★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 578.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の20)・日月神示の研究・「太陽系の、インチキ構造を、明白にする」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/578.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 4 月 01 日 09:49:56: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずだから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「太陽系の、インチキ構造を、明白にする」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 実は、私たちの太陽系は「作り物」であり、なおかつ、「手抜き工事」で作られていたという、驚天動地の「インチキ」だったのです。

 ★ しかしながら、「遠い未来人」に「手ぬかり」は有りません。これは「故意」による「作為」です。つまり、その真意は『おまいらーの宇宙が、虚構であることを、発見せよ』、なのです。


A 『太陽系はインチキ構造だ』と言う、明確な「伝聞証拠」。

ア) 日月神示による、「書証」。

 『お太陽(ひ)様円いのでないぞ、お月様も円いのではないぞ、地球も円いのではないぞ、』(日の出・14)。

 『地つちの軸 動くぞ、フニャフニャ腰がコンニャク腰になりて どうにもこうにもならんことになるぞ、』(磐戸・05)。(★「ポールシフト」のことと思われます)。

 『大地も転位、天も転位するぞ。(五葉・15)。

 『今の科学は科学のことは判るが、それより上のことは判らん。今の科学はあるものがあると云ふことだけしか判らんのぢゃ。』(春・33)。


イ) 「シリウスの解釈」の「ある研究者の研究」による、「伝聞」。

 『地球の外は、真実の地球、らしい』。

 『惑星軌道が楕円形の理由は、反対側の意識が方向性を持っているため、らしい』。

 『ハレー彗星は、進化の象徴に反映された働き、らしい』。

 『地球と金星の関係は、位置の重心、らしい』。(★注、地球は日本人で、金星は白人など)。

 『地球と冥王星の関係は、オリオンとオリオンの対化、らしい』。(★注、地球は日本人で、オリオンは真実の人間)。

 『金星の自転だけが、他の惑星と逆回転の理由は、最終構成の覚醒が行われている、らしい』。

 『太陽は、人間の精神核、人間の内面性、らしい』。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の「ある読者の感想」による、「伝聞」。

 『宇宙は、ホログラフィーのようなもの、らしいそうだ』。

 『金星には、アストラルやエーテルのレベルの意識が有り、愛の流れが有り地球の変革のバランスを執る働きが有る、らしいそうだ』。

 『土星は、太陽系を管理するような働きが有る、らしいそうだ』。

 『地球は、徐々に、光のレベルに上昇していく、らしいそうだ。つまり、物理次元から非物理次元に上昇する、らしいそうだ』。

 『私たちの太陽系には、意識が有るが、肉体は持っていない、らしいそうだ』。
  (★注、地球の人間だけが肉体を持っており、他の惑星の人類には肉体が存在しないのかも、知れません)。


B 『太陽系はインチキ構造だ』と言う、「主張」。

ア) 「地球の公転」は、インチキである。

(疑問点) 地球は、太陽の周囲を公転しているが、真円ではなく楕円形に公転しているし、なおかつ、センターがずれて偏心しているのは、「回転力学の常識」に反する。

(科学の回答) (今は昔の)1600年ごろの「ケプラーの法則」にも有るように、加速度と遠心力と引力による、「まったくの偶然」かつ「絶妙なバランス」によるものだ。

(反論) 地球と月との引力とか、火星は2年に1回地球に接近するし、他の惑星も公転周期が全て異なるから、太陽系全体の引力バランスは微妙に崩れていくはずだ。
 地球の歴史が50億年・100億年有るとするなら、50億回・100億回も、「回転力学の常識」を逸脱して、「まったくの偶然」かつ「絶妙なバランス」で、同じ公転軌道を継続すると言うのか。
   また、
 (上記Aの「シリウス」に有るように)、『惑星軌道が楕円形の理由は、反対側の意識が方向性を持っているため、らしい』。


イ) 金星の「自転の向き」は、インチキである。

(疑問点) 太陽系の全惑星の公転方向は同じだが、自転方向は金星だけが逆回転している。太陽系の惑星の出自が皆同じなら、金星だけが逆回転の自転をするのは、理屈に合わない。

(科学の回答) 『沈黙あるのみだ』。『そんなの、金星の勝手だ』。

(反論) (上記Aの「シリウス」に有るように)、『金星の自転だけが、他の惑星と逆回転の理由は、最終構成の覚醒が行われている、らしい』。


ウ) 太陽の「プロミネンス」は、インチキである。

(疑問点) 太陽フレアは太陽表面の爆発現象。コロナは太陽表面に見える放射状の散乱光。プロミネンスは、数万キロから数十万キロの高さに火柱のように立ち昇る炎(紅炎)と説明されている。(ちなみに、地球の直径は1万キロ強しかない)。
    ここで、
 太陽は水素・ヘリウムの気体で、核融合反応をしているという。そして、水素・ヘリウムのガス体はプラズマ化しているから、超流動性に満ちて均等に核融合反応をしているはずだ。
    だから、
 一箇所・数箇所で、ダイナマイトを爆発させたように、プロミネンスが注射液のように「ピュー」と飛び出すのは理屈に合わないし、地球の数倍、数十倍の高さなど、有り得ない話だ。

(科学の回答) 『沈黙あるのみだ』。『そんなのは、研究の対象外だ』。

(反論) 気体中での爆発効果は、全方位に及ぶはずだ。丁度、「花火」が球形状に爆発するのと同じで、プロミネンスの現象は、「気体中での燃焼・爆発の常識」に反する。


エ) 太陽の「マウンダー極小期」は、インチキである。

(疑問点) 太陽のマウンダー極小期というのは、1640年代から1710年代ころまでの、太陽活動が異常に低下した時期をいうそうだ。ところが、極小期が終わると、何事も無かったかのように、再び太陽活動が活発化しているのは理屈に合わない。

(科学の回答) 『沈黙あるのみだ』。『その目で、見て来たとでも言うのか』。

(反論) 一般に、「燃焼の3要素」とは、可燃物・酸素・熱源(点火源)が無いと、物は燃えないと言われる。太陽の核融合も燃焼の一形態とするなら、水素・ヘリウムが供給されて燃え続けるわけだ。
   すると、
 太陽はガス体で流動性に満ちているから、燃料が無くなるまで自動的に燃え続け、燃料が無くなると燃え尽きて消滅するはずだが、再び太陽活動が活発化するのは、理屈に合わない。


オ) その余は、「めんどくさい」ので、省略します。


C★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ