★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 637.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の47)・日月神示の研究・「胡蝶の夢」・「夢見る自分」・「夢の中の自分」・「水槽の脳」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/637.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 10 月 07 日 09:37:15: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「胡蝶の夢」・「夢見る自分」・「夢の中の自分」・「水槽の脳」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、「夢」について、大いに語り明かしたいと思いますが、内容については、「エー加減」に書いた「夢」みたいな話なので、『あはは、アホくさ』と吐き捨てて下さい。


A 用語についての、私的な「偏向説明」。

ア) 「胡蝶の夢」とは。。(「胡蝶の夢」で、グーグル検索のこと)。

 (簡単に説明すると)、古代中国の「荘子」が、『蝶の夢』を見たあとで思考して、もしかすると、『人間になった夢を見ている蝶』が本当の自分なのか、それとも、『蝶の夢を見ていた人間』が本当の自分なのか、どちらの自分が「本当の自分」なのか、訳が分からなくなった話だと、思います。
     あるいは、
 拡大解釈として、『夢の中の自分が、本当の世界』なのか、『夢から覚めた現実世界の自分が、本当の世界』なのかと言う、哲学的な「永遠のロマン」です。


イ) 「夢見る自分」とは、夢を見ている自分の事であり、『人間になった夢を見ているヒト』の事。


ウ) 「夢の中の自分」とは、ヒトが夢の中で人間になったが、その人間の視線で世界を見つめる事。


エ) 「水槽の脳」とは。。(「水槽の脳」で、グーグル検索のこと)。

 (簡単に説明すると)、脳だけを水槽に入れて、脳に電極を刺して、「五官の作用」を電気信号で脳に送ると、脳の視覚野・味覚野などに、映像などの『夢の世界』が現われる事だと、思います。


B 日月神示ほかの参考文献等その他。

ア) 日月神示の、「夢」に対する見方。

 『神界の事は人間には見当取れん』(日の出・06)。
 『神は神の中に、宇宙を生み給うた』(黄金・03)。

 『先祖は肉体人を土台として修業する』(黄金・78)。
 『地上人の内的背後には霊人があり、霊人の外的足場として、地上人が存在する』(地震・03の初段)。

 『人間は肉体をもってゐる間でも、その霊は、霊の国に住んで居り』(黒金・33)。

 『この世のことだけで この世のこと動かんぞ。霊界との関係によって、この世が動いてゐる』(黒金・29)。


イ) 「シリウスの解釈」の、「夢」に対する見方。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『夢とは、(意識が生まれていくための)再確認のために現われた精神構造の解体次元、らしい。

 『人間の反対の夢は、実現象に入り、実体を持つ、らしい。

 『宇宙は意識かも知れないらしい。。意識は性質にあたり、意識が生まれるのは性質が変化した時、らしい。

 『各々の惑星次元の人間の意識が、ヒトの意識に進化した場合には、太陽の中で同じ次元を持って存在する、らしい。

 『モノとは、人間の意識が形質に変換されるときに生まれる、らしい。
 『生物とは、人間の意識が変容したもの、らしい。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の、「夢」に対する見方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『人間の脳は、単なる「受信機」に過ぎない、らしいそうだ。

 『夢と物質世界は同じようなもので、同じものを、違う見方をしているに過ぎない、らしいそうだ。
 『全ての夢は現実であり、全ての現実は夢、らしいそうだ。

 『人間の意識には「外」が無くて、全てが人間の意識の中に有る、そうだ。


C 全ては、VR(バーチャル・リアリティー)であり、『VRゲームだ』、と思っています。

ア) 「夢」でも「現実」でも、あらゆる全ては『パソコン・ゲームに過ぎない』と言うのが、結論です。

 (何かの映画のシーンにも有ったように)、数千年後の真実の世界の「コンピューター教育」を受けて、本当の自分の意識が、ホスト・コンピューターに接続されて、夢の中で教育を受けている。
     そこは、
 マルチ・ミキシングの世界で、理科・社会・算数・音楽・体育などの「体験学習」の世界が作られ、自分の「偏向思考・嗜好」に応じて自由に進み、『思考と体験』を積み重ねる世界だ、と思います。
     この点について、
 上記「神示」の、『神は神の中に、宇宙を生み給うた(黄金・03)』を、『「真実の世界」の「真実の人間」が、子供たちの教育のために「VRゲーム」の世界を創った』、と解釈しています。
     また、この点について、
 「バシャール等の読書感想」では、『「大いなる全て」が、自分自身の中に宇宙を創ったが、私たちの全てのゲームは「大いなる全て」の中で行われているに過ぎない、らしいそうだ』に類似します。


イ) 「選別の仕組」が、同時並行的に、組み込まれている。

 つまり、ゲームの進行と同時に、そこには、「選別の仕組」が組み込まれ、(数千項目か数万項目か知りませんが)「コンピューター診断」を受けて、最も自分に適した「就職先」が割り当てられる。
     この点について、
 日月神示には、『今度 役目きまったら、末代続くのざぞ』(松・10)。
     また、
 『肉体ある内に身魂かまふて貰わねば、今度身魂磨けて来たら末代の事』(マツリ・12)。
 『死ぬ時の想念がそのままつづくのであるから、その想念のままの世界に住む』(黄金・75)。

★★ 『今度 神の帳面から除かれたら永遠に世に出る事出来んのであるから』(雨・09の中段)。
     この点については、
 「シリウスの解釈」の『ヒトの次元は、永遠の生か永遠の死の、どちらか、らしい』に類似します。


D 日本人は、特別な「選良の民」だった。

 神示に『日本の国は元の神の血筋のまじりけのないミタマで、末代 世治める』(磐戸・13の初段)。

 つまり、日本人は「神に選ばれた民」であり、ガイコク人とは「門地」が違うのです。
      この点について、
 神示には、『外国人も神の子ではあるが性来が違ふ・・神の国の臣民がまことの神の子・・依怙(えこ)の様なれど外国は後廻し・・同じ神の子でありながら神の臣民の肩持つとは公平でないと申す者ある・・昔からの深い経綸である』(日の出・20)。
      また、「シリウスの解釈」でも、
 『日本人は今の人間の核質らしい。位置の転換の、ほとんどを核質が行う、らしいそうだ』。
      また、「バシャール等の読書感想」では、
 『世界の何ヵ所かにエネルギー・ポイントが有るらしいが、日本にも有る、らしいそうだ』。
   (★バシャールと、神示・シリウスに、若干の「見解の相違」が認められるが、「重畳次元・次元交差」かも知れず、今後の研究解読に期待します)。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ