★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 622.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の39)・日月神示の研究・「岩戸を開く仕組を、解読する」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/622.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 8 月 12 日 09:41:07: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「岩戸を開く仕組を、解読する」に、ご興味をお持ちでしょうか。今回は、「オカルト・ファン」・「お花畑」が待望する、アセンションのための「極意・奥義」を、漏れなく、一挙公開します。


A 「岩戸を開く仕組」の参考文献等その他。

ア) 日月神示の見方。

◆ 第1に、「岩戸閉め」とは、「岩戸開き」とは、何のことか。

 『外国の性根入れたのが岩戸閉めであるぞ、五度ざぞ、・・・それを元に戻すのであるから今度の御用中々であるぞ、』(梅・11)。

 『今度の世の乱れと申すものは、五度の岩戸しめざから見当とれん』(磐戸・18)。
 『今度の岩戸びらきは五度の岩戸しめを一度にひらくのであるから』(碧玉・09)。


◆ 第2に、「岩戸閉め」は、5回有った。( ↓ 以下は、(碧玉・10)を分解省略したもの)。

 岩戸しめの始めはナギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時・・・総て神界のこと、霊界のことは、現界から見れば妙なこと・・・
   一ヒネリして・・・天と地との間に大きレンズ・・・
 夫神、妻神、別れ別れ・・・岩戸がしめられた・・・独り神となられた夫神が三神をはじめ、色々なものをお生みになった・・・それが一方的・・・妻神も同様・・・
   この夫婦神が、時めぐり来て・・・抱き給う時節来た・・・うれしうれしの時代となって来た・・・
 同じ名の神が到るところ・・・名は同じでも、はたらきは逆・・・この二つがそろうて、三つとなる・・・

 次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出まし・・・マコトの天照大神、天照皇大神、日の大神、揃ふてお出まし・・・

 次の岩戸しめは素盞鳴命・・・天下(あめがした)を治しめす御役(おんやく)の神・・・罪神と誤って・・・岩戸しめ・・・
 アラブル神とは・・・アラフル(現生る)神である・・・理解出来ねば、今度の大峠は越せんぞ。・・・
 素盞鳴の命にも二通り・・・一神で生み給へる御神と、夫婦呼吸を合せて生み給へる御神・・・

 神武天皇の岩戸しめは、御自ら人皇を名乗り給ふより他に道なき・・・神の世から人の世への移り変り・・・神ヤマトイハレ彦命として、人皇として立たれた・・・岩戸しめの一つ・・・

 仏教の渡来までは、わずかながらもマコトの神道の光が・・・仏教と共に仏魔わたり来て完全に岩戸がしめられて・・・乱れほうだい、やりほうだいの世・・・これが五度目の大き岩戸しめ・・・


◆ 第3に、神示の「岩戸しめ」を、解釈します。(★あくまでも私的解釈ですが)。

 人間以前には「霊体・ヒト」だったが、物理法則に支配された「地上世界」を創り、人間も創った。人間の意識・精神の発達と共に「自我・エゴ」、肉欲・強欲が形成された。

 ここで言う「岩戸」とは、「愛・精神化・全体化」に向かう方向性と、「知恵(応用科学)・物質化・個別化」に向かう方向性の、「分離点・関門」のようなイメージと考えます。
    だから、
 『岩戸を閉める』とは、「知恵(応用科学)・物質化・個別化」に向かう方向性の表現であり、『岩戸を開ける』とは、方向性を「反転」(変換)させることだと思います。


◆◆ 第4に、神示の「岩戸」には、精神的・気分的表現の「岩戸」と、物質的・感覚的表現の「岩戸」が有り、解釈は、実に難解です。

 たとえば、「精神的・気分的表現」としては、『我(が)がとれたので』(扶桑・06)、『自分で岩戸しめて』(下・12)、『ダマシタ岩戸からは』(青葉・14)、などが見えます。
    また、
 「物質的・感覚的表現」としては、『岩戸と申しても天の岩戸も・・今迄は平面の土俵の上・・今度は立体土俵の上』(五葉・11)、『天も地も大岩戸ひらき』(五葉・12)、『岩戸がひらける・・半分・・天界・・天界の半分は地』(五葉・15)、『天は天の、地は地の、人民は人民の、動植物は動植物の、それぞれの岩戸』(至恩・01)、などが見えます。

 (★各々の岩戸を開くが、立場で異なり、自分の物差しでは測れない。(この点「至恩・01」参照)。


イ) 「シリウスの解釈」の見方。

 ある研究者によると、『まだまだ研究中の解読中だが、

 『イザナギとは「定質」のことらしい。イザナミとは「性質」のことらしい』。。『スサノオとは、定質の等化を行う時に生み出された力らしい』。。『アマテラスとは、人間の肉体が生み出される前の次元での、上次元の方向を持つ力らしい』。

 『(位置の転換については)、日本人が今の人間の核質であり、位置の転換のほとんどは、この核質が行うらしい。位置の転換で、人間がヒトに変わるらしい。人間がヒトに進化するのではなく、意識が進化するだけであって、肉体が進化する訳では無いらしい』。

 『ムー・アトランティス人らは、位置の転換を行って、ヒトになっているらしい』。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の見方。

 「ある読者の読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『地球上の全ての魂は、「輪廻転生」を体験している、らしいそうだ』。。『時間は存在せず、幻想らしいそうだ』。。『地球は、第3密度から第4密度に振動数が上昇するらしいそうだ』。


B どうやったら、「岩戸」が開くのか。

 「岩戸しめ」とは、『外国の性根入れたのが岩戸閉めであるぞ』(梅・11)、と有るように、「外国の性根を入れた」ことですが、これを(別に)「体主霊従」と表現しているようです。
    だから、
 「岩戸開き」とは、「体主霊従」の考え方を「中立」に戻すことです。肉体・肉欲第一主義、科学万能主義、個別化・断片化主義、金銭・資本家主義などの考え方を修正することです。
    と言っても、
 「こころ」も大事、科学も大事です。『智慧と、愛が主の座に居らねばならん』(黄金・86)。『知恵や学も要るのざぞ』(天・04)。『文明なくせん・・・文明残してカスだけ無(のう)にいたす』(風・05)。


 ★ また、『時めぐりきて、我(が)がとれたので、光がさしそめたのぢゃ、岩戸がひらけたのぢゃ。』(扶桑・06)、と有りますが、この「岩戸」は、『自我』の事で、『自我の消滅』の事かも知れません。
    また、類似に、
 『気の合う者のみで和して御座るなれど・・・合わんものと合せるのぢゃ、岩戸がひらけたから、さかさまのものが出て来てゐる・・・これが出来ねば岩戸はひらけん』(碧玉・02)。


C おまけ。。「転換の仕組」とは、何のことか。

 神示に、『二重三重人格と申すのは、二重三重のつきものの転換によるものであり』(冬・01・中段の末)と有り、ここでの「転換」は、内面に隠された別人格が外面に飛び出す現象を言うようです。
    ゆえに、
 「転換の仕組」とは、『人間活動をしていた外面性の自分』が、『人間活動を伴わない内面性の自分』に反転することだと思います。

 つまり、「岩戸」を開いて「霊・肉」を中立に戻し、人間世界を終了することが「転換」ではないのか。そして、2025年ごろから、準備の出来た人から「転換開始」するのではないかと、想像します。


 (★「変換」・「転換」とは、たとえば、(紙の表側で)方向性が逆向きに変るのが「変換」。紙の表側が裏側に反転したり、外面性が内面性と入れ替わるのが「転換」ではないかと想像します)。


D★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月12日 11:46:46 : u2qonukhmE : My9oTDNSeUFvdU0=[7] 報告

世尊偈(cho ver.) / 薬師寺寛邦 キッサコ @今治・海禅寺


https://www.youtube.com/watch?v=Cfv5LB0Mc2I

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ