★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 620.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の38)・日月神示の研究・「『岩戸』の構造を、科学する」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/620.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 8 月 05 日 09:31:56: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「『岩戸』の構造を、科学する」に、ご興味をお持ちでしょうか。今回は、日月神示の「メイン・イベント」・オカルトの殿堂・本丸・奥の院の「岩戸」に、科学的に迫ってみたいと思います。


A 大前提としての、「岩戸」とは、何か。

 ここで言う「岩戸」とは、アマテラスが、出たり入ったりした「天岩戸(アマノイワト)」のことです。


Bの1 「岩戸」の構造を、日月神示の考え方から、推理する。

ア) 「岩戸しめ」は、ナギ・ナミ、アマテラス、スサノオ、神武天皇、仏教伝来の5回あった。

 『岩戸しめの始めはナギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時であるぞ、
 ・・・
 次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。
 ・・・
 次の岩戸しめは素盞鳴命・・・神武天皇の岩戸しめは、・・・仏教と共に仏魔わたり来て
 ・・・
 これが五度目の大き岩戸しめであるぞ。』(碧玉・10)。


イ) 「岩戸」には、「天の岩戸」と「地の岩戸」の、2つが有った。

 『人間界から世建直して、地(くに)の岩戸 人間が開いて見せると云ふ程の気魄・・・』(梅・10)。
 『天(あめ)の岩戸ばかりでないぞ、地(くに)の岩戸 臣民の手で開かなならんぞ、』(梅・13)。


ウ) 「岩戸」は「さかさま」とか「立体」とか、複雑怪奇な構造だった。

 『岩戸がひらけたから、さかさまのものが出て来てゐるのぢゃ』(碧玉・02)。
 『岩戸と申しても天の岩戸もあるぞ、今迄は平面の土俵の上での出来事であったが、今度は立体土俵の上ぢゃ、』(五葉・11)。


Bの2 「岩戸」の構造を、「シリウスの解釈」の考え方から、推理する。

 「ある研究者」の、「シリウスの研究解読」によると、『まだ研究中の解読中だが、

 『イザナギとは定質のことで、イザナミとは性質のことらしい。定質とは調整質の反映でオリオンの精神らしい。性質とは最終構成における対化を等化させる力で人間の持つものの全てらしい。

 『タカヒマラとは、反転した太陽系とか、ヒトの総体の次元とかを意味するらしい』。『ほかにも、反定質とか、反性質とか、タカマガハラとかが有るが、実に難解だ』。


C 「岩戸」の構造を、シーケンサー的に総合判断してみよう。

ア) 第1に、「岩戸」は、内面性・外面性の「二面構造・二重構造」に成っている、らしい。

 「日月神示」では、内面性が神霊世界で、外面性が人間世界。ただし、「幽界」は、人間の想念が作り上げたから外面性に属する。(この点について「白銀・04・06」、「磐戸・14」を参照)。

 「シリウスの解釈」(★個人的感想として)の、「定質・性質・反定質・反性質」の、4元構造について、
 『基本構造は、精神化(愛・オリオン)に向かう「定質」の方向性と、物質化(知恵・科学・プレアデス)に向かう「性質」の方向性が有ると考えます。
    そして、
 「岩戸」の内側は、主体の神霊(ヒト)の世界だから、「定質」・「性質」の2つの方向性が有るが、
 「岩戸」の外側は、物質的な人間世界だから、「定質」・「性質」と区別するために、「反定質」・「反性質」の2つの方向性が有ると考えます。
    つまり、
 人間世界は、神霊(ヒト)の想念が作り上げた二次的・派生的な世界だから、特に、「反定質」(定質に逆らい性質に向かう方向性)・「反性質」(性質に逆らい定質に向かう方向性)と別称します。


イ) 第2に、「岩戸」には、周期的な交替化が有る、らしい。

 「日月神示」では、「建て替え・建て直し」と表現していますが、今回で7回目を迎えるようです。(『世は、七度の大変りと知らしてあらう。』(黄金・26)。

 「シリウスの解釈」では、『6,500年周期で、覚醒期・調整期と、交替化するらしい』。


ウ) 第3に、今回は、「総入れ替え」になる、らしい。

 「日月神示」では、『今度の大洗濯は三つの大洗濯が一度・・・神の国の洗濯と外国の洗濯と世界ひっくるめた洗濯と一度』(日月・01)。。『建替と申すのは、神界、幽界、顕界にある今までの事をきれいに塵一つ残らぬ様に洗濯』(水・12)。

 「シリウスの解釈」では、『人間の文明も、ヒトなどの文明も、共に、限界に達しており、交替化が必要らしい』。『今次元は第7次だから、最終の交替化らしい』。


エ) 『スサノオが天上でアマテラスに乱暴を働き、アマテラスが「岩戸」の中に隠れた』部分の考察。

 スサノオ・アマテラス・イザナギ・イザナミなどは、実在する者ではなく、システム・概念の呼称名に過ぎない。つまり、シンボル。要するに「パソコン・ゲーム」。
     一つの例え話として、
 初めに、(「中性・半霊半物」の)スサノオ・アマテラスが、共に「岩戸」の外側に出たが、時を経て、スサノオは、イザナミに励磁されて物質化(性質・体主霊従)に傾き、人間活動を行ったシンボルで、
 対するアマテラスは、イザナギに励磁されて精神化(定質・霊主体従)に傾き、「岩戸」の中に吸引されてしまい、霊的活動を行ったシンボルかも知れません。
     そして、
 再び出てきたアマテラスは、体主霊従(反定質)に反転したアマテラスか、それとも、人間の想念が作り上げた幽界の「想念の神・アマテラス」かも知れません。
    この部分について、
 「日月神示」では、『次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。』(碧玉・10)に符合します。
    また、
 「シリウスの解釈」でも、この部分について、『アマテラスとは、人間の意識が対化を持つ前に生み出された上次元の方向を持つ力で、人間の肉体が生み出される一つ前の次元のことらしい。スサノオとは、定質の等化を行う時に生み出された力のことらしい』。


D 自由研究。。「パソコン・ゲーム」の「岩戸のシステム」を構想してみよう。

ア) 「学校の学芸会」で、演技する演壇の上が「岩戸の外側」。交替を待つ観客席が「岩戸の内側」。

イ) 「地球」で、地上世界が「岩戸の外側」。地球内部の地底人の世界が「岩戸の内側」。

ウ) 「サケの卵」で、母体の中で発育している現実世界が「岩戸の内側」。夢を見ている自分(あるいは集合意識)が「岩戸の外側」。

★ ただし、「シリウスの解釈」によれば、『第7次太陽系次元」の構造は、今の人間には想像も理解も出来ないような、メチャクチャ複雑な構造に作られている、らしい』。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月08日 15:58:34 : pYkDXM8feM : ZWY2b0ZjRS4wQWM=[1] 報告
>私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。

ヒトの知見には限界がありますから、「ごっこ」「自己責任」というのはもっともですね。

他人の主観は共有できませんから、「妄想・お花畑」というのもやむを得ないですね。

>「シリウスの解釈」によれば、『第7次太陽系次元」の構造は、今の人間には想像も理解も出来ないような、メチャクチャ複雑な構造に作られている、らしい』。

一介の人間が得心するのは困難でしょう。
私もその点は同感で、ある意味諦めています。

自分の中の「均衡」を大きなモノに照準して合わせて保つ、というような事しかもう何も出来ないかもしれないと思っているところです。

2. 2019年8月11日 23:10:44 : u2qonukhmE : My9oTDNSeUFvdU0=[4] 報告
★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます★

量子の世界の研究がこの経の中に。 そんな馬鹿な 嘘みたいなお経。

般若心教  現代語訳

https://www.youtube.com/watch?v=HKmBxu_C1aY

BGM感覚で聞けるお経なんて初めてで感動しました。このお坊さんアジアで
ツアーしたみたいです。

           ↓

【MV】般若心経 (cho ver.) [Ramesh Sathiah mix.] /薬師寺寛邦 キッサコ @2018.12 Asia tour

https://www.youtube.com/watch?v=3Q8yuCFAklg

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ