて減速して停車させる行為を、「変換する動作」(変換の仕組)と考えます。
 つまり、バックするためには、停車させる行為(ニュートラルに戻す行為)が終了して初めて、バックギアを入れることが可能に成るわけです。この順次動作を「限時動作」と考えます。
 そして、完全に停車して(出発原点に戻って)、バックに入れて(転換して)、再び、後進(バック)の形態(つまりヒトに反転して新たな創造活動を行なう事)で走行することに成ります。


 「限時動作」というのは、ある動作を完了して初めて、次の動作に移ることが可能に成る概念です。
 「インターロック回路」というのは、例えば、前進中にバックギアが入らないような、安全装置・保護装置のような仕組みです。もしも、前進中にバックギアが入ると、車が壊れます。
   人間に例えると、
 プレアデスの人間世界を満喫中に、突然「お陀仏さん」に成って高天原に転送されると、訳が分からなく成るから、プレアデス(物質化)を止めさせて、出発原点に戻して、オリオン(精神化)に向けて、スタンバイさせます。
  (★なお、来次元は、
 太陽系全体の総入れ替えらしくて、誰が何処に行くか分からない、ようです(「シリウスの解釈」)。

 
 ★ 何で、電気の限時動作・インターロックを持ち出したかと言うと、私たちの「VRゲーム」が、いわゆる「量子コンピューター」で作られているからであり、基本は「電気回路」だからです。

★★ 何度も同じことを言いますが、科学を理解できない人は、「第8次太陽系次元」に進級できません。高天原に取り残された人は「ノリト」や「ネンブツ」を唱える生活になるかも、知れません。

  「第8次太陽系次元」は、欧米列強と、AI(人工知能)の壮絶な開発競争の激戦を戦うのです。


D それから、今のAI(人工知能)やら、原子力開発やら、諸々の科学は、来次元に継続します。

 『今の文明なくせんと申してあろうが、文明残してカスだけ無(のう)にいたすのぢゃ、取違ひ慢心致すなよ。』(風・05)。

 『・・、今の文明なくなるのでないぞ、たま入れていよいよ光りて来るのぞ、・・・』(地・11)。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ